FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年07月
ARCHIVE ≫ 2018年07月
      

≪ 前月 |  2018年07月  | 翌月 ≫

4連休(後半戦)

実家の隣家の訃報を受けて、連休3日目は国東に帰省しました。

通夜に出て姉のところに泊めてもらい、翌日はまた大野川にしようかと思っていましたが、状況もあまり好転していないようですし、会のAさんから大山川の状況が良いと聞いていたので、タモの修理をして日田に向かう事にしました。

今日はanaさんとanaさんの友人Iさんが一緒です。

前日が好釣果だったこともあり、人が多い可能性があるので、私が先に行って現場で待ち合わせすることにしました。

増水で洗われた大山川はゴミや古苔も綺麗に洗い流され、これまで見た事がないくらい綺麗になっています。

KIMG2859.jpg

朝イチは緩めのところを釣っていましたが、なかなか追わないので、背針で流芯を引いたら一発でガツン!

KIMG2858.jpg

海産放流と思われる22cmくらいの良い鮎です。

程なくしてanaさん達も到着。

長い淵や瀬の連続する大山川らしいポイントを3人分かれて釣っていきました。

今回の雨で鮎も良い感じで分散しているようで、少しずつ移動を繰り返しながら、時速5匹くらいのペースで掛けていきました。

しばらくするとAさんから電話。
これから来ると言うので、オトリを用意して入川点付近まで下って待ちました。

anaさん達も少しずつ掛かっているようです。

程なくしてAさんとパトロール中の聖ちゃんが到着。

Aさんにオトリを渡したら、私は泳いで川を切り、Aさんの対岸から釣り下って行きました。

対岸の道からは聖ちゃんが監督。

遠いので何を叫んでいるのか聞こえませんが、竿を寝かせて流芯を狙うように言っているのかな?

そこで、I先輩に教えてもらったように、目印を2段階にし、目いっぱい竿を寝かせてオトリを縦に揺すったら一発でビューン。

そう言えばキラッチさんもこんな感じの目印のセッティングで引いていたような?
もしかして大野川スタイルなのかもしれませんが、私にとっては新しい釣り方。引き出しが増えた気がします。

さて、今日は新調したパワスペⅣ・急瀬の初下し。

大阪の釣具店の春の大売り出しの際に、廃盤で安くなっていたものを、tsunosanが押さえてくれたものです。

買うかどうかの連絡をらった時には、90-95のズーム竿と聞いて、重量も増すしそんなに長くなくても良いと思って一旦断ったのですが、ズームのほうが取り込みが楽だし、手元に重心が来るので持ち重りしないから絶対買った方が良いと諭されて購入しました。

で、どうかな~?
と思っていたのですが、結論から言うと、購入して正解!

元々強い竿なので、25㎝が掛かっても問題なく抜けますし、バランスが良いので持ち重りもしません。
これまで使っていた急瀬竿でも尺は取れているのですが、競技系のためにパワーがなく、九州には向かなかったという事が改めてわかりました。多分、今日くらいのサイズ(22~25㎝)だったら取り込みに時間が掛かってオトリも弱り、釣果が3割減くらいになっていただろうと思います。竿で釣果に差が出るという事を実感した日になりました。

と、竿は良かったのですが仕掛けが細すぎました。

水中糸を複合の01にしていたのは正解でしたが、付け糸05、中ハリス1号、ハリス1.5号では強度不足。

特に今日は大石底の瀬の釣りだったので、ハリスや中ハリスが飛ばされたり、付け糸からダブられたりのトラブルが頻発し、何匹も放流してしまいました…(泣)

7月後半の日田の鮎を舐めてはいけませんね…(>_<)

そんなこんなで、トラブルと闘いながらも、鮎の反応は良かったので少しずつ数を伸ばしていきました。

さて、14時を回り、寅爺様登場。

私が刺さっていると聞いて、野菜を沢山持ってきてくれました。
どうもありがとうございました…m(_ _)m

同じころ、anaさん達は予定があるため早上がり。

ちょうど追いが悪くなった時間帯だったので、私も上がることにしました。

今日も30匹くらいかなと思っていましたが、もう少し掛かっていて38匹。

1531992892481.jpg

仕掛けをしっかりしていれば40匹は楽に超えていたと思いますが、あまり掛かりすぎても処理に困るし、十分楽しめたので、これくらいで良しとしましょう。

さて、今日は鮎の一夜干しを作る予定でした。

帰宅してから20匹程の鮎を開き、長女に用意させた10%の食塩水に日本酒を少し入れて40分。

KIMG2860.jpg

ベランダに干して、友人・知人から依頼を受けていた分が完成。

KIMG2862.jpg

今後別のものに化けてくれるでしょう…(笑)

さて、4連休の後半戦も無事に終わりました。
前半は厳しかったですが、後半はなかなか良い釣りできたのではないかと思います。

来週末は延期になっていた鮎遊会の大会ですが、私は仕事と重なったため残念ながら参加する事ができません。

梅雨明け10日と言いますが、今年はそれ以上の期間酷暑日が続くようです。
川に入っていても熱中症になるらしいので、参加される方は、水分・塩分補給を怠らず、休み休み釣ってくださいね。

温泉街でも沢山掛かりますように。
スポンサーサイト



プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム