FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 雑記帳
CATEGORY ≫ 雑記帳
       次ページ ≫

往く夏に思う…。

立秋、処暑を過ぎて、暦の上では秋となり、朝夕も随分涼しくなりました。

今夏、私のもとには鮎遊会の先輩を含めて、複数の訃報が届きました。

どなたもまだ若く、突然の訃報に驚くとともに、とてもショックを受けています。
元気だった頃の姿が目に浮かび、とても悲しく残念な気持ちでいっぱいです。

気持ちの整理もまだつきませんが、どうぞ安らかにと願うばかりです。

鮎掛けをはじめとして、夏にはたくさんの楽しみがありますが、私にとって夏は別れの季節でもあります。

両親や祖父母、可愛がってくれていた叔父、皆、お別れは夏でした…。

8月上旬の父母と祖母の年忌法要。

檀那寺の住職の説法は、浄土真宗の御文書の中の「白骨の章」にかけたものでした。

「白骨の章」は、浄土真宗の葬儀や法要ではよく引用されるのでご存知の方も多いと思います。

私も何度も聞いており、浄土真宗の葬儀といえば「白骨の章」というイメージがあります。

ネット上には原文を含め様々な訳が載っていますが、私なりの解釈は次のようなものです。

「この世は諸行無常で常に移ろっている。だから、永遠に生きる人はなく、人生の終わりは年齢に関係なく突然やってくる。一度お別れしてしまえば、どんなに嘆き悲しんでも元に戻す事はできず、どんな人も最後は白骨となるのである。だから、この世の無常に早く気づき、後生は極楽に行けるように、心から阿弥陀仏におすがりして念仏しなさい…。」

後半の「阿弥陀様にすがって念仏する」かどうかや、そもそも後生、極楽、地獄などが存在するのかどうかはさておき、「白骨の章」は初めて聞いた時から心に残るものでした。

檀那寺の住職によると、浄土真宗の葬儀で「白骨の章」が読まれるのは、「身をもって諸行無常を教えてくれた大切な人の姿を通して、人生で果たすべき大事なことは何かを考えなさい。」というメッセージだとの事。

人を見送る経験をすると、あの時ああしておけば良かったとか、あれがまずかったんじゃないかなどと考えがちです。

でも、たとえそうだとしても、もうやり直す事はできません。

だからこそ、旅立たれた方の姿を事を心にとめ、大事な事を教えてくれたことを感謝しつつ、自分の行動や生き方を見直す。そして、生前に受けた恩は次の誰かのために送る。

もし、供養の方法があるのなら、それが一番なのではないかと思っています。

とは言いながら、いつもそんな事を意識し続けられるものでもありません。

日々の生活を振り返ると、反省する事しきり。

今の私の姿を見たら、みんななんて言うだろう。恥ずかしくないようにしないといけないな…。

雨上がり、蜩の声を聞きながら、そんな事を思ってます。
スポンサーサイト



盛夏に向かって

梅雨も末期になり、九州北部は予想どおり?大雨が降りました。

今回の大雨で被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、毎年の事ですが、盛夏に向かって気の向くままに手作り品を準備しています。

まずは梅。

暑い夏を乗り切るには梅が一番ということで、毎年この時期は梅仕事をしています。
今年も梅干し5kg、梅シロップ3kgを仕込みました。

漬け方は我流ですが、昔ながらの梅干しに比べると、我が家は梅の重量に対して塩が10%なのでわりと減塩気味になると思います。

19072103.jpg

減塩だとカビの心配があるので、白漬けの際にはジップロックと焼酎を使って漬込んでいます。

19072101.jpg


子ども達に人気の梅シロップも、ここ数年は三女と一緒に漬けるようになりました。

19072102.jpg

少しでも手伝うと出来上がりが楽しみになるようで、カレンダーに仕上がり予定日を記入して毎日観察しています…(笑)

それから紫蘇ジュース。

19072104.jpg

梅干し用の紫蘇を知り合いの畑の一角に植えてもらっているのですが、毎年大量にできるので一部を紫蘇ジュースにしています。
よく洗ってお湯で煮出し、砂糖とともに冷凍保存していたカボス汁やレモン汁等を混ぜて発色させます。
青紫蘇を足すと香りが良くなりますね。美容にも良いらしく、家内も含め、大きい娘達が好んで飲んでいます。

暑い時に炭酸で割って飲むと元気が出ますね。

そして素麺出汁。

これは前年の晩秋にコロガシでとった大野川の焼き干し鮎を使います。
昆布を合わせ、慣れ親しんだ国東の醤油を使っています。
鮎釣りの日は鮎の塩焼きと素麺というのが我が家の定番ですが、茗荷と合わせた素麺出汁は鰹出汁とはまた違った上品な旨味があります。

最後に鮎の加工品。

一夜干しやうるか等を仕込んでいます。

19072105.jpg

一夜干しも、漬ける塩水は10%。
日本酒を少し入れ、漬け時間は鮎の大きさに従い30分前後で調整しています。

うるかは大野川や杖立川、星野川の鮎で仕込みますが、冷奴に乗せると日本酒が進みますね。

ただ、今年は鮎が不漁なので仕込めるかどうかが微妙なところ。

梅雨が明けて背に脂が入った頃、良い鮎を選んで仕込もうと思っています。

あと、気が向いたら、炭火で鮎を焼いたり、土鍋で鮎飯を炊いたりしています。

いずれも手がかかるので、時間の捻出を含めてなかなか大変なのですが、自分が楽しいから良いのです。

まさに道楽ですね…(笑)

鮎掛けの足回り

さて、表題の件、毎年この時期になると足の親指の爪が内出血で死んでいました…。

先割れの鮎足袋は踏ん張りは利くものの爪に負担がかかってしまうようです。
足袋の足型も私の足に合っていないのでしょう。

正座はできなくなるし、靴下を脱ぐとみっともないし、どうすれば良いかと悩んでいたところ、大きめのシューズタイプにすると良いとの話を聞いたので、今年から足回りを替えてみることにしました。

しかし、注文を間違えて届いたのはノーマルフェルト…(泣)

盛夏の天ケ瀬ではピンがないと危険です。

そこで、靴底をちょっと改造してみることにしました。

※この方法は製品の改造になりますので、メーカーからの保証が受けられらくなります。
また、何かあっても責任はとりかねますので、これを見て試される方はあくまでも自己責任でお願いします。

ネットでウェーディングシューズの改造について調べていると、頭の平たい木ネジを打ち込む方法を見つけました。

でも、木ネジだと、安全のため先端をペンチで切ったりグラインダーで削ったりしなければならず面倒です。

19060801.jpg

そこで、ホームセンターで8㎜の精密ネジを見つけてきて、これをフェルト部分に装着することにしました。

まずはスパイクを打ちたい部分に千枚通しでネジより少し狭めのガイド穴を開けます。

そこに、ねじ山部分にG17ボンドを塗ったネジをドライバーでねじ込むだけ。

19060802.jpg

こんなんで本当に大丈夫かな?

と半信半疑でしたが、解禁から数回使用してみた感じではなかなか。

平ネジの頭は石の上で滑るのではないかと思っていましたが、ネジの頭の角が石の表面の凹凸を噛んで良いグリップをしてくれるようです。

ネジは一本数円なので、手間さえ惜しまなければノーマルとピン付きの価格差よりは安くあげられます。

もう少し試してみてまたその結果を報告したいと思います。

因みに、シューズタイプにしたことで親指の爪の痛みもなくなりました…(^^)v

ふるさと納税と遊漁券

各メーカーから続々と鮎のカタログが発刊され、メジャートーナメントの申し込みもはじまって、みなさんそろそろ準備態勢に入っているのではないでしょうか?

さて、タイトルの件、今年から大野川の遊漁券が豊後大野市の「ふるさと納税」の返礼品になっているのを知っていましたか?

ふるさと納税と言えば、ちゃんと納税していて確定申告で控除申請すれば実質2,000円の負担で返礼品が手に入るはず。

大野川には今年もお世話になるつもりなので、寄附の使途を環境保全に指定して、早速ネットで申し込みしました。

待つこと10日。本日無事に届きました。

19031201.jpg

これ、釣り人にも漁協にも自治体にも良い制度ですよね?

特に、球磨川や五ヶ瀬川など、県外からの釣り客が多い川は、遊漁券が事前に手に入ると助かりますし、思い入れの川が流れる自治体に寄付ができて、しかも安く手に入るとなれば結構釣り人からの需要があるのではないかと思います。

返礼品の限度額など、いろいろと問題点を指摘されているふるさと納税制度ですが、こういった使い方は良いと思います。

制度が存続しているうちに、他の漁協でもやってくれると良いですね。

渓流解禁カウントダウン!

バタバタと忙しくしている間に2月も後半に入りました。

贔屓の蔵の蔵開きに参加し、1週間して3月に入ればもう渓流釣りの解禁です。

年々、月日の経つのが早く感じるのは、歳を重ねた証拠でしょうね…(笑)

渓流釣りを始めてもう21回目のシーズンになりますが、さんざん渓を歩き回ってきたようでも、解禁が近くなればまた渓を歩きたくなるのが釣り人の性。足りないフライを巻き足したり、小物を買ったりしながら少しずつ準備を進めています。

今年の渓流はどうでしょうね。
昨夏の酷暑と暖冬がどう影響するかは分かりませんが、例年並の釣果があれば良いなと思います。

天候が許せば2日の土曜日が初釣り。
釣行できればまたアップしたいと思います。

もちろん三女も楽しみにしています。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム