FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 渓流釣り2019
CATEGORY ≫ 渓流釣り2019
       次ページ ≫

引き水の天ケ瀬へ

今日は休日出勤の振替休日。

秋雨前線の影響で、前日にまとまった雨(30~50mm)が降りました。

鮎掛けは難しいかと思っていたのですが、寅爺様に電話すると水量は多いものの濁りはないとの事。

前回行った星野川もやれそうな雰囲気でしたが、水も綺麗になっているとの事だったので天ケ瀬に向かいました。

8時前、いつもの東屋に着くと常連さん達が朝のミーティング中…(笑)

北さんに良く煮込んだカレーをご馳走になり、寅爺様が現れるのを待ちます。

しばらくして寅爺様と聖ちゃんが登場。
なんだかんだと話しているうちに、みんな9時近くになってしまいました。

今日は温泉街よりも下流のポイントをやるつもりでしたが、放水口前の水色が良いので午前中は試しにそこをやってみる事にします。

ジャンボオトリを2匹分けてもらい、鶴舞の湯の上流からスタート。

19082101.jpg

水が高いので複合01を張りました。

水は解禁以降一番澄んでおり、ヘチには所々ハミ跡が見えます。
足元からツツッと泳がせて良さそうな流れに入ったらココッ。

アタリは小さいのですが、掛かったら結構引く。
最初は23cmくらいのピンシャンの鮎でした。

これを放したら、複合で抵抗が少ないので泳ぐ泳ぐ…(笑)

簡単に流芯を越えて対岸まで一気に泳ぎ、止まったところでビューン!
次の鮎は25cmくらいあります。

おおっ!今日は掛かるんじゃな~い♪

って、そうそう上手くいくはずもなく、そこからは沈黙。

私の上流には熊本の方、下流には遠く岐阜から来られたという2人連れ。

皆さんあまり竿が曲がらないようです。

高水なのでもしかしたらヘチに寄っているのではないかと思い、岩に上がって岸寄りの流れを泳がせたら、20cmくらいの若鮎がビューン。

最後に放流した分でしょうね。
そこから同じような浅いところを泳がせて三連荘。

日も高くなり、水温も上がってきたのでそろそろ良いかなと思って流芯をやってみました。

緩い流れから底付近を横スライドさせたらガガガッ。
嫌な感じのアタリだなと思ったら、岩に当たっていたみたいでツケ糸からプツン…(泣)

結局午前中は6匹で終了でした。

その後、13時くらいまで粘りましたが、状況は好転しそうになかったので当初入ろうと思っていた下流のポイントに移動する事にしました。

向かった先は放流地点ではないポイント。

大水の後は鮎が溜まって大釣りすることもあるのでもしやと思っての調査です。

行ってみると、100mくらい下に1人入っています。しばらく見ていましたが掛かっていない様子。

あらら、まだ下ってきてないのかな?

と思いましたが何となく磨かれているように見える石もあるのでとりあえずやってみます。

絞り込みからの開きにオトリを馴染ませ、下流の釣り人を観察していると、知らぬ間に目印が対岸まで走っています。

ほらね、やっぱり…(笑)

19082102.jpg

少し細身ではありますが結構長さがあります。

でも後が続きません。
一通り泳がせてもう1匹追加。

いれば素直に掛かるようですが、絶対数が少ないのでしょうね。

結局このポイントで2匹追加して終了。

そろそろやめようかなと思いましたが、時刻はまだ15時過ぎ。

帰りにもう一つポイントを見てみようと思い、さらに下流に車を走らせます。

ここも結構人気のポイントですが、平日ということもあって今日は貸し切り。

橋から覗くと、水色も良いしなんだか掛かりそう。

早速オトリ缶を浸けてはじめます。

ここはトロ場の泳がせで釣果の伸びるポイント。

大型を想定して仕掛けはフロロの06。
今日は増水で早瀬になっていますが、オトリも大きいので大丈夫でしょう。

足元から泳がせて周囲を見回していると、また知らない間に目印が上流に走っています…(笑)

アタリはコツンと小さいけれど、いるところに入れれば一発!

7月のような入れ掛かりはありませんが、あちこち泳がせながらポツポツ追加。

7月に泳がせで掛かっていた浅いポイントは網が入っているのか全くダメでした。

しばらく釣って時刻は17時。

夕方の入れ掛りがあるかと思っていたのですが不発だったので本日終了。

天ケ瀬は山間なので、もう山の稜線に日が入ろうとしています。

連日の酷暑が続いていますが、季節は着実に秋に向かっているんですね…。

数はそんなに出ませんでしたが、27cmを筆頭にそこそこ掛かりました。

19082103.jpg

型が良くなってきたので結構ボリュームがあります。

冷凍庫を見るとあちこちに釣り溜めた鮎が…。

こんな日に限っていつもの嫁ぎ先はお出かけ中。

家人から冷凍食品やアイスが入らないと苦情が出るので、冷凍庫は明日にでも整理するとして、今日のところは半分一夜干しにしておきましょう。

19082104.jpg

さてさて、鮎が大きくなって一発大物狙いの我慢の釣りに入ってきました。

前回、今回と、鮎が掛かって暴れている間にオトリが鼻カンから外れるトラブルがありました。

ワンタッチ鼻カンの形状の問題もあるでしょうし、昨年までは背針を頻繁に使っていたのが、今年は基本的にノーマル仕掛けを使用しているのでその影響もあるのでしょう。

やっぱりフック鼻カンにしたほうが良いのかもしれませんね。少し研究してみたいと思います。

次はどこに行こうかな~。
スポンサーサイト



2019(令和元)年、渓流釣り納め?

連休明けの最初の週末。

重たい体を引きずって、なんとか乗り切ることができました。

九州北部には相変わらずまともな雨が降っていません。

この分だと渓は渇水しているでしょうが、最盛期ですし、もうすぐ鮎もはじまるので、渓流の釣り納めと思って今日もまた日田漁協管内の渓に出かけました。

鮎のポイントの下見をしながら10時前に現地着。

渇水で厳しいからか、朝イチで入ったからか、目当てのポイントには誰もいません。

あまりメジャーでないこの渓には、小さいものの天然のエノハが棲んでいます。

19051100.jpg

渇水で細くなってはいますが、少し厚みのある流れを叩いていくと、ポンポンエノハが飛び出します。

19051101.jpg

持って帰れるサイズがなかなか出ませんが、ショートロッドに大きめの毛鉤で軽快に渓を釣り上がっていきました。

しばらく釣って昼になったので途中の水くみ場で昼食休憩。

19051102.jpg

山葵を見つけましたが、野生かどうか判断に迷ったので、李下に冠を正さずで写真だけ撮りました。

19051103.jpg

昼食後は林道を辿って別の渓へ。

気温も上がって夏日になりました。

木陰に車を停めてしばし休憩…のはずが、あんまり気持ちが良いのでガッツリ眠ってしまいました。

目が覚めると既に14時。

どこから入ろうかと見て回りましたが、先日まで工事をしていた場所が空いていたのでそこから遡行。

工事でしばらく人が入っていないだろうと踏んだのですが、考えることは皆同じ。
今朝方入ったであろう足跡があります…(笑)

まあ、良い時間だし、渇水の渓は毛鉤向きなので、遠くから叩けば何匹かは釣れるでしょう。

渓にはこの時期定番のオドリバエが旋回し、#12サイズのストーンフライやカディスも出て、散発ですがライズも見られます。

低く飛ぶヤマセミや、エノハの速さで水中を泳ぎ回る川ネズミなど、渓は生命感に満ち溢れています。

なかなか渋い出方をしますが、丁寧に叩けばそれなりに反応があります。

19051104.jpg

どのエノハも虫を飽食してでっぷりと太っています。

脱渓点までのしばしの間、ドライフライの釣りを楽しみました。

車に戻る道すがら、叢にはあちこちにのアザミの花が咲いています。

19051105.jpg

山吹、山藤、キンポウゲ、アザミにシャガにクサイチゴ。

赤、白、黄色、紫。いずれも毛鉤釣りの最盛期に見られる初夏の色。

からりとした皐月の薫風に吹かれ、満足して渓を後にしました。

帰りはいつもの店で鳥刺しを購入。
この頃は駐車場に入ったタイミングで準備されているようです…(笑)

今日は食べ頃サイズがそこそこ釣れました。

19051106.jpg

渇水の渓にしては上出来かな?

さてさて、今シーズンの渓流釣りも前半は?これで最後。

来週はいよいよ前夜祭。
また今年も鮎シーズンがはじまりますね。

20日の解禁日にはなんとか休みがとれそうなので、体調を万全に臨みたいと思います。

天候に恵まれ、良いスタートが切れますように!

ゴールデンウィーク

19042900.jpg

平成から令和へ、世の中は10連休のお祝いムード。

皆さん、どのように過ごされたでしょうか?

私は、観光地はどこに行っても人が多いのと、前回の釣行で結構腰にきていたので、不要な外出は控えていました。

それでも、4月29日は1日だけテルさんと予定が合ったので、雨の中秘密基地に遊びに行って囲炉裏でエノハや岩魚やブラウンを炙って酔っぱらい、

19042901.jpg

タケノコを掘らせてもらって茹でて帰り、今年も春の恵みを堪能させていただきました。

19042902.jpg

テルさん、今回もお世話になりました。

それ以外は、三女と海に遊びに行ったり、家族で夜の水族館に行ったり、鮎の準備をしたりしながら近場でまったり過ごしました。

19050301.jpg

釣りに行ったのは、5月4日の1日だけ。
blackarrowさんを日田漁協管内の渓に案内しました。

19050401.jpg

例年の事ですが、GW中の近場の渓は釣り人も少なくガラ空き状態。
渇水で厳しくはありましたが、なんやかやと話しながら渓を2本ハシゴ。

19050402.jpg

気温も上がり、緑も濃くなり、そろそろ初夏にかかろうかという時期。

エノハはこの時期が一番美しく、また美味しいと思います。

19050403.jpg

大型は出ませんでしたが楽しく釣ることができました。

そんな感じで、期間が長いだけでなんという事もない普段どおりの休日でしたが、休みに入るまでの仕事が忙しかったので良い気分転換になりました。

GW中に時代は平成から令和へ。

今のところ、私の周囲に特段の変化は有りませんが、令和の世も水辺で遊ぶ余裕のある平和な世の中であってほしいと、釣り師として切に願います。

新しい時代も皆さん良い釣りできますように…。

脊梁の渓、岩魚が微笑む

平成から令和に変わる今年のゴールデンウィーク。一般には10連休です。

釣り三昧といきたいところですが、連休がはじまればどこの渓も人が多くなるでしょう。

思えば昨年度は忙しく、有給休暇もたくさん流してしまいました。
今年もこの調子だと働き方改革で期日指定で強制的に休みを取らなくてはならなくなります。

そこで思い切って、一日早く休暇をとり、脊梁山地の渓にイワナを釣りに行くことにしました。

天気は曇り時々晴れの予報。

春先からの少雨でしたが、2日前に少しまとまった降雨があり、気温も上がって良い感じ。

未明に家を出発し、夜明け前の高速を南下しました。

渓に向かう道すがら、所々で雨が降っています。
平日だし、この様子なら釣り人は来ないだろうな…。

などと思いながら運転していると、しばらく来ないうちに新設された道に迷い込み、せっかく早出してきたのにかなり遠回りして時間をロスしてしまいました…(泣)

それでも、バーストに気をつけながら未舗装林道を進み、渓の入り口に着いてみると、幸いなことに釣り人の影はありません。

時刻は既に8時を回っています。準備を済ませていつものように入渓点まで歩きます。

途中降っていた雨はすっかり上がり、濁りもなく水量も良い感じ。

19042601.jpg

この調子だと今日は貸し切りでしょう。

眼下に雲を見ながら、脊梁の森の息吹を体に取り込むようにゆっくり深呼吸しながら歩きます。

19042602.jpg

しばらく人が入っていないのでしょう。渓には鹿の足跡しかありません。

渓底には9時過ぎ着。

渓は浅黄色。若葉を透かす陽光は毛鉤釣りの最適期であることを物語っています。

19042603.jpg

写真では上手く写せないこの色、この景色。

家人は終生見ることはないだろうな…。

そんな事を考えながら叩いていくのですが、反応はあるもののなかなかタイミングが合いません。

それもそのはず、魚がスレていないのでいつもとタイミングが違うのです…。

前日が遅かったのにも関わらず、夜中に出立して険しい渓に入ったので、集中力も散漫だったのでしょう。

深呼吸してゆっくり合わせ。淵で浮いているのを仕留めました。

最初はイワナ。

19042604.jpg

それからエノハ(マダラ)。

1904260502.jpg

難儀な高巻きを繰り返すころには、日も登って活性が上がり、思ったように釣れるようになりました。

19042607.jpg

1904260802.jpg

枝沢に掛かる巨大な倒木。3人くらいでも手が回らない太さの丸木橋。

19042609.jpg

どれくらいの期間ここに横たわっていたのでしょう…。

自然林に囲まれた脊梁山地らしい渓相。

19042610.jpg

スレていない魚は開きにいるので、不用意に近づくと走られてしまいます。
こういう時は短い竿でも距離を出せるフライフィッシングが有利ですね。

流れのあるところではエノハ、岩陰や巻き返しではイワナ。

相変わらずバラシが多いですが、大型のフライに思ったように魚が出てきます。

さて、巻き返しでイルカライズを発見。
タイミングを合わせて毛鉤を落としたら一発!

19042611.jpg

イワナかと思ったのですが、良型のエノハでした。

婚姻色かと思うほどのこの朱色。脊梁山地の渓らしい朱い山女魚。
このごろなかなか見なくなりましたが、こんなのが釣れると嬉しいですね!

この渓では獣の道を人が借ります。

19042612.jpg

高巻き前の滝つ壺の開きで、#12のカディスが消えました。

虫を飽食してよく太ったイワナ。ジャスト30㎝。尺岩魚って事で?

KIMG0178.jpg

更に高巻きをして脱渓点が近づいてきました。

時刻は14時。

ストーンフライやカディスが飛んで、思ったところで思ったようにイワナが飛びだします。

小さいのは順次リリースしていましたが、気が付けばクリールがズッシリ。

19042614.jpg

腹出しに時間がかかりましたが、少し休んで無事に脱渓しました。

このところ仕事が忙しくて不摂生していたのと、寝不足のまま渓に降りたが重なってかなり足腰に来ています。

19042615.jpg

それでも、山吹を揺らす初夏の風に背中を押してもらい、満足して帰途に着きました。

帰ってからは魚の仕訳と肴の準備。

19042616.jpg

手前がエノハ、奥がイワナ。

ゴールデンウィークの肴は確保できましたがちょっと釣りすぎましたか…。

まあ、待っている人もいるので炭で炙って有難く頂くことにしましょう…(笑)

さて、今日は良い釣り出来ました。

この時期の山岳渓流はやっぱり毛鉤!
職漁師がテンカラをやっていた意味が良く分かりますね。

水面を意識した魚をショートロッドで遠くから狙い撃つスタイルは、効率的かつ私の一番好きな釣り方です。

さてさて、次に渓に立つのは令和でしょうか。

また、体力・気力を整えて渓魚達と対峙したいと思います。

キツかったけど楽しかったな…。

桜散る渓

暖かくなってきたのでそろそろ遠出しようかと思っていましたが、前日は残業で遅かったので寝坊してしまいました。

仕方ないので近場の渓へ。

ゆっくり下道で9時過ぎ現地着。

19041301.jpg

日田漁協管内のこの渓は、昔からエノハが釣れる事は知ってはいましたが、下りる場所がよくわからないのであまり来ていませんでした。

唯一知っていた入渓点には先行者あり。まあ、9時も過ぎているので当然ですね。

仕方ないので上流に車を走らせ、散歩中のお姉さま方に渓に降りられる場所を聞きました。

しかし、渓に降りてみると真新しい足跡が…。
石の上の足跡もまだ乾いていません。

これでは望み薄。
試しにしばらく叩いてみましたがさっぱりなので早々に切り上げました。

さて、どうしようか…。

下流に向かってて車を走らせていると、最初に見た入渓ポイントから車がいなくなっています。

時刻は既に10時過ぎ。

先行者からしばらく時間も経っているし、良い時間なので丁寧に叩けばいくらかは出るでしょう。

杉林を抜けて渓に降りると、結構虫が飛んでします。

19041302.jpg

時間的にちょうどハッチのピークなのか、タニガワカゲロウ?や#14サイズのカディスなどが流れていきます。

渇水気味なので、#17の小さめのフライで良さげなポイントを叩いていくと、ポツポツですが反応があります。

19041303.jpg

天気は快晴、気温も上がって長袖シャツ一枚で丁度良いくらい。
鼻歌交じりで軽快に叩いていきました。

しばらく釣って遡行できない淵に辿り着きました。どうやらここが脱渓点のようです。

半分残った桜が風に舞い、次々と水面を揺らしていきます。

こうなるとドライフライには出づらくなります。
釣りは諦めて平成最後の桜吹雪をしばらく眺めていました。

13時過ぎ腹出しして脱渓。

19041304.jpg

そのまま帰っても良かったのですが、山葵とエノハを求めて別の沢へ。

1匹追加して本日終了。
19041305.jpg

葉山葵を塩で揉んで、今日は醤油漬けにしました。

19041306.jpg

家内と三女と私で一匹ずつ塩焼きに。エノハも脂が乗りはじめて美味かったです。

さてさて、渇水と釣り人のプレッシャーで近場の渓は厳しくなりつつありますが、時期的には毛鉤釣りのベストシーズン。

ゴールデンウィーク前には暇を作って脊梁山地の山岳渓流に向かいたいと思います。

でも、そんなに都合よく休みが取れるかな?
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム