水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

玖珠漁協管内―厳しい釣り

福岡では3/25に桜の開花宣言がありました。
平年より2日、昨年より6日遅いとの事ですが、気温が上がらないのでなかなか満開になりません。

それでも、いい感じに雨が降ったので、例年になく厳しいという玖珠漁協管内の渓に様子を見に行きました。

しかし、+5cmぐらいの増水で見た感じは良さそうなのですが、事前の情報どおりかなり厳しい状況。
浮かべても沈めても、アブラメさえも釣れません。

一か所だけ、昨秋に尺を釣ったポイントで大物がヒット。

今季3本目か?と期待するも、岩の向こうでポ~ン!

残念…!

脱走兵のニジマス君です。
それでも野生化して鰭の整った個体は、少なく見積もっても軽く40㎝を超えています。

幸い流れの緩いポイントだったので、根ズレに注意しながらやり取りをしていたら少しずつ寄ってきました。

でも、当然ランディングネットには入りません。

04のティペットでは岸にぶり上げることもできないので、イチかバチか頭でも叩こうかとしていたら、手前で反転してあえなくプツン…。

まあ、いつものパターンです…(笑)

しかし、そこからは鳴かず飛ばず…。

下流から常連らしき釣り人が来たので、しばらく情報交換して上がりました。

やっぱりあまり放流もされていないようで、解禁から全くとの事でした。

水を汲み、昼食を摂って休憩。

そのまま帰ろうかと思いましたが、手ぶらで帰るのもしゃくなので別の支流を覗いて帰りました。

帰りに寄った支流は再生産がなされているようで、時合いも良かったのか、ポイント毎に出てきます。
でも、放流サイズが多かったので、なかなかお土産は増えません。

それでもなんとか家族分を揃え、帰りに鳥刺しを買って帰りました。

今日は携帯を忘れて行ったので調理後の写真しかありません。

17040101.jpg

釣果は簡易南蛮で美味しくいただきました…m(_ _)m

玖珠漁協管内、今年も?極めて魚影が薄い感じがします。
やはり釣果は放流に左右されるのだと痛感させられる釣行でした。

もうしばらくは行かないかな?

さて、桜が散れば山岳渓流のシーズンです。

キラッチさんとも約束しましたし、次は山岳渓流でイワナを狙おうと思います。

--

翌日は鮎遊会の総会でした。

今年も三女と出席し、会のメンバーと情報交換。
帰りにガルデンに寄り、鮎焼中の聖ちゃんに挨拶して帰りました。

そろそろ鮎の仕掛けも準備しないといけませんね~。
スポンサーサイト
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム