FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 渓流釣り2020
CATEGORY ≫ 渓流釣り2020
      

春には春の楽しみを…。

新型コロナウィルス感染症。あっという間に世界中を巻き込んでしまいましたね。

学校は休校になり、卒業式や入学式も簡略化または中止。

毎年行っていた鹿島の酒蔵開きツーリズムをはじめとして様々なイベントが中止になり、ついにはオリンピックまで延期されることになりました。

経済も大混乱で世界中が右往左往していますが、こんな時だからこそ、じっくり状況を見据えて冷静な行動をとりたいですね。

さて、3月は渓流解禁。

忙しさにかまけて記事を書かないでいるうちに3月も終わってしまいましたが、例年のように空き時間を見つけて釣行しています。

今年も日田漁協管内の渓をメインに歩いていますが、解禁前に大量に成魚放流をしたとあって、1日の日曜日には前日からの泊り客が場所取りをしていて、いつもの渓には入れませんでした。

そこで、ほとんど放流のない渓に入り何とか解禁…。

20033102.jpg

家族で早春の味覚を楽しむ事ができました。

20033103.jpg

次の週も、またその次の週も釣り人はひっきりなしに入っているようでした。

しかし、成魚放流は打ち上げ花火のようなもの。

初心な成魚は一気に抜かれて終わってしまうし、見た目も味もあまり良くないので私はあまり好みません。

まあ、成魚放流すると解禁日に釣り人が集まるので、遊漁券の売れ行きが良いのだとは思いますが、個人的には稚魚放流を増やして通年楽しめるようにしていただきたいと思います。

さて、そんな状態なので、少し海にも浮気してみたり、

20033104.jpg

失効していた船舶免許の失効講習を受講してみたりしながら過ごしていましたが、「今年の桜が咲いたら…」という三女との約束もあって、また渓に向かう事にしました。

半分ドライブのつもりでゆっくり出発。

奇しくも、コロナの影響で県知事から不要不急の外出は避けるように要請があったばかりで、いつもは渋滞する道も今日はスイスイ。
考えてみれば、人との接触を避けて運動し、免疫力を上げるのには、先行者を避けながら釣り上がる渓流釣りほど適したものはないように思います。

三女の好きな歌を大声で歌いながら、空いているポイントを探して渓沿いを走りました。

渓は鶯が鳴き、桜も咲いて春爛漫。

このブログをはじめた頃、次女との釣行のために買った子供用ウェーダーも、まだ少し大きいですが着られるようになりました。

次女ももう高校生。それだけの期間ブログが続いていることに驚きと共に感謝です。

さて、初めての渓流釣りで毛鉤はどう考えても無理なので、今日はクリール(魚籠)を下げて渓歩き。

次女の時もそうでしたが、子供にとってはウェーダーを履いて渓流を歩くだけでもとっても楽しい遊び。

子供は大人より体重も軽くバランスも良いので、渡渉時に気をつけてさえいれば、2年生でも案外危なくありません。

土手の土筆やフキノトウ、低く飛ぶヤマセミやフライに飛び出すエノハなど、虫も魚も植物も、見るもの全てが輝いて見えた事でしょう。

さて、先行者がいたのと、子連れなのでそんなに長い距離は釣れませんでしたが、フライでエノハを釣って見せる事ができました。

20033106.jpg

3月の天然エノハなのでまだまだ小さいものが多く、三女はルアーが釣れたようだと…(笑)

20033105.jpg

そんな小さいエノハは全てリリースし、今日は三女と私の分だけ持ち帰り。

20033108.jpg

腹割いて何を食べていたのかを確認し、だから毛鉤でエノハが釣れるのだと説明しました。

渓から上がって湧水を汲み、お湯を沸かしてカップラーメンを食べ、鳥刺しを買って帰宅。

そうそう。これもまた春の楽しみ。

20033109.jpg

渓沿いに自生した山葵です。

株を絶やさないように、少しずつ分けてもらえば、来年もその先も楽しめる…。

そんな話をしながら一緒に摘みました。

エノハを焼き、湧水で焼酎を割り、次はもう少し暖かくなってからキャンプかな?と話しながら食卓を囲む…。
思いがけず良い週末になりました。

20033110.jpg

春には春の楽しみを…。

早く事態が終息し、皆さんの好きな事ができますように。
スポンサーサイト



プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム