水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

Iwana Hunting with Kirattchi.

遅れていた桜もようやく平地では散りはじめました。

今日は以前から約束していたキラッチさんとのイワナ釣り。

九州の山岳渓流の毛鉤釣りはだいたいゴールデンウィーク過ぎからが本番なのですが、ここ数日は気温も高いようなので大丈夫でしょう。心配していた天気も何とか持ちそうです。

目的地は結構人気の渓なので、場所取りのために6時に待ち合わせし、夜中に自宅を出発しました。

現地には5時前着。

早かったので着いたら起こしてねとLINEし、しばし仮眠をとっていましたがほどなくして電話…。

どうも、復旧工事の通行止めでナビの示す道が通れない様子。

そこで、国道まで迎えに行くことにしました。

以前の記事にも出てきますが、この渓は未舗装林道の先にある渓。

昨年の地震と大雨の影響でようやく通れるようになってはいますが、普通車ではかなり厳しいので、今回はキラッチさんの四駆に乗せていただきました。

例年よりも荒れた林道を、バーストに気を付けて徐行しながら20分。

さらに20分林道を歩きます。

標高の高い脊梁山系。ようやく山桜が満開です。

17041501.jpg

なんだかんだと話をしながら、半分登山の様相で渓へ。

予定より少し遅くなりましたが、幸い先行者もなく8時過ぎには渓へ辿り着きました。

117041503.jpg

前日までの雨で水量は+10㎝程。

毛鉤には厳しいかなとは思いましたが、上を見ている魚を毛鉤で釣り、沈んでいる魚を餌釣りで狙う作戦で先行させていただきます。

さて、下りてしばらくは反応がなかったのですが、小さな支流の溜まりで一本目。

117041504.jpg

結構良い型。

もともとは誰かの放流とはいえ、再生産した個体なので鰭のかけなど一切なく綺麗です。

今日は増水で流すポイントが限られるため、流れの筋よりイワナらしい緩いポイントを狙って釣果がありました。

見上げる大滝。

117041505.jpg

ここはいつものようにロープを使って高巻きします。

キラッチさんはアタリはあるもののなかなか魚が乗らず苦戦している様子で、オモリや針を変えながら試行錯誤しています。

キラッチさんの餌はミミズ…。

イワナは餌を咥えたら落ち着く場所まで持って行って食べます。
ミミズは長いので、遅合わせがいいとアドバイスしたらすぐに一匹。

117041506.jpg

綺麗なイワナです。

そこからキラッチさんも要領を掴んで順調にイワナを揚げていきました。

イワナが占拠する渓ですが、元はエノハの渓なので当然エノハも出てきます。

117041507.jpg

でも、八割方はイワナ。よっぽど環境が合っているのでしょうね…。

苔むした渓は、もののけ姫の舞台のようです。

117041508.jpg

普段の渓は人の足跡ですが、ここはイノシシや鹿の足跡だらけ。

獣臭のする獣道を借り、滑落しそうな急斜面を高巻きしながら遡行します。

腹の黄色いイワナが多いこの沢。

117041509.jpg

色の分、味は濃いでしょうか?

今日は増水しているので大きめのフライで釣り上がりました。
視認性の良い#12のフライに出るのでおおらかに釣ることができます。
何十秒も浮かべておいたフライにゆっくり浮上してくるイワナ。
毛鉤釣りの醍醐味ですね!

ポイント毎に粘るキラッチさん。

117041510.jpg

毛鉤なら出ても二度までですが、餌釣りなら白泡の下に隠れたイワナも誘い出せます。
この戦法で順調に数・型を伸ばしているようでした。

昨年閉ざされていたためか、今日はイワナのアベレージが良く、普通で八寸、尺こそないものの九寸クラスは3~4匹。

117041511.jpg

キラッチさんは28㎝を釣り上げました。

イワナは陸に揚げると蛇のように這って水に戻ります。

117041512.jpg

歯の生えた大きな口はさながらジュラ紀の恐竜のようです。

沢登りよろしく高巻きを繰り返しながら、ようやく脱渓点まで来ました。

休憩を兼ねて腹出しし、景色を愛でながらまた林道を引き返しました。

117041513.jpg

初夏を思わせる渓風に、散りゆく桜が綺麗でした…。

さて、時刻は14時前。

良い時間だし、もう一本案内したい沢もありましたが、お土産も揃ったので今日はここまで。
また未舗装林道を引き返し、二人で鮎のポイントを下見して岐路に着きました。

時間に余裕はあったのでもったいない気もしましたが、今日はこれが正解のようでした。

帰りの高速では雷が鳴って洗車機に入ったような土砂降り。
みんなハザードを出して徐行運転でした。

沢であの状況になったとしたらと思うとぞっとします…。

さて、帰ってからは当然イワナ料理。

定番の塩焼きで頂きました。

117041514.jpg

イワナはエノハに比べて脂がないので敬遠する釣り師もいますが、独特の香りと味があって私は結構好きです。

じっくり弱火で水分を飛ばしたイワナは、乾物にも似た独特の旨味があり日本酒の肴には最高!

エノハとも食べ比べましたが、家人はこぞってイワナに軍配を挙げました。
三女曰く、鰭もイワナのほうが旨いそうです…(笑)

さて、九州のイワナの是非はさておき、今日は脊梁の山岳渓流を堪能する事ができました。

桜が散り、萌黄色に包まれる渓は、これから毛鉤のベストシーズンに入ります。

あと何年、この険しい渓を歩けるでしょうか…。
四十路を過ぎてくると、とふとそんな事を考えるようになります。
これからも、体力・気力充実させ、出来る限り渓に立ちたいものですね。

さて、キラッチさん今日は楽しかったですね!
イワナの渓、まだまだありますから、登山で培った体力でまた一緒に渓を歩きましょうね。

みなさんも、新緑の渓を歩いてみませんか?
新緑の風に吹かれれば、きっと心が還ってこれなくなりますよ…(笑)




スポンサーサイト
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム