水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月
ARCHIVE ≫ 2016年06月
      

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

三度目の大野川…。

大会行脚から戻ったキラッチさんを訪ねて、大野川に行ってきました。

8時に平成大橋で待ち合わせ。イヴで年券を購入して向かいます。

16061801.jpg

が、超渇水で濁りもきつく、状況は良くなさそう。

そこで本流まで下ってみることにしました。

16061802.jpg

有名な駅前の瀬。

これだけ広い瀬を釣るのは初めてです。

とりあえず、ポイントと探り方を聞いて足元から探りますが反応なし…。

解禁当初の天ヶ瀬のようなキツイ濁りで、喰み跡もあまり見えません。

それでも、流石にキラッチさん、ポツポツながら掛けています。

私は2匹の囮をローテーションしながら数時間。

囮も浮きはじめたので、おかわりに行こうとしてたらようやく一匹。

真っ白いベッピンさんが顔掛かり…(笑)

直後に一匹掛け、ようやく時合いかと思ったらまた沈黙…。

そのまま河原を歩いてドンコの瀬に向かいました。

16061803.jpg

で、ここで14時近くまで粘りましたが、真っ白な鮎が顔掛かりで3匹と、犬飼名物のドンコに鮎サイズのイダに虹色のオイカワ…。

早朝からの遠出で眠気がピークになり、掛けきれない自分の下手さに自己嫌悪。

完全に心が折れてしまって、上がらせてもらう事にしました。

さて、車まで戻ってどこに行こうかと話しましたが、大野川筋はどこも状同じようなものだろうとの事。

本当は土・日の2日間で、平成大橋を拠点に釣る予定でしたが、翌日まで粘っても状況は好転しそうにありません。

結局ホームの天ヶ瀬に帰る事にしました。

来た道をまた2時間かけて天ヶ瀬へ。

温泉街は増水の引きはじめで濁りも薄く、水温も少し低めでいい感じ。

人の少ないポイントを探して入ると、いきなりバキューン!

そこから17時過ぎまで時速10匹のペース。

後で聞くと、この日の天ヶ瀬は釣れ盛っていたようで、調子の悪い杖立川や大野川から多くの方が転戦して来ていたようです。

会のメンバーも、副会長が37、テルさんが50超とか…。

う~ん。

完全に行く場所を間違えたようですね。

傷心して鶴舞の湯に浸かり、翌日の爆釣を期待して今日も副会長の隣でキャンプ。

16061804.jpg

しかし、夜中から雨が降り出して、明け方には土砂降りに。

3週続けて雨の日曜日ですか…(泣)

増水して濁りはじめたので囮缶が流されないうちに引き上げ、鮎をシメて撤収しました。

16061805.jpg

今週も数が伸びません。

で、帰宅したら今までの雨がウソのような晴天に…。

でも、もうどこも増水で釣りはできません。
濡れたテントを干して道具のメンテナンスをして一日過ごしました。

さてさて、大野川釣行は今回が3回目。

なかなか良い時に当たりませんね。

でも、今年は年券を買ったので、また遠征して今度は大釣りか大鮎を掛けてシッカリ元を取りたいと思います。
鮎がダメならエノハでも?

キラッチさん今回もお世話になりました。

今度の増水が引いたら、状況も好転しそうですね?

またリベンジに行くので、その際はどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

申年の梅

そろそろ梅を漬ける時期になりました。

今年は申(さる)年。

申年の梅は、「難が去る」と言って昔から珍重されています。

和食を好む私の影響か、娘達は梅干しが大好きで、出来た端からつまむので、年明けまで残った事がありません。

そこで、スーパーや道の駅など、あちこちで梅干しを購入するのですが、塩辛かったり干していなかったりで、なかなか好みの物に巡り合えません。

また、スーパーでよく見る甘いタイプの梅は、梅酒に使った梅に味をつけ直して再利用している物が多いらしく、梅の酸味がなくなっていてなんとなく食指が伸びません。

好みの梅を手に入れるには、やっぱり自分でいい塩梅に漬けなければなりませんが、実家の梅は手入れが悪く実が生らなくなってしまいましたので、今年も姉のところから送ってもらいました。

16061601.jpg

しかし、今年は全体的に裏年のようで、器量も悪くあまり収穫できなかったとの事。

まあ、器量が悪くても自宅用なら大丈夫。

貴重な梅を三女と一緒に大事に仕込みました。

16061602.jpg

洗ってヘタを取り、焼酎で消毒してからジップロックで漬け込みます。

この漬け方は、以前こちらで紹介したとおりです。

私のいい塩梅は10%。
婆さんは二号塩(20%くらい?)かそれ以上の三合塩だったと思います。

そういえば、亡くなった親父が「塩辛すぎて喰われん」と言って毎年婆さんと喧嘩してました…(笑)

申年生まれの親父が生きていれば、今年で72歳。

私のいい塩梅の梅干しを持って帰ったら、喜んでくれたでしょうかね?

天ヶ瀬半キャンプ釣行

梅雨空が続きます。

16061101.jpg

土曜日は三女の幼稚園の参観日。
終了後にウサギの糞を捨てる穴堀り当番に当たっていたので、急いで片付けて午後から天ヶ瀬へ。

泊まりでゆっくり釣ろうと思っていましたが、今週も日曜日が雨の予報…。

まあ、行くだけ行ってみましょう。

温泉街には14時半着。
濁りはありますが、この時期としては良いほうです。

16061102.jpg

橋の下で釣っていた聖ちゃんから囮をもらい、15時から釣りはじめました。

6月に入ってどこの川も解禁しているはずですが、寅屋の近辺は人だらけ。

鶴舞の湯の前から始めますが、鮎は居るものの、連日のプレッシャーで厳しく、なかなか掛かってくれません。

結局、夕方になり、皆さんが移動しはじめてから、いつもの橋の上に移動しましたが、ようやくツ抜けした程度。

それもそのはず、今日橋の上流にいたのは、副会長、テルさん、ノリさん、聖ちゃん…。

いずれも鮎遊会の猛者ばかり。

名人達にさんざん攻められた後に入れば結果は火を見るよりも明らかです…(笑)

まあ、明日頑張ろうと思って鶴舞の湯に入りに行ったら、

「最上流の露天風呂はここですか?」

と声を掛けられました。

見れば、初老の男性と若い女性のちょっと不釣り合いなカップル。

「そうですが、混浴ですよ…」

と答えると、

「この娘は全然気にしないから良いんですよ!」

って…。

さらに

「ノルマだからね。ささっと脱いで入っちゃおう。」

なんてボソボソ言っています。

で、本当に二人で真っ裸になって入って来ました。

オヤジのほうは、他の露天風呂の位置やら何やらやたらと話しかけてきます。
どういう関係なのか分かりませんが、どうも若い彼女を見てほしいふうです…(笑)

昨年のBKさんの件もあるので、こういう輩には関わらないのが得策です。

目をそらして適当にあしらっていたら、次の風呂に行くと言ってすぐに出ていきました。

この日、彼らはあちこちの露天風呂でお披露目していたみたいですが、釣り人に影響が出ていない事を祈ります…(笑)

16061103.jpg

さて、早目に夕食を終え、雨に備えて夜中に一度起きようと思って早寝していたら、10時過ぎにテントの外から職質を受けました。

外に出てみると、テルさんと副会長…(爆)

朝から雨が降り出しそうなので、屋根の下にテントを移動して3人で宴会。

副会長からは高級焼酎をご馳走になり、いろんな話を伺い、楽しい時間を過ごさせていただきました。

副会長、テルさん、ありがとうございました。

またよろしくお願いします…m(_ _)m

さてさて、翌日の日曜日は朝からしのつく雨模様。

副会長とテルさんは竿抜けポイントで爆釣していたようですが、私はポツリポツリでようやくツ抜けした程度。

気が滅入ってきたので昼からは解禁日に千鮎さんが束釣りしたという支流に移動しました。

ここは深くても膝くらいまでのごく浅いポイント。
しばらくフィーバーして釣れなくなったからなのか、釣り人は一人も居ません。

ところどころに喰み跡があるので、フロロに変えて足元から泳がせていくと、いきなり目印が飛びました。

だいぶ抜かれて反応も悪くなっていますが、少しは残っているようです。

しかも、掛かれば全部20㎝オーバー。温泉街よりアベレージが良い…(笑)

数が減ったので急激に大きくなったのでしょうね。

ようやくツ抜けしたあたりで風と雨が強くなったのでこれにて終了。

早上がりして鮎を絞め、下道でゆっくり帰りました。

16061104.jpg

鮎も一回り大きくなって、味が良くなってきました。

16061105.jpg

1日半の釣果としてはもう一声欲しかったですが、今回は野営も含めて十分楽しめました。

天ヶ瀬は、温泉あり、テン場あり、釣り場至近な上にいつも愉快な釣り仲間がいて、しかも安価!
私にとって本当に素敵なレジャーランドです。

今後も日程に余裕があればこのスタイルで行きたいと思います。

さてさて、次は天然遡上のある河川に行ってみたいと思います。

週末、天気が良ければ大野川にでも行ってみましょうかね?

2016年梅雨入り

九州北部が梅雨入りしました。

梅雨入り初日となった本日、半蔵君と温泉街に鮎掛けに行きました。

昨日は夏日で水温も高く良く掛かったようでしたが、あいにく今日、明日は雨の予報。
おまけに気温が7℃も下がり、状況はあまり芳しくない模様です。

順番から言って、今日は釣れない日…。
まあ、降水量は少なそうなので、午前中くらいなら何とかなるかな?

日田で氷や食料を仕入れ、温泉街には7時半着。

寅爺様と聖ちゃんがシマノ・ジャパンカップの九州予選に出場されているので、今日はtakeoさんが囮番をしていました。

今にも降り出しそうな天気なので早速準備。

昨日掛かった元気な鮎を分けてもらい、いつもの橋の付近から釣り始めます。

16060401.jpg

しかし、鮎は沢山いるのですが、水温が低くなかなか追いません。
結局、一匹目を掛けるのに1時間近くかかりました…。

おまけに雨がだんだん強くなり、昼過ぎからは本降りになって増水して濁りもきつくなったので、14時終了。

カッパを着込んでいるとはいえ、随分身体が冷えています。

そのまま帰ると風邪を引きそうだったので、バラの湯で温まってから帰りました。

2週連続で週末が雨。

まあ、梅雨時期なのでしょうがないですね。

鮎も一回り大きくなり、18~20㎝が多くなりました。

16060402.jpg

もう少し掛かればよかったですが、贅沢は言ってられません。

さて、気になるジャパンカップの結果ですが、なんと聖ちゃんが優勝したそうです!

聖ちゃんおめでとう!!!

釣れないと評判の大会会場でしっかり結果を残すのは流石です。

いや~。今年も鮎遊会メンバーがメジャー大会に絡んできますね~。

寅爺様からは、来年はどこかの大会にエントリーするように言われています。
出るなら出るでもう少し腕を磨かなければいけません。

まだまだ温泉街での修行が続きますね…(笑)
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム