水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

新緑の渓へ!

このところ仕事のストレスが溜まって業務効率も落ちつつあった
ので、会議の予定のない日を狙って休暇を取り渓に向かいました。

どこに行こうか迷いましたが、これからの時期、行くならやっぱり
山岳渓流。四月下旬の暖かい日ともなれば、新緑の中で最高の釣り
ができるはずです。

いくつも山を越えてやってきたのは熊本のメジャー河川源流部。
数年前、ゴールデンウィークに家族とキャンプを張って、イワナ
交じりで良い思いをした渓です。

日釣券を購入して9時から釣り開始。
放射冷却で気温は9℃と肌寒いですが、水温は9.5℃あって虫も飛
び始めて良い感じ。平日ということもあって渓も貸切状態です。

14042401.jpg

新緑に山藤に山吹。山が笑い始めています。

14042402.jpg

私の一番好きなこの季節。
私も含めてこの時期に毛鉤を始めた人は幸い?です。

14042403.jpg

熊本の山岳渓流らしい渓相。
岩も大きく水量も豊富です。

さて、遡行中に少し獣の臭いがするなと思ったら、案の定一頭倒れ
ていました。だいぶ野犬等にやられていたので写真は掲載しません
がシカのようでした。

ここは山が深く野生動物の多い渓です。砂地の足跡は数時間前の
ものですし、遡行中も野生動物を良く見かけます。
それだけ自然が豊かな渓ということですね。

今日は密かにイワナも狙っていましたが、一度毛鉤を見に来たのみ
でした。この渓では数が減って本来の姿に戻りつつあるようです。

釣りと遡行に夢中になって肝心の魚の写真を撮り忘れていましたが、
エノハ(ここではマダラ?)を大小交えて結構釣りました。
小さいのは全てリリース。
型の良いものだけをお土産に持って帰りました。

今日は9匹。三女が数を数えてくれました。
家族で美味しくいただきました。

「皐月アマゴに鮎かなわず」

鮎・アマゴで有名な郡上八幡では、こんな言葉があるようですが、温暖
な九州の渓ではちょうどこの時期に当たるでしょうか。
朱を纏った渓魚達はひときわ艶やかで、川虫を飽食して脂が乗ったエノハ
は大変美味でした。

こんな事ばかり書いていると「フライフィッシャーの風上にも置けぬ」
等とお叱りを受けそうですが、私はいわゆる「FlyFisher」ではなく、
自称「フライで釣るのが好きな渓流釣り師」なので、特にC&Rに縛ら
れることもなく、釣りも「食」も合わせて楽しんでいます。

当然、リリースするから遊魚券買わないなんて屁理屈も言いません。

それに、基本的に20cm以下の小さいのはリリースしていますし、腕が
悪いので家族のお土産を揃えるのがやっとで、乱獲になる程は釣れて
ません。ということで、御覧の皆様はどうぞご了承ください。

さて、ゴールデンウィークは実家の用事があれこれあるので釣り
どころではありません。鮎の解禁までにもう一度行けるでしょうか。

次は岩魚が釣りたいですね。

筑後の酒で岩魚酒なんて、想像しただけでも楽しいですね…(笑)

いい気晴らしになりました。
スポンサーサイト

アマゴの渓へ

今週末も雨の予報ですが、今日はなんとか天気が持ちそうなので、渓に行って
きました。

朝のうちは日田漁協管内を散策しましたが、水害からまだ復活しきれておらず
あまり状況が良くなかったので玖珠に移動。

こちらでは天気が良くなりすぎて、魚がなかなか浮きません。
しかも上流からの吹き下ろしが強く毛鉤の投げ辛いこと…。

14041901.jpg

これは私の個人的な感覚ですが、藤の花が咲く頃が毛鉤の最盛期と言うものの、
この時期の玖珠漁協管内は一旦活性が下がるようです。

釣り人によるプレッシャーか、はたまた虫の出方が変わる端境期だからなのか…。
理由はよくわかりませんが、今日もそんな感じの日でした。

昼まで釣って新子のような放流サイズを数匹。
どうしようか迷いましたが、夕方に本流域の大物ポイントに入ることにして、
玖珠漁協管内でも少し水温が低くて趣の異なるアマゴの沢に入ることにしました。

少し深い渓なのでこんな斜面を下りていきます。

14041902.jpg

筑後川源流域は本来ヤマメ圏のはずですが、玖珠漁協管内には幾本かアマゴのいる
谷があります。この渓もそのうちの一つで、あまり大きくはありませんが、朱点の
美しいアマゴが釣れます。

14041903.jpg

なぜか他の沢より朱点の多い個体が釣れます。

14041904.jpg

この沢にしては良いサイズ!

14041905.jpg

写真があまり良くありませんが、背中まで朱点を散りばめたベッピンさんでした。

玖珠のアマゴの起源には諸説あるのですが、地元の釣り師によると、かなり以前に
とある養魚場がアマゴを放流していた事があって、その生き残りが命を繋いでいる
のではないかとの事。この沢も本流との合流点から上のみスポット的にアマゴの沢
になりますから、なんとなくそれが正しいようです。

アマゴに遊んでもらって夕方は本流域を叩きましたが、ライズもなく沈黙したまま
で終わりました。

また水を汲んで帰って一杯。随分歩いたので良く効きます…(笑)

さて、月末にかけていろんな予定があるので、しばらく釣りはお休みです。
今年の渓流釣りももう終了にするかもしれません。

頭もそろそろ鮎モードに突入です。

ベストシーズン突入!

ここのところ、仕事や雨でなかなか渓に行けませんでした。

土日は雨の予想ですが、今日は降水量は多くない模様。
降っても暖かい雨のようなので、合羽を持って久しぶりに渓に行って
きました。

14041202.jpg

福岡ではほとんど葉桜ですが、こちらは今が満開。
遅れていた春が一気にやってきた感じです。

14041201.jpg

8時半釣り開始。
フリースは要らないかな?くらいの気温に今にも雨が降りそうな曇天。
時期、天気ともに最高です。

#16サイズのドライで叩いていくと…。

14041203.jpg

やっぱり出ました!
エノハも盛期のポイントに入り、虫を追っています。
毛鉤釣りのベストシーズン到来です。

大好きな山吹。この花のころの渓が一番良いですね。

14041205.jpg

幅広でパーマークのはっきりしたグッドコンディションのエノハ。

14041204.jpg

こんなのが釣れると嬉しいですね。

綺麗に流せばこのサイズがポンポン出てきます。

14041206.jpg

リリースサイズもかなり釣れました。

16時を回り、良い時間になったので大物ポイントに。
小雨がパラつき、気温も15℃くらいになってとても良い感じ。

#8の蛾のようなドライで叩いていくと、良い型のエノハが飛びだしました。

14041207.jpg

この後、本命ポイントで事件が…。

沈んだフライに大型のニジマスがヒット。

おそらく脱走兵が野生化して大型化したものでしょう。

流れの緩いプールだし、ティペットはフロロの1号なので時間をかければなん
とか獲れるかと思ったのですが、さすがに走り方が尋常ではありません。

使用しているカンパネラも割とバットがしっかりしているのですが、#3では
やはり力不足。完全に主導権を取られていしまいました。

それでも、しばらくやり取りしながら寄せてきたら、今度は大きすぎてネットに
入りません。50cmは軽く超えています。

しょうがないのでどこか引き上げられる場所はないか探していたらまた走りだし
あえなくプツン。

玖珠の本流エリアではたまにとんでもないのが掛かるというのは聞いていたの
ですが、まさかあんなのが居るとは…。しばし呆然でした。

この後、少し叩いてみましたが反応がなくなったので、水を汲んで帰りました。

年賀状用の写真とチャンチャン焼きは逃しましたが、今日はエノハを素揚げに
し、実家の橙で作ったポン酢に漬けてみました。

14041208.jpg

二度揚げしたので頭から尻尾まで丸ごと食べられます。

湧水で割った焼酎と同じく橙ポン酢で漬けたワザビでちょっとしたごちそうに
なりました。心地よい疲労感に焼酎が染みて至福の一時です。

さて、花粉の時期も終わり、渓も賑やかになって一年で一番好きな季節がやっ
てきました。

もうすぐゴールデンウィーク。それが明ければいよいよ鮎のシーズンですね。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム