水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月
ARCHIVE ≫ 2013年06月
      

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

友釣り道場

大雨の後で厳しいのは分かっていましたが、明日も仕事なので今日しか行けません。
寅屋の掲示板では昼からなら釣りになりそうとのことなので、13時過ぎに現地入りしました。

水量的にはなんとか釣りになりそうでしたが、放水口から濁りの酷い水が入って左岸側は厳しそうです。この濁りは上流の採石場のせいだったようで、寅爺様が大変憤慨して抗議に行かれました。

寅爺様が疎開させていた囮の到着を待って、14時くらいから釣り開始。
17時半までやってわずか5匹の貧果でしたが、釣り人も少なかったので寅爺様が付きっきりでいろいろと親切に指導してくれて大変勉強になりました。

竿の持ち方や竿先の止め方、囮の操作など「眼から鱗」が満載でした。
囮が追われている感覚や微妙なテンションの囮操作など、普段の自分は随分違うことをしてたみたいです。

特に、小さな囮でも結構な強い流れに入れられるのには驚きました。
そんなつもりはなくても、いつも引っ張りまわしてバテさせていたのでしょうね。

鮎掛け以外にも、「あまがせ鮎遊会」の由来や寅爺様の修行時代の話、昔の天ヶ瀬の大鮎釣りの話、著名な方々との鮎掛けを通じた親交の話など、とても楽しいお話を聞かせていただきました。

どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。

さて、夕方には濁りも取れて水も引き始めたので、日が照れば明日はかなり良い状況だと思います。

私は涙を飲んで仕事します…(笑)
スポンサーサイト

大雨の前に。

今日は休日出勤の振替休み。

明日から大雨の予報ですが、今日は小雨混じりながらなんとか持ちそうです。

そうとなれば鮎掛けに行かなければなりません。

家を出た時、福岡は結構な降り方でしたが、寅屋に電話すると温泉街の状況は良さそうです。

7時過ぎに一番乗りで現地着。曇っていますが水色は随分良くなっています。
元気な囮を分けてもらい、寅爺様からは午前中までに15匹、一日30匹以上という有難いノルマを頂き7時半釣り開始。

今日は人も少なく、橋から上流の発電所放水口まで一人占め。

061801.jpg

一日中行ったり来たりしました。

逸る気持ちと裏腹になかなかリズムに乗れませんが、8時過ぎぐらいからポツポツ掛かります。

061802.jpg

追星3つの鮎。全部がこうならば爆釣ですが…。

昼が近くなると風が強くなり追いも悪くなって厳しい状況になりました。

それでも、温泉街に昼の音楽が鳴り渡る頃にはなんとか15匹を超えていました。
午後からは更に追いが悪くなり、顔掛りやバラシが多発したため、背針やチラシを使い、鮎の溜まる場所を探してポツポツ数を追加していきました。

結果は、16時まで釣って囮3匹込みの42匹。最大23cm。
私としては上出来です。

061803.jpg

右にあるのは中古釣具屋で見つけた囮缶。なんと398円でした!
ブクは付けられませんが、温泉街で釣るには充分です。
沈みも良く、このまま氷をガサッと入れれば鮎も締められるので重宝してます。

帰りにOzekiさんの車を見かけたのでご挨拶して帰りました。
今後ともよろしくお願いします。

帰宅後、塩焼きと唐揚げにしました。
我が家は贅沢にも三女以外は塩焼きに飽きているのですが、小型の腹を抜いて唐揚げにすると喜んで食べます。

061804.jpg

残りは我が家だけで捌ける量ではなかったので、娘達の同級生宅へのお使い物になりました。
後日、何か別のものに変わって帰ってくるでしょう。
これも田舎出の私の生活の知恵でしょうか…(笑)

一日川に浸かって疲れましたが、なかなか楽しい鮎掛けとなりました。

さて、鮎も大きくなって20cmオーバーがかなり混じるようになりました。
瀬の中で良型が掛かると飛ばされるかもしれません。
付け糸を0.4号にしておいて良かったです。

もうすぐ今年購入した急瀬竿の登場でしょうか。

梅雨の釣り

前夜からの雨で今日は鮎掛けは無理だろうと思っていたところ、9時過ぎくらいから曇り、なんとか持ちそうな空になりました。

寅屋の掲示板では天ケ瀬は濁りがあるとの事で厳しそう。
でも、明日は仕事なので行くなら今日しかありません。

どうしようか迷ってまつお釣具に電話してみたところ、「大山だったら大丈夫では?」というので、急遽日田に向かいました。

インターを下りて豆田町の花月川を見ますが、見事なカフェオレ。
玖珠川との合流点付近では、大山川からの水は笹濁り。
いけると踏んで大倉釣具で囮を仕入れてB&G裏に向かいます。

11時半、釣り開始。
何人か釣り人がいますがさっぱりの様子。
私も2時間もかけて2匹の貧果。

これはマズイと場所移動して市内近郊をグルグル回ってみましたが、どこもあまり芳しくない様子です。昼を過ぎて人もまばらになり始めました。

時間はもう14時。玖珠川の濁りも若干薄くなった気がしたので、とりあえず女子畑の近くの瀬に入ってみます。

濁りの薄そうな流れを見つけて丁寧に探ると、追いは良くありませんがポツポツ掛かります。

しかし、3匹程掛けたところでまた増水。濁りもきつくなってぜんぜん追わなくなりました。みんな川から上がっていきます。

今日はツ抜けもできないまま退散かと思いましたが、とりあえずタイツのまままた市内をウロウロ。

まつお釣具の横を通過し、かなり下流まで下ると長い瀬の上下に2人刺さっています。
見ている間に一匹掛かったので、真ん中に入れてもらい釣り再開。
時刻は16時を回っていました。

いつもより20cmぐらい増水しているそうなので、背針を打って流れの筋を引いていくとポツポツですが掛かります。ただし、追いが悪いので鮎は真っ白。目印が吹っ飛ぶような爽快な当たりはありません。

17時の音楽が鳴り、少し寒くなってきたので17時半終了。

ayu130615.jpg
養殖囮は明日の誰かのために放流し、全部で14匹、最大23cm。何とかツ抜けできました。
私の腕で今日のような状況ではこんなものでしょう。

明日は晴れの予報。水も落ち着き、濁りが取れてよく掛かるでしょう。
私は頑張って仕事します。

梅シロップ

梅雨空が続くこの時期は梅のシーズンでもあります。

夏に向かって気温が上がり、体調を崩しやすくなるこれからの時期、我が家では自家製の梅シロップが大活躍します。冷水や炭酸水で割って飲めば、夏バテや食欲不振に効果テキメン。夏風邪もひきません。

13061203.jpg

作り方は至って簡単。材料も青梅1kg、白砂糖1kg、ホワイトリカー少々のみ。

13061201.jpg

青梅はヘタを取って水洗いし、ザルに上げて水気を良く切り、表面が乾いたらフォークなどで何ヶ所か穴を開け、ホワイトリカーにくぐらせます。

あとは梅酒用の広口瓶に、梅と砂糖を交互に入れて冷暗所で保存するだけ。

13061202.jpg

2、3日で梅酢が出て砂糖が溶け出しますので定期的に瓶をゆすって馴染ませます。6月初旬に仕込み、シロップが黄金色になる土用の時期から飲み始めます。

梅の実は子どものおやつに。薄めれば小さいお子さんも大丈夫。

我が家の娘達も元気いっぱいです。皆様もどうぞお試しあれ。

さて、週末は祖母の葬儀のため実家に帰省していました。

今回使った梅は実家の梅。
例年なら祖母が大量に梅干を仕込む時期です。

私はこれまで鮎釣りの帰りに大山で梅を買って帰り、梅酒や梅干し等を仕込んでいましたが、今年は実家の梅を誰も取らないので、私が貰って帰りました。

実家の梅は自家用です。
ほったらかしなのであまり綺麗ではありませんが一応無農薬なので体にはいいはずです。

5キロ程持って帰ったのであと3キロ残っています。少し置いて熟させ、今年は祖母に代わって私が梅干にしようと思います。

暑い時には…。

本日は休日出勤の振替。

梅雨の晴れ間で出水の引き始めとあれば、鮎掛けに行くほかありません。
今年2回目の鮎掛けも、近年ホームグラウンドとしている天ケ瀬温泉街へ。

寅屋の事前情報では、前日は昼前頃からしか掛からなかったとの事。
それなら10時着でも?と思いましたが、ゆっくり寝ていられないのが釣り師の本性。

8時に温泉街に着き、さっそく囮を分けてもらいました。

130605asa.jpg

私より先には2人だけ。人の多い温泉街も今日は貸し切り状態?

寅爺様は「昨日釣れたから、今日は釣れない日かも?」とおっしゃいますが、遠方から来るサラリーマン釣り師には良い日を選んでくる余裕がありません。

とりあえず、前日の竿抜けを教えてもらい、8時半から釣り始めます。
情報どおり10時頃までは3匹しか掛かりません。

それでも、11時が近くなった頃から一時入れ掛かり。
温泉街に昼を伝える音楽が鳴り渡る頃には、20匹超が掛かっていました。

130605oibosi.jpg
黄色い追星くっきりの天ケ瀬の鮎。
いつもはエノハばかりですから、生きた鮎の写真を撮るのは初めてかも…(笑)

130605onsen.jpg
川底から温泉が湧き出ているところがあります。
釣りが終わったら、川沿いの露天風呂に即入れるのもこの釣り場の魅力。

昼に一時休憩し、いつもHPを拝見しているRyonさんを見つけてご挨拶。
http://rin-maru.sblo.jp/

昨日泳がせの名人が攻めた瀬に入られたとの事で、少し苦戦しているご様子でした。

Ryonさんは家の用事で2時頃には上がられたので、その後「鮎が溜まっているはず」
と言われた瀬を攻めてポツポツ追加。

それでも3時からは全くの無反応。結局4時まで頑張りましたが、夕方は活性が上がりそうもなかったので片づけて帰りました。


130605tyouka.jpg
平均18cm、最大21cmの鮎を全部で36匹。

今日の密かな目標40匹には届きませんでしたが、周囲もそんなに掛かっているふうではなかったのでまあ良しとしましょう。近所にもいくつかおすそ分けすることができました。

帰ってから塩焼きと唐揚げで頂きましたが、鮎も少し大きくなって味がのり始めています。
今日も三女が大喜びでした。

今日は、活性の悪い時間帯に「クレヨン聖ちゃん」に教えてもらった漁師結びの2本ヤナギが大活躍。
今後、秘密兵器として使えそうです。

久留米や日田は30度を超えたとのこと。こんな暑い日はやっぱり鮎ですね。
なかなか楽しい一日となりました。

ターニングポイント

今日は次女の運動会のはずが昨日からの雨で中止。

タイムリーにblackallowさんから釣りのお誘いがあったので、家内に確認の上、午後から津江方面に釣行しました。

雨上がりの曇天、笹にごりの10cm増水で状況は良いはずでしたが、往年の銘川も思い出の渓もC&R区間さえも全くの不発。坊主ではないものの惨憺たる釣果に終わりました。
おまけにカメラも忘れて写真さえありません。

私も運動不足からかなぜか足元がふらつき、天候のせいかなんだか目の調子も良くありません。おまけにウェーダーの水漏れなども手伝って気が散り、なかなかペースが掴めませんでした。
なんだか、鼻が利かないというか釣り勘が全く働かないような妙な気分です。

仕事やら実家のことやら、やはり何か気がかりな事があるときには集中力も散漫になるのでしょう。釣りも雑になって益々釣れなくなっていきます。

結構な距離を釣り上りましたが、しのつく雨に打たれて2人ともすっかりテンションが下がってしまいました。

私も、渓流のフライは昔ほど何が何でも釣ってやるという感じでもないし、気力や注意力が落ちている時には事故も心配です。物価高の昨今、経済的な面もありますし、これまで惰性で釣りに行っていたようなところもありますので、後半は鮎だけに絞ろうかと思います。

帰りに甘木のナラヤンで野菜カレーを食べて帰りました。

体力や気力が少し落ちはじめているような気がします。
自分の釣りもターニングポイントを迎えたなと感じた一日でした。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム