FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年05月
ARCHIVE ≫ 2018年05月
      

≪ 前月 |  2018年05月  | 翌月 ≫

ようやく解禁?

解禁日の釣果があまりにも悲惨だったので、鮎遊会の先輩方が連日爆釣されている支流に向かいました。

最初は場所がわからなかったのですが、私がこの支流に入るとの噂を聞いて親切にAさんが電話をかけてきてくれました。

8時半開始。

狙いの場所には先行者あり。

仕方がないので少し外れた場所で釣りはじめました。

予報どおり小雨が降って気温・水温共に低く、最初はなかなか追いませんでしたが、遠目から辛抱して泳がせていると、ポツポツですが掛かります。

18052602.jpg

背びれが大きく、顔が尖っているので天降産の稚魚でしょうか?

しばらくすると、先行者が下ってきたので挨拶をして今までやっていたところに入らせてもらいました。

18052601.jpg

曰く、群れ鮎がいるけどさっぱりかからないとの事。

見ていると、小さいですが鮎が群れています。

そこであまり得意ではない下手な泳がせで足元から釣って、少しずつ数を伸ばしていきました。

天気も昼前には回復し、良いお天気になりました。

15時前まで釣ってこのくらい。

18052603.jpg

型は12~20㎝くらい。
飛びつきの大きいのは早々に抜かれているみたいで、15~16㎝の小型が多かったです。

まあ、先輩達には遠く及びませんが、お土産には十分でしょう。

小さいのは唐揚げに、家族分を塩焼きにしました。

18052604.jpg

水も良いので鮎の味もなかなかです。

Aさんありがとうございました。
おかげでなんとか解禁できた気がします…m(_ _)m

さて、翌日曜日は雨の予報…だったと思います。

本来は家の用事をする予定でしたが、天気は一日持ちそうだし、夕方までに戻れば行って来ても良いよと言うので釣れているとの情報がある大山川方面に向かいました。

しかし、釣れている情報が出回っているのと、前日のダイワの大会に出てそのまま日田に泊まっていた方、どこかのクラブの大会などが重なって、知っているポイントはどこも空いていません。

仕方ないので解禁日に坊主逃れをしたポイントまで車を走らせました。

18052701.jpg

ここは深場で押しが強く好みの分かれるポイント。
オトリもなかなか沈まないので、最初から鉛を打って引っ張ると、良さげな流れからは素直に反応があります。

サイズも前日より一回り大きく、綺麗な鮎が掛かります。

18052702.jpg

大きいのは22cmありました。

帰りの時間を気にしながら、今日は14時に終了。

18052703.jpg

先輩達の釣果には及びませんが、20㎝クラスの綺麗な鮎が30も掛かれば私としては御の字です。

さて、今シーズンもようやく鮎掛けがスタートできた感じです。

来週にはいよいよ九州の主だった河川が解禁します。

今年も美味い鮎を求めてあちこち行きますよ~(笑)
スポンサーサイト



平成三十年鮎漁解禁

2018年の鮎漁もついに解禁しました。

今年の解禁は日曜日。

前日は毎年恒例の鮎遊会主催解禁前夜祭。

18052001.jpg

今年も沢山の参加があり、大盛況でした。
ご準備頂いた役員・有志の皆様、高級なお酒や食材を提供いただいた皆様、今年もありがとうございました…m(_ _)m

例年、日付が変わるまで飲んでいる方がいるのですが、今年は11時前にはお開き。

皆さん翌日に向けて追い星が出ていたのかな?

私は露天風呂に入って車中泊。

翌朝は4時過ぎには目を覚ましました。

翌日はさすがに解禁日。皆さん5時前から思い思いの場所に散っていきます。

私は昨年の反省から温泉街を外して上流へ。

玖珠川は相変わらずの濁りです。

18052002.jpg

しかし、入ったポイントが悪かったのか、まったくもって生命反応なし。

最初にかかったのは足の裏サイズのスッポン…(笑)

一応タモ入れはしたのですが、持って帰えろうかどうしようかと逡巡している間にサヨナラ。

しばらく釣ってもらちが明かないので、千鮎さんを追いかけて大移動。

LINEなどで情報が入ってきますが、濁りと低水温で皆さん苦戦しているようです。

さて、一縷の望みをかけて移動しましたが、移動先もまた増水と低水温で厳しい状況。

たま~に掛かりますがバラシの連続…。

オトリもへばって来たのでもう上がろうかなと思っていたら、やさしい千鮎さんがオトリを貸してくださいました。
千鮎さん、今日も助かりました。いつもありがとうございます…m(_ _)m

そこから何匹か掛けましたが、匹数はまったく伸びずに終了。

釣果としては過去最悪の解禁となりました…(泣)

でも、前夜祭は楽しかったし、久しぶりに会う仲間とも話せたし、一応鮎の顔も見れたので良し?としましょう。

いつもの店で鳥刺しを仕入れ、早目に帰って初物を頂きました。

18052003.jpg

今年も解禁からやられてしまいましたが、まだ明けたばかりですので分かりません。

今年も年券が不良債権化しないように、頑張ってこれから挽回したいと思います。

スッポン持って帰れば良かったかな…(笑)

平成三十年、こどもの日

当初は三女と遊ぶ予定でしたが、ドタキャンされたのでエノハ釣りに行ってきました…(笑)

行く先は先週BlackArrowさんと行った渓です。

ゴールデンウィークということもあり、場所取りも厳しいだろうと思い未明に自宅を出発。

途中で買い物をして7時半には渓の入り口に着きました。

18050501.jpg

早速着替えて釣り開始。

しかし、晴天で最高気温も26℃まで上がる予報ですが、放射冷却の影響からか渓はフリースが要るくらい冷え込んでいます。

水温は10.5℃。

時期的にドライフライで問題ないはずですが、時間が早いのか無反応。

手がかじかむほどの寒さと強風に耐えかねて一旦脱渓し、コーヒーを沸かして渓に日が差すまで待つことにしました。

18050502.jpg

さて、暖を取りながら1時間程待っていると、強烈な渓風もだんだん温かみを増してきました。

そこで再度渓に降りると、大きなストーンフライをはじめいろんな虫が飛びはじめています。

しかし、しばらく叩いてみましたが、前回エノハが出た流れからは無反応。

そこで、先行者がいる時に狙うような釣りづらいポイント等を叩いていくと、ポツポツですが反応があります。

18050503.jpg

しばらく釣り上がっていくと、いつもエノハがついているプールの流れ込みでライズを発見。

何を捕食しているのか分かりませんが、一定のタイミングでライズしているので何かがハッチしているのでしょう。

タイミングを見て#14のエルクヘアカディスを流し込んだら一発で出ました!

18050504.jpg

虫を喰い込んでピンシャンです。

全体的に先週より型が良いですが、さすがにスレていて数が伸びません。

そこからまたしばらく釣り上がり、腹出しをして午前の部終了。

18050509.jpg

早朝出発で眠かったので、昼食を摂って昼寝をしました。

目覚めたのが13時半。

帰ろうかどうしようか迷いましたが、また別の支流を叩いてみました。

先週は良くなかったこの支流も、先行者がなかったのかはたまた時間帯なのか、今日はすんなり出てくれました。

18050506.jpg

エノハの体も仕上がってよく引いて楽しませてくれます。

この支流で三匹追加して本日終了。

18050507.jpg

ゆっくり下道で帰ってきました。

そう言えば今日は「こどもの日」。

我が家は姫ばかりなのですが、「エノハのぼり」でお祝いです…(笑)

18050508.jpg

さて、来週末は予定が入っているので前半のエノハ釣りは本当にこれが最後。

その次の週は日田の解禁。

今年も前夜祭から出撃予定。

皆さん、体調を万全に、あまり飲みすぎないようにして楽しい解禁日にしましょうね!
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム