FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年05月
ARCHIVE ≫ 2019年05月
      

≪ 前月 |  2019年05月  | 翌月 ≫

一雨欲しいところ

今期2回目の鮎掛けは、テルさんと天ケ瀬泊まり。

今日はダイワのマスターズ予選が三隈川で行われるので午前中が狙い目?

早朝に出立し、7時過ぎに温泉街に着きました。

他が釣れていないという事もあって、温泉街は満員御礼。

しばらく仲間と談笑し、空いている場所を見つけて入りました。

しかし…。

渇水と田植え+α?の濁りも手伝って、鮎はいるものの激渋です。

解禁から連日人が入っているので鮎も神経質になっているのでしょう。
まともな水が出ておらず、鮎も散っていないので場所ムラもありそうです。

結局、午前中釣ってようやくツ抜けした程度。

状況が芳しくないので、テルさんと相談し、昼休憩を挟んで温泉街より下流のポイントを見てみることにしました。

しかし、3~4か所回ってみたもののどこもあまり芳しくなさそう。

とちあえず竿を出してみたポイントも不発。

仕方ないので温泉街に戻り、放水口付近に入れてもらって夕方まで釣りましたが、簡単に状況が好転するはずもなく、夕方の時合でポロポロっと掛かったもののなんとも厳しい釣りでした。

渇水、濁り、ハイプレッシャーの上に群れ鮎とあっては、普通に引いてもかかりません。
待って待って、囮を野鮎に寄せつけて、の寅屋流泳がせが必要ですね!

まあ、この泥濁りの中、鮎がいて鮎掛けが成立するのが不思議なくらいです。

19052501.jpg

宿の前にオトリ缶を浸け、温泉に入って、マスターズ後に合流したI先輩と3人で楽しく宴を催しました。

明けて2日目。

3人とも前日から追い星がたっていなかったので、朝はゆっくり起きました。

今日はどこかのクラブの大会が開催されているらしく、宿の前には既に多くの竿が立っています。

しかし、見ていてもなかなか掛かりません。

私もあまりやる気になれなかったので、水の綺麗な支流の状況を見に行くことにしました。

今日は急ぐ必要もないので、田植えの様子や散歩しているアナグマの観察をしながらゆっくり山道で支流へ。

しかし、こちらも満員御礼。

上から下まで見て回り、ようやく入れそうなポイントを見つけましたが、かなり減水していて厳しそう。

もうやめて帰ろうかとも思いましたが、とりあえずタイツの汚れでも落とすつもりで入ってみることにしました。

さて、オトリ缶を空けてみると、3匹も昇天しています。
昨日弱らせたからか、濁り水や温泉の影響か、他のも随分弱くなっています…(泣)

まあ、しょうがない。

と、とりあえずやってみますが、そこから1時間でようやく一匹。気分も萎えたので本日終了。

河原で桑の実を摘んで、温泉に入り、娘のお誕生会用に唐揚げを買って帰りました。

19052502.jpg

桑の実は三女も気に入ったようで、手と唇を紫に染めながら美味そうに食べていました。
ネットで調べるとビタミンやミネラル、アントシアニン等が豊富で体にも良いらしいです。

さて、宴会は楽しかったですが、釣りとしては厳しかったですね。

19052503.jpg

待っている人がいるのにお土産が少なすぎます。

まあ、一雨降って増水し、田植えの濁りもなくなれば、温泉街でもまた掛かるようになるでしょう。

さてさて、週末には九州のほとんどの河川が解禁します。

どこも遡上の状況が良くないとの事ですが、こればっかりは蓋を開けてみないとわかりませんので、入れ掛りを期待しながら、しっかり準備を進めましょう。

早く追い星3つの黄色い鮎が目印を吹き飛ばしてくれなかな~。
スポンサーサイト



プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム