FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年07月
ARCHIVE ≫ 2018年07月
      

≪ 前月 |  2018年07月  | 翌月 ≫

安全第一

延期になった鮎遊会の大会、職場のイベントの関係で出席できなくなりました…(泣)

しかし、前日の土曜日は時間がとれたので鮎掛けに出かけることにしました。

当初は大野川も考えたのですが、35℃近い連日の猛暑・酷暑で普通の川は土曜隠れモード。
そこで、渓流域に近い支流にエントリーする事にしました。

7時過ぎに大倉釣具でオトリを購入。8時過ぎに現地着。

結構メジャーなポイントですが、今日は誰もいません…。

あらら、掛かってないのかな?

とりあえずオトリを浸けて準備を進めます。

今日は曇りで気温も前日程は上がらないとの事。

渓流域なので水温が低く、オトリの水合わせもあまり時間を要しません。

早速川に降り、目の前の流れから釣りはじめると、流芯脇ですぐにビュ~ン!

18072102.jpg

掛かり鮎を流芯に送り込んで、すぐに2匹目。

おおっ!掛かるじゃん。

大雨後の増水が落ち着いて復活したかな?

と期待したものの、そう上手くはいきません。

喰み後はそこそこ見えますが、追う鮎はかなり抜かれているようで、普通の釣り方では掛かりません。

これはだいぶ人が入っているな…。

ここで粘っても時間だけが過ぎるし、他のポイントもガラ空きなので、100m程下って前回泳がせで釣果のあったトロ場を攻めてみることにしました。

18072101.jpg

移動先では忘れたころにポツポツ。

う~ん。厳しい。

10時半頃、地元のAさんも来ましたが、やっぱり芳しくない様子。

昼まで釣って15匹。

微妙な数なのでここで粘ろうかどうしようか考えましたが、一気に下流へ場所を移動する事にしました。

昼食を摂り、向かった先はこの支流の最下流部。

平水よりまだ20㎝位高いですが、鉛を使えば何とかなりそうです。

岸際の岩盤には、増水中に喰んだと思われる相当数のハミ跡もあります。

これは期待できるかも?

普段はやらない浅場が良い感じの流速になっているので、鉛を噛ませて留めたら一発!

18072103.jpg

完全天然なので背鰭が綺麗ですね~。

そこから、オトリが入れられそうなところを拾い釣りして、10匹程を追加しました。

さて、お土産は揃いましたがもう少し上流のポイントも気になります。

もう一度上流へ移動してみると、Aさんが釣っていました。

手を振って聞きますが、どうもあまり芳しくない様子。

そこで、Aさんより100m程上流の大石が点在するエリアに入ってみることにしました。

このポイントは石組みもよく、喰み跡も沢山あって鮎の姿も見えるのですが、一筋縄ではいかない場所。

今年入るのは初めてですが、昨年はさんざんやられています。

しばらくやってみて、昨年同様、教科書に出てくるようなポイントをヘタクソな泳がせで攻めても、ほとんど掛からない事が分かりました。

そこで、背針や鉛を使いあまり人がやらないようなピンポイントを拾っていったら、思ったように掛かりはじめました。

でも、前回修理したタモがまた枠から外れ、釣り辛くてしょうがありません…(泣)

やっぱりもう一本買うかな?

とか思いながら釣っていると、そろそろ40匹になりそうな感じ。

あと4~5匹掛ければ、今日は時速5匹達成できるかも?

なんて思いながら、良型の掛かり鮎を寄せようと足を踏み出した瞬間、底石がグラッとなって頭の先までドボン!

ブクブクブク…。

竿を守ろうと、咄嗟に腕を突き上げたつもりでしたが、浮かび上がってみるとなんだか変です。

違和感を感じて左手を見ると、握っている竿のズームから上がない…。


 ああっ…!


思わず声に出してました。

急いで流れていく竿を拾いましたが、岩か何かにぶつかったのでしょう、見事にポッキリ…( ゚Д゚)

当然、鮎も仕掛けもパア。


 ああ、下したてのパワスペが…。


一気に意気消沈。当然そこでやめました…(泣)

釣果は41匹。

18072104.jpg

25㎝級も混じってこの時期にしては良く掛かりましたが、なんとも後味の悪い釣りとなりました。

さて、物が無くなったり、壊れたりするのは、所有者の身代わりになってくれたのだと言われます。

幸い人にケガはなく、保証期間中のため免責内で部品交換もできそうなのですが、欲を出して釣ろうとしたのを戒められたんでしょうか?今回の事を教訓に、安全で無理のない釣りを心がけないといけませんね。

さてさて、また冷凍庫に入りきれなかったので、半分はお遣い物にしまし、良型を一夜干しにしました。

18072105.jpg

今回から新規購入した真空パック機を導入。

これはなかなか良い感じ!いろんなものに使えそうです。

翌日の鮎遊会大会は、ディフェンディングチャンピオンでテルさんが優勝したとの事。

おめでとうございます!!

さすが、鮎遊会副会長。今、一番脂が乗りきっている感じがしますね~。

さてさて、7月も終盤戦。そろそろ大鮎の時期に入ります。

太目の仕掛けを準備して、パワスペも早く修理しないといけません。

でも、その前に土用隠れ。場所と釣り方が大事になります。

次はどこに入りましょうかね?
スポンサーサイト



4連休(後半戦)

実家の隣家の訃報を受けて、連休3日目は国東に帰省しました。

通夜に出て姉のところに泊めてもらい、翌日はまた大野川にしようかと思っていましたが、状況もあまり好転していないようですし、会のAさんから大山川の状況が良いと聞いていたので、タモの修理をして日田に向かう事にしました。

今日はanaさんとanaさんの友人Iさんが一緒です。

前日が好釣果だったこともあり、人が多い可能性があるので、私が先に行って現場で待ち合わせすることにしました。

増水で洗われた大山川はゴミや古苔も綺麗に洗い流され、これまで見た事がないくらい綺麗になっています。

KIMG2859.jpg

朝イチは緩めのところを釣っていましたが、なかなか追わないので、背針で流芯を引いたら一発でガツン!

KIMG2858.jpg

海産放流と思われる22cmくらいの良い鮎です。

程なくしてanaさん達も到着。

長い淵や瀬の連続する大山川らしいポイントを3人分かれて釣っていきました。

今回の雨で鮎も良い感じで分散しているようで、少しずつ移動を繰り返しながら、時速5匹くらいのペースで掛けていきました。

しばらくするとAさんから電話。
これから来ると言うので、オトリを用意して入川点付近まで下って待ちました。

anaさん達も少しずつ掛かっているようです。

程なくしてAさんとパトロール中の聖ちゃんが到着。

Aさんにオトリを渡したら、私は泳いで川を切り、Aさんの対岸から釣り下って行きました。

対岸の道からは聖ちゃんが監督。

遠いので何を叫んでいるのか聞こえませんが、竿を寝かせて流芯を狙うように言っているのかな?

そこで、I先輩に教えてもらったように、目印を2段階にし、目いっぱい竿を寝かせてオトリを縦に揺すったら一発でビューン。

そう言えばキラッチさんもこんな感じの目印のセッティングで引いていたような?
もしかして大野川スタイルなのかもしれませんが、私にとっては新しい釣り方。引き出しが増えた気がします。

さて、今日は新調したパワスペⅣ・急瀬の初下し。

大阪の釣具店の春の大売り出しの際に、廃盤で安くなっていたものを、tsunosanが押さえてくれたものです。

買うかどうかの連絡をらった時には、90-95のズーム竿と聞いて、重量も増すしそんなに長くなくても良いと思って一旦断ったのですが、ズームのほうが取り込みが楽だし、手元に重心が来るので持ち重りしないから絶対買った方が良いと諭されて購入しました。

で、どうかな~?
と思っていたのですが、結論から言うと、購入して正解!

元々強い竿なので、25㎝が掛かっても問題なく抜けますし、バランスが良いので持ち重りもしません。
これまで使っていた急瀬竿でも尺は取れているのですが、競技系のためにパワーがなく、九州には向かなかったという事が改めてわかりました。多分、今日くらいのサイズ(22~25㎝)だったら取り込みに時間が掛かってオトリも弱り、釣果が3割減くらいになっていただろうと思います。竿で釣果に差が出るという事を実感した日になりました。

と、竿は良かったのですが仕掛けが細すぎました。

水中糸を複合の01にしていたのは正解でしたが、付け糸05、中ハリス1号、ハリス1.5号では強度不足。

特に今日は大石底の瀬の釣りだったので、ハリスや中ハリスが飛ばされたり、付け糸からダブられたりのトラブルが頻発し、何匹も放流してしまいました…(泣)

7月後半の日田の鮎を舐めてはいけませんね…(>_<)

そんなこんなで、トラブルと闘いながらも、鮎の反応は良かったので少しずつ数を伸ばしていきました。

さて、14時を回り、寅爺様登場。

私が刺さっていると聞いて、野菜を沢山持ってきてくれました。
どうもありがとうございました…m(_ _)m

同じころ、anaさん達は予定があるため早上がり。

ちょうど追いが悪くなった時間帯だったので、私も上がることにしました。

今日も30匹くらいかなと思っていましたが、もう少し掛かっていて38匹。

1531992892481.jpg

仕掛けをしっかりしていれば40匹は楽に超えていたと思いますが、あまり掛かりすぎても処理に困るし、十分楽しめたので、これくらいで良しとしましょう。

さて、今日は鮎の一夜干しを作る予定でした。

帰宅してから20匹程の鮎を開き、長女に用意させた10%の食塩水に日本酒を少し入れて40分。

KIMG2860.jpg

ベランダに干して、友人・知人から依頼を受けていた分が完成。

KIMG2862.jpg

今後別のものに化けてくれるでしょう…(笑)

さて、4連休の後半戦も無事に終わりました。
前半は厳しかったですが、後半はなかなか良い釣りできたのではないかと思います。

来週末は延期になっていた鮎遊会の大会ですが、私は仕事と重なったため残念ながら参加する事ができません。

梅雨明け10日と言いますが、今年はそれ以上の期間酷暑日が続くようです。
川に入っていても熱中症になるらしいので、参加される方は、水分・塩分補給を怠らず、休み休み釣ってくださいね。

温泉街でも沢山掛かりますように。

4連休(前半戦)

ずっと保留にしていた振休を足して、海の日を含めて4連休。

豪雨の後でまだどこも回復していないようですが、大野川ならやれそうです。
週末は爆釣するかもとの情報を得て、とりあえず一泊するつもりで未明に出発しました。

小国-久住-竹田経由で向かったのは前回と同じポイントです。

7時半現地着。

18071401.jpg

先行者が2人いますが、広いポイントなので入り場所には困りません。

しかし、増水の引きはじめで一見良さげに見えますが、底石はまだ白っぽくダム放水の影響か濁りもあります。

流れの押しも強く、養殖囮ではなかなか入らないので、鉛を付けて引っ張ってみますが早々に根掛りして1匹ロスト。

対岸に渉ろうとして首までドボン…(~ ~;

残り1匹しかない囮を慎重に使い、ようやく1匹掛けたのは9時に近くなっていました。

しばらくして、川見をしてきたテルさんが合流。

一緒に昼過ぎまでやってみましたが、テルさんにはポツポツ掛かるものの、私はツ抜けもしない惨憺たる状況。
追いが悪いからか、針があっていないのか、せっかく掛かってもポロポロ…。

しかもタモはこんな状況。

18071405.jpg

気持ちも萎えて、早上がりして風呂にでも入りに行こうかなと思いましたが、テルさんが場所替えすると言うので、気分転換について行く事にしました。

18071407.jpg

ここは初めてやるポイント。

テルさんにポイントを聞いて、岸寄りの瀬肩をやったらビューン!

あらら、掛かるじゃない…。

大野川の鮎はアタリもキツく、目印すっ飛ばして良く引きます。

しかし、なかなか続けては掛からず、残業近くまでやりましたが20匹には到達しませんでした…。

でも、なんとか翌日用のオトリは確保できました。
弱った鮎は氷で絞め、宿にお願いして冷凍してもらいました。

今日は一人で泊りです。
近くのスーパーで買い出しして一人宴会。
風呂から上がって一杯やったら、早朝からの疲れでそのまま眠ってしまいました。

次に目が覚めると明け方近く。

今日は大野川の名人I先輩とご一緒する事になっています。

宿で氷をもらい、コンビニで朝飯を仕入れて前日と同じポイントに向かいました。

水位は10センチ程下がって、濁りも薄くなっています。

川見をしながらI先輩の到着を待ち、6時過ぎから開始。

目印のセッティングの仕方やポイントへのアプローチの仕方など、大野川の釣り方をいろいろ教えていただきました。

朝のうち、前日テルさんがやっていた岸寄りをやってポツポツ。

泳がせても追わないので、鉛や背針で引いていきました。

しかし、最初はそれなりに掛かっていたものの、11時を過ぎたころから全く追わなくなりました…。

I先輩は用事があるため昼までで終了。

私も一旦昼休憩。

18071402.jpg

河原で食べるインスタントラーメンや焼きそばって、なんであんなに美味いんでしょうね…(笑)

さて、午後から。

朝より更に5㎝程水位が下がって水も澄んでとってもいい感じ。
黒い石にはついさっき喰んだようなハミ跡も見えています。

しかし、鮎の追いは渋いまま。

瀬を引いてもダメ、トロを泳がせてもダメ。

対岸のお客さんもどんどん上がっていきます。

私は川を泳ぎまわり、右を向いたり左を向いたりしながらあちこちポイントを探りましたが、やっぱりポツポツしか掛かりませんでした。

結局、16時過ぎまで粘って31匹。

18071404.jpg

当初の予想よりも少ないですが、今日の状況で30匹を越えれば、私にしては上出来です。

翌日も休みなので連泊も考えたのですが、状況も厳しいし、妹から実家の隣家の訃報が入ったので一旦帰宅する事にしました。

帰りも、竹田-久住-小国-日田経由。

相当疲れていましたが、今日のうちにやらねばならない事があります。

それは、大野川の鮎で「うるか」を仕込むこと。

砂を抜くために、前日掛けた鮎で状態の良い物を10匹程別に分けておきました。

これの頭と鱗と鰭を落とし、内臓を分け、身を背越しのように切って、フードプロセッサーとすり鉢で細かくしていきます。

18071406.jpg

結局、11時近くまでかかりました…(~ ~;

釣りや長距離移動で相当疲れているのに、我ながらよくやるなと思います…(笑)

昨年までの反省点を踏まえ、今年はかなり薄塩にしてみました。
これから毎日かき混ぜて、1週間くらいすれば完成す。

冷奴に乗せたり、冷酒と合わせるのが楽しみです。

さて、今回の大野川。テルさんによると土曜隠れがはじまったのでは?との事。

どおりで厳しいはずですね…。
しばらくは釣れない日が続くのかな?

後半に続きます。

今回もまた雨模様

土曜日は国東の姉のところに兄弟で集まって、農休日(国東の方言では「のらよかい」)をすることになりました。

夜集合なので時間があります。

妹の旦那が鮎好きなので、釣りたてを食べさせてやりたい…。

しかし、梅雨の最中でどこの川も増水中。しかも天気は下り坂。

唯一釣りになりそうなのが大野川。
テルさんと最強トーナメンターI先輩が出動するとの事なので、ご一緒させていただくことにしました。

地元のI先輩がおられるのでオトリは心配いりません。

いつものように小国経由の下道で行くので、遊漁券は釣具センター竹田で購入しました。

朝地からバイパス経由で犬飼方面へ。

しかし、最初は曇り~小雨くらいだったのに、ポイントに着くころにはザーザー降りに。

I先輩は車で待機中。

あらら。今日は厳しいかも?

と思いましたが、片道3時間もかけて遊漁券を買いに来ただけでは話になりません。
早速カッパを着てテルさんのところにオトリを貰いに行きます。

水況は薄濁りの10㎝高くらい。

今年良いという左岸側の流れ込みを攻めてみると、一発でバキューン。

でも、顔掛かりだったようで寄せている間にポロッ…。

ああっ!

思わず声が出ます。

一匹しかもらってないオトリはヘロヘロ。空もゴロゴロ言い出しました。

雨は良いけど雷は危険。一旦川から上がって作戦会議です。

18063001.jpg

テルさんが有料サイトで確認したところ、雷は1時間くらい待てば大丈夫ではないかとの事。

しばらく待っていると少し小降りになったので、もう一度川へ。

念のため元気なオトリを1匹貰って右岸側からはじめました。

しかし、底が見えないので降りる場所を間違えていきなりドボン。
せっかくカッパをきているのに肩までずぶ濡れです。

しかも、釣りはじめたら早々に根掛して元気なオトリはロスト…(泣)

しょうがないので、黄色くなりかかった最初のオトリに鉛をつけて、瀬を引いてようやく一匹。

やはり雨の影響で追いが悪いようです。口の先に掛かっていました…(~ ~;

さて、下手な泳がせではどうにもならないので、ハリスを長めに出してめぼしいポイントを引いていきました。

昨年良かった瀬尻や瀞を動き回りながらポツポツ追加。

掛かれば20㎝~23㎝くらいの立派な海産。増水の影響もあって結構引きます。

雨は降ったり止んだりで少しずつ増水していきますが、粘りながら数を伸ばしました。

午後からは下流のポイントに場所移動。

ここも増水して追いも遠いので、背針や鉛やチラシなどを使ってポツポツ追加。

雨は時折激しくなり、まるで洗車機の中に入ったようです。

18063002.jpg

しばらく釣って雨は上がりましたが、水も25㎝くらい上がって濁りも入りはじめたので15時半終了。

釣果は32匹。
18063003.jpg

今日の状況としては御の字かな?

早上がりしたので温泉で冷えた体を温めて国東へ。

早目に着いたので、宴席に大野川の鮎を提供する事ができました。

さて翌日。

墓参りを済ませて帰途に着きましたが、当然鮎掛けをして帰ります。

九重から小国を抜けて杖立温泉街へ。

18070101.jpg

しかし、水況は良いのにだーれもいません。

あらら、掛かってないのかしら?

まあ、少しは鮎も見えるので何匹かは掛かるでしょう。

千鮎さんに分けていただいた元気なオトリを足元から泳がせると早々に一匹。

でもそこからが続きません。

結局、一時間やって3匹だけ。

温泉客の見守る中、派手にずっこけて沈するなど散々です…(泣)

仕方ないので場所移動。

以前良かったポイントに入ってみますが、早々に2匹掛かったもののそこから先が続きません。

しばらくしてテルさんから電話がありました。

午前中の用事を済ませ、昼からこちらに来るとの事なのでオトリを取っておかなければ。

大鮎用に仕掛けを太くしていたので、浮かないように鉛を打って引っ張りますがなかなか掛かってくれません。

そうこうしているうちにテルさん到着。

私が苦手にしている瀬の掃除をお願いし、新天地を求めて下流に向かいました。

移動したのは腰までくらいの水深で長瀞の中に石が点在するポイント。

鮎は見えませんが所々黒い石がありハミ跡も見えます。

下手な泳がせで足元から探っていくと、しばらくしてコココッ。

水温の影響で活性が悪いのか、随分ハリスを出しているのに見事な口掛りです。

そこでチラシを長めに出して、なんちゃって泳がせをやっていると忘れたころに掛かります。

でも、数日前まで大鮎が掛かっていたというポイントなのに、抜かれたのか下ったのか今日は一回り小型です。

16時までやってみましたが、身体が冷えて気持ちも萎えたので本日終了。

18070102

釣果は21匹。

晩酌用の鮎は釣れましたが、すっきりしない釣りでした。

まあ、梅雨の釣りはこんなものかな?

長距離移動や雨の中の釣りで随分疲れましたが、充実した2日間でした。

さてさて、週末は鮎遊会の大会です。
台風の行方が気になりますが、無事に開かれることを祈っています。

私は前夜祭から参加。また皆さんとワイワイ楽しくやりたいと思います。

早く太陽の下で追い星3つの鮎が釣りたいですね。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム