水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 雑記帳
CATEGORY ≫ 雑記帳
       次ページ ≫

五右衛門風呂

実家の片付けのため、日・月で国東に帰省していました。

実家は春から人に貸す事にしましたので、荷物の片付けで泊まれる状態にありません。
そこで、今回は近くの叔母のところに泊めてもらうことにしました。

季節は大寒。
国東でも年に何度か積雪がありますが、今回は一番悪い日に当たったようです。

叔母の家は国東六郷満山の要所に近い高台にあり、昔から水道管が凍結することもしばしば。
夜間に雪が積もれば、車では出られなくなるかもしれません。

案の定、日曜日の午後から降り出した雪は本降りになり、あっという間に銀世界…。

17012201.jpg

これだとゴミ出しは無理かもしれません。

さて、寒い日はやっぱりお風呂。叔母が懐かしい五右衛門風呂をご馳走してくれました。

17012202.jpg

私の実家の風呂も、ソーラーや灯油と併用して、薪でも風呂が沸かせるのですが、風呂釜は普通の長方形。

叔母のところは昔ながらの丸い五右衛門風呂。

皆さん、入り方分かりますか?

分かる方はかなり田舎の出身か、年配の方ですね?

鉄の風呂釜は石川五右衛門が釜茹でになった大鍋と同じなので、触れれば当然火傷してしまいます。

そこで、鍋蓋のような丸い木製の底板を踏んで入るのですが、木の板なので当然浮きます。

真ん中に体重をかけないと、バランスを崩して底板がロケット発射!

初めてだと、急浮上した底板で顎や後頭部を打つ人もいます。

私も子供の頃はうまく入れなくて、何度か熱い思いをしました。

でも、下からじわじわと上がってくる熱い湯は、冷えた体を芯から温めてくれるんですよね~。

こんな寒い日には何にも代えがたいご馳走です。

思えば、実家の風呂を沸かすのは、小学生の頃の私の仕事でした。

夕方のアニメを見ながら、宿題と風呂の番をしていた事を懐かしく思い出します。

風呂を炊いた後の熾きは、消炭壺に入れて消火して、七輪で使います。
この消炭は燃焼時間は短いのですが、火着きが良いので重宝していました。

さて、五右衛門風呂で芯から温まり、ビールを飲んだら、あっという間に寝てしまいました。

翌日はゴミ出しを考えていましたが、車も道もこんな状態。

17012203.jpg

ごみの集積場に上る坂もチェーンが必要との事。
あえなく断念し、昼過ぎに借主との打ち合わせを済ませたら、残りのゴミ出しを妹にお願いして帰ってきました。

17012204.jpg

で、これは妹に手配してもらった、お土産のナマコ。
実家では、盆の蛸と共に正月の定番でしたが、今年は正月に帰らなかったので寂しく思っていました。

薄く切るのが面倒ですが、大根下ろしと橙酢で食べると何とも言えません。
今回は柔らかい赤ナマコです。みんなで美味しく頂きました。

さて、一月は行く、二月は逃げるで、二月に入って杉花粉が飛び始めれば、エノハの解禁までもう少しです。

今年はどんなシーズンになるでしょうか?

良い釣りできるように祈りつつ、そろそろ解禁用の毛鉤でも巻きはじめましょうかね。
スポンサーサイト

元気にしています。

大変遅くなりましたが、皆様、新年あけましておめでとうございます。

鮎の納竿から、年末・年始にかけて、バタバタしていましたので随分更新をサボっていました。

気がつけば1月も半ば。

これからから2月中旬までの厳寒期を過ぎれば、そろそろエノハ解禁の声も聞こえてくるようになります。

そうなればまた記事をアップしたいと思いますが、振り返って記事を書く暇がありません。

そこで、随分手抜きにはなりますが、記録のために、12月からの写真をアップしておきます。

三女と釣り堀にいったり、温泉に入ったり、魚を買い付けに行って料理したり、充実した日々を過ごしています。

16111901.jpg
16112401.jpg
16112402.jpg
16112403.jpg
16112601.jpg
16112602.jpg
16121201.jpg
16121202.jpg
16121701.jpg
16122801.jpg
16122901.jpg
16122902.jpg
16122903.jpg
16123001.jpg
16123002.jpg
16123101.jpg
16123102.jpg
16123103.jpg
16123104.jpg
16123105.jpg
16123106.jpg
16123107.jpg
17010101.jpg
17010301.jpg
17010302.jpg
17010401.jpg
17010402.jpg
17010403.jpg
17010901.jpg
17010902.jpg

申年の梅

そろそろ梅を漬ける時期になりました。

今年は申(さる)年。

申年の梅は、「難が去る」と言って昔から珍重されています。

和食を好む私の影響か、娘達は梅干しが大好きで、出来た端からつまむので、年明けまで残った事がありません。

そこで、スーパーや道の駅など、あちこちで梅干しを購入するのですが、塩辛かったり干していなかったりで、なかなか好みの物に巡り合えません。

また、スーパーでよく見る甘いタイプの梅は、梅酒に使った梅に味をつけ直して再利用している物が多いらしく、梅の酸味がなくなっていてなんとなく食指が伸びません。

好みの梅を手に入れるには、やっぱり自分でいい塩梅に漬けなければなりませんが、実家の梅は手入れが悪く実が生らなくなってしまいましたので、今年も姉のところから送ってもらいました。

16061601.jpg

しかし、今年は全体的に裏年のようで、器量も悪くあまり収穫できなかったとの事。

まあ、器量が悪くても自宅用なら大丈夫。

貴重な梅を三女と一緒に大事に仕込みました。

16061602.jpg

洗ってヘタを取り、焼酎で消毒してからジップロックで漬け込みます。

この漬け方は、以前こちらで紹介したとおりです。

私のいい塩梅は10%。
婆さんは二号塩(20%くらい?)かそれ以上の三合塩だったと思います。

そういえば、亡くなった親父が「塩辛すぎて喰われん」と言って毎年婆さんと喧嘩してました…(笑)

申年生まれの親父が生きていれば、今年で72歳。

私のいい塩梅の梅干しを持って帰ったら、喜んでくれたでしょうかね?

地震…。

今回の地震の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

県外の方からはお気遣いいただいていますが、我が家も実家も今のところ震度3まででしたので、実家の壁や天井に少しズレが生じた以外は今のところ目立った被害はありません。

しかしながら、断層型の地震で震源もあちこちに移動していますので、福岡でも予断を許さない状況です。

会長曰く、「鯰じゃから夜来るんよね。」

夜間に頻発する地震を見るとあながち間違いではないと感じます。

被災地の状況は、毎日テレビやネットで確認していますが、本当に厳しい状況ですね。

現在、各方面から被災地に様々な支援の手が伸べられています。

すぐに現地に入ることができないので、今できることとして、些少ではありますが募金をさせていただきました。

今後、余震の心配が無くなって少し落ち着いたら、できるだけ多く熊本や大分に出かけて、お金を使おうと思います。

被災地には、観光で生計をたてている方も多いはず。

そういう人たちへの支援は、地震から時間がたってからの方がより必要なはずだと思うからです。
といっても、私が釣行で使うくらいですので微々たるものでしょうが…。

できるとことから少しずつお手伝いできたらと思っています。

ご報告

このブログをご覧の方はだいたい皆さんご存知と思いますが、今年度から正式に
「あまがせ鮎遊会」に入会させていただくことになりました。

私が天ヶ瀬をホームグラウンドにしていることは皆さんご存知と思いますが、
ここ数年来、会員の方との交流を通じて、是非入会したいと思いはじめ、ついに
昨年シーズン終盤に会長に入会を申し出て承認を得たところです。

親睦が主眼の会ではありますが、ご存知のとおり会員の皆さんの技術レベルは
非常に高いです。

私も「あまがせ鮎遊会」のレベルを落としてしまわないように、会長以下、諸先輩方
にご指導いただきながら精進したいと思っています。

ということで、日曜日は「釣り具のまつお」さんの会議室を借りて今年度の総会
が開催されました。

総会は午前中で終わったので、昼からは三女と漁協前にハヤ釣りに行ったら、
地元の方がやってきて鯉釣りをはじめました。

ノッコミで浅場に集まった鯉を狙いに来たようです。

見ている間に一匹釣り上げたので、三女と見せてもらいに行ったら、お土産に
と言ってくれました。

鯉は小学校の頃、地元の池や川で釣ったり、金突きで突いたりしていたので、当
然、食卓にも上っていました。

久しぶりに洗いでも食べたいなと考えたのですが、我が家では泥を吐かせる池も
ありません。そこで鯉こくにでもしようと思ったのですが、鯉こくにしても活魚でない
と臭いが出て不味くなるので、生かして帰らなければなりません。

寒い時期なら濡れた新聞紙に包んでおけば一時間くらいは平気なのですが、日田
から福岡まで帰るとなるとそうはいきません。

すぐに買い物用のクーラーバックに水を張り、途中で水を入れ替えながら、急い
で帰りました。

で、帰ったら三女の掴み取りの儀式のあと、鯉料理に変身する予定でした。

しかし、花見の渋滞にはまってしまい、風呂に入れた時には完全にグロッキー。

16040301.jpg

三女はとても残念そう…。

それでも10分くらい待っていたら少し泳ぐようになりました。

でも、夕食の時間が迫っているのでそろそろ成仏してもらわなければなりません。

娘が突っついて遊んでいましたが、料理に移る旨伝えたら、あっさり洗面器に入
れて持ってきました…(笑)

16040302.jpg

そういえば、子供の頃、叔父から貰った鯉が可哀想だからと風呂場のタライに
入れておいて死なせたことがあります。

三女のほうが随分たくましいですね…(笑)

で、眉間に一撃、苦玉を潰さないように気をつけてちゃちゃっと捌き、夕食までの
時間を考慮して圧力鍋で甘露煮にすることにしました。

16040303.jpg

日本酒、三温糖、味醂、醤油に生姜を入れて高圧で30分。

すっかり骨まで柔らかくなりました。

16040304.jpg

さっそく味見…。

う~ん。

味付けはうまくできてはいますが、なんとなく泥臭いというか、苔臭い?

やっぱり泥抜きか臭い消しが必要でした…(泣)

食べてみると、一番の臭いの原因は皮目にあるようです。

柔らかく煮る方法は分かったので、次は皮を剥ぐなり、一度焼くなりして臭いが
出ないように工夫してみます。

さてさて、話は横道にそれましたが、本題のとおり今年度から鮎遊会会員という
ことになりましたのでご報告いたします。

会員の皆様、フォロワーの皆様、今後ともどうぞよろしくお願いします…m(_ _)m
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム