水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
      

≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

終盤戦開幕~天ケ瀬の大鮎釣り

先日は思わぬ釣果に恵まれました。

今日は、型重視の釣り。大鮎狙いで天ケ瀬に行きました。

温泉街には7時半着。

あちこちに網入れを示す置き石がありますが、若干の濁りはあるものの水も
落ち着いて良い感じ。

15082201.jpg

いつものメンバーとしばし談笑し、囮をもらって8時過ぎから釣り開始。

今日の囮は天然ですが、支流の鮎ということもあって20㎝前後の小型です。
仕掛けが太いので浮かないように背針を使用して丁寧に泳がせました。

しかし…。

朝のうちはウンともスンとも言いません。

昼からだろうなとは思っていましたが、何時間も無反応が続くとさすがに心が折れ
そうになりました。

囮を引き倒しかけ、もう上がろうかと思ったところで待望の一匹目。

15082202.jpg

幅広の奇麗な海産鮎です。

時刻は11時半を回っていました。

そこからポツポツ掛るようになりました。掛れば良く引きます。

実は私、これまでは川の状態が悪かったり、禁漁前のエノハ釣りに行ったりしていて、
大鮎釣りの経験がほとんどありません。

ということで、仕掛けも試行錯誤です。

今日の針は8.5号と9号の3本イカリ、9号、10号の聖ちゃんチラシ。
9号のチラシはカラミ重視で1.5号のハリスに巻いていたのですが、音もなく飛ばされ
ました。どうも当たった瞬間的に大きな力がかかって切れるようですね。
鮎のサイズが大きいので、ハリスは最低でも2号の強度が必要なようです。

鼻カン回りも、1.2号は知らない間に切れていたので、1.5号以上は必要かなと思います。

水中糸は複合の0.08号、ツケ糸は0.8号のフロロなのでかなり強度があります。

先日まではツケ糸を0.6にしていたのですが、0.8にすると根掛かりしても、ゆっくり
手で持って引っ張れば、針が伸びるか折れるかして囮ごと回収できることが分りました。

吊るし込みも安心して行えますし、下手に細くするよりもこうしておいたほうが安心して
使用できて良いようです。

天ケ瀬はそんなにガンガンの流れでもないし、振り子抜きの必要もないので、糸さえ
切れなければ立て竿にしていればそのうち寄ってきます。

球磨川だったらもうワンランク太くしなければならないかもしれませんが、今シーズン
の天ケ瀬はこの仕掛けでいってみようと思います。

夕方まで釣って今日もなんとかツ抜けできました。

15082203.jpg

今日は型揃い。28㎝が2匹、27㎝が2匹。あとは25~26㎝。
青っぽい小さいのが囮鮎です。

一番大きな鮎は260gありました。中型のサンマ2匹分ですね。
どおりで一匹食べたら腹いっぱいになるわけです。

15082204.jpg

さて、朝夕も随分涼しくなり、今年の鮎シーズンもいよいよ終盤戦。
球磨川にも行ってみたいと思っていますが、今年もまた台風の影響が心配ですね。

いずれにしろ、残り少ない夏を精一杯楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

土用隠れ終了~思わぬ釣果

待望の雨が降りました。

前日までに50mm程の雨が降り、温泉街も増水中。

今日は鮎掛けは無理かと思っていると、天ケ瀬橋の水位が下がりはじめたので、
朝一番で寅爺様に電話をしてみました。

平日の上に増水中という事もあって、ゆっくり朝寝していたところを起こして
しまい、大変申し訳なかったのですが。眠そうな声で

「天ケ瀬は泥濁りじゃから、釣りになるなら大山川筋か赤石川くらいじゃろうね。」

と教えてくれました。

せっかくの休みです。釣りになる場所があるならとりあえず行ってみようと思い、
ゆっくり下道で日田方面に向かいました。

途中、寅爺様からの電話。

「思いついたんじゃけど、あそこの渓流は最近情報がないけど、鮎はおるはずじゃ
からもしかしたら穴場かもしれんよ。行ってみたら?」

とのこと。

幸い、大鮎用の急瀬竿の他に渓流用の短竿と仕掛けも持参しています。
それでは、と日田市内で氷とオトリを購入し、件のポイントに向かいました。

日田市内の本流は結構濁りがありましたが、ここは10㎝ぐらいの増水で水も
澄んでいます。

15081801.jpg

いくつかポイントを見て回りましたが、良さそうな色の石はあるものの、鮎の
姿は見えませんでした。

しょうがないので、いつもエノハ釣りで入るポイントから始めてみようと、車を停めて
準備をしていると、ルアーマンがやってきました。

どうも同じ所から入りたいようです。
渓流釣りならNGですが、鮎ならしばらくしたらまた戻ってきます。

初心者のようなので、着替えて水合わせをしている間に、岸際を静かに釣り上るよう
にお願いし、先に行かせました。

ということで、ゆっくり準備して9時から釣り開始。

最初の30分ほどは手探りで、深瀬などを探っていたのですが、対岸のヘチにオトリ
を入れたらいきなりビュ~ン。

18㎝程ですが、美味そうなベッピン鮎です。

放流からかなり時間が経っているはずですが、水温や苔付きの関係であまり大きく
はならないのでしょうね。

しばらくして渓に日が射しはじめると、浅場で入れ掛りになりました。

とにかく、ちょっとした緩流帯にオトリが入ると何処からともなく鮎が出てきて突っか
かってきます。型は15~22㎝。水が綺麗なので掛かるところも丸見えで大興奮。

一時、時速10匹を超えて、ここは一ツ瀬?というくらいの状況になりました。

午前中だけでこの釣果。短時間でしたが30匹を超えました。

15081802.jpg

川を上がって昼食を摂り、昼からは別のポイントに移動しました。

午後からのポイントでも最初は深瀬を狙ってみましたが、ポツポツしか掛からな
かったので、下流の平瀬を狙ってみると、また入れ掛り。

午後からの釣果。

15081803.jpg

しばらく楽しみましたが、夕方用事があったので15時で終了しました。

最終釣果は56匹。
数日前まで土用隠れと言っていたのがウソのようです。

15081804.jpg

私でもこれくらいですから、上手な人が朝から丁寧に釣ったら束釣りできたかも
しれませんね。

寅爺様、本日もありがとうございました…m(_ _)m。

さて、渓流の鮎といえば、美味いと相場が決まっています。

15081805.jpg

今日も酒が進みます…(笑)

皆が大鮎釣りに夢中になってポイントが手薄になったのと、増水の引きはじめが
うまく重なったようですね。

正直、この時期この数が出るとは思いもしませんでした。

さてさて、今回の増水で土用隠れも終わったようです。

週末もし行けるなら、次は大鮎釣りに行ってみようと思います。

今年は尺鮎釣れるかな?

天ケ瀬で大鮎釣り

梅雨明けから10日以上まともな雨が降っていません。
昨年は梅雨が明けないまま秋雨になりましたが、今年は梅雨明けからの日照り
が長いですね。

温泉街も相変わらずの土用隠れ、そのうえ今日は月曜日ですが、せっかくの
休みなので、今日もまた温泉街に向かいました。

前夜、寅爺様に電話すると、「今日は釣れん日やったから、明日は釣れる日
になるやろうね。明日はスペシャル養殖囮があるから大丈夫よ。」との事。

珍しく釣れる日に当たるかも?

土用隠れと言えば早朝か夕方なので、朝イチで入れるように、5時出発。
温泉街には7時前に到着しました。

さて、件の養殖囮は、前々日に寅爺様が2匹をローテーションしながら9匹
も掛けた秘密兵器。鼻カンを通すまではおとなしいけれど、水に放したら天然
以上に泳ぐとの事。

なるほど。150g以上あるという養殖鮎は肩が盛り上がっていかにもスタミナが
ありそうです。常温飼育なので高水温でもバテないのだそうです。

ということで、ひとしきり話を聞いて7時過ぎからいつもの橋の上へ。

15081001.jpg

橋の直上には先行者がいたので、放水口の下あたりに入ってヘチから泳がせ
ました。

しかし、オトリは元気に泳ぐものの、朝マズメにもかかわらず全く追いがあり
ません。

一時間半ほど粘っても、一度ケラレたのみ…。

その上、腹具合まで悪くなり、一時中断して成天閣向かいの公衆トイレへ…。

どうも、前日スイカを食べすぎたのに加えて、今朝方食べた油っこい弁当が
いけなかったようです。

う~ん。今日はもうやめて帰るかな…。

とも思いましたが、せっかく来たのだし、昼まではやってみようと思ってまた
再開。時合いの到来を信じて粘っていると、9時半を過ぎた頃にようやく一匹。

でもチラシを長く出しすぎたのがいけなかったのか、切腹で瀕死状態…(泣)

しょうがないのでまた養殖に戻して探ります。

今日は水量が少ないので対岸まで渡りました。

天ケ瀬には4~5年通っていますが、橋上流の対岸からの竿出しはあまりやら
ないので、なんだか新鮮でした…(笑)

そこから放水口までの間を行ったり来たりしながらポツポツ追加。
単発ですが、掛かれば25cm前後なので急瀬竿を満月にしならせてなかなか
楽しませてくれました。

さて、今日の時合いは10時、14時、16時でした。

土用隠れの時は時合いでしか追わないので、時合いが来るまではオトリに負担
を掛けないようにチラシを使い、掛かりだしたら3本イカリに交換。
ハリは8.5号~9号がベストマッチのようでした。

この作戦で拾い釣りし、17時過ぎに終了。
本当は、17時半の時合いもあるそうですが、三女が待っているので駐車場に
おられたozekiさん、北さんにご挨拶して帰途につきました。

さてさて、掛かれば大鮎ばかり。

15081002.jpg

今年の鮎は幅があるので、25cmくらいで200gを超えています。
どおりで数の割にクーラーが重たいわけです。

我が家の魚焼きでは、3匹焼くのが限度になりました…(笑)

15081003.jpg

でも、このサイズでもまだ真子も白子も入っていません。

ということは、身に栄養が行き渡っているという事です。
私は8月の今の時期から盆明けくらいまでの鮎が一年で一番美味しいと思います。

食べる事も大好きなので、最近、焼き方も色々工夫してみています。
大鮎は鱗を落として塩を多めに振って、弱火でじっくりが良いようです。
また、塩を薄塩にして醤油で食べるのもなかなかです。

さて、今日は夕食後から盆のお土産用に一夜干しを作りました。
終わったのは23時過ぎ。早朝(夜中)から深夜まで、好きな事とはいえ、我ながら良く
やるなと思います…(笑)

さてさて、今日は土用隠れの厳しい中、自分なりに良い釣りができました。

明後日はまとまった雨になるようですので、一度増水すれば土用隠れも終わる
かもしれません。ただ、15日からは網が入るので、竿抜け探しが大変になる
かもしれないですね。

いずれにしろ、鮎釣りもいよいよ後半戦。
今年は法事もないので、夏休みをうまく使って残り少ないシーズンを最大限に
楽しみたいと思います。

美鮎を求めて渓流へ

梅雨明け以来、1週間以上猛暑日が続いています。

今日は休日出勤の振替休日。

温泉街も水温が上がって土用隠れが酷いみたいなので、避暑のつもりで渓流域で竿を
出すことにしました。

向かった先は矢部川水系、星野川支流の横山川。

昨秋に思いがけず良い思いをした川ですが、今年はどうでしょうか?

朝一番で囮を購入し、7時過ぎから川(沢)に下ります。

15080501.jpg

ここは上流がエノハ釣り場だけあって水が綺麗で鮎も美味いのです。でも狭い…(笑)
しかも、昨秋に比べると食み跡も少なく、鮎もあまり見えません。

水温が低いので朝はなかなか追ってくれませんでしたが、9時を過ぎたあたりでようやく一匹。

「よし、これから」と思ったら、いきなり背後からオジサンが…。

曰く、いつも入る上流に行きたいけど、上流からは降りるところが少ないから、通らせてくれ
ないかと…。

川幅5mの沢で、今から下るポイントをザブザブやってきて、これから囮を上らせる流れ込み
を渡って上流に行きたいってどういうこと?

私の姿は道路からも丸見えですし、降り口の真下にオトリ缶も漬けています。

あまりの事に呆れてしまいましたが、鮎ならしばらく待てばポイントに戻ってくるので、

「端ば通っていくならよかけど、人が入っとるのがわかっとって、そがんことしたらいかんバイ。」

と、ちっご弁風に注意して通してやりました。

まったくもう…。

さて、釣りのほうは、鮎が少なくポイントも狭いので、一匹掛かると次がなかなか
掛かりませんが、掛かれば20cm前後の美肌鮎。とっても美味そうです。

11時くらいまで釣ってどうにも反応がなくなったので、一旦上がって下流に移動。
2つ目のポイントは星野川との合流点から100m程上流です。

入って早々に1匹。ようやく調子に乗れるかと思ったら、今度は水中メガネをかけ
た少年が…(笑)

まあ、水遊び場の近くなのでしょうがないですね。

鮎掛けに興味津々の少年に、自分の少年時代が重なって怒る気になれず、鮎掛けの
仕組みについて説明してやって、

「おいちゃんはいいけど、怒る人もおるから、他の人が釣りよるところに近寄った
らいかんよ。」

と養殖オトリをあげました。

これで完全にやる気がなくなって、本日終了。

川から上がると休憩中の工事の方が話しかけてきました。

鮎掛けをするというその方によると、連日釣り人が入れ替わり入り、前日は打ち網
までしていたとの事。

まあ、どこも釣れていないからそんなものでしょうね。

さて、釣果は大したことなかったですが、美味い鮎が釣れました。

15080502.jpg

今日は八女の銘酒、繁桝と一緒に。

15080503.jpg

この暑いのにまたまた飲みすぎました…(笑)

今日はわずか数時間の釣りでしたが、良い納涼になりました。

しかし、この暑さいつまで続くのでしょう。
早く一雨降って、土用隠れが終わってほしいですね。


平成二十七年、土用の一日

梅雨明け十日。

今年の九州北部の梅雨明けは、平年より10日も遅い7月29日でした。

梅雨が明けると10日前後は晴天が続くと言いますが、ここ数日は30℃(場所に
よっては35℃)を超える猛暑日が続いています。

我が家の梅達もようやく土用干し。

15080201.jpg

今年は梅の裏年だったので、姉から送ってもらった梅も大きさが揃わず上手く
漬かるか心配でしたが、今のところは順調のようです。

この調子だと二日ぐらい干せば良い感じに干し上がるでしょう。

さて、昨日は仕事でしたが、日曜日の今日は普通に休み。

土曜隠れの真っ最中とは知りながら、今日も温泉街へ。

寅屋の掲示板では、早朝と夕方しか掛らないとの事でしたので、未明に家を出て
6時過ぎから川に入りました。

15080202.jpg

このところの晴天で、温泉街は平水位。
でも、解禁からずっと水が高かったので、なんだか渇水しているように見えます…(笑)

いつものメンバーに挨拶し、囮を分けてもらって放水口の前に向かうと、私の姿が
見えたからか、おじさん2人が大急ぎで川に降りていきました。

放水口前に入るみたいなので、その下流の瀬に入ろうと思って挨拶しにいくと、
開口一番、

こことあそこを釣るからな!

と…。

はあ。どうぞ…。

分別盛りはとうに過ぎているでしょうが、なんとも子供のような方達です。

さて、朝の1時間程度はパラパラ掛りましたが、日が昇ると全くダメ。

オヤジ達も諦めて飯を食いだしました。そこで、

「上のほうに行って良いですか?」と聞くと、握り飯を持ったまま

「今からオレが入る!」

って…。

なんなん、このオヤジ。

これ以上関わりあいたくなかったので、私も川から上がって、公園の木陰で早めの昼食。

15080204.jpg

それから三女に頼まれていたスイカと鮎を〆る氷を買いに行ってきました。

結果、午前中は僅かに5匹。

でも、掛れば7~8寸の大鮎なので結構楽しめました。

15080203.jpg

先週よりまた一回り太くなっています。8号くらいだとケラレるし、掻き傷も大きくなるので、
もう9号を使ったほうが良いでしょう。

さて、午後は2時過ぎから入りましたが、やっぱり掛りません。
途中、ozekiさんが様子を見に来られましたが、どこも厳しい様子。

仕方ないので河原の石を枕に日陰で昼寝。また3時過ぎから釣りをはじめました。

再開してしばらくは掛りませんでしたが、4時を過ぎたあたりでコツン。
ようやくスイッチが入りました。

そこで放水口の前に移動して、そこから5時までの間にパラパラパラ。
囮込みで13匹。なんとかツ抜けしました。

15080205.jpg

土曜隠れの猛暑日なので、釣果としてはこんなものでしょう。

ただ、今日は27cmが混じりました。
この分だと8月後半には天ケ瀬でも尺が出るでしょう。

先日の日田漁協の調査では、大鮎が沢山いたらしいので、一雨降ってリセット
されれば大鮎連発も夢ではありません。 

 降れば愚痴、晴れれば愚痴の釣り師かな

先日までは梅雨明けを願っていたのに、釣り師って本当に身勝手ですね…(笑)

今日は厳しいなりに土用隠れを楽しみました。

また様子を見て温泉街で釣りたいと思います。

今年は尺が掛かると良いですね!
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム