FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年08月
ARCHIVE ≫ 2019年08月
      

≪ 前月 |  2019年08月  | 翌月 ≫

土用隠れ

梅雨が明け、土用干ししていた梅が完成しました。

19080401.jpg

今年は生前いつも梅を気にしていた祖母に加えて、父、母の法要が重なり、土曜日は国東に帰省していました。

実家は人に貸しているので、今回は檀那寺の本堂を借りての法事です。
きょうだいで集まり、久しぶりに昔馴染みの料理屋でお斎をしました。

で、その日は姉のところにお世話になり、翌日は年券が不良債権化している大野川へ向かいました。

解禁から不漁が続いていた大野川でしたが、ここに来て本流で掛かりだしたとの事。
そろそろに大野川温泉になる時期なので、朝一で釣れるように未明に国東を出発しました。

朝焼けの高速を南下し、6時前にイヴ着。

最下流部で鮎の跳ねがあると聞いていたので、オトリを買ったらすぐ傍の本流へ。

19080402.jpg

誰もやっていないなら今日は爆釣かも?

なんて、期待とは裏腹に、待てど暮らせどアタリはなく、ようやく掛かったと思ったら大野川名物のドンコ…。

しょうがないので場所移動しました。

途中の本流には、所々に人が入っています。

私もどこか適当にと思いましたが、オトリを買うときに上流の千歳村でも普通に掛かってますよ…。

と言われたので、解禁に入ったエリアに行ってみることにしました。

しかし…。

ここもハミ跡が少なく反応薄。どうも魚っ気がありません。

そこでもう一度場所移動。少し下流の友釣り専用区間に入ってみました。

日は高くなり気温も上昇。熱中症対策で腰まで立ちこんで釣りました。
あちこち竿を出してみるものの全くダメ。

坊主を覚悟しはじめた頃、なんとか1匹。

でも、根掛かりで一匹ロス…(泣)

そこで、ヘロヘロ養殖に鉛を打って引っ張ってもう一匹。

例年8月には遅れて遡上した小さめの天然鮎が掛かりはじめるはずですが、いずれも放流物でした。

同区間に3人いた釣り人もどんどん上がっていきます。

私も諦めて掛かった鮎を放して上がることにしました。

さて、着替えを済ませ、カップ麺を食べながら最後に一緒になった地元の釣り人と情報交換。
長い事大野川で釣りをしているものの、こんなに厳しいのは経験がないとの事。

土用隠れかもしれないけれど、次の増水で好転するかどうかはわからんね。
こんな遠くまで来なくても日田に行けばよかったのに。

と言われる始末。

う~ん。

交通費等とも見合わないし、私の腕では手に負えないので、今年の大野川の友釣りは諦めようかな…。

早目に切り上げて時間があったので、帰りは竹田・久住経由で湧水を汲んだりトウキビを買ったりしながらゆっくり帰ってきました。

19080403.jpg

さて、途中、別の水系で川見をしていると、今から川に入ろうとしている鮎遊会の仲間、Aさんがいます。

実は先週の大会の際に、そろそろ良くなってきているから来てみたら?と言われていたのでした。

しばらくAさんと話していると、千鮎さんが登場。

用事が終わってこれから川に入るというので、私もオトリを分けてもらって入ることにしました。

時刻は既に16時。

教えてもらった瀬肩にオトリを止めると、いきなりビューン!

24㎝くらいの仕上がった良型鮎です。

おおっ。掛かるじゃん!

そこから約2時間、30mくらいの間を行ったり来たりしながらようやくツ抜けできました。

19080404.jpg

荒瀬の中では上げきれずに身切れしたのもいたので、良型がいるのだと思います。

はじめからこっちに来ておけばよかったかな…(笑)

千鮎さん、Aさん今回もありがとうございました。
おかげで手ぶらで帰らずにすみました…m(_ _)m

この水系も解禁当初は良くなかったようですが、先日の出水でようやく掛かりだしたとの事。
球磨川もあまり良くないと言うし、やっぱり今年はどこの河川も裏年のようですね…。

さて、もう一回来たいところですが、残念ながら台風の増水でまたしばらくは釣りにならないかもしれません。

また、状況を見ながら、どこに行くか考えようと思います。

それにしても台風の行方が心配ですね。

大事にならないように祈っています。
スポンサーサイト



プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム