水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月
      

≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

新緑の風に吹かれて

週末に控えたイベントの準備でいろいろと忙しく、なかなか渓に行けませんでしたが、
天気が良くなったので、様子見がてら日田漁協管内に出かけました。

早朝には起きられず、渓に着いたのが10時前。

16042901.jpg

ゴールデンウィークの初日ですが、今回の地震の影響からかいつものような
人出はありません。

渓は増水の引きはじめで濁りは無し。
最高気温は19℃まで上がる予報。

16042902.jpg

少し水は高いですが、温かくなれば出てくれるでしょう。

しかし、様子見でメジャーポイントを叩いてみましたが、早朝に誰かが入った後のようで反応なし。

そこで、あまり人の入らない上流域に向かう事にしました。

16042903.jpg

渓沿いの藤やツツジも満開で、毛鉤釣りの最盛期であることを教えてくれます。

16042904.jpg

渓沿いを歩いていると地元の方に声をかけられました。

エノハ釣りをされる方らしく、今年の状況や先日の地震についてしばし歓談。

解禁日からひっきりなしに人が入っているので釣れないだろうとの事。

まあ、都心部からのアクセスが良い渓なのでしょうがありませんし、毎年そうなので気にもなりません。

良い時間になるまでと思って木陰で昼休憩。

皐月を目前に、渓渡る風が心地よく、鳥の声を聞いているうちに微睡んでいると、
前日までの疲れが出て1時間くらい眠ってしまったようです。

13時を過ぎて気温も上がり、渓も良い感じになってきました。

渓に降りると、さっそく淵からの開きでライズがあります。

そこで、とりあえず#15のカディスを流してみますが、直前でUターン。
どうも毛鉤が合っていないようです。

よく見ると、黒い羽虫の一団が水面スレスレを旋回しています。

例年、ゴールデンウィーク前後の日田界隈の渓では、オドリバエが大量に発生します。
一旦エノハがこの虫につくと、他のフライはではなかなか釣れません。

そこで、テレストリアルパターンのボックスから#18のオドリバエを出してきたら一発!

16042905.jpg

そこからは順調に数を重ねていきました。

16042906.jpg

さて、今日は新子が良くかかりました。

サイズが不揃いなので放流物ではないようです。
もちろん全てリリースしますが、この渓でも着実に再生産が行われているようで嬉しかったです。

15時過ぎまで釣って脱渓地点まで来ました。

時間的にはこれからのですが、お土産は十分確保できたので本日これで終了。

16042907.jpg

新緑を見ながらゆっくり帰宅し、お気に入りの酒で一杯…。

16042908.jpg

付け合わせには、自作の独活の味噌漬と葉ワサビのポン酢漬け。

一杯飲んだら疲れが出てあっという間に眠ってしましました…(笑)

さて、今回は新緑に囲まれて、楽しい釣りができました。

気温も上がりはじめ、あと3週間で鮎の解禁です。

それまでもうあと少しエノハ釣り。

次はどこの渓に行きましょうか…。
スポンサーサイト

地震…。

今回の地震の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

県外の方からはお気遣いいただいていますが、我が家も実家も今のところ震度3まででしたので、実家の壁や天井に少しズレが生じた以外は今のところ目立った被害はありません。

しかしながら、断層型の地震で震源もあちこちに移動していますので、福岡でも予断を許さない状況です。

会長曰く、「鯰じゃから夜来るんよね。」

夜間に頻発する地震を見るとあながち間違いではないと感じます。

被災地の状況は、毎日テレビやネットで確認していますが、本当に厳しい状況ですね。

現在、各方面から被災地に様々な支援の手が伸べられています。

すぐに現地に入ることができないので、今できることとして、些少ではありますが募金をさせていただきました。

今後、余震の心配が無くなって少し落ち着いたら、できるだけ多く熊本や大分に出かけて、お金を使おうと思います。

被災地には、観光で生計をたてている方も多いはず。

そういう人たちへの支援は、地震から時間がたってからの方がより必要なはずだと思うからです。
といっても、私が釣行で使うくらいですので微々たるものでしょうが…。

できるとことから少しずつお手伝いできたらと思っています。

そろそろ毛鉤の季節

桜を散らす雨ですが、渓にとっては良い雨が降りました。

土曜日は仕事や諸事で忙しかったので、本日釣行。

気温は22℃まで上がる予報。

未明に出発し、ゆっくり下道で7時半着。

16041001.jpg

渓は5㎝ほど増水していますが、濁りもなく、水の引きはじめでエノハ釣り
には良さそうです。

軽くストレッチして8時釣り開始。

しばらくドライフライで探りを入れてみますが、まだ上を向いていない
ようなので、沈めてみるとあっさり…。

16041002.jpg

体色からして上を見ないタイプのエノハのようです。

大きな渓ではないですが、めぼしいポイントからはまずまずのエノハが出ます。

16041004.jpg

しばらく釣っていくと、落ち込みでライズしたような気がしたので、ドライ
に変えて流し込んでみたらゆっくり出ました。

8寸ほどの良型です。

16041003.jpg

2時間ほど釣って6匹…。

お土産には充分でしたが、まだ時間も早いし、気になっているポイントが
あったので、昼寝を挟んで移ろいゆく山の景色を見ながらドライブ。

散りゆく桜が風に舞ってきれいでした。

時刻は15時過ぎ。

長袖シャツ一枚で丁度良いくらいの気温。虫も飛んでいい感じ。

良さそうな流れ込みで、いかにもという筋をトレースしたら、イルカライズで
毛鉤が押さえ込まれました。

16041005.jpg

ピンンシャンのベッピンさん。ほぼ盛期のエノハです。

少し上流でもう一匹追加して本日終了。
食べごろの8匹をお土産に。

16041006.jpg

帰り道、沢沿いにワサビを見つけました。

16041007.jpg

以前も書いていますが、葉ワサビはこれからが旬の山菜です。

根を傷つけて絶やしてしまわないように、一株から2~3本ずつ葉と茎のみを分けて
もらい、帰ってから塩揉みしてポン酢に漬けました。

レシピの詳細は以前の記事を参照ください。こちら

明日には食べられるので、良い日本酒を仕入れなければなりません…(笑)

さて、渓沿いの木々も新葉が出はじめ、木の芽ヤマメの時期に入りました。

これから鮎の解禁ごろまでのエノハは、虫を飽食して一年で一番美しく、美味しくなります。

虫を食うということは毛鉤が面白くなると言う事。

例年、筍が出る頃には、山岳渓流も一気に毛鉤の季節に入ります。

そろそろ新緑の脊梁の渓にイワナでも釣りに行きましょうか?

ねえ、キラッチさん…(笑)

ご報告

このブログをご覧の方はだいたい皆さんご存知と思いますが、今年度から正式に
「あまがせ鮎遊会」に入会させていただくことになりました。

私が天ヶ瀬をホームグラウンドにしていることは皆さんご存知と思いますが、
ここ数年来、会員の方との交流を通じて、是非入会したいと思いはじめ、ついに
昨年シーズン終盤に会長に入会を申し出て承認を得たところです。

親睦が主眼の会ではありますが、ご存知のとおり会員の皆さんの技術レベルは
非常に高いです。

私も「あまがせ鮎遊会」のレベルを落としてしまわないように、会長以下、諸先輩方
にご指導いただきながら精進したいと思っています。

ということで、日曜日は「釣り具のまつお」さんの会議室を借りて今年度の総会
が開催されました。

総会は午前中で終わったので、昼からは三女と漁協前にハヤ釣りに行ったら、
地元の方がやってきて鯉釣りをはじめました。

ノッコミで浅場に集まった鯉を狙いに来たようです。

見ている間に一匹釣り上げたので、三女と見せてもらいに行ったら、お土産に
と言ってくれました。

鯉は小学校の頃、地元の池や川で釣ったり、金突きで突いたりしていたので、当
然、食卓にも上っていました。

久しぶりに洗いでも食べたいなと考えたのですが、我が家では泥を吐かせる池も
ありません。そこで鯉こくにでもしようと思ったのですが、鯉こくにしても活魚でない
と臭いが出て不味くなるので、生かして帰らなければなりません。

寒い時期なら濡れた新聞紙に包んでおけば一時間くらいは平気なのですが、日田
から福岡まで帰るとなるとそうはいきません。

すぐに買い物用のクーラーバックに水を張り、途中で水を入れ替えながら、急い
で帰りました。

で、帰ったら三女の掴み取りの儀式のあと、鯉料理に変身する予定でした。

しかし、花見の渋滞にはまってしまい、風呂に入れた時には完全にグロッキー。

16040301.jpg

三女はとても残念そう…。

それでも10分くらい待っていたら少し泳ぐようになりました。

でも、夕食の時間が迫っているのでそろそろ成仏してもらわなければなりません。

娘が突っついて遊んでいましたが、料理に移る旨伝えたら、あっさり洗面器に入
れて持ってきました…(笑)

16040302.jpg

そういえば、子供の頃、叔父から貰った鯉が可哀想だからと風呂場のタライに
入れておいて死なせたことがあります。

三女のほうが随分たくましいですね…(笑)

で、眉間に一撃、苦玉を潰さないように気をつけてちゃちゃっと捌き、夕食までの
時間を考慮して圧力鍋で甘露煮にすることにしました。

16040303.jpg

日本酒、三温糖、味醂、醤油に生姜を入れて高圧で30分。

すっかり骨まで柔らかくなりました。

16040304.jpg

さっそく味見…。

う~ん。

味付けはうまくできてはいますが、なんとなく泥臭いというか、苔臭い?

やっぱり泥抜きか臭い消しが必要でした…(泣)

食べてみると、一番の臭いの原因は皮目にあるようです。

柔らかく煮る方法は分かったので、次は皮を剥ぐなり、一度焼くなりして臭いが
出ないように工夫してみます。

さてさて、話は横道にそれましたが、本題のとおり今年度から鮎遊会会員という
ことになりましたのでご報告いたします。

会員の皆様、フォロワーの皆様、今後ともどうぞよろしくお願いします…m(_ _)m

近場の渓歩き…。

寝過ごしました…(笑)

4月から部署が異動し、慣れない仕事で昨日はどっぷり疲れていたようです。

起きたら9時を回っているし、そのまま近所で花見でもと思いましたが、せっかく天気で暖かいので渓へ。

10時過ぎに出発し、昼頃現地着。

遅く出たので花見客の渋滞にはまって思ったより時間がかかりました。

アクセスの良い渓流なので、当然ポイント毎に車が停まっています。

昨日まで雨が降っていたはずですが、木の芽時なので渓は渇水状態。

16040201.jpg

まあ、これは想定内。
出遅れたら時間を置いて竿抜けを探すのみです。

ということで、メジャーポイントの少し下流に回って、渋いところを流したら一匹目。

16040202.jpg

盛期に近い肌艶の良いエノハです。
良い出方をしてくれました。

でも、このポイントではこの一匹だけ。

そこで、場所を上流に移動して、シビアなところを攻めたらこんなのが…。

16040204.jpg

8寸くらいの良型エノハ。
目が大きいので越年した個体でしょう。

ここでは小さいのを交えてそこそこ釣れました。

16040203.jpg

そのまま17時過ぎまで釣ってこんな感じ…。

16040205.jpg

昼からの釣果としては御の字です。

毎回同じ料理ですが、今のところエノハは塩焼きとポン酢の簡易南蛮で決まりですね!

16040206.jpg

今日は繊月酒造の川辺を合わせました。
今年は川辺川で美味い鮎を釣りたいものですね。

さて、明日は大事な用事があるし、眠たいのでこのへんで。

今宵はここまでにしとうございます?
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム