FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年08月
ARCHIVE ≫ 2019年08月
      

≪ 前月 |  2019年08月  | 翌月 ≫

引き水の天ケ瀬へ

今日は休日出勤の振替休日。

秋雨前線の影響で、前日にまとまった雨(30~50mm)が降りました。

鮎掛けは難しいかと思っていたのですが、寅爺様に電話すると水量は多いものの濁りはないとの事。

前回行った星野川もやれそうな雰囲気でしたが、水も綺麗になっているとの事だったので天ケ瀬に向かいました。

8時前、いつもの東屋に着くと常連さん達が朝のミーティング中…(笑)

北さんに良く煮込んだカレーをご馳走になり、寅爺様が現れるのを待ちます。

しばらくして寅爺様と聖ちゃんが登場。
なんだかんだと話しているうちに、みんな9時近くになってしまいました。

今日は温泉街よりも下流のポイントをやるつもりでしたが、放水口前の水色が良いので午前中は試しにそこをやってみる事にします。

ジャンボオトリを2匹分けてもらい、鶴舞の湯の上流からスタート。

19082101.jpg

水が高いので複合01を張りました。

水は解禁以降一番澄んでおり、ヘチには所々ハミ跡が見えます。
足元からツツッと泳がせて良さそうな流れに入ったらココッ。

アタリは小さいのですが、掛かったら結構引く。
最初は23cmくらいのピンシャンの鮎でした。

これを放したら、複合で抵抗が少ないので泳ぐ泳ぐ…(笑)

簡単に流芯を越えて対岸まで一気に泳ぎ、止まったところでビューン!
次の鮎は25cmくらいあります。

おおっ!今日は掛かるんじゃな~い♪

って、そうそう上手くいくはずもなく、そこからは沈黙。

私の上流には熊本の方、下流には遠く岐阜から来られたという2人連れ。

皆さんあまり竿が曲がらないようです。

高水なのでもしかしたらヘチに寄っているのではないかと思い、岩に上がって岸寄りの流れを泳がせたら、20cmくらいの若鮎がビューン。

最後に放流した分でしょうね。
そこから同じような浅いところを泳がせて三連荘。

日も高くなり、水温も上がってきたのでそろそろ良いかなと思って流芯をやってみました。

緩い流れから底付近を横スライドさせたらガガガッ。
嫌な感じのアタリだなと思ったら、岩に当たっていたみたいでツケ糸からプツン…(泣)

結局午前中は6匹で終了でした。

その後、13時くらいまで粘りましたが、状況は好転しそうになかったので当初入ろうと思っていた下流のポイントに移動する事にしました。

向かった先は放流地点ではないポイント。

大水の後は鮎が溜まって大釣りすることもあるのでもしやと思っての調査です。

行ってみると、100mくらい下に1人入っています。しばらく見ていましたが掛かっていない様子。

あらら、まだ下ってきてないのかな?

と思いましたが何となく磨かれているように見える石もあるのでとりあえずやってみます。

絞り込みからの開きにオトリを馴染ませ、下流の釣り人を観察していると、知らぬ間に目印が対岸まで走っています。

ほらね、やっぱり…(笑)

19082102.jpg

少し細身ではありますが結構長さがあります。

でも後が続きません。
一通り泳がせてもう1匹追加。

いれば素直に掛かるようですが、絶対数が少ないのでしょうね。

結局このポイントで2匹追加して終了。

そろそろやめようかなと思いましたが、時刻はまだ15時過ぎ。

帰りにもう一つポイントを見てみようと思い、さらに下流に車を走らせます。

ここも結構人気のポイントですが、平日ということもあって今日は貸し切り。

橋から覗くと、水色も良いしなんだか掛かりそう。

早速オトリ缶を浸けてはじめます。

ここはトロ場の泳がせで釣果の伸びるポイント。

大型を想定して仕掛けはフロロの06。
今日は増水で早瀬になっていますが、オトリも大きいので大丈夫でしょう。

足元から泳がせて周囲を見回していると、また知らない間に目印が上流に走っています…(笑)

アタリはコツンと小さいけれど、いるところに入れれば一発!

7月のような入れ掛かりはありませんが、あちこち泳がせながらポツポツ追加。

7月に泳がせで掛かっていた浅いポイントは網が入っているのか全くダメでした。

しばらく釣って時刻は17時。

夕方の入れ掛りがあるかと思っていたのですが不発だったので本日終了。

天ケ瀬は山間なので、もう山の稜線に日が入ろうとしています。

連日の酷暑が続いていますが、季節は着実に秋に向かっているんですね…。

数はそんなに出ませんでしたが、27cmを筆頭にそこそこ掛かりました。

19082103.jpg

型が良くなってきたので結構ボリュームがあります。

冷凍庫を見るとあちこちに釣り溜めた鮎が…。

こんな日に限っていつもの嫁ぎ先はお出かけ中。

家人から冷凍食品やアイスが入らないと苦情が出るので、冷凍庫は明日にでも整理するとして、今日のところは半分一夜干しにしておきましょう。

19082104.jpg

さてさて、鮎が大きくなって一発大物狙いの我慢の釣りに入ってきました。

前回、今回と、鮎が掛かって暴れている間にオトリが鼻カンから外れるトラブルがありました。

ワンタッチ鼻カンの形状の問題もあるでしょうし、昨年までは背針を頻繁に使っていたのが、今年は基本的にノーマル仕掛けを使用しているのでその影響もあるのでしょう。

やっぱりフック鼻カンにしたほうが良いのかもしれませんね。少し研究してみたいと思います。

次はどこに行こうかな~。
スポンサーサイト



プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム