水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年02月
ARCHIVE ≫ 2013年02月
      

≪ 前月 |  2013年02月  | 翌月 ≫

花粉症

2月末。
解禁を待つ渓流釣り師にとって、ワクワク楽しい時期のはずですが、私はとても憂鬱です。

それはなぜか。

そう、スギの花粉が飛ぶからです。

アレルギー検査では、スギ、ヒノキ、ハウスダストに強い反応が出ます。

山間部で釣りをする者にとって花粉症は致命的です。
釣りに行った日は鼻が詰まって息もできず、目も真っ赤になって痒くなり最悪の状態になります。不快な症状に機嫌が悪くなり家族にも不評です。

花粉症とは30年近くの付き合いになります。

もともと小さい頃から鼻や耳の症状がありました。
しかし、私の田舎には近隣に耳鼻科がなく、くしゃみ、鼻水などの症状が続いても風邪のせいだろうと言ってまともに治療していませんでした。

それでも小学校4年生くらいの頃、夜になると鼻水が止まらずまともに眠れない状態が続いたため、30キロ程離れた町の耳鼻科にかかった事があります。

その時は風邪でもないし、蓄膿症などでもないので原因がわからないと言われ、「自律神経の不調からくる神経性鼻炎」であろうとの診断を受け、頭部に針を打って電気を流したり、霧状の薬を吸入したりする治療を受けました。

しばらくすると症状も消え、耳鼻科にも通わなくなりましたが、今思えばその時既に花粉症を発症していたのかもしれません。たまたま飛散が多い年に症状が強く出て、飛散の終了とともに症状が治まっただけだったのではないかと思います。

なにぶん田舎の事ですし、当時は花粉症と言う病名は今ほどポピュラーではなかったので、医者にも判断がつかなかったのでしょう。

その後、しばらくは治まっていたように思いますが、症状が酷くなり、はっきり花粉症だと診断されたのは高校3年生の時。卒業から大学入学までの一ヶ月間、森林組合に勤務する親戚について杉山を測量するアルバイトをした時です。

たしか高校の卒業式が3月5日でしたから、スギ花粉の飛散も最盛期でした。
茶色く色づいた杉林から朝霧のように花粉が上る恐ろしい光景を今でも鮮明に覚えています。

マスクもメガネもなく、薬も飲まないまま花粉の発生源で仕事をするわけですから、当然症状も悪化しました。どうにも我慢ができなくなって、近くの内科で見てもらったところ、すぐに花粉症であると診断されました。
(いかに田舎でもその頃には花粉症も市民権を得ており、患者も増えていました。)

それから約20年、田舎から出てきて生活や空気が変わったことによって症状も年々重くなっていきました。

現在の生活圏はアスファルトに囲まれていて花粉が舞い上がりやすい状況にありますし、黄砂や大陸からの汚染物質の影響を受けやすい土地柄も影響しているかもしれません。

何とか症状を改善しようと、これまでも花粉症に効くと言われる甜茶や紫蘇茶、ヨーグルト、生姜などを試してみましたが思うような効果は得られませんでした。また、レーザーで鼻の奥の粘膜を焼くという手術も受けましたが、術後しばらくは良かったものの、数年で粘膜が再生して元の状態に戻ってしまいました。

現在は、1月末くらいから比較的副作用が少ないとされるアレグラという薬を飲みはじめ、シーズン中は極力マスクをするようにしています。また、昨年からはアラミストという点鼻薬を処方してもらい、鼻の症状については随分緩和されてきました。

それでも完全に治癒するものではありません。
一度発症した花粉症は一生治らないのがどうにも悔しいところですが、今のところは対症療法でこの季節を切り抜けていくしかないようです。

最近は花粉症の根本的な治療法として舌下減感作療法なるものが研究されているようです。
花粉のエキスをしみこませたパンを口に含んで徐々に体を慣らしていく治療とのことで、改善率も高いようなので、早く実用されないかと心待ちにしています。

九州の渓流は明日一斉に解禁します。
渓に立てば症状が出るとわかっていても、我慢できずに渓に出かけてしまう私はやはり意志の弱い「釣りキチ」なのでしょう。

  世の中に たえて花粉のなかりせば エノハの釣りはのどけからまし

今年の春もマスク姿で渓に立ちます…(笑)
スポンサーサイト

日田の雛祭り

今日は寒かったですが良い天気でした。
三女ももうすぐ1才になります。

長女、次女は家で留守番。家内と三女の三人で日田の豆田町にお雛様を見に行きました。
mameda1.jpg

日田には年間何十回と行くのですが、基本的に川沿いのみなので豆田町を歩くのは久しぶりです。町のあちこちに色とりどりのお雛様が飾られ、娘も嬉しそうでした。

薫長酒造を見学し、花月川の様子を覗いて、木の花ガルデンで買い物をし、まつお釣具に寄って帰りました。
sakagura1.jpg
kura1.jpg
kura2.jpg

町を歩きながら味噌・醤油の味見や蕎麦饅頭の試食をしました。
みたらし団子や空揚げも食べましたが日田の味付けはやっぱり好きですね。

天気が良く風が強かったので花粉がかなり飛んでいたようです。
マスクをしていたので鼻は大丈夫でしたが、帰ってきてから目が痒くなりました。

来週はいよいよ渓流が解禁します。
日田近辺は今のところ平水ですが、年度末の工事で濁りが出ています。
これがどう影響するか心配です。来週半ばにでも一雨あると良いですが…。

コノシロ寿司2

酢に漬けこんだ翌日。

片身をさらに半分に。

白米を固めに炊き、寿司酢を混ぜ込み、酢飯を準備します。
この時、魚を漬けこんだ酢を混ぜるのがコツ。

魚や昆布の旨み、生姜の風味が酢飯に混ざりいい塩梅になります。

sumeshi.jpg

俵型に酢飯を握ってコノシロを乗せ、キュッと握ります。
日本酒と一緒にわさび醤油でいただきます。

kansei.jpg

親父が若いころ、豊後高田のおじさんのところに遊びに行ったところ、おじさんが汚い手でベタベタ寿司を握っていたそうです。
「美味いから、食べてみらんか?」と言われたそうですが、気持ち悪いから「そんなのいらん」と答えたそうです。それでも「騙されたと思って喰ってみろ」と言うので一つだけ食べてみたところ、たいそう美味かったので「これは美味い。もうひとつ」とお願いしたそうですが、おじさんはニヤニヤ笑ってくれなかったとの事。
その時は鮒(フナ)で作った寿司だったそうですが、親父が作っていたこのコノシロ寿司の原型はその時の寿司だったようでした。

姉、妹は魚が捌けませんので、この寿司も今は私だけが受け継いでいます。
冬になると食べたくなる親父の味です。

コノシロ寿司1

今日は金曜日。

特に飲み会の予定もなく、仕事も早く終わったので酒の肴を探しにスーパーへ。

新しいコノシロがあったので〆て寿司にする事に。
IMGP0070.jpg


亡くなった親父の好物で、子供の頃から寒い時期に食べていた懐かしいごちそう。
親父の作り方を私なりにアレンジしています。

まず、頭と鱗と内臓を取って3枚におろし腹骨を引いて塩をします。
この時少しキツめに塩を振り、しっかり汗をかかせるのがポイント。
IMGP0071.jpg

30分ほどしたらキッチンペーパーで水気を取り、魚の上に生姜、昆布を置いて酒を入れた酢をヒタヒタにして一晩漬け込みます。
IMGP0072.jpg

なかなかいい感じ!
明日はこの〆コノシロを使って寿司にします。

解禁準備

例年、年明けくらいから徐々にフライを巻き始め、道具のメンテナンスをして準備をします。ここ数年は鮎掛けに気持ちが移りがちだったのですが、それでも解禁が近くなると渓やエノハが気になって、フライボックスも一杯になってないと落ち着きません。

少しの空き時間でフライや鮎掛針を巻くのが日課になっていますので、気合を入れて丸一日巻きっぱなしなんて事をしなくてもそこそこ準備は進むのですが、今年に入って三女が家中を這いまわり、何でも口に入れるようになったので、ヘタに道具も広げられずなかなか苦労しています。それでも、まあ1シーズン分くらいのフライは準備できました。

KIMG0043.jpg


フライのラインナップはここ7、8年ほとんど変わっていません。
釣りのスタイルが定まっていると言えば聞こえはいいのですが、要するにマンネリ化しているということですね。

まあ、ホームリバーではよっぽど特殊な状況でない限り#16前後のフライでそこそこの釣果は出ますので、最近はあまりパターンの研究もしなくなりました。針もTIMCOのコピーと思しき廉価版をネット通販で大量に仕入れて使っています。

フライラインも用途毎に数本を毎回メンテナンスして大事に使っていますので、4~5年経ってもバリバリの現役です。

line.jpg

落ちない汚れもありますが、ラインストッカーに巻きなおし、一度お風呂に入れてアーマーオールでコーティングすれば巻き癖も取れてまた復活。あと数シーズンは使えそうです。因みに、リーダー交換の際に先端を切らなくて良いように、フライラインの先端にループ加工してここにリーダーを結ぶようにしています。

フライロッドも久しく新調していませんが、今のところ岩手のロッドメーカー

Campanella(http://www.campanellafishing.com/)

の、8ft3inと6ft11inのいずれも#3で落ち着いています。

rod.jpg


唯一のこだわりはグリーンのブランクカラーと「Mentaiko」のネーム。
渓流のフライも昔程入れ込んでいるわけではありませんので、これらの竿も折れない限りは新調することもないと思います。

まあ、もともと物欲も強くないし、気に入った物を長く使うタイプなので道具の事を書くことは今後もあまりないと思います…(笑)

遊漁券

本日、まつお釣具にお願いしていた遊漁券が届きました。
とりあえずはホームグラウンドの筑後川エリア。

IMGP0066.jpg

玖珠漁協エノハ年券  3,000円
日田漁協鮎掛年券   10,000円

状況によって、今後は山国川、矢部川、菊池川、緑川、球磨川などが追加されることでしょう。

九州の漁協は鮎の年券を持っていれば全ての魚種に対応するところがほとんどです。
日田漁協も鮎掛年券があればエノハはおろかコイやウナギ、スッポンまでも獲ることができます。そういった意味では緑川や菊池川の鮎掛年券4,000円は破格であると思います。今年の夏は鮎掛けしながら、ミミズを付けたブッコミ仕掛けでウナギでも釣ってみようかなと思っています…(笑)

さて、昨年の九州北部豪雨で筑後川水系の各河川は甚大な被害を受けました。今年の復旧具合はどうでしょうか。

年明けに遊びに行った九重FRの情報によると、3月から夢吊橋の近辺で復旧工事が行われるかもしれないとの事なので、解禁以降は玖珠川にも影響があるのではないかと心配しています。

いまさらブログ?

渓流解禁を間近に控え、いまさらながらブログを開始することにしました。

ご存知の方もおられるかもしれませんが、10年近く前に今と同じ「明太子」という名前で「Small Stream」というサイトを立ち上げ、数年間運営していたことがありました。
そのサイトでは、フライフィッシングによる釣行記を中心に、日々の暮らしの中で気づいたことをブログ的に書いていました。
当時は釣り人が運営するHPはそれほど多くありませんでしたので、へたくそな記事でも多くの方にご訪問いただき、釣り仲間も増えて、とても楽しく運営させていただいていました。

しかしながら、数年経つと、他にも似たようなページが出始め、記事や写真をアップすることによって、大事にしていた釣り場がバレてしまったり、教えられないというのにポイントをしつこく聞いてくるような方がいたり、いわれのない誹謗中傷があったりしていろいろマイナス面が出てきました。
そのような状況でサイトを運営し続ける意味が見出せなくなり、仕事が忙しくなったこともあって結局は閉鎖してしまいました。

それから10年近く。
当時と比べると、私の釣りのスタイルも考え方も随分変わってきました。
ブログの開設を思い立ったのは、単純に自分の釣行記録や日常生活を記録してデータベース的に使いたいと思い始めたからです。日記を見返すことによって、また新しい発見もあるでしょう。

現在はFacebookを中心としたソーシャルネットワーク全盛の時代ですが、Facebookは書き手の顔が見えるが故にかえって煩わしいこともあります。また、Facebookでの投稿は知り合い同士の中で流れて消えていくのに対して、ブログの記事は書けば書くほど蓄積されてデータベースになっていきます。

そこで、ブログの特性を活用し、あらためて気軽に書ける媒体としてこのブログを運営していきたいと思います。

定期的な更新は約束できませんし、私的な日記になるかと思いますが、興味のある方はどうぞ覗いていってください。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム