FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年05月
ARCHIVE ≫ 2019年05月
      

≪ 前月 |  2019年05月  | 翌月 ≫

一雨欲しいところ

今期2回目の鮎掛けは、テルさんと天ケ瀬泊まり。

今日はダイワのマスターズ予選が三隈川で行われるので午前中が狙い目?

早朝に出立し、7時過ぎに温泉街に着きました。

他が釣れていないという事もあって、温泉街は満員御礼。

しばらく仲間と談笑し、空いている場所を見つけて入りました。

しかし…。

渇水と田植え+α?の濁りも手伝って、鮎はいるものの激渋です。

解禁から連日人が入っているので鮎も神経質になっているのでしょう。
まともな水が出ておらず、鮎も散っていないので場所ムラもありそうです。

結局、午前中釣ってようやくツ抜けした程度。

状況が芳しくないので、テルさんと相談し、昼休憩を挟んで温泉街より下流のポイントを見てみることにしました。

しかし、3~4か所回ってみたもののどこもあまり芳しくなさそう。

とちあえず竿を出してみたポイントも不発。

仕方ないので温泉街に戻り、放水口付近に入れてもらって夕方まで釣りましたが、簡単に状況が好転するはずもなく、夕方の時合でポロポロっと掛かったもののなんとも厳しい釣りでした。

渇水、濁り、ハイプレッシャーの上に群れ鮎とあっては、普通に引いてもかかりません。
待って待って、囮を野鮎に寄せつけて、の寅屋流泳がせが必要ですね!

まあ、この泥濁りの中、鮎がいて鮎掛けが成立するのが不思議なくらいです。

19052501.jpg

宿の前にオトリ缶を浸け、温泉に入って、マスターズ後に合流したI先輩と3人で楽しく宴を催しました。

明けて2日目。

3人とも前日から追い星がたっていなかったので、朝はゆっくり起きました。

今日はどこかのクラブの大会が開催されているらしく、宿の前には既に多くの竿が立っています。

しかし、見ていてもなかなか掛かりません。

私もあまりやる気になれなかったので、水の綺麗な支流の状況を見に行くことにしました。

今日は急ぐ必要もないので、田植えの様子や散歩しているアナグマの観察をしながらゆっくり山道で支流へ。

しかし、こちらも満員御礼。

上から下まで見て回り、ようやく入れそうなポイントを見つけましたが、かなり減水していて厳しそう。

もうやめて帰ろうかとも思いましたが、とりあえずタイツの汚れでも落とすつもりで入ってみることにしました。

さて、オトリ缶を空けてみると、3匹も昇天しています。
昨日弱らせたからか、濁り水や温泉の影響か、他のも随分弱くなっています…(泣)

まあ、しょうがない。

と、とりあえずやってみますが、そこから1時間でようやく一匹。気分も萎えたので本日終了。

河原で桑の実を摘んで、温泉に入り、娘のお誕生会用に唐揚げを買って帰りました。

19052502.jpg

桑の実は三女も気に入ったようで、手と唇を紫に染めながら美味そうに食べていました。
ネットで調べるとビタミンやミネラル、アントシアニン等が豊富で体にも良いらしいです。

さて、宴会は楽しかったですが、釣りとしては厳しかったですね。

19052503.jpg

待っている人がいるのにお土産が少なすぎます。

まあ、一雨降って増水し、田植えの濁りもなくなれば、温泉街でもまた掛かるようになるでしょう。

さてさて、週末には九州のほとんどの河川が解禁します。

どこも遡上の状況が良くないとの事ですが、こればっかりは蓋を開けてみないとわかりませんので、入れ掛りを期待しながら、しっかり準備を進めましょう。

早く追い星3つの黄色い鮎が目印を吹き飛ばしてくれなかな~。
スポンサーサイト



令和元年鮎漁解禁

いよいよこの日がやってきました。
私は天ヶ瀬旅館に宿泊し、前夜祭から参加です。

しかし、梅雨の走りか天気はピンスポットで雨の予報…(泣)

前夜祭もいつもの公園から天ケ瀬旅館大広間に変更になりました。

大阪のtsunosanからわざわざ送っていただいた焼酎や、皆さんからの差し入れが美味しくて、会の皆さんとの宴会が楽しく調子に乗って飲みすぎました。

ご準備いただいた皆様、いつも本当にありがとうございます…m(_ _)m

さて、終わりが何時だったのかわかりませんが、結局、最後の最後まで飲んでしまって撃沈。
翌朝は旅館の前で釣っている方達の話声で目覚めました。

時刻は既に8時半を回っています。
しばらく起き上がれずウダウダしていましたが、意を決して起き上がりました。

本当は花月川か赤石川にでもと思っていましたが、このまま車を運転したら間違いなく飲酒運転になります。移動はあきらめ、温泉街で解禁する事にしました。

ちょっと飲み方が悪かったですね。猛省しています…(+_+;

さて、温泉街は釣り人で埋まっていますが、半分くらいは仲間です。空いている場所に入れてもらいました。

9時過ぎ開始。天気はどんより曇り空。
ひんやりした空気は二日酔いにはあり難い…(笑)

川は放水口からの濁りが酷く、右岸と左岸で川の色が違います…。

頭が痛くていろいろ考えるのが面倒だったので、とりあえず用意していたフロロ025の仕掛けに7号の4本イカリで足元から泳がせたら、程なくして掛かりました。

19052001.jpg

しかし、追いが悪いのか口掛り…。
そこで、針を6.5号に変更し、指4本分出したらようやく背中に乗るようになりました。

でも、順調に釣れ出したかと思ったらパタリ。
こういう時はじっくり泳がせか、足で稼ぐしかありません。

仲間とあれこれ話しながら、空いている場所を見つけては数匹ずつ拾い釣りしていきました。

昼を回って一旦休憩。

昼から良くなるかと思ったら、14時を回ったあたりからだんだん雲行きが怪しくなり、15時には土砂降りになりました。

川は濁って増水し、どうにもならなくなったので本日終了。

19052002.jpg

釣果は27匹。12㎝~13㎝のイリコサイズから20㎝まで、アベレージは17~18㎝といったところ。

ゆっくり下道で帰って、三女と一緒に令和初の鮎料理を楽しみました。

19052003.jpg

定番の塩焼きにちび鮎の唐揚げ。
久しぶりに食べると美味いですね~。

さてさて、令和元年の鮎シーズンが開幕しました。

当初は雨で釣りできないかもという状況の中、まずまずの解禁になったのではと思います。

これから田植えの濁りが解消し、水温が上がってくれば鮎も散って温泉街一面で掛かるようになるでしょう。

体調を万全に、今年も鮎シーズンを楽しみたいと思います。

取り急ぎ、皆様解禁おめでとうございます!

2019(令和元)年、渓流釣り納め?

連休明けの最初の週末。

重たい体を引きずって、なんとか乗り切ることができました。

九州北部には相変わらずまともな雨が降っていません。

この分だと渓は渇水しているでしょうが、最盛期ですし、もうすぐ鮎もはじまるので、渓流の釣り納めと思って今日もまた日田漁協管内の渓に出かけました。

鮎のポイントの下見をしながら10時前に現地着。

渇水で厳しいからか、朝イチで入ったからか、目当てのポイントには誰もいません。

あまりメジャーでないこの渓には、小さいものの天然のエノハが棲んでいます。

19051100.jpg

渇水で細くなってはいますが、少し厚みのある流れを叩いていくと、ポンポンエノハが飛び出します。

19051101.jpg

持って帰れるサイズがなかなか出ませんが、ショートロッドに大きめの毛鉤で軽快に渓を釣り上がっていきました。

しばらく釣って昼になったので途中の水くみ場で昼食休憩。

19051102.jpg

山葵を見つけましたが、野生かどうか判断に迷ったので、李下に冠を正さずで写真だけ撮りました。

19051103.jpg

昼食後は林道を辿って別の渓へ。

気温も上がって夏日になりました。

木陰に車を停めてしばし休憩…のはずが、あんまり気持ちが良いのでガッツリ眠ってしまいました。

目が覚めると既に14時。

どこから入ろうかと見て回りましたが、先日まで工事をしていた場所が空いていたのでそこから遡行。

工事でしばらく人が入っていないだろうと踏んだのですが、考えることは皆同じ。
今朝方入ったであろう足跡があります…(笑)

まあ、良い時間だし、渇水の渓は毛鉤向きなので、遠くから叩けば何匹かは釣れるでしょう。

渓にはこの時期定番のオドリバエが旋回し、#12サイズのストーンフライやカディスも出て、散発ですがライズも見られます。

低く飛ぶヤマセミや、エノハの速さで水中を泳ぎ回る川ネズミなど、渓は生命感に満ち溢れています。

なかなか渋い出方をしますが、丁寧に叩けばそれなりに反応があります。

19051104.jpg

どのエノハも虫を飽食してでっぷりと太っています。

脱渓点までのしばしの間、ドライフライの釣りを楽しみました。

車に戻る道すがら、叢にはあちこちにのアザミの花が咲いています。

19051105.jpg

山吹、山藤、キンポウゲ、アザミにシャガにクサイチゴ。

赤、白、黄色、紫。いずれも毛鉤釣りの最盛期に見られる初夏の色。

からりとした皐月の薫風に吹かれ、満足して渓を後にしました。

帰りはいつもの店で鳥刺しを購入。
この頃は駐車場に入ったタイミングで準備されているようです…(笑)

今日は食べ頃サイズがそこそこ釣れました。

19051106.jpg

渇水の渓にしては上出来かな?

さてさて、今シーズンの渓流釣りも前半は?これで最後。

来週はいよいよ前夜祭。
また今年も鮎シーズンがはじまりますね。

20日の解禁日にはなんとか休みがとれそうなので、体調を万全に臨みたいと思います。

天候に恵まれ、良いスタートが切れますように!

ゴールデンウィーク

19042900.jpg

平成から令和へ、世の中は10連休のお祝いムード。

皆さん、どのように過ごされたでしょうか?

私は、観光地はどこに行っても人が多いのと、前回の釣行で結構腰にきていたので、不要な外出は控えていました。

それでも、4月29日は1日だけテルさんと予定が合ったので、雨の中秘密基地に遊びに行って囲炉裏でエノハや岩魚やブラウンを炙って酔っぱらい、

19042901.jpg

タケノコを掘らせてもらって茹でて帰り、今年も春の恵みを堪能させていただきました。

19042902.jpg

テルさん、今回もお世話になりました。

それ以外は、三女と海に遊びに行ったり、家族で夜の水族館に行ったり、鮎の準備をしたりしながら近場でまったり過ごしました。

19050301.jpg

釣りに行ったのは、5月4日の1日だけ。
blackarrowさんを日田漁協管内の渓に案内しました。

19050401.jpg

例年の事ですが、GW中の近場の渓は釣り人も少なくガラ空き状態。
渇水で厳しくはありましたが、なんやかやと話しながら渓を2本ハシゴ。

19050402.jpg

気温も上がり、緑も濃くなり、そろそろ初夏にかかろうかという時期。

エノハはこの時期が一番美しく、また美味しいと思います。

19050403.jpg

大型は出ませんでしたが楽しく釣ることができました。

そんな感じで、期間が長いだけでなんという事もない普段どおりの休日でしたが、休みに入るまでの仕事が忙しかったので良い気分転換になりました。

GW中に時代は平成から令和へ。

今のところ、私の周囲に特段の変化は有りませんが、令和の世も水辺で遊ぶ余裕のある平和な世の中であってほしいと、釣り師として切に願います。

新しい時代も皆さん良い釣りできますように…。
プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム