水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。

平成30年春の収穫祭

楽しみにしていた春の収穫祭。

でも、この週末だけ低気圧が入って春の嵐のようになるとの事。

雨だったり雪だったり、秘密基地に来るときはなかなかいい天候に恵まれますね…(笑)

夕方集合なのでゆっくり自宅を出発しました。

今日は大分自動車道を使わずに北回り。
飯塚-中津-宇佐を経由し、両子山を越えて秘密基地を目指しますが、予報どおり天気は大荒れ。

峠道は霧で真っ白です。

18041401.jpg

野生動物に気をつけながら15時前に到着しました。

まずはいつものように竹串削り。

18041402.jpg

それから買い出しに行ってキラッチさんと合流。

さとふさんは仕事で遅くなるとの事。

「料理は素人のみなさんでやっつけておいてください」との伝言がありました。

私の料理がお口に合うかどうかどうかわかりませんが、そのままにしておくこともできないので粛々と準備を進めます…(笑)

さて、今回の食材は川魚グランドスラムです。

私が釣ってきた岩魚とエノハ、テルさんが終盤に釣った大野川の鮎、そして、キラッチさんが五ヶ瀬で釣ったニジマス!

これで鯉とウナギがあったら、川魚料理屋開けますね…(笑)

囲炉裏で渓流魚を炙り、

18041403.jpg

ニジマスはテルさんの畑にできた野良キャベツとともにチャンチャン焼きに。

18041404.jpg

この他、ハマグリや厚揚げ、テルさんちのナバ、味噌を塗った握り飯などを囲炉裏で炙って豪華な宴となりました。

キラッチさんも新玉ねぎでジャンクおつまみを作ってくれました。
18041410.jpg

今回の収穫祭に際し、Tsunosanが高級焼酎を一升送ってくれていました。

これが美味しくて、美味しくて、お湯割りやハイボールにしてとうとうみんなで空けてしまいました。

Tsunosanどうもありがとうございました…m(_ _)m

で、夜も更けた頃みんな酔いちくれてダウン。

寝袋に潜り込んで惰眠を貪っていると、明け方から誰かがゴソゴソしています。

7時には出発しないといけないとの事で、さとふさんが早朝から皿洗いをしてくれていました。

私は頭がガンガンしていましたが、お礼に握り飯を握ってさとふさんを見送りました。

さて、朝食を作っていたらテルさんも起きてきました。

心配していた天気も回復傾向。

二日酔いなので、みなさんすぐには朝食を食べられず、とりあえず朝飯前に一仕事。

頭が痛いだのなんだの言いながらタケノコ堀り。

18041405.jpg

朝食を摂り、まったりとコーヒーを飲みながらいつもの大鍋で灰汁抜きし、なんだかんだと話しながら昼過ぎに解散しました。

18041406.jpg

18041407.jpg
さて、私はそこからロングドライブ。

途中、姉にワラビをもらったり、妹に会ったり、昼寝したりしながらのんびりと帰ってきました。

で、帰ってからは山菜料理。三女にも手伝ってもらいました。

18041411.jpg

定番ですが、筍の木の芽和えと油炒め、ナバ飯と蕨、ウドの酢味噌和え。

18041409.jpg

シンプルな料理ですが素材が良いので味は抜群。

春の食材を満喫しました。

皆さん今回も大変お世話になりました…m(_ _)m

次回は秋の収穫祭でしょうか?

また集まりましょうね。楽しみにしています。感謝!
スポンサーサイト

寒の戻り

平地では桜も散り、山吹、山藤が咲いて渓流釣りのベストシーズンに入りました。

18040701.jpg

18040702.jpg

しかし、今週末は先週までの晴天・高気温とうって変わって、2ケ月前の気温に戻るとの事。

厳しいだろうとは思いながら、それでも渓に向かいました。

行く先は近年厳しい状態が続いている渓です。

現地には8時半に着きましたが、寒さも手伝ってか有名ポイントなのに誰もいません。

気温はわずか4℃。本当に2月に戻っています。

フリースを着込み、上からカッパを着込んで渓に降りますが、急な寒の戻りで虫もほとんど出ていません。

仕方ないので、毛鉤を沈めて釣りました。

しばらく釣って良型を2匹。

18040703.jpg

この水系では珍しい、パーマークの綺麗に出た9寸ほどのエノハですが、慌て着替えたので携帯を車に忘れて生きているときの写真が撮れませんでした…(泣)

さて、一区間を終了し、少し下流に向かいました。

日は上りましたが気温は上がらず、そのうちちらほらと白いものが…。

渓沿いの桜も散りかけていますが、桜吹雪ではなく本物の雪です。

18040704.jpg

最初は「なごり雪」なんて呑気に口ずさんでいたのですが、そのうち吹雪いてきて洒落にならなくなりました。

しばらくアタリもなかったので、もう上がろうと思って最後の落ち込みを狙ったら、マーカーがスッと消えました。

結構引くのでこれは尺行ったかも?

と思ったら、ピンク色の魚がピョーンって…。

18040705.jpg

はい。いつもの脱走兵君です…(笑)

これで気持ちが切れてしまい、昼を待たずに本日終了。

湧水を汲み、冷えた体を温泉で温めて帰途に着きました。

釣れたエノハは塩焼きで三女と楽しみました。

脂もしっかり乗って一匹食べれば十分なボリューム。

家内にはマスのホイル焼きを謹呈。

ものすごく寒かったですが、何とか釣りになって良かったです。

翌日は鮎遊会の総会でした。

今年も三女と出席。

皆さんとワイワイ、ガヤガヤ。

三女は凛ちゃんに遊んでもらい、鮎をご馳走になり、最後は杖立の鯉のぼりまで見学に行ってご満悦でした。

皆さんありがとうございました…m(_ _)m

帰ってからはテルさんにもらった筍を下処理。

18040706.jpg

明日は大好きな木の芽和えです…(笑)

さて、来週はいよいよ春の収穫祭。

テルさんの秘密基地で囲炉裏やたき火を囲んでまた皆で楽しくやりたいと思います。

今から楽しみ~(笑)

岩魚釣りの休日

少し早いかなとは思いましたが、うまく予定が空いたので、思いきって岩魚釣りに行ってきました。

行く先は、昨年キラッチさんと入った脊梁山地の沢です。

未明に自宅を出発し、バーストに気をつけながら未舗装林道を進みます。

昨年から続く工事のおかげで、林道は普通車でも何とか通れるくらいに回復していました。

途中、準備中の釣り人がいましたが、挨拶をすると本流をやるとの事だったので一安心。

車止めには6時15分着。

着替えを済ませて林道を20分歩き、そこから杣道を辿って谷底へ。

18040102.jpg

いつもながら手間暇のかかる沢です。

さて、道が良くなったので予想はしていましたが、渓には昨日入ったと思われる足跡が…。
しかも、渓の入り口には雉打ちの後がそのままにしてあります。

泥棒でもあるまいに、埋めもせずにそのままとは…。

あまつさえ、すぐ先の枝には手に届く高さに引っかかったままの仕掛けまでぶら下がっています。

なんとマナーの悪い…(怒)

のっけから気分が良くないですが、昨日入ったのがエサ釣り師なら釣り自体は大丈夫。

まずは昨年良かった#15のカディスパターンを結び、エサ釣りでは攻めづらいチャラ瀬や枝下などを丁寧に探っていきます。

しかし、ポツポツ反応はあるものの鼻先でつついたり、直前でUターンしたりしてなかなか喰い込みません。

それもそのはず。昨年、キラッチさんと来たのは4月の中旬。

いくら暖かいと言っても虫が追いついていません。

今日出ている虫はまだミッジサイズなので、毛鉤を一回り小さくし、流れの緩いポイントを叩いていくと…。

18040103.jpg

ゆっくり浮上して帰っていく岩魚らしい出方でした。

エサ釣りでもそうですが、同じ渓流魚でも岩魚とエノハでは合わせのタイミングが微妙に違います。

岩魚は割とゆっくりエサを食うので、少し待って合わせないとすっぽ抜けの原因になります。

エノハとの混棲域では切り換えが難しいですが、狙うポイントで意識すると良いですね。

さて、難儀な高巻きをクリアして、少し開けた瀬に出ると、エノハ(当地の方言ではマダラ?)が出はじめました。

18040105.jpg

18040104.jpg

昨年の産卵からまだ完全に回復していない個体もいますが、脊梁の山岳渓流らしい色のエノハです。

以前からよく言っていますが、脊梁山地の沢は岩魚向き。

在来種のエノハも永い歴史の中で岩魚化しています。

身体は細長く丸くなり、各鰭が大きく張り出して完全に岩魚スタイル。

18040106.jpg

岩陰の巻き返しに入るのも特徴。それが脊梁の沢に合っているのでしょうね。

前日に釣られた影響なのかもしれませんが、今回は昨年に比べて岩魚が減っていました。

岩魚が少なくなるのは寂しい気もしますが、本来の姿に戻るならばその方が良いと思います。

さて、しばらく釣り登って枝沢の分岐にきました。

18040107.jpg

この枝沢は今まで気になりながら通り過ぎていた場所です。

今日は時間もたっぷりあるし、せっかくなので、しばらく枝沢を釣ってみることにしました。

一見枯れ沢のようですが、伏流しているのかしばらく行くと水量が増え、反応も良くなりました。

ここは普段からあまり人が入らないのでしょう。

エノハ達も毛鉤を見るのは初めてなのか、キレイに流せば素直に反応してくれます。

18040108.jpg

このエノハ、26㎝程の良型ですが、実は一度毛鉤に出て合わせ切れしています。

広い淵だったので、他のエノハが出るかもしれないと思って同じところを流したらパクリ…。

てっきり別の魚だと思っていたのですが、毛鉤を外そうと口を開けたら…。

18040109.jpg

喉の奥に2本の毛鉤を飲んでいるのが見えるでしょうか?

毛鉤に触っていなければ、しばらく待ってまた出ることもありますが、普通エノハは一度きり。

あけた時間は新しい毛鉤を結ぶまでの僅か3分ほど。しかもこんなにバックリ飲んでるとは…。

フライフィッシングをはじめて20年も経ちますが、こんなのは初めてです。

これが本来のエノハの姿?
普通の渓ではいかに釣り人のプレッシャーが掛かっているかが分かります。

丁寧に釣ればまだまだ数は出そうでしたが、こんな沢にはあまり手を出さない方が良いと思い引き返しました。

さて、また高巻きを繰り返し、脱渓点に差し掛かりました。

ちょっとした巻き返しが気になり、反転流に毛鉤を浮かべて石の際に流し込んだら、思ったとおりの場所で毛鉤が消えました。

18040110.jpg

31㎝。久しぶりの尺岩魚。
手間暇かけてきた甲斐がありました。

さて、脱渓点が近づいてきました。時刻はまだ11時半。

沢の先を詰めるか、別の沢に入るか考えましたが、クリールも重くなったので本日終了。

18040111.jpg

今日も早上がりです。

帰りは鹿の通った跡を伝って急斜面を登り、さらに林道を30分。

18040112.jpg

満開の山桜が、山肌を彩っています。
これが散ったらいよいよ新緑。毛鉤釣りのベストシーズンです。

車に戻って着替えを済ませ、昼食を摂ってまた未舗装林道を引き返しました。

昼過ぎに出立したので帰りは余裕があります。
桜見物をしながらのんびりと。途中で洗車もして夕飯前には帰り着きました。

風呂に入って尺岩魚の塩焼きと前日漬けた山葵で一杯やったら、前日からの疲れが出てそのまま爆睡…。

とても良い週末になりました。

さてさて、来週は鮎遊会の総会、その次はいよいよ春の収穫祭。

外遊びが楽しい季節になりましたね。

もう少しエノハ釣りを楽しんだら、鮎の解禁も目の前です。

天然遡上は好調の様子。今年も頑張って遊びますよ~(笑)

春爛漫、桜咲く渓へ…。

今年も桜が満開になりました。

18033101.jpg

3月はいろいろ忙しく、釣りに行けないまま最終日を迎えてしまいました。

今週は春本番の暖かさ。今日も20℃を超える予報です。

例年なら湧水の渓に立つところですが、そろそろ山岳渓流も良いだろうと、日田漁協管内の渓に出かけました。

7時前に出発し、桜見物をしながらのんびり下道で渓に向かいます。

8時半現地着。

人気の渓ですが、今日はあまり車が停まっていませんでした。

皆さん花見なのかな?

車を降りると長袖シャツ一枚で十分なくらい。

満開の桜に鶯の谷渡り。まさに春爛漫。

早速着替えて渓に降りると、ユスリカやミッジが飛びはじめてなかなか良い感じ。

18033103.jpg

この時期の定番、#17のカディスで叩いていくと、すぐに反応がありました。

18033102.jpg

山岳渓流らしい色のエノハです。

そこからしばらく叩いていくと、ポツリポツリと反応があります。

解禁から叩かれ続けているので、毛鉤を見切っていく魚もいますが、状況に合った毛鉤を綺麗に流せば…。

18033104.jpg

18033105.jpg

18033106.jpg

18033107.jpg

盛期までもうすぐ。

これから虫を喰い込んで行けば、もっと幅も色も出てくるでしょう。

短い渓ないので、一つ々のポイントを時間をかけて丁寧に探っていきました。

脱渓点が近くなり、もう一つの楽しみが見えてきました…。

18033108.jpg

実はこの渓には山葵が自生しています。

山葵は春の楽しみの一つ。

食べ方は以前紹介したとおりですが、これで日本酒をキュッとやるとですね~(笑)

この株も数年前に見つけたのですが、根を抜かないように葉を少しずつ分けてもらっているので、今年も絶えずにいてくれました。
自然の恵みに感謝です。

18033110.jpg

さて、腹出しをして渓から上がると、正午を告げるサイレンが。

もう一本行こうか迷いましたが、お土産は確保できたので本日終了。

釣具屋で鮎の年券を購入し、久しぶりに馬刺しを買って帰りました。

18033112.jpg

桜、エノハ(桜鱒)、馬刺(桜肉)をお気に入りの菊美人とともに…。
三女も喜んでくれました。

さて、このところ忙しくしていたので、今日は良い気晴らしになりました。

気温も高くなり、渓も活気づいてきています。
次は新緑の渓のイワナですかね?

また時間を作って渓に立ちたいと思います。

2018年川釣り始動

逃げる2月が通り過ぎ、気温が一気に上がり急に春らしくなりました。

今日は3月最初の土曜日。
私にとって、2018年の川釣りの始動日です。

気が付けば昨年11月の大野川以降、4か月間も一切釣りをしていません。
せっかくなので、前評判の高い大野川にでも行こうか考えましたが、解禁直後は人が多いのは分かっているので、リハビリも兼ねて日田漁協管内の渓でゆっくり釣る事にしました。

事前の情報では、日田漁協が解禁前に成魚放流をしたようです。
今日は上手いこと場所に当たったので、午前中でお土産は確保できました。

そこで、午後からはこの時期定番の湧水の渓に向かう事にしました。

18030301.jpg

この渓は豊富な湧き水に恵まれて、一年中水温が安定しています。

その分、放流すればエノハは大きくなるのですが、ここ数年は漁協もほとんど放流していないようなので極端に魚影が少なくなっています。

まあ、今日はまともに渓を歩けるかどうか、毛鉤が自然に流せるかの確認です。

良さげな流れに毛鉤を浮かべると、数投でエノハが出ました。

18030302.jpg

しかし、天然で美しいのですが、こんなサイズでは持って帰れません。

しばらく釣り上がりましたが、同じような新子ばかり。
小さいのをいじめてもしょうがないし、空も怪しくなってきたので本日終了。

いつもの店で鶏刺しを購入し、ゆっくり帰途に着きました。

そういえば今日はひな祭り。
我が家は全員姫です。家内を入れると四姫…(笑)

18030304.jpg

ひな祭りのチラシ寿司と鳥刺し、エノハの南蛮漬けと塩焼きで春を楽しみました。

さてさて、2018年の川釣りシーズンも無事開幕。

様子見は終わりましたので、次は三女に天然エノハをと思っています。

次はどこに行きましょうかね~。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム