FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年03月
ARCHIVE ≫ 2018年03月
      

≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫

春爛漫、桜咲く渓へ…。

今年も桜が満開になりました。

18033101.jpg

3月はいろいろ忙しく、釣りに行けないまま最終日を迎えてしまいました。

今週は春本番の暖かさ。今日も20℃を超える予報です。

例年なら湧水の渓に立つところですが、そろそろ山岳渓流も良いだろうと、日田漁協管内の渓に出かけました。

7時前に出発し、桜見物をしながらのんびり下道で渓に向かいます。

8時半現地着。

人気の渓ですが、今日はあまり車が停まっていませんでした。

皆さん花見なのかな?

車を降りると長袖シャツ一枚で十分なくらい。

満開の桜に鶯の谷渡り。まさに春爛漫。

早速着替えて渓に降りると、ユスリカやミッジが飛びはじめてなかなか良い感じ。

18033103.jpg

この時期の定番、#17のカディスで叩いていくと、すぐに反応がありました。

18033102.jpg

山岳渓流らしい色のエノハです。

そこからしばらく叩いていくと、ポツリポツリと反応があります。

解禁から叩かれ続けているので、毛鉤を見切っていく魚もいますが、状況に合った毛鉤を綺麗に流せば…。

18033104.jpg

18033105.jpg

18033106.jpg

18033107.jpg

盛期までもうすぐ。

これから虫を喰い込んで行けば、もっと幅も色も出てくるでしょう。

短い渓ないので、一つ々のポイントを時間をかけて丁寧に探っていきました。

脱渓点が近くなり、もう一つの楽しみが見えてきました…。

18033108.jpg

実はこの渓には山葵が自生しています。

山葵は春の楽しみの一つ。

食べ方は以前紹介したとおりですが、これで日本酒をキュッとやるとですね~(笑)

この株も数年前に見つけたのですが、根を抜かないように葉を少しずつ分けてもらっているので、今年も絶えずにいてくれました。
自然の恵みに感謝です。

18033110.jpg

さて、腹出しをして渓から上がると、正午を告げるサイレンが。

もう一本行こうか迷いましたが、お土産は確保できたので本日終了。

釣具屋で鮎の年券を購入し、久しぶりに馬刺しを買って帰りました。

18033112.jpg

桜、エノハ(桜鱒)、馬刺(桜肉)をお気に入りの菊美人とともに…。
三女も喜んでくれました。

さて、このところ忙しくしていたので、今日は良い気晴らしになりました。

気温も高くなり、渓も活気づいてきています。
次は新緑の渓のイワナですかね?

また時間を作って渓に立ちたいと思います。
スポンサーサイト



2018年川釣り始動

逃げる2月が通り過ぎ、気温が一気に上がり急に春らしくなりました。

今日は3月最初の土曜日。
私にとって、2018年の川釣りの始動日です。

気が付けば昨年11月の大野川以降、4か月間も一切釣りをしていません。
せっかくなので、前評判の高い大野川にでも行こうか考えましたが、解禁直後は人が多いのは分かっているので、リハビリも兼ねて日田漁協管内の渓でゆっくり釣る事にしました。

事前の情報では、日田漁協が解禁前に成魚放流をしたようです。
今日は上手いこと場所に当たったので、午前中でお土産は確保できました。

そこで、午後からはこの時期定番の湧水の渓に向かう事にしました。

18030301.jpg

この渓は豊富な湧き水に恵まれて、一年中水温が安定しています。

その分、放流すればエノハは大きくなるのですが、ここ数年は漁協もほとんど放流していないようなので極端に魚影が少なくなっています。

まあ、今日はまともに渓を歩けるかどうか、毛鉤が自然に流せるかの確認です。

良さげな流れに毛鉤を浮かべると、数投でエノハが出ました。

18030302.jpg

しかし、天然で美しいのですが、こんなサイズでは持って帰れません。

しばらく釣り上がりましたが、同じような新子ばかり。
小さいのをいじめてもしょうがないし、空も怪しくなってきたので本日終了。

いつもの店で鶏刺しを購入し、ゆっくり帰途に着きました。

そういえば今日はひな祭り。
我が家は全員姫です。家内を入れると四姫…(笑)

18030304.jpg

ひな祭りのチラシ寿司と鳥刺し、エノハの南蛮漬けと塩焼きで春を楽しみました。

さてさて、2018年の川釣りシーズンも無事開幕。

様子見は終わりましたので、次は三女に天然エノハをと思っています。

次はどこに行きましょうかね~。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム