水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月
      

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

二度あることは…。

日曜日は次女の運動会。今日は夕方から雨の予報。

あまり状況は良くないようですが、三度目の正直で天ケ瀬温泉街に
向かいました。

下道でゆっくり温泉街に向かっていると、寅爺様から電話が入りました。

「囮がなくなったので市内で調達してきて」との事。

そこで、一旦日田のまつお釣具に寄って囮と氷を調達して天ケ瀬入り
しました。

まつお釣具の話では、鮎がまだ散っていないので場所ムラはあるが、
鮎の溜まっているポイントに入った人は40匹超の釣果が上がっている
との事。まだ全体的に掛る状況ではないようです。

さて、温泉街には8時過着。相変わらずの濁り…。

15053000.jpg

釣り人はいますが、誰も竿が曲がらず芳しくない様子。

8時半過ぎから天ケ瀬橋の下流の瀬で竿を出しますが、やっぱり今日も…。

時折キラキラするし、たまに追われている雰囲気があるので鮎はいる
ようなのですが、掛るような追い方をしてくれません。

11時過ぎまで粘りましたが、18cmくらいの白い鮎と顎の切れた
奇形の鮎を一匹掛けたのみ。

気温・水温ともに低く、小雨が降り出して体が冷えてきたので、諦めて川を
上がりました。

みなさん釣れていないようで、続々と引き上げていきます。

このまま帰ろうかどうしようか迷いましたが、こんな悶々とした気分でツ抜けも
しない状態では帰れません。

そこで、人が多いとは思いましたが、このところ掛っているという支流に向かい
ました。ここは昨年聖ちゃんに教えてもらったごく浅いポイント。

到着してみると鮎遊会の北さんがおられました。
ご挨拶すると、下流の瀬をやっても良いと言われたのでお礼を言って昼過ぎ
から釣り開始。

膝下くらいの浅い流れですが鮎はいます。

重たいイカリでは根掛りが頻発するので、チラシに変えてここしかないという狭い
ポイントを丁寧に泳がせると目印がビューン。

掛れば20cmオーバーの黄色い鮎。

素直に朝から入ればよかったかな?

3時過まで粘りましたが、本降りの雨で濁りも出てきたのでここで終了。
15匹くらい?なんとかお土産は確保しました。

時期的にそろそろ海産も追い出すかなと思ったのですが、一度水が
出て照りこまないと状況は変わらないようです。

「三度目の正直」のはずが「二度あることは三度ある」の日。
釣れない上に雨に打たれてどっと疲れが出ました。

海産の稚魚はスロースターターなので、梅雨明けには爆釣間違いなし?

経験の浅い私には実のところよく分かりませんが、是非そうあってほしい
と思います。

釣りは釣れる日も釣れない日もあるから面白いのですが、鮎達もそろそろ
目を覚まして素直に掛り出してほしいですね…。
スポンサーサイト

入れ掛りにはまだ早い?

夕方から長女の誕生日会があったのですが、家内に許可を得て鮎掛けに
出かけました。

行く先はもちろん天ケ瀬温泉街。
5時過ぎに福岡を出発。

途中で寅爺様へ電話すると、開口一番「アマゾン河へようこそ」…(笑)

7時過ぎに天ケ瀬入りすると、寅屋の周りには鮎遊会のメンバーや常連客
が集まっています。大会下見のために三隈入りするキラッチさんともお話
することができました。

今日は某釣りクラブの大会も開催されており、温泉街は満員御礼。
釣りが終わった後、日田の川開き観光祭に行く方もおられたようです。

皆さんとしばし歓談し、囮を分けてもらって8時釣り開始。

15052401.jpg

解禁日よりは薄くなっていましたが、やっぱりきつい濁り。
天気は良いのですが、放水口からの水が入ってかなり冷たい…。

今日も厳しい釣りになりそうです。

最初は旧寅屋のあたりに入ってしばらく釣ってみますがなかなか追って
くれません。掛ってもバラシや顔掛かりで明らかに活性が低い状況…。

仕方ないのでチラシや背針を使い、少しずつ移動しながら拾い釣りして
いきました。

その後、寅屋の対岸に移動すると、すぐ上流でRyonさんが釣られています。

ここから、Ozekiさんや鮎遊会の方々に見守られながらの釣りになりました。

寅爺様からは監視員用のメガホンで激が飛びます。

15052402.jpg

「泳がせるスピードが速すぎるバイ。もっと留めておきなさい。」とか、

「ハエが掛ったら曳舟に入れるふりして後ろで放しなさい」とか…(笑)

天気は良いのですが水温が上がらず、11時過ぎからは全く追わなくなり
ました。

昼を過ぎて寒くなったので一旦昼休憩。

Ozekiさんや鮎遊会の方達としばし談笑。

凛ちゃんにもごあいさつ。

15052403.jpg

14時前から再開しますがやっぱり芳しくなく、2連続根掛かりでマイナス2匹…(泣)

もう少し粘れば時合いが来るような気配はありましたが、帰りの時間を
考えて14時半終了。

鮎はいるようですが、なかなか入れ掛かりにはなりません。
なんとかツ抜けはしましたが、きょうもパッとしない釣果でした。

15052404.jpg

ただ、上手な人は群れ鮎崩しで着実に釣果を伸ばしているので、濁りと
低水温と私の腕のせいと思います。

しかし、あの濁りは何とかならないですかね。
下流で頑張っている日田漁協の皆さんが可哀そうです…。

今は掛り鮎のほとんどが背鰭が長い海産なので、濁りが取れて群れ鮎
になっていると思われる人工産が掛りだしたら掛り始めるのではないで
しょうか。

次に行けるのは土曜日ですが、また雨が降りそうで、釣行できるか微妙です。

自然相手なので、なかなか思うようにいきませんが、次こそ、そこそこの
釣果に恵まれたらと思います。

早く目印をひったくっていくようなアタリがでないかな…。

祝!解禁

今日は5月20日。筑後川全域で鮎漁が解禁しました。

本当は翌日の21日(木)に休みを取って初日の状況を確認してから釣行
しようと思っていたのですが、職場の大先輩が21日から旅行に出るら
しいので、久しぶりに解禁日に休むことにしました。

日頃それなりに?仕事をしているので、親類・縁者を殺さずに普通の有給
です…(笑)

さて、肝心の川の状況ですが、一昨日の大雨の増水がまだ引ききっておらず、
釣りになるのは大山川筋と支流のみ。

寅屋も急遽、日田漁協前の沈下橋のところに臨時移転。

解禁日はポイントの奪い合いなので、夜中に福岡を出発しましたが、
5時過ぎに沈下橋に着く頃には、夜も明けて釣り人も川に立ちはじめて
いました。

寅爺様にご挨拶し、川に漬けてあった養殖囮を2匹分けてもらいます。
川はまだ20cm程増水しており、薄く濁りがある状況。
サンダルで川に入るとジンジンするほど水が冷たく、厳しい釣りが予想
されます。

本当は前日から宴会に入っていた知り合いの方々に挨拶に行こうと考え
ていたのですが、皆、我先にとポイントに走るので、ついつい私も…。

向かったのはエノハも釣れる渓流域。
以前から目を付けていた一番良いポイントには先行者あり。
残念…。

もう少し上流のポイントが空いていたのでとりあえず車を停め、囮缶を
漬けてしばし観察。

水は澄んでいますが15cm程の増水でかなり流れが速くなっています。

15052001.jpg

まあ、ポイントに入れればなんとかなるでしょう。
着替えを済ませて6時過ぎから竿を出しますが、水も冷たく流れもきつく
なかなか思うようにいきません。

それでもさすがに解禁日。日が差しはじめるとポツポツ掛りはじめました。

15052002.jpg

写真が良くありませんが、今年の鮎はなかなかの美形。
背びれが長く奇麗なのが多かったので、天降川産の海産鮎かもしれないで
すね。

しばらく釣って美味そうな鮎を5~6匹確保できました。
しかし、水温が冷たくすっかり体が冷えてしまったので移動。
初期にここを釣るなら、タイツではなくてウェーダーが良いと思います。

本流に下ると、どこも人がいっぱいなので、ずっと上流に上って大山のB&G
下流に一人入れそうだったので、先行者に許可を得て藪漕ぎして入川。

川はいつものように垢腐れ?

早々に一匹掛かりますが、なんと腰のタモがありません。
どうも先ほど藪漕ぎしたときに落としてしまったようです。

仕方ないので手掴みで対処。20cm近い良型です。

と、ここまでは良かったのですが、掛り鮎を送りだしたらすぐに次が
掛ったものの、これが尺イダ。

さんざん引っ張り回された揚句、付け糸から囮ごとさよなら。

黒い針がイダを呼ぶのを忘れていました…(泣)

気持ちが切れたので移動を決意。

タモは帰りの藪の中で見つかりました。
川の中で落としていなくて良かったです。

さて、どこに行こうか…。

国交省の「川の防災情報」ではホームグラウンドの温泉街の水は
引いているようです。せっかくなのでダメもとで行ってみることにしました。

温泉街には昼前に到着。

事前情報のためか人も少なく、いつもの発電所前も空いています。

が、後で聞いたのですが、放水口付近はほとんど掛らないので、私が入る
までに5人くらい入れ替わったそうです…(笑)

15052003.jpg

水位は10cm高くらいで問題ないのですが、とにかく濁りがきつい。
田植えの濁りは毎年のことですが、巡回していた監視員の方によると、
九重の飯田や十三曲りのあたりで大規模な河川工事があっており、
その濁りもあるとの事。

どおりで、水位の割に濁りがキツイわけです。
石も泥を被って、浅瀬の砂の上にも土が堆積しています。

飯田や十三曲りと言うと、エノハ釣りのポイントにも影響が出るところ。
春先からずっと濁りを出しているので、今年の玖珠川筋はエノハの解禁から
不漁状態です。

エノハや鮎の解禁は、地域の重要なイベントのはずなのに、このような時期に
かかるまでやるなんて…。
多分、他の地方だったら保障問題になるくらいのレベルの話だと思います。

ポテンシャルの高い川だけに残念でなりません。

さて、いくら言っても目の前の状況が好転するわけではないので、とりあえず
竿を出してみます。

いつもの強い渓風ときつい濁りに翻弄されながら粘っていると、そこは流石に
解禁日。ポツポツですが掛ります。

途中で先日聖ちゃんから教えてもらった秘密兵器をテスト。
二本同時に掛るので角度は合っているようですが、言われていたとおり傷
がひどい…(笑)

でもかなり使えることがわかりました。
聖ちゃんいつもありがとう!

3時を回ったあたりで追いが止まったので、養殖囮を放流し、鮎を焼くために早上がり。

夕飯前に帰宅して、待っていた三女と解禁を楽しみました。

15052005.jpg

15052006.jpg

解禁日にしてはさみしい釣果ですが、今日の状況ではこんなものかな?
お土産も確保できたし、少なくとも昨年よりはずっとましです。

さて、今日は、温泉街で二度も竿が折れるのを見ました。
一人は橋桁にぶつけ、一人は足を滑らせて石にぶつけたようです。
釣り人もまだ体が慣れきっていないのでしょうね。

夜中や早朝から活動しているので、気がゆるむと思わぬところで事故に
遭うかもしれません。気をつけないといけませんね。

今年も厳しい解禁でしたが、シーズンははじまったばかりです。
次の雨が心配ですが、掛った鮎を見る限り冷水病も出ていないようなので、
水況がよくなれば掛りだすでしょう。

次は入れ掛かりになることを期待しています。

とりあえず、「解禁おめでとうございます!」の報告でした。

皐月の空にエノハが微笑む

今日は暑くなりましたね。

ゴールデンウィークも終わり、渓沿いにはアザミが咲いて、すっかり初夏の様相です。

15051001.jpg

土曜日は、溜まった仕事のため自主?出勤しました。
日曜日の今日、予定していた行事が中止になったため、家内に許可をとって渓に向かう
ことにしました。

行く先は日田漁協管内の渓。

都市部からのアクセスが良い渓なので、連休中に相当人が入って厳しい事は予想して
いましたが、脊梁山地の渓は遠いし、交通費も馬鹿にならないので、気分転換のつもり
でゆっくり下道で出発しました。

最初の入渓点には8時着。
着替えを済ませていざ渓へと思ったら、下の道から車が上がってきました…(泣)

どうも、しばらく入っていなかった間に、消防道路の先に駐車スペースができていたよう
で、早朝から入っていた先行者に気がつかなかったみたいです。

移動しようかとも考えましたが、この時間に川を上がるなら餌釣りでしょうから、少し時間
をあければなんとかなるはず。

もともと浅瀬の多い場所なので、餌釣りでは攻めにくいポイントを叩いていくと、まずまず
のエノハが飛び出しました。

15051002.jpg

皐月晴れの青い空。
春先のライズの釣りなら厳しいですが、5月の渓なら晴天も大歓迎です。

15051003.jpg

今日はエノハの顔が拝めれば御の字くらいに思っていましたが、日が昇って
虫が出ると、エノハも毛鉤を追いはじめました。

盛期に入って良く肥えています。

15051004.jpg

暑くもなく、寒くもなく、風渡る5月の渓を歩くのは本当に気持ち良いですね。

15051005.jpg

放流の影響でしょうか、この水系では以前から3割程度アマゴが混じります。

今日は久しぶりに水中写真を撮ってみました。

15051006.jpg

しばらく釣って堰堤に当たりました。堰堤下の開きで良型をバラし、
下流から追いついてきたルアーの方と少しお話をして支流に移動しました。

田植えがはじまったこともあり、支流の水量は少なくなっていますが、少し水深
のあるポイントを叩いていくと、ピンシャンのベッピンさんが顔を出しました。

15051008.jpg

エノハが一年で一番艶やかになる時期ですね。

こんな溜まりについています。
かなり腹が減っていたのでしょう。喉まで毛鉤を吸い込んでいました。

15051007.jpg

10cmもないような新子もアタックしてきますが、良い流れからは7~8寸の良型が
飛び出してきます。

15051009.jpg

15051011.jpg

15051010.jpg

昼過ぎまで釣って満足したので今日も早上がり。

ゆっくり川沿いを下りながら鮎の生育状況を見て帰りました。

水の澄んだポイントでは20cm近い鮎が追いかけっこしているのが確認できます。
このまま順調にいってくれと祈るばかりです。

今日は、エノハの顔が見れればくらいの釣行でしたが、思いがけず良い釣りできました。

15051012.jpg

相変わらず人の多い渓で、ポイント毎に車が停まっていましたが、以前に比べてフライの
釣り人は減っているように感じます。アウトドアブランドのステッカーをベタベタ貼った四駆や、
専門誌からそのまま抜け出てきたようなおしゃれな若者達もあまり見けなくなりました。

近隣の釣具量販店でも極端に品ぞろえが悪くなっているので、随分減ってきているので
しょうね。

あんまり毛鉤を見ていないから、エノハ達も私の下手糞な毛鉤を追ってくれるのかもしれま
せん。そうであれば、嬉しいのですが、この釣り方自体にも楽しさがあるので、仲間が減る
のは寂しい気もしますね。何より、道具が手に入り辛くなるのが痛いです。

さて、来週末は出張なので、今度こそ前半の渓流釣りは終了です。

いよいよ次は鮎の解禁。

大型台風が発生しているので、その動向が心配ですが、寅爺様達の努力が実り、豊漁と
なることを期待しています。

脊梁山地、懐旧の渓へ

ゴールデンウィークに入りました。

連休前半には雨も降りましたが、晴れると気持ち良いですね。
自宅マンション前のツツジも満開です。

15050500.jpg

さて、連休中は人も多いし、釣りには行かないつもりでしたが、ShallowRiver
さんのお誘いで急遽渓へ向かうことにしました。

目的地は昔よく一緒に通った脊梁山地の渓。

連休中ということもあり、場所取り目的で早出することにしましたが、法事の
ため大分に帰省していたので、渋滞にはまって帰福したのが前夜の9時半。
そこから風呂に入って準備をして寝たのが11時。
3時半には起きてShallowRiverさんを迎えに行くという強行軍。
4時半に久留米で待ち合わせをし、高速道路を南下します。

ShallowRiverさんとは、もうかれこれ15年来のお付き合いです。

一緒に釣りに行きはじめた頃はお互いまだ新婚でしたが、子供達ももう中学生
です。道中、昔話に花が咲きました。

途中のコンビニで買出しをし、長い峠を越えて最初の渓の入口に着いたのが
7時半。この水系では一番入りやすいポイントですが、今日は運よく空いてい
ました。

準備を済ませて渓に降り、8時から釣り開始。
脊梁山地の渓は深いので、エノハが毛鉤に反応しだすのは、渓に日が差し
はじめるこのくらいの時間から。枝が張り出した渓底はまだ暗いので、大き
めの見やすい毛鉤で叩いていくと、幸先良くまずまずのエノハが飛び出しま
した。

15050501.jpg

反転流を狙うShallowRiverさん。

15050502.jpg

すみません。ピンボケでした。

この渓は、一昔前よく一緒にイワナ釣りに通った渓。
度重なる災害ですっかり浅くなってしまいましたが、まだ魚影は濃いようです。

人は沢山入っているはずですが、今日はチビイワナが足元を走り、エノハ
からの反応もまずまず。

いかにもなイントからの反応は薄いものの、竿抜けを丁寧に流すと魚が素直に
反応します。まるで一昔前に戻ったようでした。

脊梁山地の渓は水温も低くイワナ向き?まだまだ健在です。

15050503.jpg

木漏れ日差す新緑の渓。

15050504.jpg

この時期の山岳渓流はやっぱり最高ですね。

魚止めの滝まで釣り上がって一本目の渓は終了。

15050505.jpg

8寸止まりですが、リリースサイズを含めると、2人とも結構釣りました。

渓を上がって車に戻ったのが昼少し前。
そこから本流エリアに向かいますが、流石にゴールデンウィークだけあって
入渓点にはどこも車が停まっています。

そこで、半蔵君から教えてもらった少し入り辛いポイントを攻めてみること
にしました。ここはあまり人の入らないポイント。案の定、車止めには誰も
いません。

15050506.jpg

毛鉤釣りには絶好の五月晴れ。
ゆっくり昼食をとり、行く手を阻むハードルを越えて渓に降りました。

入渓点のプールでは複数個所でエノハがライズしています。
2人とも一匹づつライズを獲り、上流へ向かいました。

この水系らしい腹まで黒点のある個体。

15050507.jpg

パーマークが丸く、盛期でも錆の出たような体色です。

この渓も魚影が濃く、しばらく楽しく釣り上がりました。

しかし、ここで問題発生。
私が釣り上がる沢を間違えてしまい、大滝を巻くのにとんでもない急斜面を
高巻きすることに…。

鹿でも滑りそうな斜面を2人で上り下り、ほうほうの体で着いたところは
また越えられない滝…(泣)

時刻は3時過ぎ。深い渓が暗くなるのはあっという間。

このまま行っても脱渓できるか分からないので、意を決してまた降りてきた
斜面を登って帰る事にしました。

竿を畳んでベストの後ろに刺し、両手で木の根、草の根を掴んでズルズル滑
る斜面を登ります。尾根に着いた頃には、寝不足も手伝って疲労もピーク。
かなり足に来ていました。

そこから入渓点まで戻り、ハードルを越えなおして車まで。
あと1時間遅かったり、滝を強行突破したりしていたら大変な事になっていた
かもしれません。

良い運動にはなりましたが、久しぶりに冷や汗かきました。
ShallowRiverさん大変失礼しました…m(_ _)m

汗だくになって疲れたので、帰りの事も考えて本日はここで終了。
脊梁の渓を侮ってはいけません。充分な下調べが必要ですね。

帰りはまた長い峠を下って高速を北上。
ゴールデンウィークの夕刻という事もあって渋滞も発生していましたが、
久留米に寄った事でうまく回避できたようです。

疲れてはいましたが、今日は2人なので眠くならずにすみました。

今日はイワナ混じりで12匹。そこそこ肴が釣れました。

ゴールデンウィークの人出の中の釣果としては御の字です。

待っていた三女と塩焼きを楽しみましたが、心地よい疲労に酒が入って横に
なったらあっという間に眠ってしまいました。

ShallowRiverさんも塩焼きを楽しんだようです。

「あんなに臭みのない、美味しいヤマメの塩焼きは初めて食べました」

との事。

釣りは趣味の世界ですので、釣果をどうするかはそれぞれの価値観ですが、
私は釣りには食の楽しみがあって然るべきと思っているので、家族で楽しむ
分は大いに結構なことだと思います。

さて、来週末は釣りに行けないし、20日には鮎が始まるので今年の渓流も
前半戦は終了です。

次は梅雨時の増水で鮎掛けができない時か禁漁前でしょう。

次回は鮎掛けの記事をアップしたいと思います。

少しトラブルはありましたが、新緑の渓を満喫でき、良い休日となりました。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム