水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
      

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

簡単、鮎の甘露煮

もう、いくつ寝るとお正月。

今日は、冷蔵庫にストックしてあった20cm以下の小鮎を出してきて正月用の
甘露煮を作ることにしました。

13122801.jpg

内臓を出してまずは素焼きから。
焼いて生臭さを消し、身を締めて煮崩れを防ぎます。

串に立てて炭火で焼くと一番良いのですが、今回はレンジの魚焼きを使用しま
した。

魚焼きの場合、焼網をよく熱し(3分以上)、魚の水気をキッチンペーパーで
取って表面に薄く酢を塗ります。これだけで皮がくっつくのをかなり防げます。

皮も破れずきれいに焼けました。次は風乾です。

13122802.jpg

今日は寒風吹きすさぶ絶好の天気でした。
半日干して身をキュッと締めます。

あとは、弱火で煮込むだけですが、今日は時短のため圧力鍋を使いました。

クッキングペーパーを敷いた鍋底に均等に鮎を並べ、ひたひたになるくらいの
ウーロン茶を入れ、日本酒、砂糖、みりん、醤油、昆布一枚を入れて火にかけ、
高圧で5分。焦げ付き防止と煮詰まるのを考慮して最初は味を薄めにしておき
ます。特に醤油を入れすぎるとあとで調整が難しくなるので気をつけます。

骨を柔らかくするために梅干を入れたりもしますが、今回は鮎が小さいのと圧
力鍋を使うので調味料は必要最小限にしました。

圧が落ちて炊き上がったら、クッキングペーパーを落とし蓋にして、中火で水
分が少なくなるまで煮ます。煮汁を味見しながら味の調整をします。

水飴テカテカの濃い味はあまり好みではないし、長期保存でもないので酒の肴
にちょうど良いくらいの味で止めておきます。市販のものよりかなりあっさり
しています。

13122803.jpg

煮汁が少なくなったら火を止め、そのまま一晩。

しっかり味が染みて骨まで軟らかい甘露煮の完成です。
スポンサーサイト

フライでアジング、アジフライ?

今年最後の釣りはフライでカマス。

ここ数年、晩秋から冬にかけてカマスで賑わう島に行ってきました。

13122501.jpg

カマスのフライは私の大好物です。

大分の姉から送ってもらったカボスをかけて、サクサクのフライでビールを飲む
のが私の秋の楽しみの一つとなっています。

昨年はカマスの当たり年で、離島には30~40cmの良型カマスが接岸し、
漁港内は畳の目のようにびっしりカマスの群れが入っていました。

私も5~6回通って数百匹を釣り、一夜干しにして知り合いに配りまくっていま
した。

しかし、今年は全然ダメ。
カマスが漁港に入ってくるのも例年より一月も遅く、群れも小さいようです。

最近、ようやく群れが入ったとの情報が入ったので休みを利用していそいそと出掛
けたのですが、フライフィッシングでは全く歯が立ちませんでした。

群れはいるようなのですが、フライの射程内(約20m)には全く入ってきません。

近年カマスの島として有名になってしまったので仕方ないのですが、平日でも何人
も並んで一日中ボチャンボチャンやって引っ掛けまくっているので、流石にカマス
も警戒しているのでしょう。

13122503.jpg

群れはどんどん遠くなり、引っ掛け釣り師も錘を大きくして遠投して引っぱり
まくっています。見ていると、フライラインの2倍(50m)以上の距離で掛かっ
ているようです。これではどうしようもありません。

しかし、せっかく来たからには手ぶらで帰れません。
ティペットを細くし、フライを小さくしてアジ釣りに切り替えましました。

13122502.jpg

が、コンスタントに釣れるもののなかなかサイズが伸びません。

13122504.jpg

どれも大きめのゼンゴ。刺身にはちょっと足りないフライサイズ。
良型のアラカブが混じったのは不幸中の幸いですが、結果的に、カマス
フライがアジフライになってしまいました…(笑)

13122505.jpg

まあ、釣りあげてから秘密兵器の具去部ロー(グサブロー)でエラと内臓を除去している
ので鮮度抜群!今日もビールが進みます。

さてさて、今年の釣りはこれで終了。
ブログを見ていただいた皆様、今年一年、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

それでは、皆さん来年も良い釣りを…。

冬の味覚

久しぶりの更新です。

秋以降は何かと忙しくて釣りに行けず、なかなかブログの更新ができません
でした。

例年、秋にはたくさんネタがあるのですが、今年はほとんど手をつけられない
ままあっというまに過ぎ去りました。
気がつけばすっかり冬になっています…(涙)

さて、冬の味覚と言えば牡蠣。

ここ数日の荒天も治まり、今日はとっても良い天気。

三女を連れて、いつもの伸栄丸の牡蠣小屋に行ってきました。

13122201.jpg

三女も今年三月に来た時(過去記事あり)から比べると随分大きくなりました。
まだ1才9カ月ですが、姉が2人もいるので言葉が早く、乳幼児検診などでビックリ
されます。もう赤ちゃんではありません。

親の心の余裕でしょうか、3人目ともなると成長がとても早く感じられます。

牡蠣も美味しかったですが、サザエや烏賊の一夜干しなども良いです。
今日はハンドルキーパーがいるので安心してビールを飲みすぎました…(笑)

今日は冬至。帰りに道の駅で柚子を買ってきました。

一緒に柚子湯に入れるのもあと何年でしょうか…。

今年も残すところあとわずかです。
天気が良ければ年内にあと一回くらいは釣りに行きたいと思います。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム