水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年09月
ARCHIVE ≫ 2015年09月
      

≪ 前月 |  2015年09月  | 翌月 ≫

今日も我慢の釣りでした?

温泉街ではシルバーウィークを過ぎてもまだ錆びのない大鮎が釣れています。

土曜日には、ついに寅爺様が33㎝の本尺を上げられたとの話を聞き、おっとり
刀で出かけました。

温泉街には8時半着。

寅爺様に件の本尺鮎を見せてもらい、ozekiさんご夫婦とお話ししていたら、
鮎遊会メンバーの方達も続々と集まってきました。

人懐っこい凛ちゃん

15092701.jpg

今日はBKさん、テルさん、千鮎さんなど鮎遊会の手練が天ヶ瀬に集結です。

皆さんとお話しし、9時過ぎから釣り開始。

15092702.jpg

川は平水で、水温も高く良い感じ。

しかし、鶴舞の湯の前から流していきますがウンともスンとも言いません。

そうこうしているうちに、対岸の寅屋の下ではRyonさんが良型を掛けられたよう
で竿が満月になっています。

どなたかが取り込みを手伝おうとされていましたが、残念ながらすぐ手前で
バラしてしまったようです。

かなり大きかったようですので上がっていれば尺鮎だったでしょうに、残念です。

私は全くあたりがないので、あちこちポイントを変え、成天閣の吊り橋の
下流まで行ってみましたが全くダメ。

そうこうしているうちに昼になったので一旦上がって昼休憩。

今日は水温も高く一見良さそうに見えますが、やっぱり皆さん芳しくない様子。
昨日が釣れる日だったから今日は釣れない日なのかもしれません。

ただ、それもポイントによるみたいで、掛かっている方は何匹か掛かっている
ようでした。

まあ、今日も昼からが本番でしょう。

そこで、午後からは竿抜けを探して対岸に渡り、橋の上流から釣りはじめました。

Ryonさんはテルさんのいる放水口の前へ。

しばらく釣ってみましたが、流心で根掛かりしてマイナス1。

う~ん、厳しい。
さすがに今日は今シーズン初のオデコかも?

と覚悟しかけていたところ、14時半を過ぎてようやく一匹目。
今日もまた首の皮一枚でつながりました…(笑)

掛かった鮎は幅広の良型ですが微妙なサイズ。

そのまま続けようと思ったのですが、私の大嫌いなヌカカが手袋の隙間から
入って刺すので、集中できなくなって川から上がりました。

さて、ヌカカを避けて、今度は寅屋前のポイントからはじめますが、早々に一匹
掛かったもののすぐにラインブレイク。
どうも使い慣れないメタルにキンクが入っていたようです…(泣)

まあ、一匹とはいえ泣き尺っぽいのも釣れたし、今日は店じまいかなと
思っていると、放水口前から戻ってきたRyonさんが、

「いつもブログ見てるけど、諦めかけたところにもうひと頑張りして釣果を
残しているんだから、今日ももう少しやってみたら?」

と言われるので、最後に残った養殖鮎一匹を連れて対岸に渡りました。

囮も弱くなったし、メタルの仕掛けも無くなったので、フロロ08の通し仕掛
けに背針を打って慎重に泳がせていたところ、10分ほどして小さな当たり。

こんなアタリは大型と相場が決まっています。

Ryonさんありがとう!

下流に人がいたので迷惑が掛からないようにと思い、竿を絞り込んでみました
がなかなか寄ってきません。やっと緩流帯に寄ってきたと思ったら、強引にやり
すぎたようで手前で身切れ…。

あぁぁぁ…。
少ないチャンスをモノにできず、自分の下手さが嫌になります…(泣)

あとで寅爺様から聞いたのですが、大型は竿を絞り込んだら反発して走るので、
微妙にテンションをかけたまま時間をかけて取り込まないと失敗するのだそうです。

時刻は17時。

時合いの来る時間帯ですが、最後の養殖囮もヘロヘロなので、さすがにもう
やめようかと思っていると、BKさんがすぐ上流で入れ掛かりをはじめました。

私が上がったあと、対岸から同じポイントを攻めながら下ってきたようで、
ちょうど鮎の溜まるポイントに差し掛かったようです。

う~ん。

やっぱり名人は腕が違うな!
と感心して見ていると、しばらくして上がるからここをやれと言っています。

気持ちは萎えかけていたのですが、寅爺様も橋の上からそこをやれと言われる
ので、とりあえずやってみることにしました。

このポイントは障害物があって竿が立てられません。

黄色くなった囮に背針を打ちなおし、ベタ竿にして教えてもらったポイントに
馴染ませたらいっぺんに目印が飛びました。

やっぱり大鮎は時合いと場所ですね!

仕掛けは太いし、針もチラシの10号なので切られることはありません。
竿が立てられないので一旦竿を絞ったら、とんでもない勢いで下流に下って行って
しまいました…(笑)

瀬を三段下り、下の淵まで降りてもまだ走ります。
私はノーマルタビでこけそうになりながら必死に追いかけました。

多分、橋の上では寅爺様が怒鳴り、手練れの皆さんは笑われていたことでしょう。

大型なうえに綺麗な背掛かりだったので、緩流帯に寄せるまでに結構時間が
かかりました。

慎重に寄せて取り込むと、養殖囮より随分長い感じがします。
それでもまた泣き尺かな?という感じ…。
でも、とりあえず獲れてよかった~。

寅爺様からは時合いなのでまだ釣れと言われましたが、さすがにこの養殖では
もう無理かなと思って本日終了。

寅爺様に取り込みのダメ出しをいただき、BKさん達と温泉に浸かりに行きました。

さて、最後に釣ったのがもしかしたら尺あるかもしれません。
生きていると三女も喜ぶので、今日も活かして持ち帰ることにしました。

今日は中秋の名月。大きな月が笑っています。

ひんやりした風が風呂上がりの火照った体に心地よく、厳しかった釣りを忘れて
鼻歌交じりで気分よく帰りました。

そして帰宅後、三女と掴みどりで遊んだあと、氷で〆て計測してみましたが…。

あれれ?なんだか長い…。

最初に掛けた小さいほうは、Ryonさんと「あっても29㎝かな?」などと話して
いたのですが、それでも30㎝を超えています。

そう。

15092703.jpg

15092704.jpg

二匹しか獲れませんでしたが、31.5㎝、330g、30.3㎝、290gのダブル尺鮎。

ついでに自己記録も更新です!

泣き尺かと思っていましたが、今になって考えてみると、寅爺様の本尺を見ているので
感覚がおかしくなっていたんですね…(笑)

今季三本目の尺鮎に一気にテンションが上がりました

写真を撮り、真子は湯引きに、身は刺身にしてありがたく頂きました。
贅沢な尺鮎の活き造り、盛り皿はサンマの塩焼き用です…(笑)

15092705.jpg

今日も我慢の厳しい釣りでしたが、終わりよければ全て良しです。
思わぬ釣果に懸賞にでも当たったような気分です。

さてさて、次はどうしましょう。

今週末は予定があるし、大鮎釣りも結構堪能できているので、今年はもう
納竿かな?

とか言いながらまたどこかに出かけるんでしょうね…(笑)
スポンサーサイト

気まぐれ海産

シルバーウィークも終盤戦。

もうワンチャンスを狙って天ケ瀬へ。
今日は水も平水で水色も悪くありません。

寅屋に着くと、分けてもらうはずの「スーパー養殖BIG~良く泳ぎ良く潜る君」
が、何故か夜の間に数が減ってしまったので、今から仕入れに行くとのこと。

そこで、先客とともに2匹だけ分けてもらい、竿抜けを探して温泉街より上流に
入ってみました。

今日もどうせ昼からからだろうと思っていましたが、場所も外してしまったみたい
で午前中はまったくの無反応。ほかの方も掛かっていないようでした。

そこで一旦川から上がり、遅めの昼食を摂って、寅爺様に27cmのスーパー囮を
一匹分けてもらい、いろいろとお話を聞きながら良い時間まで過ごしました。

15時前、寅爺様の軽トラで成天閣下流の深瀬に移動。

先客は掛かっていないようでしたが、寅爺様のアドバイスどおりのポイントに使って
いないオトリを入れたら一発で目印が飛びました。

時合いが来たようでそこから3連発。
温泉客が見に来るので竿が曲がると歓声が上がります…(笑)

3匹釣れれば尺が混じるはずでしたが、今日は小型で28㎝止まり。
随分涼しくなってきたので、大きいのは下ったのかもしれません。

その後、アタリが遠のいたので先客が引き上げたあとの瀬に入って一匹追加。
掛かった鮎は27㎝くらいのオトリ頃でしたが、残念ながら瀬を泳がせていたら
肥料袋に囚われてロスト。

夕焼けこやけが響き渡り、頃合いになったので止めました。

15092201.jpg

風も涼しくなって日の入りも早くなりました。
水も冷たくなってすっかり秋です。

鮎は若くて錆もないのでまだまだ釣れそうですが、網で数も少なくなっていますし、
海産特有の気まぐれ時合いなので、そこまで囮を引き倒さずに辛抱できるかどうかが
キーのようです。

今日は活かして帰って刺身にしました。

15092202.jpg

昨日入荷したという「ひやおろし」で一杯。

身に甘みがあって刺身は最高!

薄塩にした塩焼も脂が乗っていて、一般的な鮎の塩焼きとは別物です。
まさに釣り人の特権ですね~。

さて、月末はもう釣りに行けないかもしれないのでこれで今年の鮎掛けもそろそろ終了かな?
と思います。もし行けるなら、矢部川か球磨川で一発狙いですね。

出会いは突然に

先日は不完全燃焼の釣りになりました。

尺鮎ラッシュの大チャンスの年なのに、今年はもう尺鮎は無理なのかなと
思っていましたが、天ケ瀬の水も引いて、前日にはtsunosanご一行にも尺鮎
が出たみたいなので、もう一度出掛けることにしました。

8時過ぎに温泉街に入ると、tsunosan達が温泉街下流で竿出ししています。

15092001.jpg

ご挨拶して状況を聞くと、昨夕は立て続けに尺が出たので、朝一からその
ポイントで粘っているとの事。

見ていると、仲間の方が釣っている大淵の大岩を挟んだ流れが良さそうに
見えます。

右岸からはギリギリ囮が入りそうにないので、左岸に渡って攻めることを
了承してもらい、バタバタと着替えて釣り開始。

邪魔にならないように下流の浅瀬で川を切って上りましたが、スパイクピン
がないタビなのでズルズル滑って渡りにくい事々…。

ようやくポイントに着いて川を見渡すと、石が入った淵の流れ出しが良さそ
うに見えます。

早速竿を伸ばし、いつもの複合008号に聖ちゃんチラシの10号をセット。
足元から泳がせて狙ったポイントに入ったらすぐにコツン。

ハエかな?というぐらいのアタリでしたが竿を立てたら対岸までビューン。

幸い水深も流速もそれほどないポイントなので、竿をためていたらじきに寄
ってきました。慎重にタモで掬った鮎はかなりの良型。

指3本半ほどの幅があります。

これは尺いったかも?
すぐに船に入れ、別の養殖変えて探りますが、それから先は1時間以上無反応。

そこで、一旦川から上がり、上流のポイントに移動する事にしました。

寅屋の前に行くと、寅爺様がおられます。

お代わり?と言うので、朝一で掛かった一匹が尺あるかもしれない事を伝え、
一緒に計ってもらう事にしました。

囮缶を開けてみると結構な幅があります。

網にでも掛かったのか、尾鰭の上に傷があって少し欠けていますが、2人で
押さえて計ってみると31.2cmあります。

ついに31cmオーバー。寅爺様認定の尺鮎が獲れました!
思わずガッツポーズです。

そのまま帰っても良かったのですが、まだ昼前なので今まで入った事のない
温泉街より上に行ってみました。

尺鮎は活かして帰って計測するため、寅爺様に囮缶を借りて水に浸けました。

温泉街から上の流れ込みでは、26~27を3匹とこんなのが…。

15092002.jpg

尺近いですが、このサイズになってもまったく錆びていません。
今年の海産は本当にすごいです。

充分満足したので少し早上がり、尺鮎ともう一匹の大型は活かして帰り、氷で
締めてすぐに計測してみました。

15092003.jpg

尺鮎はやっぱり31.2cmありますし、もう1匹は泣尺の29cmでした。
尺鮎のほうは320gもあります。

15092004.jpg

朝一番の一匹目が尺鮎。

大物に出会うときって案外あっけないものですね。

さてさて、尺鮎フィーバーにもなんとか乗れて、これで九州の鮎釣り師の
仲間入りができたような気がします。

あと何回行けるか分かりませんが、気持ちも落ち着いたので、あとは残り少ない
鮎シーズンを楽しみたいと思います。

とりあえずよかった~(笑)





秋雨に打たれて…。

関西からtsunosan一行が天ケ瀬入りすると言うので、ご一緒しようと思って
行ってきました。

温泉街には8時着。
昼から小雨の予報ですが、川は先日の増水も落ち着いて良い感じです。

15091701.jpg

tsunosan達が9時過ぎに到着したので、ご挨拶をしてしばし談笑。

スーパー囮を分けてもらい、10時過ぎからいつもの放水口前に入りました。

歯医者の前の彼岸花。

15091703.jpg

この花が咲くと、九州の渓流・清流は終わりが近くなります。

開始10分ほどで幸先良く掛かりました。
tsunosan達も急いで着替えて降りてきます。

しかし、ほどなくして空が怪しくなり、そこからはザーザーの本降りになりました。

15091702.jpg

私は旅館の軒下に退避。

しばらくして止んだので昼食のパンをかじりながらtsunosanの様子を見に行き
ましたが、小さいのが一匹掛かっただけとの事。

ただでさえ低い水温が雨のせいでさらに低くなり活性が上がらないようです。

まあ、昼からだろうと思い、先日尺鮎をバラした瀞場に移動し粘りますが、また
雨雲が接近。天気予報では1~3mmの降水予報でしたが、どう考えても30mmは降ったと
思います…(笑)

川は30cmほど増水し、濁りもきつくなりました。

結局、5時まで粘って26~27cmを3匹。

15091704.jpg

tsunosan達と別れ、そぼ降る雨の中鶴舞の湯で体を温めて帰福。

なかなかうまくいかないですね。

今年は尺鮎の大チャンスですが、なかなか良い状況に巡りあいません。
次こそは尺鮎が釣りたいですね。

釣果は一夜干しにしました。

15091705.jpg

一歩々?

日田漁協管内は尺鮎ラッシュです。

天ケ瀬では昨日も尺鮎が出たとの事。今日は天気も持ちそうなので、朝焼けの386号線を
東へ進み、ホームグラウンドに向かいました。

15091201.jpg

温泉街には7時40分着。

寅爺様に電話すると、BKさんとスーパー養殖を仕入れに行く途中との事。

40分以上はかかると言うので、川見をしながら常連さんと世間話をし、竿の手入れを
して過ごしました。

15091202.jpg

9時前に寅爺様達が到着。

軽トラからそのまま養殖囮を分けてもらい、いつもの橋の上流へ。

すぐ後に来た若者3人組もすぐ下流に並びました。

まずは瀬肩から攻めていくと、開始30分ほどで目印が吹っ飛びました。
結構引くなと思っていたら、28cmほどありました。

シーズも後期なので数はそんなに掛かりません。

掛かり鮎を引っぱりながら攻めていると、小さなアタリ。
逆針が切れていますが乗りませんでした。

そこで10号のチラシを長く出して同じポイントを攻めたらガガガッ!

27cm程の囮ごろでしたが運悪く顔掛かり。
こいつが鰓を痛めていて浮いてしまうので、また養殖に戻しましたがすぐに
掛からなくなりました。

そこで、橋の下流に場所を変えてみましたが昼近くになっても全く掛かりません。

しかも曇天で水温が上がらず、水に浸かっていると寒い寒い…。

そこで、対岸から様子を見に来たBKさんと一旦岸に上がり、お話しながら他の釣り人を
観察しました。

たまには人の釣りを見るのも勉強になって良いですね!

ただ、しばらく見ていましたが、頑張っている皆さんは、完全に囮が浮いてしまって
掛かる様子がありません。

そこで、昼食を摂って1時半からまた始めることにしました。

BKさんは昼からも寅屋の下流の荒瀬に入って順調に掛けていましたが、私には全く
掛かりません。

竿が柔らかいので、荒瀬に入って尺近いのを掛けたらたぶん捕れないでしょうから、
普通のポイントを攻めていましたが、2時間ほどの間に2度も根掛りして2匹の囮をロスト。

最後の養殖もバテバテ…。

最初に掛かった鮎は黄色くなり始め、2匹目の鰓掛かりは浮いて使えないし、今日も
絶体絶命です。

時刻は15時半。
他の釣り人も諦めて上がって行きました。

BKさんが放水口の前に入ったのを確認し、時合いの到来を期待して橋の上の瀬へ。

もし掛からなかったら諦めて上がろうか、それともプライドを捨てて囮を借りに行こうか
などと考えながら養殖囮に背針を打って泳がせているとようやく小さなアタリ。

なかなか寄ってこないなと思ったらこれが掛かっていました。

15091203.jpg

今日は氷で締めてから死後硬直の始まる前にすぐに現場で計測。

ギリギリ尺ないかかな?と思っていましたがやっぱり30ジャストの泣き尺でした。重さは290g。

その後は、短い時合いでバラバラバラ。
昼間の静寂がウソのようです。

しかし、時合いはほんの30分ほど。
その後パタッとアタリが止まりました。

温泉街に「ゆうやけこやけ」が響き渡り、網入れも始まりました。
私もBKさんも川から上がり、集まってきた鮎遊会メンバーと歓談して本日終了。

今日もまた首の皮一枚の釣りでした。
やっぱり大鮎釣りは忍耐の釣りですね…(笑)

ただ、掛かれば大鮎揃い。

15091204.jpg

急瀬竿をひん曲げて良く引いてくれます。

今日は、先日風邪を引いていて食べられなかった長女に一皿。
当然、酒は私が飲みました…(笑)

15091205.jpg

さて、明日は晴れるようですが、三女との約束があるので鮎掛けには行けません。

次は来週末でしょうか?

tsunosan達も天ケ瀬入りされるので、ご一緒させていただきながら、次こそ31cm以上を
獲りたい思います。

明日があるさ?

今日は遅い夏休みの2日目。

朝から天ヶ瀬に入りました。

温泉街には8時半着。

今日は午後から晴れる予報ですが、昨日の夕方に結構降ったようで+30㎝で濁りも
入っています。

15091001.jpg

とりあえず、前日尺が出たという橋の下流の左岸に入ってみました。
なんとなく厳しい釣りになりそうでしたが、養殖のメス鮎でヘチを泳がせたら一発で
目印が飛びました。

一匹目は27㎝程のオス鮎。

今日はいいかもと思って、その鮎をつけて泳がせたら、大石の横のヨレでエビになった
ような変なアタリ。

竿を立てたら割に簡単に寄ってくるので、25㎝くらいかな?と思って強引に寄せてみたら、
口掛かりでとんでもないのが掛かっていました!

胴回りが異常に太く、まるで玖珠川本流のエノハのようです。
27㎝の囮より二回り以上大きく、一目で尺上とわかりました。

幸い口掛かりなのでそんなに引きません。

対岸には囮を扱っている寅爺様が見えます。

獲れたら大声で呼ぼうと思い、引き寄せてハナカン上を持って吊るしこもうとしたら、
身をよじった瞬間にプツッ…。

なんと口が切れてしまいました。

あぁぁぁ~。

立ちこんでいればタモで掬えたのですが、ヘチを泳がせるため20㎝程水に浸かった岩盤
の上にいたのが災いしました。

足元でのたくる鮎を必死で押さえようとしましたがあとの祭り…。

自己記録になる予定の鮎は、悠々と濁りの中に消えていきました。

そこからは当然のようにリズムに乗れず…。

午後からは天気も良くなりましたが、水位も下がらず放水口からの濁りがきつくなり、
夕方まで粘っても5匹しか掛かりませんでした。

しかも、あちこちポイントを探ったせいで、根掛かりして3匹もロスト…。

朝の一匹が明暗を分けた一日になりました。

すっかり意気消沈して帰宅しましたが、落ち込んでばかりはいられないので、
夢を見させてくれた囮に敬意を表し、洗いにして残念会。

15091002.jpg

白子もポン酢で美味しく頂きました。

しかし、逃がした魚は本当に大きい…。

もし、明日以降天ヶ瀬で尺が掛かったら、口が切れていないかを確認してください…(笑)

今日の鮎は夢にも出てきそうですが、夢で終わらせないためにはリベンジしなければなりません。

あし~たがある、あし~たがある、あし~たがあ~るさ~♪

鮎も錆びていないので、まだチャンスはあるはず。

次こそは尺上目指して頑張ります!

イワナ釣りの休日

雨音で目が覚めました。

今日、明日は遅い夏休み。

川はまだ増水中で、天気予報では降ったり止んだりのぐずついた天気になると
の事。風も強いので鮎掛けは厳しそう。

家で雑用でもと思いましたが、渓流の禁漁まであと少しなので、思い切って山岳
渓流にイワナ釣りに行くことにしました。

向かった先は春にイワナ釣りで入った渓です。

福岡を出発したのは8時半。

一般道を2時間。その先の未舗装林道を30分。
そこから林道を歩いて30分…。
渓の入り口に着いたのは12時前でした。

本当に手間暇のかかる釣り場です。

空は今にも泣き出しそうで、渓流釣りにはもってこいの天気です。

出水が治まりつつあるのか、渓は未だ10㎝ほどの増水していますが、これくらいなら
ドライフライに出ないこともないでしょう。

15090902.jpg

いつものように、山岳渓流で使うピーコックカディス#15を結んで叩き上がりました。

幸先よくエノハ

15090903.jpg

そして、お目当てのイワナ

15090904.jpg

脊梁の山岳渓流らしい渓相

15090905.jpg

三女でも座れそうな巨大なサルノコシカケ

15090906.jpg

脊梁の山岳渓流らしい、背中の黒点がない良型の雄エノハ。

15090907.jpg

シーズン終盤ということもあり、魚はそれなりにスレていますが、飽きない程度に出て
くれました。

大滝を越えたあたりで一旦休憩し、腹出ししてみると、真子・白子がパンパンに入って
いたのでそこから先は全てリリースしました。

16時前に林道と交差する橋に到着。

霧雨が降りはじめ、ただでさえ暗い渓が真っ暗になり、気温も下がって
急に寂しくなりました。

渓にはまだ奥がありますが、明日もあるのでここで終了。

茂みから飛び出してくる鹿に驚かされながらまた未舗装林道を引き返し、夕飯までに
帰宅しました。

今日の肴は、川魚TOP3(鮎・イワナ・エノハ)の塩焼きにエノハの簡易南蛮漬。

15090908.jpg

よく歩いたのでいい感じに酔いが回りました。

短時間の釣行でしたが、大好きな山岳渓流で遊べてまずまずの休日釣行でした。

少し早いですが、今年は大鮎釣りができるので、渓流釣りはこれで終わりかな
と思います。

明日は天ヶ瀬で大鮎釣りに挑みます。

秋雨の晴れ間に…。

土曜隠れが終わったと思ったら、今年も?すぐに秋雨に入ってしまいました。

前回の釣行以降も行くには行っていたのですが、台風後の増水などで温泉街
には入れず、支流で唐揚げサイズを釣ってお茶を濁していました。

15090501.jpg

今日はまだ水が高いものの、濁りも取れて釣りになるとのこと。

8時半過ぎに温泉街に着くと、鮎遊会メンバーの方達も集合していました。

いつものようにしばらく歓談し、スーパー養殖囮を分けてもらって9時過ぎ
から橋の上流へ。

15090502.jpg

今日は放水口前には親子連れの先行者がいます。

我が家も娘のいずれかが鮎掛けをするのだろうかと思いながら、橋の直上から
はじめました。

どうせ午前中は追わないだろうとたかをくくっていたら、幸先よくヘチで一匹。

15090503.jpg

やっぱり掛かれば9寸前後。よく引きます。

今日は囮が大きいので一匹で一時間以上泳いでくれるのですが、今にも降り出
しそうな曇天で水温も低く、何しても掛かりません。

長時間当たりがないと、もう鮎は居ないのだろうかとさえ思えてきます。

結局、14時前までで3打数2安打のわずか二匹…。

先行者の親子連れは昼過ぎに諦めて上がっていきました。

私ももう上がろうかと思って寅屋の前に行くと、メンバーの方達が集まって
雑談していました。BKさん以外はみなさん渋かったようで、帰ろうか場所を
移動しようかと話しています。

私は2匹目に掛けた鮎が良型で、メジャーを借りて測ってみると29㎝もあった
ので、あとはエノハ釣りでもして帰ろうかと思ったのですが、寅屋の前でBKさん
が良型を掛けられたので、場所を変えて対岸側から竿を出してみることにしま
した。

時刻は15時を回ったところ。

黄色くなりかけた囮にもう一仕事お願いして、背針を打って流心脇に入れて
みると、コツン。

エビにでもなったかな?と思って竿を立ててみると、一気にビューン!
急瀬竿が絞り込まれます。

今日も仕掛けは複合0.08に0.8号の付糸です。

雑誌やネットの大鮎仕掛けと比べると、随分細仕掛けのようですが、緩流帯で
寄せて獲るので、障害物に注意していれば飛ばされることはありません。

竿尻を前に出して溜め、大鮎の引きを、十分堪能しながら引き寄せました。

元気な天然が手に入ったことで起死回生。
同じような流れを見つけて囮を入れていくと、またビューン!

成天閣吊り橋のところで消防と警察が騒いでいるのを気にしながら、
結局16時半までに7匹を追加。

雨が降り始めたので、「ゆうやけこやけ」のサイレンまでに終了しました。

さて、最後に掛けたのは良型でした。

午前中に実測した29㎝よりも一回り大きかったので、絶対30㎝あると思って
いたのですが、家に帰って測ってみたら、写真のとおりの29㎝でした。

15090504.jpg

よく言われるように、氷で〆て持ち帰ったのでやっぱり縮んだのでしょうか?

生きているうちに尻尾を伸ばして測ったら30㎝近かったのかもしれないですが、
どのみち31㎝ないと尺鮎ではないので、今日の記録は素直に29㎝としておきま
す…(泣)

重さは280gありました。

次は忘れずにメジャーを持って行って、現場ですぐに写真を撮るか、生きた
まま釣具店に持ち込もうと思います。

さてさて、今年はあと何回チャンスがあるでしょうか。

次は何とか尺を釣りたいものですが、また台風が来ていますので、水の具合が
心配ですね。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム