FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。

山国川解禁

毎年6月10日は山国川の鮎漁解禁日です。

ここ数年釣行していなかったのですが、今年はどこの河川も厳しいので、一縷の望みをかけて山国川へ釣行しました。

前日、松田おとり店さんに予約を入れ、5時半頃到着。

久しぶりの山国川。

解禁日とあって、店の前には既に何人もの釣り人がいます。
今年は昨年の二割増しくらいで放流しており期待できるとの事。

私も早速年券とオトリを購入し、目の前の友釣り専用区から釣りはじめました。

今日は晴れの予報ですが空気はひんやりしており、まるで5月初旬の朝のよう。

目の前の流れを攻めてみますが、渇水の上に水も冷たく、反応はイマイチ。
数日前の雨はどこへいったのでしょう?

石は磨けているので鮎はいるはずなのですが…。

しばらくして寅屋御一行様到着。

聖ちゃんが浅いところを釣った方が良いというので、ちゃらちゃらをやってみたらビューン。

渇水だからかなんだかよくわかりませんが、流芯などのいかにもポイントでは全く掛かりません。

私は寅爺様に言われたとおり、上流のトロ場の群れ鮎を狙ったり、膝下くらいの浅場を狙ってポツリポツリ。

なんだか今日も土曜隠れの攻略のような神経質な釣りでした…(泣)

全体的に厳しかったのか、今日は昼までで上がる方も多くいらっしゃいました。

それでも、上手な人(どこかのプロ?が来ていたみたいです)はコンスタントに掛けていましたので、腕の差がつく一日だったと思います。

私も3時頃まで粘ったのですが、あまり掛けきれないし、風が出てきて気持ちも萎えたので一旦上がって上流のポイントを見て回る事にしました。

と言っても、山国川はあまりポイントを知らないので、釣り人が入っているところはポイントなんだろうなぐらいのものです。

ちょうど上がってきた釣り人に様子を聞くと、午前中は0でようやく10匹釣れたので帰るとの事。
やっぱり上流も状況は良くなさそう…。

そのまま帰ろかと思いましたが、何匹か釣れているならと思い、その方が釣っていたポイントで竿を出してみることにしました。

渇水の上に上流域なのですごく浅くなっています。

19061001.jpg

それでも足元から泳がせていったらビビビッ。

長めに出しているのに顔掛かり。渋い上に人のやった後なので追いが遠いのでしょうね。

しばらくしてもう一匹。

3匹目を掛けた後はアタリが遠のいたので本日終了。

釣果は23匹。

19061002.jpg

期待していたほどは掛かりませんでした…(泣)

でも、山国川は水が綺麗なので鮎が美味い!

19061003.jpg

さてさて、頑張ってはみたものの今日も厳しい釣りでした。

やっぱり雨が降らないとどうしょうもないですね。

まあ、群れ鮎はいっぱいいたので、梅雨明け後の盛期に期待しつつ、それまでは盛期用の仕掛け作りかな?

まだまだ諦めきれません。
スポンサーサイト

鮎掛けの足回り

さて、表題の件、毎年この時期になると足の親指の爪が内出血で死んでいました…。

先割れの鮎足袋は踏ん張りは利くものの爪に負担がかかってしまうようです。
足袋の足型も私の足に合っていないのでしょう。

正座はできなくなるし、靴下を脱ぐとみっともないし、どうすれば良いかと悩んでいたところ、大きめのシューズタイプにすると良いとの話を聞いたので、今年から足回りを替えてみることにしました。

しかし、注文を間違えて届いたのはノーマルフェルト…(泣)

盛夏の天ケ瀬ではピンがないと危険です。

そこで、靴底をちょっと改造してみることにしました。

※この方法は製品の改造になりますので、メーカーからの保証が受けられらくなります。
また、何かあっても責任はとりかねますので、これを見て試される方はあくまでも自己責任でお願いします。

ネットでウェーディングシューズの改造について調べていると、頭の平たい木ネジを打ち込む方法を見つけました。

でも、木ネジだと、安全のため先端をペンチで切ったりグラインダーで削ったりしなければならず面倒です。

19060801.jpg

そこで、ホームセンターで8㎜の精密ネジを見つけてきて、これをフェルト部分に装着することにしました。

まずはスパイクを打ちたい部分に千枚通しでネジより少し狭めのガイド穴を開けます。

そこに、ねじ山部分にG17ボンドを塗ったネジをドライバーでねじ込むだけ。

19060802.jpg

こんなんで本当に大丈夫かな?

と半信半疑でしたが、解禁から数回使用してみた感じではなかなか。

平ネジの頭は石の上で滑るのではないかと思っていましたが、ネジの頭の角が石の表面の凹凸を噛んで良いグリップをしてくれるようです。

ネジは一本数円なので、手間さえ惜しまなければノーマルとピン付きの価格差よりは安くあげられます。

もう少し試してみてまたその結果を報告したいと思います。

因みに、シューズタイプにしたことで親指の爪の痛みもなくなりました…(^^)v

大野川解禁釣行

九州のほとんどの河川で鮎漁が解禁しました。

今年はどこも状況が良くないようですが、せっかくふるさと納税で年券を入手したので、天然遡上のアタリを求めて大野川に行くことにしました。

朝イチで入れるように仮眠をとって夜中の2時半に自宅を出発。

5時前に戸次のイヴに到着すると、入れ代わり立ち代わりオトリを買いに来ています。

店長によると、どこの河川も良くないので、宮崎や熊本からも多くの釣り人が押しかけ、めぼしいポイントにはいくつもテントが張ってあるとの事。

土曜日でもあるし、まあそうなるでしょうね…。

とりあえずオトリと氷を購入し、メジャーポイントに行ってみますが、駐車場に入れないくらいの車とテント。
まだ夜も明けないのに着替えて河原で煙草を吸っています…(笑)

ここは当然パス。

I先輩からは、竹田方面に沢山放流しているとの情報を頂いていましたが、本流がこの状況では推して知るべし。
小さくても天然遡上が釣りたかったので竹田に行くのはやめました。

思うとこがあって、昨年、一昨年と何度か入ったポイントを覗くと、運良く車がなかったのでとりあえず駐車して川見。

19060101.jpg

田植えの影響か、濁りはありますがところどころ黒い石が見えます。
通常水位から30㎝くらいは低いでしょうか?

早速着替えて釣り開始。

川に降りてみると明らかに垢腐れで、のっけから厳しい感じ。

これは上手に泳がせないと掛からないと思い、フロロの02で足元からなんちゃって泳がせ。

しばらくして一匹。

早朝なので水温が低く活性が低いのでしょう。口の先っぽに掛かっています。

そこでハリスを指4本にすると、ようやく背中に乗るようになりました。

19060103.jpg

天然河川なのでサイズは13㎝~22cmとバラバラ。
大きいのは幅が広かったので放流物でしょうね。

そうこうしていると漁協の監視員さんが来ました。
今年は日田、大分川、大野川の年券が全てオレンジなので近くまで来て確認しているとの事でした。
状況を伺うと、どこも厳しいようです…。

時間の経過に伴って、私の前後の瀬にも釣り人が入りはじめました。

でも、皆さん厳しいようでしばらくすると移動していきます。

私もあちこち動きながらいろいろやってみましたが、やはり厳しくてポロポロしか掛かりません。

結局、昼過ぎまでで18匹。

そのまま夕方まで粘れば良かったのですが、上流を釣っている間に最初の場所に人が入っていたので移動することにしました。

さて、竹田に行っていた半蔵君の情報では、人は多いものの入る場所はあるとの事。
上流は放流魚が結構掛かっているようなので、私も色気を出して行ってみました。

しかし、行ってすぐに2匹掛かったものの途中で投網がはじまり、気持ちが萎えてそこで終了。

早目に帰って大野川の初鮎をいただきました。

鮎の塩焼きに素麺。

19060102.jpg

串を打つときのゴリゴリした感覚は、大野川の天然遡上の特徴です。

さて、いつ頃からか、我が家では鮎掛けの日は素麺なのですが、この素麺つゆは鮎出汁です。

以前紹介した大野川クロスケの焼き干しと昆布で出汁をとったものですが、薬味に茗荷を合わせると、何とも言えない風味になります。

化学調味料が入っていないので、いきなり美味いとは感じないのですが、じわっと来る上品な鮎出汁がたまりませんね~。

そうすると、素麺つゆと塩焼きは親子の関係になるわけか…。

そんなことを考えながら飲んでいると、前日からの疲れが出てそのまま眠ってしまいました…。

さて、翌日は三女の運動会。
当初は雨の予報でしたが、曇っただけで降らずにすみました。

当地では毎年6月初旬に運動会が行われます。
弁当に初鮎の塩焼きが入るのも我が家流。少し早起きして準備しました。

鮎のパワーか、かけっこは一番!
鮎好きの同級生と仲良く並んで食べていましたが、大人になったらこの弁当を懐かしく思い出すのかな…(笑)

さてさて、厳しいとは分かっていましたが、今回もまたすっきりしない釣りでした。

まあ、天然遡上も少ないようですが、春先からまともな雨が降っていないですからね。
渇水と垢腐れに田植えの濁りが重なって、解禁から土曜隠れのような状態になっているのでしょう。
大野川も昨年ほどではないけれどハミ跡はあるので追わないだけだと思うのですが…。

次こそはスカッとした釣りがしたいですね。今後の雨に期待です。

一雨欲しいところ

今期2回目の鮎掛けは、テルさんと天ケ瀬泊まり。

今日はダイワのマスターズ予選が三隈川で行われるので午前中が狙い目?

早朝に出立し、7時過ぎに温泉街に着きました。

他が釣れていないという事もあって、温泉街は満員御礼。

しばらく仲間と談笑し、空いている場所を見つけて入りました。

しかし…。

渇水と田植え+α?の濁りも手伝って、鮎はいるものの激渋です。

解禁から連日人が入っているので鮎も神経質になっているのでしょう。
まともな水が出ておらず、鮎も散っていないので場所ムラもありそうです。

結局、午前中釣ってようやくツ抜けした程度。

状況が芳しくないので、テルさんと相談し、昼休憩を挟んで温泉街より下流のポイントを見てみることにしました。

しかし、3~4か所回ってみたもののどこもあまり芳しくなさそう。

とちあえず竿を出してみたポイントも不発。

仕方ないので温泉街に戻り、放水口付近に入れてもらって夕方まで釣りましたが、簡単に状況が好転するはずもなく、夕方の時合でポロポロっと掛かったもののなんとも厳しい釣りでした。

渇水、濁り、ハイプレッシャーの上に群れ鮎とあっては、普通に引いてもかかりません。
待って待って、囮を野鮎に寄せつけて、の寅屋流泳がせが必要ですね!

まあ、この泥濁りの中、鮎がいて鮎掛けが成立するのが不思議なくらいです。

19052501.jpg

宿の前にオトリ缶を浸け、温泉に入って、マスターズ後に合流したI先輩と3人で楽しく宴を催しました。

明けて2日目。

3人とも前日から追い星がたっていなかったので、朝はゆっくり起きました。

今日はどこかのクラブの大会が開催されているらしく、宿の前には既に多くの竿が立っています。

しかし、見ていてもなかなか掛かりません。

私もあまりやる気になれなかったので、水の綺麗な支流の状況を見に行くことにしました。

今日は急ぐ必要もないので、田植えの様子や散歩しているアナグマの観察をしながらゆっくり山道で支流へ。

しかし、こちらも満員御礼。

上から下まで見て回り、ようやく入れそうなポイントを見つけましたが、かなり減水していて厳しそう。

もうやめて帰ろうかとも思いましたが、とりあえずタイツの汚れでも落とすつもりで入ってみることにしました。

さて、オトリ缶を空けてみると、3匹も昇天しています。
昨日弱らせたからか、濁り水や温泉の影響か、他のも随分弱くなっています…(泣)

まあ、しょうがない。

と、とりあえずやってみますが、そこから1時間でようやく一匹。気分も萎えたので本日終了。

河原で桑の実を摘んで、温泉に入り、娘のお誕生会用に唐揚げを買って帰りました。

19052502.jpg

桑の実は三女も気に入ったようで、手と唇を紫に染めながら美味そうに食べていました。
ネットで調べるとビタミンやミネラル、アントシアニン等が豊富で体にも良いらしいです。

さて、宴会は楽しかったですが、釣りとしては厳しかったですね。

19052503.jpg

待っている人がいるのにお土産が少なすぎます。

まあ、一雨降って増水し、田植えの濁りもなくなれば、温泉街でもまた掛かるようになるでしょう。

さてさて、週末には九州のほとんどの河川が解禁します。

どこも遡上の状況が良くないとの事ですが、こればっかりは蓋を開けてみないとわかりませんので、入れ掛りを期待しながら、しっかり準備を進めましょう。

早く追い星3つの黄色い鮎が目印を吹き飛ばしてくれなかな~。

令和元年鮎漁解禁

いよいよこの日がやってきました。
私は天ヶ瀬旅館に宿泊し、前夜祭から参加です。

しかし、梅雨の走りか天気はピンスポットで雨の予報…(泣)

前夜祭もいつもの公園から天ケ瀬旅館大広間に変更になりました。

大阪のtsunosanからわざわざ送っていただいた焼酎や、皆さんからの差し入れが美味しくて、会の皆さんとの宴会が楽しく調子に乗って飲みすぎました。

ご準備いただいた皆様、いつも本当にありがとうございます…m(_ _)m

さて、終わりが何時だったのかわかりませんが、結局、最後の最後まで飲んでしまって撃沈。
翌朝は旅館の前で釣っている方達の話声で目覚めました。

時刻は既に8時半を回っています。
しばらく起き上がれずウダウダしていましたが、意を決して起き上がりました。

本当は花月川か赤石川にでもと思っていましたが、このまま車を運転したら間違いなく飲酒運転になります。移動はあきらめ、温泉街で解禁する事にしました。

ちょっと飲み方が悪かったですね。猛省しています…(+_+;

さて、温泉街は釣り人で埋まっていますが、半分くらいは仲間です。空いている場所に入れてもらいました。

9時過ぎ開始。天気はどんより曇り空。
ひんやりした空気は二日酔いにはあり難い…(笑)

川は放水口からの濁りが酷く、右岸と左岸で川の色が違います…。

頭が痛くていろいろ考えるのが面倒だったので、とりあえず用意していたフロロ025の仕掛けに7号の4本イカリで足元から泳がせたら、程なくして掛かりました。

19052001.jpg

しかし、追いが悪いのか口掛り…。
そこで、針を6.5号に変更し、指4本分出したらようやく背中に乗るようになりました。

でも、順調に釣れ出したかと思ったらパタリ。
こういう時はじっくり泳がせか、足で稼ぐしかありません。

仲間とあれこれ話しながら、空いている場所を見つけては数匹ずつ拾い釣りしていきました。

昼を回って一旦休憩。

昼から良くなるかと思ったら、14時を回ったあたりからだんだん雲行きが怪しくなり、15時には土砂降りになりました。

川は濁って増水し、どうにもならなくなったので本日終了。

19052002.jpg

釣果は27匹。12㎝~13㎝のイリコサイズから20㎝まで、アベレージは17~18㎝といったところ。

ゆっくり下道で帰って、三女と一緒に令和初の鮎料理を楽しみました。

19052003.jpg

定番の塩焼きにちび鮎の唐揚げ。
久しぶりに食べると美味いですね~。

さてさて、令和元年の鮎シーズンが開幕しました。

当初は雨で釣りできないかもという状況の中、まずまずの解禁になったのではと思います。

これから田植えの濁りが解消し、水温が上がってくれば鮎も散って温泉街一面で掛かるようになるでしょう。

体調を万全に、今年も鮎シーズンを楽しみたいと思います。

取り急ぎ、皆様解禁おめでとうございます!

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム