水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 渓流釣り2015
CATEGORY ≫ 渓流釣り2015
       次ページ ≫

イワナ釣りの休日

雨音で目が覚めました。

今日、明日は遅い夏休み。

川はまだ増水中で、天気予報では降ったり止んだりのぐずついた天気になると
の事。風も強いので鮎掛けは厳しそう。

家で雑用でもと思いましたが、渓流の禁漁まであと少しなので、思い切って山岳
渓流にイワナ釣りに行くことにしました。

向かった先は春にイワナ釣りで入った渓です。

福岡を出発したのは8時半。

一般道を2時間。その先の未舗装林道を30分。
そこから林道を歩いて30分…。
渓の入り口に着いたのは12時前でした。

本当に手間暇のかかる釣り場です。

空は今にも泣き出しそうで、渓流釣りにはもってこいの天気です。

出水が治まりつつあるのか、渓は未だ10㎝ほどの増水していますが、これくらいなら
ドライフライに出ないこともないでしょう。

15090902.jpg

いつものように、山岳渓流で使うピーコックカディス#15を結んで叩き上がりました。

幸先よくエノハ

15090903.jpg

そして、お目当てのイワナ

15090904.jpg

脊梁の山岳渓流らしい渓相

15090905.jpg

三女でも座れそうな巨大なサルノコシカケ

15090906.jpg

脊梁の山岳渓流らしい、背中の黒点がない良型の雄エノハ。

15090907.jpg

シーズン終盤ということもあり、魚はそれなりにスレていますが、飽きない程度に出て
くれました。

大滝を越えたあたりで一旦休憩し、腹出ししてみると、真子・白子がパンパンに入って
いたのでそこから先は全てリリースしました。

16時前に林道と交差する橋に到着。

霧雨が降りはじめ、ただでさえ暗い渓が真っ暗になり、気温も下がって
急に寂しくなりました。

渓にはまだ奥がありますが、明日もあるのでここで終了。

茂みから飛び出してくる鹿に驚かされながらまた未舗装林道を引き返し、夕飯までに
帰宅しました。

今日の肴は、川魚TOP3(鮎・イワナ・エノハ)の塩焼きにエノハの簡易南蛮漬。

15090908.jpg

よく歩いたのでいい感じに酔いが回りました。

短時間の釣行でしたが、大好きな山岳渓流で遊べてまずまずの休日釣行でした。

少し早いですが、今年は大鮎釣りができるので、渓流釣りはこれで終わりかな
と思います。

明日は天ヶ瀬で大鮎釣りに挑みます。
スポンサーサイト

皐月の空にエノハが微笑む

今日は暑くなりましたね。

ゴールデンウィークも終わり、渓沿いにはアザミが咲いて、すっかり初夏の様相です。

15051001.jpg

土曜日は、溜まった仕事のため自主?出勤しました。
日曜日の今日、予定していた行事が中止になったため、家内に許可をとって渓に向かう
ことにしました。

行く先は日田漁協管内の渓。

都市部からのアクセスが良い渓なので、連休中に相当人が入って厳しい事は予想して
いましたが、脊梁山地の渓は遠いし、交通費も馬鹿にならないので、気分転換のつもり
でゆっくり下道で出発しました。

最初の入渓点には8時着。
着替えを済ませていざ渓へと思ったら、下の道から車が上がってきました…(泣)

どうも、しばらく入っていなかった間に、消防道路の先に駐車スペースができていたよう
で、早朝から入っていた先行者に気がつかなかったみたいです。

移動しようかとも考えましたが、この時間に川を上がるなら餌釣りでしょうから、少し時間
をあければなんとかなるはず。

もともと浅瀬の多い場所なので、餌釣りでは攻めにくいポイントを叩いていくと、まずまず
のエノハが飛び出しました。

15051002.jpg

皐月晴れの青い空。
春先のライズの釣りなら厳しいですが、5月の渓なら晴天も大歓迎です。

15051003.jpg

今日はエノハの顔が拝めれば御の字くらいに思っていましたが、日が昇って
虫が出ると、エノハも毛鉤を追いはじめました。

盛期に入って良く肥えています。

15051004.jpg

暑くもなく、寒くもなく、風渡る5月の渓を歩くのは本当に気持ち良いですね。

15051005.jpg

放流の影響でしょうか、この水系では以前から3割程度アマゴが混じります。

今日は久しぶりに水中写真を撮ってみました。

15051006.jpg

しばらく釣って堰堤に当たりました。堰堤下の開きで良型をバラし、
下流から追いついてきたルアーの方と少しお話をして支流に移動しました。

田植えがはじまったこともあり、支流の水量は少なくなっていますが、少し水深
のあるポイントを叩いていくと、ピンシャンのベッピンさんが顔を出しました。

15051008.jpg

エノハが一年で一番艶やかになる時期ですね。

こんな溜まりについています。
かなり腹が減っていたのでしょう。喉まで毛鉤を吸い込んでいました。

15051007.jpg

10cmもないような新子もアタックしてきますが、良い流れからは7~8寸の良型が
飛び出してきます。

15051009.jpg

15051011.jpg

15051010.jpg

昼過ぎまで釣って満足したので今日も早上がり。

ゆっくり川沿いを下りながら鮎の生育状況を見て帰りました。

水の澄んだポイントでは20cm近い鮎が追いかけっこしているのが確認できます。
このまま順調にいってくれと祈るばかりです。

今日は、エノハの顔が見れればくらいの釣行でしたが、思いがけず良い釣りできました。

15051012.jpg

相変わらず人の多い渓で、ポイント毎に車が停まっていましたが、以前に比べてフライの
釣り人は減っているように感じます。アウトドアブランドのステッカーをベタベタ貼った四駆や、
専門誌からそのまま抜け出てきたようなおしゃれな若者達もあまり見けなくなりました。

近隣の釣具量販店でも極端に品ぞろえが悪くなっているので、随分減ってきているので
しょうね。

あんまり毛鉤を見ていないから、エノハ達も私の下手糞な毛鉤を追ってくれるのかもしれま
せん。そうであれば、嬉しいのですが、この釣り方自体にも楽しさがあるので、仲間が減る
のは寂しい気もしますね。何より、道具が手に入り辛くなるのが痛いです。

さて、来週末は出張なので、今度こそ前半の渓流釣りは終了です。

いよいよ次は鮎の解禁。

大型台風が発生しているので、その動向が心配ですが、寅爺様達の努力が実り、豊漁と
なることを期待しています。

脊梁山地、懐旧の渓へ

ゴールデンウィークに入りました。

連休前半には雨も降りましたが、晴れると気持ち良いですね。
自宅マンション前のツツジも満開です。

15050500.jpg

さて、連休中は人も多いし、釣りには行かないつもりでしたが、ShallowRiver
さんのお誘いで急遽渓へ向かうことにしました。

目的地は昔よく一緒に通った脊梁山地の渓。

連休中ということもあり、場所取り目的で早出することにしましたが、法事の
ため大分に帰省していたので、渋滞にはまって帰福したのが前夜の9時半。
そこから風呂に入って準備をして寝たのが11時。
3時半には起きてShallowRiverさんを迎えに行くという強行軍。
4時半に久留米で待ち合わせをし、高速道路を南下します。

ShallowRiverさんとは、もうかれこれ15年来のお付き合いです。

一緒に釣りに行きはじめた頃はお互いまだ新婚でしたが、子供達ももう中学生
です。道中、昔話に花が咲きました。

途中のコンビニで買出しをし、長い峠を越えて最初の渓の入口に着いたのが
7時半。この水系では一番入りやすいポイントですが、今日は運よく空いてい
ました。

準備を済ませて渓に降り、8時から釣り開始。
脊梁山地の渓は深いので、エノハが毛鉤に反応しだすのは、渓に日が差し
はじめるこのくらいの時間から。枝が張り出した渓底はまだ暗いので、大き
めの見やすい毛鉤で叩いていくと、幸先良くまずまずのエノハが飛び出しま
した。

15050501.jpg

反転流を狙うShallowRiverさん。

15050502.jpg

すみません。ピンボケでした。

この渓は、一昔前よく一緒にイワナ釣りに通った渓。
度重なる災害ですっかり浅くなってしまいましたが、まだ魚影は濃いようです。

人は沢山入っているはずですが、今日はチビイワナが足元を走り、エノハ
からの反応もまずまず。

いかにもなイントからの反応は薄いものの、竿抜けを丁寧に流すと魚が素直に
反応します。まるで一昔前に戻ったようでした。

脊梁山地の渓は水温も低くイワナ向き?まだまだ健在です。

15050503.jpg

木漏れ日差す新緑の渓。

15050504.jpg

この時期の山岳渓流はやっぱり最高ですね。

魚止めの滝まで釣り上がって一本目の渓は終了。

15050505.jpg

8寸止まりですが、リリースサイズを含めると、2人とも結構釣りました。

渓を上がって車に戻ったのが昼少し前。
そこから本流エリアに向かいますが、流石にゴールデンウィークだけあって
入渓点にはどこも車が停まっています。

そこで、半蔵君から教えてもらった少し入り辛いポイントを攻めてみること
にしました。ここはあまり人の入らないポイント。案の定、車止めには誰も
いません。

15050506.jpg

毛鉤釣りには絶好の五月晴れ。
ゆっくり昼食をとり、行く手を阻むハードルを越えて渓に降りました。

入渓点のプールでは複数個所でエノハがライズしています。
2人とも一匹づつライズを獲り、上流へ向かいました。

この水系らしい腹まで黒点のある個体。

15050507.jpg

パーマークが丸く、盛期でも錆の出たような体色です。

この渓も魚影が濃く、しばらく楽しく釣り上がりました。

しかし、ここで問題発生。
私が釣り上がる沢を間違えてしまい、大滝を巻くのにとんでもない急斜面を
高巻きすることに…。

鹿でも滑りそうな斜面を2人で上り下り、ほうほうの体で着いたところは
また越えられない滝…(泣)

時刻は3時過ぎ。深い渓が暗くなるのはあっという間。

このまま行っても脱渓できるか分からないので、意を決してまた降りてきた
斜面を登って帰る事にしました。

竿を畳んでベストの後ろに刺し、両手で木の根、草の根を掴んでズルズル滑
る斜面を登ります。尾根に着いた頃には、寝不足も手伝って疲労もピーク。
かなり足に来ていました。

そこから入渓点まで戻り、ハードルを越えなおして車まで。
あと1時間遅かったり、滝を強行突破したりしていたら大変な事になっていた
かもしれません。

良い運動にはなりましたが、久しぶりに冷や汗かきました。
ShallowRiverさん大変失礼しました…m(_ _)m

汗だくになって疲れたので、帰りの事も考えて本日はここで終了。
脊梁の渓を侮ってはいけません。充分な下調べが必要ですね。

帰りはまた長い峠を下って高速を北上。
ゴールデンウィークの夕刻という事もあって渋滞も発生していましたが、
久留米に寄った事でうまく回避できたようです。

疲れてはいましたが、今日は2人なので眠くならずにすみました。

今日はイワナ混じりで12匹。そこそこ肴が釣れました。

ゴールデンウィークの人出の中の釣果としては御の字です。

待っていた三女と塩焼きを楽しみましたが、心地よい疲労に酒が入って横に
なったらあっという間に眠ってしまいました。

ShallowRiverさんも塩焼きを楽しんだようです。

「あんなに臭みのない、美味しいヤマメの塩焼きは初めて食べました」

との事。

釣りは趣味の世界ですので、釣果をどうするかはそれぞれの価値観ですが、
私は釣りには食の楽しみがあって然るべきと思っているので、家族で楽しむ
分は大いに結構なことだと思います。

さて、来週末は釣りに行けないし、20日には鮎が始まるので今年の渓流も
前半戦は終了です。

次は梅雨時の増水で鮎掛けができない時か禁漁前でしょう。

次回は鮎掛けの記事をアップしたいと思います。

少しトラブルはありましたが、新緑の渓を満喫でき、良い休日となりました。

脊梁山地にイワナを求めて

急に暖かくなりました。
今日は五月下旬並みの陽気。大宰府では29度の夏日になったようです。

土・日も天気に恵まれましたが、私は諸事に追われて釣行できませんで
した。

そこで、リフレッシュとGWの肴を確保するため、休みをとって渓に向
かいました。

当初は2週間前に行った渓でイワナを釣る予定でしたが、釣り仲間からの
情報によると、週末は相当混雑していた上にあまり芳しくなかったとの事。
そこで、予定を変更し、昨年9月にイワナを釣りに行った渓に向かうこと
にしました。

実はこの渓、林道工事のためしばらく通行止めになっていたのですが、
この日曜日に解除されるとの情報を得ていました。

そうであれば、昨日入っていても一人か二人。
翌日でも十分釣りになるでしょう。

ただし、人気の渓ですから、平日とはいえ場所取りが必要です。
前夜のうちにお茶や握り飯を準備し、5時前に福岡を出発しました。

高速を南下し、長い林道を走って渓の入口に着いたのが7時過ぎ。

前回の釣行記にも書いているとおり、ここは車停めから入渓ポイントまで
しばらく歩かなければなりません。

この渓は脊梁山系の山頂近く。
林道からは1000m近い山の頂きがすぐそこです。

1504270.jpg

30分程で渓の降り口に着きました。
前回は入渓点を間違えて釣行区間が短かったのですが、今回はなんとか
見つけることができました。

さて、降り口から渓までしばらく下りますが、今日は杣道に鹿の足跡しか
見当たりません。昨日から入渓できていたはずですが、手間のかかる渓な
ので、もしかしたら誰も入っていないのかもしれません。

そうであれば大チャンス。
逸る気持ちで渓に降り、早速準備をはじめますが、何か足りないなと思っ
たら偏光グラスがありません。どうも車に置き忘れてきたようです。
しかも、いつも使う0.4号のティペットも1m程しか残っていない…(泣)

かと言ってまた30分かけて車まで取りに帰るわけにもいかず、仕方なく
偏光グラスなし、ティペット太しの状況で釣り上がることにしました。

時刻は8時過ぎ、渓には木漏れ日が差し込み、虫も飛びだして良い感じ。
散発的なライズも見られます。

15042700.jpg

早速釣りを開始しますが、逆光でフライが見えづらく、太いティペットの
ためドラグもかかって、バラシの連続。

それでも、今日は活性が高く、めぼしいポイントからは素直に魚が出てきます。

15042701.jpg

しばらく遡行すると目の前に見上げる大滝が出現しました。

15042703.jpg

途中の大滝の滝壺からは良型のエノハ。

15042702.jpg

山岳渓流のエノハらしく、幅はあまりありませんがイワナのように胴の丸い
筋肉質なエノハです。

大滝は高巻いて越えましたが、クリアするのにかなりの労力を要しました。
ロッドをたたんでベストの後ろに差し、釣り人か沢登りかの先人の残したロー
プに命を委ねて崖を捩り上がります。

もともとこの渓の岩は滑りやすいのですが、滑ったら最後の場所なので平たい
ところに降り立った時の安堵感といったらありません。

前回釣行でシューズのフェルトが減っていて何度も滑ったので、今日に合わ
せてシューズを新調しておいて良かったです。

さて、この滝の前後からイワナが混じりだしました。

岩盤沿いのイワナらしいポイントからも出ますし、流れの巻きに浮いているのもいて、
本格的なイワナ釣りが楽しめました。

15042704.jpg

15042705.jpg

15042706.jpg

どれも7~9寸程の良型揃い。昨秋のちびイワナが人のいない間に大きく
なったのでしょう。腹の黄色いタイプやオレンジの斑点の強いものなど結構
個体差があります。

滝の上で腹出しをして休憩をとり、さらに釣り登っていきます。

15042710.jpg

しばらく釣って砂防堰堤が現れました。
堰堤は餌釣りで抜かれていることが多いのですが、しばらく人が入っていない
からか、今日は魚が開きに出ています。

丁寧に流していくと、良いエノハが掛りました。

15042707.jpg

体側のオレンジ色が鮮やかな、精悍な顔つきをした雄エノハです。

堰堤を越えてしばらく行くと、ようやく昨年入渓した地点に来ました。
やはり、前回は相当ロスしていたようです。

ここまで来ると渓の出口はもうすぐです。
最後のゴルジュを高巻きし、数匹追加して脱渓。

時刻は12時半。本当はもう一本入ろうと思っていたのですが、クリール
もかなり重くなっていたので今日も早上がり。

晴天の渓で偏向グラスをかけていなかったので、目の疲労が強く、ピントが合わ
なくなって限界でした。やっぱり最終確認をしっかりしないといけないですね。

少し休憩をとって山を下り、夕方までに帰着しました。

昼までの短い釣行でしたが、大小合わせてかなりの数が釣れました。

20cm以上の良型のみ、20匹ほどキープしましたが、アベレージサイズも大きく、
満足のいく釣果でした。

夜は時間があったので久しぶりに「炭焼きろばた」を出してきて焼きました。

三女も塩降りと串打ちの邪魔をしながら手伝ってくれました…(笑)

やっぱり炭焼きは良いですね。今日も酒が進みます。

今日はクリーム色と黒の2種類のストーンフライをよく見かけました。
フライはエルクヘアカディスとピーコックを使ったパラシュートパターン
への反応が良かったので、多分そんなのを食べていたんだと思います。

さて、GWは予定が詰まっているし、人も多いので渓には行けないと思い
ます。次は鮎の解禁でしょうか。

今年は良いとの前評判でしたが、冷水病の疑いが出ているとのことで少し
心配ですね。

ともあれ、今日は山岳渓流を満喫する良い休日になりました。

新緑の渓、エノハが乱舞

今年は雨が多いですね。

日曜日はまた雨の予報なので、貴重な晴れ間を活かすべく、エノハ釣
りにでかけました。

過去の記事を見ていると、この時期は玖珠郡漁協管内に行って貧果に
終わっています。先週の山岳渓流は少し早かったようなので、今日は
その折衷案でGW前頃が一番良い普通の渓流にしてみました。

フライに出るのは日が昇って暖かくなってからですが、人気の渓なの
で、早い時間からの場所取りが必要です。

福岡を5時に出発し、6時半に現地着。

渓沿いに車を走らせると、案の定、数台の車が停まっています。

運よく目当てのポイントは空いていましたが、準備をしていると数台
の車が様子を見ながら通り過ぎていきました…(笑)

ゆっくり準備をして7時15分釣り開始。

渓沿いには遅咲きの八重桜。今を盛りと咲き誇っています。

2015041801.jpg

今日は暖かくなる予報ですが、放射冷却の影響でまだ渓は冷え込んで
います。虫もほとんど飛んでないので、最初は沈めてみますが、あん
まり反応が良くありません。まだエサ場に出てきていなのでしょう。

エノハが付いている流れを確認しながらしばらく釣っていると、渓に
日が差して虫が飛びはじめました。

少し厚みのある流れを叩くと、最初のエノハが毛鉤を咥えました。

2015041802.jpg

まずまずの型です。

小規模な沢ですが、水はジンクリアで水量もそこそこです。

2015041803.jpg

がっちり良いところに掛っています。
基本的にスレ針を使っていますが、ここに掛ればまずバラシは
ありません。

2015041804.jpg

9時を過ぎ、気温も高くなって活性が上がりだしました。

虫も、ミッジ→ガガンボ→メイフライ→カディス と推移し、大きめ
のフライでも出るようになりました。

2015041805.jpg

新緑の渓は本当に気持ちが良いですね。
九州北部の毛鉤釣りには一番良いシーズンだと思います。

2015041806.jpg

小さいのも釣れますが、良い流れから出るのはだいたい20cmを超
えた立派なエノハ。虫を飽食したエノハは、肌艶も良くよく引きます。

2015041807.jpg

渓沿いには、シャガの花。初夏が近い事を教えてくれます。

2015041808.jpg

10時過ぎまで釣って脱渓点まで来ました。

結構釣れた感はありましたが、以前から気になっていた沢があったの
で初めて入ってみました。

2015041809.jpg

ここでもアマゴ交じりで綺麗なエノハがポンポン出ます。

今日は運よくエノハが虫に夢中になるタイミングに当たったようです。
虫が出てライズもそこそこあり、そのライズもだいたい捕れました。

失敗したライズも、時間を空けてフライを変え、3つも取りました。

しばらく釣っていると、昼を告げるサイレンが渓に響き渡りました。
イブニングまでやればまだまだ釣れそうでしたが、クリールも重く
なったので今日はここで終了。

こんな日に深追いすると怪我をしたり、道具を破損したりろくな事が
ないですからね。適当なところで止めるが吉です。

朝が早かったので、少し日陰で昼寝をし、帰り際に釣り具屋に寄って、
夕飯までに帰りました。

先週の渓よりも一回り大きく型揃いです。

2015041811.jpg

さて、フライフィッシングの世界では、毛鉤パターンのメインとなる
カゲロウの事をメイフライ(五月の羽虫)と呼びます。

西洋式毛鉤釣りはヨーロッパ発祥ですから、緯度の高いヨーロッパの5月
は九州ではこの時期に相当するのかもしれません。

今日はドライフライで思いどおりに釣れて、本当に楽しい半日でした。
GWはいろいろ予定がありますし、5月20日は鮎の解禁ですから、もし
かしたら前半のフライは今日までかもしれません。

もう一度くらいどこかに行けるでしょうか?

行けたなら、次はイワナを載せたいと思います。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム