FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。

令和元年友釣りフィナーレ

今年はもう尺鮎は無理かもしれないと思いながらも、先週の鮎の状態を見ているともう少し大丈夫な気がしていました。

心配された天気も回復し、土曜日だけは予定も空いています。

大物賞の対象期間外ではありますが、やれるだけやろうと思って今回も日田に向かいました。

8時前に大倉釣具店着。25cm級のジャンボオトリは先週末で売り切れとの事。

普通サイズのオトリを購入し、先週と同じポイントに向かいます。

到着してみると、会長が川見をしていました。

今日は水の色があまり良くありませんが、見ていると、ところどころで跳ねがあります。

釣り人は会長と私だけ。

広いポイントなので上下に並んで釣ることも可能ですが、なんとなく対岸が気になるので私は川を渡りました。

友釣りができるのは今日が最後。

今年の大鮎チャレンジを振り返ると、いろんな反省点が思い浮かびます。

まずはポイント。

掛からなくなると、鉛をつけてガンガン瀬の中を引いていましたが、盛期ならまだしもちょっとポイントがズレていたかなと思います。

次に仕掛け。

複合、単線、組糸、フロロといろいろ使いましたが、自分の釣り方で大きい囮を操るのには何が合うのか。
また、その仕掛けに合う針はどんなものが良いのか…。
多分、少しずつズレていたと思います。

それから意気込み。

やる気満々だといやらしい光線が出て掛しまうし、掛からないとイライラして釣りも雑になってますます掛からなくなります。

大鮎釣りはイチかバチかの博打のようなもの。今日は当たるか当たらないか…。

そんな事を考えながら、跳ねがあったあたりにメスの養殖オトリを流し込むとすぐにコツン!

そんなに引きませんが、上がってきたのは24cm程のプリプリしたメス鮎。
瀬着き時期のオトリとしては最高です。

これは幸先良い。
自分が掛けた鮎なので根掛りしても怒鳴られたりはしませんが、貴重なメス鮎なので大事に使いましょう…(笑)

さて、腹ボテであまり泳がないので、最初から鉛を打って使います。

鮎が溜まっていそうなポイントでピョコピョコさせていると、ほどなくしてブルルッ、ビューン!

急瀬竿をひん曲げて、上がってきたのは28cmくらいのオス鮎。

ほらね、読みどおり!

でも、これをトロ場でオトリにしたら、無駄に走り回って釣りにくくなります。

そのままメス鮎に再登板願い、少し外したポイントでまたピョコピョコしているとまたビューン!

結局この雌オトリで5匹掛けました。

5匹目を取り込んだあたりでオトリがキツそうだったので、25cmくらいの小さめのオス鮎に替えて、足元から泳がせると、流れのヨレでココッ。

ほいきた。

竿を絞り込むと、なかなか重たい。竿は満月になり、糸鳴りもしています。

今日は一昔前のG社の急瀬竿。柔らかめの胴調子ですが、G社らしくタメが利きます。

抜く事はできないので、竿を矯めたまま後ろに下がり、慎重に寄せてザバッ。

おおっ、太い。これはいったかも。

とりあえず河原に竿を置き、車にメジャーを取りに行きました。

ちょうどそのタイミングで会長もヒット!
尺あるかもという事で測ってみると、30.5cmの尺鮎でした。

会長、おめでとうございます!

私も対岸に戻り、まずは水槽に入れてみます。

19100501.jpg

光量が足らずに黒っぽく写っていますが、サビは全くありません。

尺ありそうなので、水から出してメジャーに載せてみると、31cmくらいあります。

よっしゃ!

対岸の会長に尺あった事を報告しました。

昨年は尺を獲れなかったので、今年こそはと思っていましたが、この尺鮎で肩の荷が下りました。

そこからは気持ちも軽く、リラックスして楽しく釣ることができました。

鮎は私の周囲50mの範囲で跳ねています。同じような釣り方で数を伸ばし、昼までにツ抜けすることができました。

昼になり、鮎の跳ねが見られなくなったので一旦休憩。

会長と昼食をとってまったりし、午後からもまた同じ場所に入りました。

しかし、午後から風が吹きはじめ、私の側の水温が下がって鮎が対岸に移動したようです。

今度は会長が入れ掛りになりました。

私のほうはポツリポツリ。

メス鮎に反応がなくなったので、小さめのオス鮎をトロ場で泳がせていたら、わずか3m先でビューン!

下流の瀬に走ろうとするので、竿を矯めて耐えますが、なかなか寄ってきません。

小さめのオトリだったので針は8.5号の3本イカリにしています。
あまり時間をかけると身切れしてバレるかもしれません。

ちょっとヒヤヒヤでしたが、慎重に寄せてザバッ。

さっきのよりは体高がありませんが、長さは同じくらいありそうです。

もう一度車にメジャーを取りに行き、水槽に入れてみるとやっぱり尺ありそう。

19100502.jpg

動いて測りにくいですが、水から出してメジャーを当てたら、30.5cmはありそう。

よっしゃ。もう一本とったぞ!

これで昨年分のリベンジも果たせたかな…(笑)

そこからは30分に1本くらいのペースでだんだん掛からなくなり、15時を回ったあたりで寒くなってきたので本日終了。

鮎を絞め、動かない状態であらためて2本を測ってみると、どちらも31cmあります。

19100503.jpg

見に来た地元の方がせっかくだから大倉釣具さんに持って行って検量してもらったらと言うので、オトリも大倉さんで買ったしそれもそうだなと思い持ち込んでみました。

結果、両方とも31cm。目方は太い方が325g、細い方が315gでした。

尺が釣れたので今日はお祝い。
鳥刺しと唐揚げを購入し、洗い用に大きめのオスをオトリ缶に活かして、意気揚々と帰途に着きました。

帰ってクーラーを開けてみると、数も結構あります。

19100504.jpg

冷凍庫が追いつかないので、娘の友人宅へお裾分け。早速ビールに変身しました…(笑)

太い方は幅がありすぎて北越のLサイズの袋に入らなかったので、やむなく真空パックにしました。

19100505.jpg

活かして帰ったオス鮎は、三女の掴み捕りの後、今年最後?の洗いに。

19100506.jpg

疲れた体に芋炭酸が回り、風呂から上がったらバタンキュー。楽しい一日でした。

さてさて、後半の大鮎釣りでは苦戦しましたが、最後の最後に良い釣りできました。

もう少し友釣りはできそうですが、尺が獲れて肩の荷が下りたところで今シーズンの鮎掛けは終了したいと思います。

今シーズンの総括はまた次回以降にするとして、次は雑煮の出汁用に大野川でコロコロかな?

とりあえず、尺とれて良かった~(笑)
スポンサーサイト



尺鮎ダービー最終戦

鮎遊会の年間大物賞は、毎年9月末までが締切です。

という事は、この連休が最後のチャンス。

天気が心配でしたが、なんとかなりそうでもあったのでとりあえず日田に行ってみることにしました。

寅屋は鮎焼きで臨時休業中。
オトリがないので、大倉釣具さんに買いに行くと、鮎遊会会長が来ていました。

聞けば、そろそろ日田市内の三隈川が良さそうなので、泊りで市内を釣るとの事。

一瞬ご一緒しようかと迷いましたが、私は前々回29cmを掛けた玖珠川筋のポイントの上流が気になっていたので、とりあえずそこに向かいました。

ここは放流ポイントですが今までやったことがありません。

朝イチから良さそうなポイントを流していきましたが昼までに26cmくらいのオトリ頃が一匹掛かっただけ。

そこで下流に下り、29cmを掛けた瀬肩を泳がせてみたらすぐにビューン!

やっぱりこの時期は場所。いないところで粘っても良い事はないですね…。

で、そのオトリをつけて足元から泳がせたら、何でもないトロ場ですぐに目印が飛びました。

でもなんだか引き方が変…。

目印が小刻みに震えるので、尻尾掛りかな?と思っていたらなんと…。

19092801.jpg

わかりますか?

2本ヤナギの両方に1匹ずつ掛かっています…(笑)

こんなの初めて。

どういう状態で掛かったのかわかりませんが、もしかしたらここは瀬着き場で群れているのかもしれません。

と思ってかなりしつこく粘ったのですが、それっきりでした…。

仕方ないのでお次は温泉街。

Ozekiさんを含め、複数の知り合いがいたのでいろいろ情報交換しながら温泉街を攻めましたが全然掛からない…。

ようやく一匹掛かって上げようとしたら、今年の温泉街名物、ミサゴがザバッツ!

いきなり視覚外から突入してくるので相当ビックリしました。

掛かり鮎は持っていかれ、取り戻した大事なメス鮎も三角形に嘴の跡がついてグロッキーになって使えなくなりました…(泣)

そこで、この場は諦めて、今度は振興局の裏に行ってみると、千鮎先輩とノリさんが釣っています。

しかし、ここも芳しくないようだったので、思い切って市内の会長のところに行ってみました。

着いてみると、ちょうど会長は上がったところ。

聞けば朝から泣き尺含めて15匹も掛けたとの事。

しまった。今日はここだったか…。

時刻は既に17時。

雨も降りだし、網入れの準備もはじまっていましたが、跳ねが見えたので粘らせてもらって一匹追加。

そのまま帰ろうかとも思いましたが、翌日もまだ釣りになりそうだし、せっかく会長がいるので河原に泊って一緒に飲もうと言う話になり、バタバタ着替えて買い出しに行き二人で宴会。

19092802.jpg

心地よい風に吹かれながら、会長と2人で酒を酌み交わし、いろんな話をしながら初秋の夜は更けてゆくのでした。

で翌日。

ご馳走していただいた高級焼酎がまだ利いていましたが、とりあえず昨日跳ねがあった場所へ。

この日はどこかのクラブの大会で三隈川は満員御礼。

でも、一日おきなので今日は掛からない日…(笑)

皆さん苦戦されていましたが、場所によっては尺が出たようです。

私は散々で、15時に寒くなって上がるまでにわずかに3匹。

でも、トーナメンターでもある会長は、厳しい中でもポツリポツリ掛けていき、午前と午後に29.5cmと29.8cmの泣き尺を掛けていました。

この日は寒かったので早上がりしましたが、会長はもう一泊して翌日見事30.4cmの尺鮎をゲットされたとの事。

さすが鮎遊会の会長です。会長、おめでとうございます!

私は今年も大物賞の期間に間に合いませんでした…(泣)

あと、行けるとしても一回。

今年も尺鮎は獲れないのかな…?


9月2度目の三連休

今年も河原に彼岸花が咲く時期になりました。

19092101.jpg

9月2度目の3連休は台風接近で釣行が危ぶまれていました。

それでも土曜日だけはやれそうだったので、テルさんと尺狙いで日田界隈を釣りました。

大山川~小淵~温泉街と、5つもポイントを巡りましたが、水温も低く厳しい状況。

テルさんは29cmを頭に数匹の良型を掛けていましたが、私はわずかに3匹。

引っ張り回して根掛かりし、何度も仕掛けを切ってしまったので、最後の振興局裏では早上がりしたノリさんからオトリを分けてもらう始末。

挙句の果てにそのオトリでようやく掛けた鮎も石に巻かれてサヨナラ…。

どうもアー○ードは根ズレに弱いようですね。使い方も悪いのでしょう。残念!

夕刻から雨が降り出しましたが、天ケ瀬荘を押さえていたので、温泉に入って買い出しに行き、部屋に戻って二人で宴会しました。

ちょうど大阪のTsunosan達が逗留していたので、一緒に楽しく歓談。

翌日曜日、雨が降ったり止んだりでしたが、放水口から泥濁りの水が出ていたので釣りは諦め、皆で駄弁って解散しました。

帰りに大山川を覗くと、ダムが放水しておらず全く問題無さそう。

19092104.jpg

でも、追い星が消えてしまっていたのでそのまま帰りました。

そして、残りの2日を費やして柚子胡椒や新作の柚子ドレッシングを制作。

19092105.jpg

19092106.jpg

これはこれで充実していたのですが、実はこの2日間の間も大山川は釣りになったようで先輩方は尺鮎を上げていました。

まあ、判断ミスも含めて釣り運がなかったのですね…(泣)

次の休みに期待です。

三連休

9月最初の三連休、初日、2日目は鮎掛けに行きました。

9月なのでもちろん大鮎狙いです。

初日は玖珠川下流域を狙うつもりで前日寅屋に電話すると、連休中は鮎焼きの仕事があるのでオトリの入荷が遅れるとの事。

そこで、日田市内の大倉釣具さんでオトリを購入し、まずは囮とりのために天ケ瀬に向かいます。

今日は妹が柚子胡椒用の青柚子や青唐辛子を天ケ瀬まで持ってきてくれることになっています。

妹の来る時間まではと温泉街より下のポイントへ。

06のフロロで足元から泳がせると、流芯手前でコツン!

24cm程のメス。オトリごろです。

そいつをオトリに泳がせると、ほどなくして27㎝くらいのオス鮎。

おおっ。結構掛かるかも?

と思ったのも束の間、そこからはパッタリ…。

しばらくして東屋で顔見知りの方が声をかけてこられました。

話を聞くと、このポイントは寅爺様達が前日にみっちりやっていたとの事。

上に入って良いかと聞かれたので、どうぞと言って私は以前から気になっていたずっと下流の瀬に向かいました。

しかし、残念ながらここは鳴かず飛ばず…。

ちょうど妹が温泉街に着いたので一旦上がりました。

さて、妹達が見学する中、温泉街で竿を出したは良いのですが、根掛して放流…(泣)

妹達が帰ってからようやく一匹。

時刻は14時。

良い時間になったので、寅爺様に教えてもらった下流域のポイントに車を走らせました。

ここは上下の大淵の間にできたチャラ瀬がポイントとの事。

初めて入る場所なので一通り川見をし、少し厚みのある流れに足元から泳がせたら一発!

19091402.jpg

27cmくらいのオスでした。

そこから同じような流れを探して攻めてみますが無反応。やっぱり鮎が薄いようです…。

ひととおり見て回りましたが、淵から流れ出す瀬肩にハミ跡を見つけて手前から泳がせたら、流芯脇で目印が上流に2m程走りました。

おおっ!ちょっとびっくりしましたが、走ったのは淵のほうなので底さえ切れば大丈夫。

慎重に寄せてザバッ。

なかなかの幅がありますが、ちょっと長さが…。

19091403.jpg

計測してみるとやっぱり29cmしかありませんでした。

この日はこれで終了。

せっかくなので活かして帰り、毎年この時期恒例の洗いにしてみました。
(あくまでも自己責任ですので真似しないように。)

19091404.jpg

身に甘みがあり、カボスを絞って日本酒をキュッとやると何とも言えません。
真子はまだ半分ほどでした。

で、翌日。

前日不調だったanaさんが昼からなら行けるという話だったので、ご一緒する事にしました。

昼前に迎えに来てもらって我が家を出発。

大倉釣具で囮を購入した際には、尺鮎の検量に来ている人がいました。

既に尺が出始めている大山川も考えていたのですが、人が集中しているだろうと思ってとりあえず玖珠川筋に向かいます。

昼からという事もあり、下流域や温泉街にはポイント毎に人が入っています。

そこで思い切って上流に向かう事にしました。

入ったのは、以前から話に聞いていたものの初めて入るポイントです。
橋の上から下を見ると石も黒くトロ場には鮎も見えます。

これは爆釣かも?

と思って釣ってみますがこれがなかなか厳しい…。

後で寅爺様に聞いたところによると、淵絡みの場所は網で追われているので相当ナーバスになっているし、下りはじめる時期なので、通常の流れでは掛からないとの事でした。

どおりで流芯脇の変なところにいる訳ですね。

さて、写真は撮り忘れましたが、上流域の渓が狭くなったこのポイントは水も綺麗で、どこか遠くの渓流にでも来たような雰囲気でした。

2人で夕方まで釣り、ゆっくり下道で帰りました。

一発大物の釣りではありませんでしたが、anaさんもプリプリに太った25~26センチの良型を手にして嬉しそうでした。

で、最終日。

三女と遊ぶ約束をしていたので、また日田方面に向かいました…(笑)

行く先は木の花ガルデン。

三女のリクエストで鮎焼きをしている寅爺様達のところへ。

せっかくなので、盆に三女が掛けた鮎を持っていって焼いてもらいました。

三女は塩振りを教えてもらい、自分の掛けた鮎の塩焼きにご満悦。

19091405.jpg

寅爺様どうもありがとうございました…m(_ _)m

その後は杖立温泉の家族風呂に入り、梨と唐揚げを買って川見をしながら帰ってきました。

なんだかんだで尺は出ませんでしたが良い休日になりました。

この日はノリさんに尺が出たとの事。これからだんだん出始めるでしょうね。

私も頑張らなければ…(笑)

大鮎釣りの季節

秋雨前線の影響で、8月27日から長崎、佐賀、福岡、の広い範囲で線状降水帯による集中豪雨が発生し、「令和元年8月九州北部豪雨」となりました。

被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

この雨の影響もあって、大鮎シーズンなのにしばらく鮎掛けに行けませんでしたが、ようやく水が落ち着いてきたので温泉街に向かいました。

7時過ぎに東屋に着くと、寅爺様をはじめとして常連さんが勢ぞろい。

まだ15cm程高いものの水は澄んでいます。

寅爺様が放水口の下の右岸には大物がいるというので、とりあえずパワスペの急瀬を持って入りました。

19090601.jpg

増水しているので複合01に10号のヤナギで足元から泳がせていくと、手前の流れの筋に入ったあたりでコツッ…。

ん、追われたかな?と思って聞いてみるといきなりビューン!

今日は流れが太いので下れないところがあります。

少し竿を絞って慎重に寄せていたらもう少しのところでポロッ…。

あぁぁ…。

チラシ用の針なので掛かればバレないはずですが、増水の影響で身切れしたのかな?

仕掛けを点検し、気を取り直して同じような流れに入れたらまたすぐにコツン。

でも、こいつも途中でポロッ…。

なんで?

これでオトリが弱ったので、今度は鉛をつけて引いてみます。

ガンガンの流れの底に手前からスライドさせたらすぐにココッ!

今度はチラシ針がバッチリ背中に乗っています。

なかなか弱りませんでしたが、慎重に寄せてザバッ。

う~ん。長さは結構ありますが、尺にはもう一回り足りません…。

午前中は右岸で頑張ってみましたが、強風と増水に翻弄されて掛かってはバラシの連続。
今年一番バラシたのではないかと思います…(泣)

寅爺様によると、仕掛けの伸びがないのと、深場で掛かっているのに合わせないからバレるのだとの事。

仕掛けと釣り方を再考ですね…。

今日は金曜日。土・日が東京出張なので無理して仕事をやっつけて出てきたのでその疲れもあったようです。
集中力が落ちると危ないので、とりあえず昼で上がって一旦休憩。

そろそろ大鮎が落ちてきていないかなと思って、午後からは下流に車を走らせます。

しかし、下流のポイントでも良型の雌鮎を掛けたものの根掛かりでロスト。
良型が掛かったと思ったら、中ハリスが痛んでいたようで途中でプツッ…。

全部穫れてたら20匹近くはいってたはずですが、どうも調子が出ません。

最後の勝負をかけて向かったのは大山川との合流点。

例年なら大鮎が付く時期ですが、人もいなければ跳ねもなく、濁りもあってちょっと望み薄な感じです。

でもせっかく来たのでとりあえず竿出し。

水量が多いので、4号の鉛をつけて深瀬の底を探っていくと、しばらくしてビビビッ。

変な引き方だったので、イダやカマツカかな?と思っていたら、20㎝ちょっとの小ぶりなクロスケ。

強風の中、ベタ竿にして雌鮎を引いていくと、摺っているような雄鮎が掛かります。

それにしても小さいなと思っていると、ようやく27cmくらいの雄が掛かりました。

でもこれは泳がせているうちに根掛かってロスト…(泣)

どうも今日は調子が出ません。

集中力も切れたので上がることにしました。

今日の最大は、天ケ瀬で掛かった28cm。

19090602.jpg

Ozekiさんに頂いた計測器を使ってみました。こうすると鮎の姿が良く観察できますね。

背鰭が長いので天降川の海産系?まだ錆びもなく綺麗です。

Ozekiさん、どうもありがとうございました…m(_ _)m

で、こちらがクロスケ。

19090603.jpg

後で寅爺様から聞いたところによると、増水でダムから落ちてきたものや赤石川に入れたダム湖産ではないかとの事。

なるほど。こうしてみると湖産系に見えますね。それなら早く産卵行動に入っていても頷けます。

さてさて、今日はパッとしない釣りでした。

まあ、久しぶりに鮎掛けに行けたので今日のところは良しとしましょう。

大鮎釣りはまだまだこれからが本番。

寅爺様によると、春先の渇水で最初に放流した鮎の歩留まりが悪かったので、今年は尺鮎になれる個体は少ないのではないかとの事ですが、例年より小さいながらも掛かっているのでチャンスはあるはず。

仕掛けや釣り方、ポイントを熟考し、9月末までに何とか尺を獲りたいと思います。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム