水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 渓流釣り2017
CATEGORY ≫ 渓流釣り2017
       次ページ ≫

2017年渓流フィナーレ

尺鮎を釣った翌日。

伸び放題になっていた髪を散髪し、午後からは温泉にでも入りに行こうとしていました。

しかし、よく考えると9月も終盤。渓流釣りの禁漁はもう目の前です。

最終日の9月30日(土)は三女の幼稚園最後の運動会。

毎日一緒に徒競走の練習をしてきたのでこれは絶対外せません。

そこで、今シーズンの最後にエノハの顔でも見に行こうと、いつもの日田漁協管内の沢に向かいました。

散髪が終わり自宅を出たのが12時半。

そこから下道でゆっくり日田方面へ。

風は随分涼しくなり、クーラーなしでも快適に走れます。

17092401.jpg

渓沿いの棚田には、黄金色に輝く稲穂に彼岸花が鮮やかでした。

15時半現地着。

早速着替えて渓に降りました。

有名な渓なのでいつもは人が多いのですが、皆午前中で上がったのか、最後に遠征でもしているのか、今日は一人の釣り人もいません。

水はジンクリア。気温も長袖シャツ一枚でちょうど良い感じ。

17092402.jpg

目の前の流れ込みに毛鉤を浮かべると、早速新子が飛び出しました。

17092403.jpg

今日は良いかもしれません。

数匹の新子を釣っては放しを繰り返しながら釣り上っていきます。
しばらく行くと、岩盤に流れがぶつかって直角に曲がるプールに差し掛かりました。

ここは流れが複雑な上に深く抉れているので、ドライフライではなかなか厳しいポイントです。

数投して無反応だったので、移動しようと思ったのですが、どうも流芯脇の巻き返しが気になります。

そこで、流れに乗せてフライを沈め、ウェットフライのように誘ってみました。

すると、黒い影が浮上してきて水面下で反転。

軽く合わせを入れるとしっかり乗ったようです。

大鮎程ではないですが、結構引くので慎重に寄せました。

17092404.jpg

メジャーを当ててみると28cmあります。

小さい沢なのによく肥えていて腹はパンパン。
おそらく中身は卵でしょう。

一瞬迷いましたが、毎年この沢で遊ばせてもらっているので、来シーズンの事も考えて優しくリリース。

沢山子孫を残してほしいですね。

さて、もう少しと思っていたら、鮎焼き中の寅爺様からLINEが入ったのでそちらに向かう事にしました。

木の花ガルデンで寅爺様、聖ちゃんたちとしばし歓談。

また下道を通って夕飯までに帰宅しました。

さて、今日は正味一時間の釣りでしたが良い魚と出会う事が出来ました。

今シーズンの渓流釣りはこれで終了ですが、良い形で終われたと思います。

あとは再び大鮎狙いか、正月の昆布巻きの鮎を獲るためにコロガシか…。

次はどこに行きましょうかね?
スポンサーサイト

平成29年こどもの日

今年の連休は天気に恵まれましたね。

17050501.jpg

連休中は人も多いので、遠出はせずに三女と近所の山や海で遊び倒していました。

釣行許可の下りた今日はこどもの日。

イワナ釣りにも行きたかったのですが、朝早くには起きられなかったので、また日田漁協管内の渓に出かけました。

いつものトライアル経由で9時半現地着。

連休中という事もあってめぼしいポイントにはどこも車が停まっています。

まあ、宮崎や熊本の山奥まで行って入るところがなくなるよりはましですね…(笑)

薄曇りで状況も良さそうだし、良い時間でもあるので渓歩きのつもりでゆっくり釣りはじめます。

17050502.jpg

渓に下りると釣り人の足跡だらけ。

オドリバエやミッジがちらほら出ていますが、このところの陽気で陸生昆虫も活発になっている事でしょう。

少し時期が早いかなとは思いましたが、ぶら下がりのアントパターンをセレクトし、木の枝から落ちる虫を意識して少し強めに叩いていきます。

と、数投目で水底から一気に浮上する魚影が見えました。

一呼吸置いて合わせると、思った以上に引きます。

上がってきたのは9寸ほどの良く肥えたエノハ。成魚放流の残りかな?

17050503.jpg

腹がパンパンだったので後で確認してみましたが、ムネアカオオアリを中心とした陸生昆虫と5㎝くらいあるヘビトンボの幼虫で一杯でした。完全に夏の釣りですね。

しばらく上ると、小さな堰堤のところにサンダル履きの親子連れがいました。

ハエ竿に釣具屋で買ってきた仕掛けにミミズの箱。

小学生の息子にせがまれて、親父が一生懸命勉強してきた感じ?

挨拶をして通り過ぎようとしましたが、買ってきた仕掛けをそのまま付けているので、手尻が1m程も長く、振り込みすらままならない様子。

見かねて仕掛けを調整し、少年の手を取って堰堤下の落ち込みを一緒に流しました。

まあ、イダでも釣れれば喜ぶだろうなと思って、一緒に流すこと数投目。

目印が上流に走ったので合わせるように指示すると、水中でキラリ。

どうやら魚が掛かったようです。

息子は大興奮。親父も走って見に来ます。

ほらね。釣れるやろ。上げてみて。

なんて言ってたらなんか変です。目印が激しく振れ、石の脇で止まって動かなくなりました。

あれ?

少年は必死で竿を煽っています。

糸が細いから無理したらいかんよ。こっち側から引いてみて。

と角度を変えて引かせると、ようやく魚が動き出しました。

が、下流に走ったその影にびっくり。

でっかい頭はどう見ても40cmを超えています。

泳ぎ方といい、場所といい、黄色い体に朱点を散りばめたあの魚に間違いありません!

おそらく掛かった小魚に反射的に喰らいついたのでしょう。


ありゃりゃ。こりゃ無理やな…。


とは思いましたが、小さな落ち込みだし、柔らかいハエ竿なので無理をしなければもしかしたら獲れるかもしれません。

少年に無理しないように指示し、ネットを持ってすぐに堰堤下に降りました。

しかし、初めて釣りをする少年に無理せずテンションを掛けることなどできようはずもなく…。

下りた時には仕掛けは切られ、少年はハエ竿を両手でしっかり握りしめ、呆然と立ちつくしていました。

「ごめんな。おいちゃんがもうちょっと早くとりに行っとけば獲れちょったかもしれんかったな。」

とは言いましたが、少年も大物の手応えから自分には到底無理だと分かった様子。

大きな魚を掛けられたことが相当嬉しかったらしく、何度もありがとうを繰り返しました。

う~ん。次世代の三平君を生んでしまったかな…(笑)

さて、嬉しそうな親子を尻目に、「場所はしっかり憶えたぞ。敵は必ずとってやるからな。」とつぶやきながら、別のポイントへ。

17050504.jpg

次のポイントは今まで入ったことのない区間ですが、あまり放流もないのか反応薄。

それでも出ればピンシャンの天然魚です。

17050505.jpg

渓沿いにはシャガやアザミが美しく、釣れない毛鉤釣り師を慰めてくれています。

17050506.jpg

連休後半という事もあり、かなりプレッシャーが掛かっているようなのでしばらく釣って本日終了。

17050507.jpg

まつお釣具で鮎の小物を買い足し、唐揚げを買って岐路に着きました。

帰ってからはこどもの日よろしくエノハのぼり。

17050508.jpg

もちろん三女は一番上を取りました…(笑)

さてさて、今日の大物も気になりますが、再来週にはいよいよ日田の鮎が解禁します。

今年はどんな釣りができるでしょうか?

前夜祭には結構人も集まりそうなので今から楽しみです。

次は解禁の天ヶ瀬をレポートしますね!

みなさん、良い釣りできますように…。

Mountain Stream in Fresh Green

山岳渓流のイワナ釣りを考えていましたが、先週までの疲れが出て早朝には起きられませんでした。

起きたのは遠くに行くには微妙な時間。

そこで、翌日の宴会の肴を仕入れるため、近場の日田漁協管内の渓に向かいました。

いつものトライアルに寄り、現地には8時過ぎ着。

天気は晴れ時々曇りで水は平水。気温も上がっていい感じ。

17042201.jpg

週末という事もあって、先行者の足跡がありますが、餌釣りなら日の出とともに入っているでしょうし、この時期の毛鉤は日が昇ってからのほうが良いので大丈夫でしょう。

しかし、期待とは裏腹にまったく反応がなく厳しい状況…。

しばらくして変だなと思ったら、上流の工事現場が泥水を流したみたいで濁って底が見えなくなりました…(泣)

17042202.jpg

そこで、工事現場を回避して支流に向かいました。

この渓にはいくつかの支流があるのですが、漁協による放流はほとんどありません。

出ればピンシャンの天然エノハです。

いつものように叩いていくと、それらしいポイントからは元気にエノハが飛び出します。

17042203.jpg

渓は新緑に包まれ、木漏れ日の射す水面には羽虫が踊り、時折ヤマセミが上空をかすめて先行します。
おそらく一年で一番渓流が輝く時期でしょう。
17042204.jpg

この時期の定番、オドリバエが見られたのでフライを黒系のアントパターンに変えました。
エノハは小さいのから良型まで素直に出てくれます。

しばらく釣ってこの支流は終わり。

昼寝をしてもう一本支流を探索してみました。

しかし、反応が悪いなと思ったら先行者あり。上流から餌釣りの方が下ってきました。

まあ、休日なのでしょうがありませんね。

少しお話をして脱渓し、本日終了。

帰りにまつお釣具さんに寄って帰途に着きました。

さて、短時間でしたが釣果はまずまず。

17042205.jpg

20~25㎝の塩焼きにはちょうど良いサイズです。

さて、これからまた暖かくなれば、山岳渓流のほうが良くなってくるでしょう。

ゴールデンウィークはいろいろ予定がありますが、もう一度イワナも釣りたいし、また空いた時間を見つけてどこかの渓に立ちたいと思います。

そろそろ鮎の準備もしないといけませんね。

ああ、忙しい忙しい…(笑)

Iwana Hunting with Kirattchi.

遅れていた桜もようやく平地では散りはじめました。

今日は以前から約束していたキラッチさんとのイワナ釣り。

九州の山岳渓流の毛鉤釣りはだいたいゴールデンウィーク過ぎからが本番なのですが、ここ数日は気温も高いようなので大丈夫でしょう。心配していた天気も何とか持ちそうです。

目的地は結構人気の渓なので、場所取りのために6時に待ち合わせし、夜中に自宅を出発しました。

現地には5時前着。

早かったので着いたら起こしてねとLINEし、しばし仮眠をとっていましたがほどなくして電話…。

どうも、復旧工事の通行止めでナビの示す道が通れない様子。

そこで、国道まで迎えに行くことにしました。

以前の記事にも出てきますが、この渓は未舗装林道の先にある渓。

昨年の地震と大雨の影響でようやく通れるようになってはいますが、普通車ではかなり厳しいので、今回はキラッチさんの四駆に乗せていただきました。

例年よりも荒れた林道を、バーストに気を付けて徐行しながら20分。

さらに20分林道を歩きます。

標高の高い脊梁山系。ようやく山桜が満開です。

17041501.jpg

なんだかんだと話をしながら、半分登山の様相で渓へ。

予定より少し遅くなりましたが、幸い先行者もなく8時過ぎには渓へ辿り着きました。

117041503.jpg

前日までの雨で水量は+10㎝程。

毛鉤には厳しいかなとは思いましたが、上を見ている魚を毛鉤で釣り、沈んでいる魚を餌釣りで狙う作戦で先行させていただきます。

さて、下りてしばらくは反応がなかったのですが、小さな支流の溜まりで一本目。

117041504.jpg

結構良い型。

もともとは誰かの放流とはいえ、再生産した個体なので鰭のかけなど一切なく綺麗です。

今日は増水で流すポイントが限られるため、流れの筋よりイワナらしい緩いポイントを狙って釣果がありました。

見上げる大滝。

117041505.jpg

ここはいつものようにロープを使って高巻きします。

キラッチさんはアタリはあるもののなかなか魚が乗らず苦戦している様子で、オモリや針を変えながら試行錯誤しています。

キラッチさんの餌はミミズ…。

イワナは餌を咥えたら落ち着く場所まで持って行って食べます。
ミミズは長いので、遅合わせがいいとアドバイスしたらすぐに一匹。

117041506.jpg

綺麗なイワナです。

そこからキラッチさんも要領を掴んで順調にイワナを揚げていきました。

イワナが占拠する渓ですが、元はエノハの渓なので当然エノハも出てきます。

117041507.jpg

でも、八割方はイワナ。よっぽど環境が合っているのでしょうね…。

苔むした渓は、もののけ姫の舞台のようです。

117041508.jpg

普段の渓は人の足跡ですが、ここはイノシシや鹿の足跡だらけ。

獣臭のする獣道を借り、滑落しそうな急斜面を高巻きしながら遡行します。

腹の黄色いイワナが多いこの沢。

117041509.jpg

色の分、味は濃いでしょうか?

今日は増水しているので大きめのフライで釣り上がりました。
視認性の良い#12のフライに出るのでおおらかに釣ることができます。
何十秒も浮かべておいたフライにゆっくり浮上してくるイワナ。
毛鉤釣りの醍醐味ですね!

ポイント毎に粘るキラッチさん。

117041510.jpg

毛鉤なら出ても二度までですが、餌釣りなら白泡の下に隠れたイワナも誘い出せます。
この戦法で順調に数・型を伸ばしているようでした。

昨年閉ざされていたためか、今日はイワナのアベレージが良く、普通で八寸、尺こそないものの九寸クラスは3~4匹。

117041511.jpg

キラッチさんは28㎝を釣り上げました。

イワナは陸に揚げると蛇のように這って水に戻ります。

117041512.jpg

歯の生えた大きな口はさながらジュラ紀の恐竜のようです。

沢登りよろしく高巻きを繰り返しながら、ようやく脱渓点まで来ました。

休憩を兼ねて腹出しし、景色を愛でながらまた林道を引き返しました。

117041513.jpg

初夏を思わせる渓風に、散りゆく桜が綺麗でした…。

さて、時刻は14時前。

良い時間だし、もう一本案内したい沢もありましたが、お土産も揃ったので今日はここまで。
また未舗装林道を引き返し、二人で鮎のポイントを下見して岐路に着きました。

時間に余裕はあったのでもったいない気もしましたが、今日はこれが正解のようでした。

帰りの高速では雷が鳴って洗車機に入ったような土砂降り。
みんなハザードを出して徐行運転でした。

沢であの状況になったとしたらと思うとぞっとします…。

さて、帰ってからは当然イワナ料理。

定番の塩焼きで頂きました。

117041514.jpg

イワナはエノハに比べて脂がないので敬遠する釣り師もいますが、独特の香りと味があって私は結構好きです。

じっくり弱火で水分を飛ばしたイワナは、乾物にも似た独特の旨味があり日本酒の肴には最高!

エノハとも食べ比べましたが、家人はこぞってイワナに軍配を挙げました。
三女曰く、鰭もイワナのほうが旨いそうです…(笑)

さて、九州のイワナの是非はさておき、今日は脊梁の山岳渓流を堪能する事ができました。

桜が散り、萌黄色に包まれる渓は、これから毛鉤のベストシーズンに入ります。

あと何年、この険しい渓を歩けるでしょうか…。
四十路を過ぎてくると、とふとそんな事を考えるようになります。
これからも、体力・気力充実させ、出来る限り渓に立ちたいものですね。

さて、キラッチさん今日は楽しかったですね!
イワナの渓、まだまだありますから、登山で培った体力でまた一緒に渓を歩きましょうね。

みなさんも、新緑の渓を歩いてみませんか?
新緑の風に吹かれれば、きっと心が還ってこれなくなりますよ…(笑)




桜咲く渓、エノハが微笑む

遅れていた桜もここ数日の陽気で一気に咲きだしました。

4月から仕事の責任が増し、この一週間は気が張っていたので随分疲れが溜まっていたようです。
エノハ釣りに行こうと思って準備はしていましたが、目覚めたら既に7時半でした…。

窓の外はしとしと雨。今日は一日曇りから小雨の予報。

どうしようかしばらく考えましたが、花見なら明日のほうが良さそうですし、木の芽時なので少々の雨なら増水はしません。

暖かい雨のようなので、意を決して日田漁協管内の渓に向かうことにしました。

桜見物をしながらゆっくり下道で渓へ。

9時過ぎ現地着。

いつも釣り人の絶えない人気の渓ですが、出遅れたためか今日はがら空きです。

霧雨が降っていますが気温が高く、長袖シャツで丁度良いくらい。
エノハ釣りには絶好の天気ですね。

17040801.jpg

渓は10㎝程増水していますが、濁りはありません。

石裏に大量にガガンボが出ていたので、しばらくドライフライで叩いてみますが、やはり水面を意識していない様子。

そこで、ニンフに変えてそれらしい筋をトレースしていくと気持ちよくマーカーが消し込まれました。

7寸程のエノハ。

17040802.jpg

虫を喰い込みはじめたのでしょう。魚体も盛期に近づいています。

さて、増水して流れは早くなっていますが、流す速度に気をつければエノハは素直に反応してくれます。

春先には成魚放流もされているようですが、釣れるのは全てピンシャン。

17040803.jpg

天然ものか稚魚から大きくなった個体でしょう。

尾鰭の朱も鮮やかでまさに渓のエノハといった面持ちです。

湧水の渓の砲弾みたいなエノハも良いですが、こういうのが釣れると嬉しくなりますね~。

ここでは2時間ほど釣って一旦脱渓。

早めの昼食を摂り、山を越えて別の支流へ。

道添いには山桜、吉野桜、枝垂桜など、あちこち桜が咲いています。

咲き始めて散るまであっという間。

毎年この時期に釣りが出来ることを感謝しつつ、桜見物しながらゆっくり現地に向かいました。

17040804.jpg

雨の桜も趣があって良いものですね~。

さて、向かった先は3/11(土)に入った沢ですが、その時はさっぱりでした。

Ozekiさんからの情報によると、入るところを間違えていたようなので再調査です。

しかし、場所もわかり、エノハも釣れたのですが、小さい沢なので大きくても15㎝止まり。

大きいのは春先に抜かれたのかな?

持って帰るのも忍びないので全てリリースしてまた元の渓に戻ってきました。

時刻は15時過ぎ。少し雨足が強くなってきました。

上がろうかどうしようか逡巡しながら、渓沿いに車を停めて雨の様子を見ていると、疲れが出たのか1時間ほど爆睡してしまいました。

鶯の声にはっと目覚めると、雨も上がって良い感じになっています。

昼寝してすっきりしたので最後にもう一勝負。

500m程の短い区間ですが、雨後の夕まずめで喰いが立っていたのか、ポイント毎に反応があります。

17040805.jpg

ここでは今日の最大サイズ26㎝を頭に8匹程を確保し、満足して渓を後にしました。

17040806.jpg

終わってみると意外に好釣果。エノハの数釣りができました。

今日は桜とエノハで一杯。

17040807.jpg

前にも書いていますが、鮎もエノハも川によって随分味が違います。

渓のエノハは味わい深く、酒の肴にはぴったりです。

三女も大喜びで2匹平らげました…(笑)

さてさて、今日は思いがけず良い釣りが出来ました。

これからゴールデンウィークあたりまでが日田界隈の渓のベストシーズン。
また状況を見て訪れたいと思います。

しかし、その前に来週末はいよいよキラッチさんとの岩魚釣りです。

標高の高い山岳渓流なので毛鉤には少し早いかなとは思っていましたが、この調子なら大丈夫でしょう。

今度は2人で尺岩魚狙いますよ~(笑)
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム