FC2ブログ

水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年09月
ARCHIVE ≫ 2019年09月
      

≪ 前月 |  2019年09月  | 翌月 ≫

大鮎釣りの季節

秋雨前線の影響で、8月27日から長崎、佐賀、福岡、の広い範囲で線状降水帯による集中豪雨が発生し、「令和元年8月九州北部豪雨」となりました。

被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

この雨の影響もあって、大鮎シーズンなのにしばらく鮎掛けに行けませんでしたが、ようやく水が落ち着いてきたので温泉街に向かいました。

7時過ぎに東屋に着くと、寅爺様をはじめとして常連さんが勢ぞろい。

まだ15cm程高いものの水は澄んでいます。

寅爺様が放水口の下の右岸には大物がいるというので、とりあえずパワスペの急瀬を持って入りました。

19090601.jpg

増水しているので複合01に10号のヤナギで足元から泳がせていくと、手前の流れの筋に入ったあたりでコツッ…。

ん、追われたかな?と思って聞いてみるといきなりビューン!

今日は流れが太いので下れないところがあります。

少し竿を絞って慎重に寄せていたらもう少しのところでポロッ…。

あぁぁ…。

チラシ用の針なので掛かればバレないはずですが、増水の影響で身切れしたのかな?

仕掛けを点検し、気を取り直して同じような流れに入れたらまたすぐにコツン。

でも、こいつも途中でポロッ…。

なんで?

これでオトリが弱ったので、今度は鉛をつけて引いてみます。

ガンガンの流れの底に手前からスライドさせたらすぐにココッ!

今度はチラシ針がバッチリ背中に乗っています。

なかなか弱りませんでしたが、慎重に寄せてザバッ。

う~ん。長さは結構ありますが、尺にはもう一回り足りません…。

午前中は右岸で頑張ってみましたが、強風と増水に翻弄されて掛かってはバラシの連続。
今年一番バラシたのではないかと思います…(泣)

寅爺様によると、仕掛けの伸びがないのと、深場で掛かっているのに合わせないからバレるのだとの事。

仕掛けと釣り方を再考ですね…。

今日は金曜日。土・日が東京出張なので無理して仕事をやっつけて出てきたのでその疲れもあったようです。
集中力が落ちると危ないので、とりあえず昼で上がって一旦休憩。

そろそろ大鮎が落ちてきていないかなと思って、午後からは下流に車を走らせます。

しかし、下流のポイントでも良型の雌鮎を掛けたものの根掛かりでロスト。
良型が掛かったと思ったら、中ハリスが痛んでいたようで途中でプツッ…。

全部穫れてたら20匹近くはいってたはずですが、どうも調子が出ません。

最後の勝負をかけて向かったのは大山川との合流点。

例年なら大鮎が付く時期ですが、人もいなければ跳ねもなく、濁りもあってちょっと望み薄な感じです。

でもせっかく来たのでとりあえず竿出し。

水量が多いので、4号の鉛をつけて深瀬の底を探っていくと、しばらくしてビビビッ。

変な引き方だったので、イダやカマツカかな?と思っていたら、20㎝ちょっとの小ぶりなクロスケ。

強風の中、ベタ竿にして雌鮎を引いていくと、摺っているような雄鮎が掛かります。

それにしても小さいなと思っていると、ようやく27cmくらいの雄が掛かりました。

でもこれは泳がせているうちに根掛かってロスト…(泣)

どうも今日は調子が出ません。

集中力も切れたので上がることにしました。

今日の最大は、天ケ瀬で掛かった28cm。

19090602.jpg

Ozekiさんに頂いた計測器を使ってみました。こうすると鮎の姿が良く観察できますね。

背鰭が長いので天降川の海産系?まだ錆びもなく綺麗です。

Ozekiさん、どうもありがとうございました…m(_ _)m

で、こちらがクロスケ。

19090603.jpg

後で寅爺様から聞いたところによると、増水でダムから落ちてきたものや赤石川に入れたダム湖産ではないかとの事。

なるほど。こうしてみると湖産系に見えますね。それなら早く産卵行動に入っていても頷けます。

さてさて、今日はパッとしない釣りでした。

まあ、久しぶりに鮎掛けに行けたので今日のところは良しとしましょう。

大鮎釣りはまだまだこれからが本番。

寅爺様によると、春先の渇水で最初に放流した鮎の歩留まりが悪かったので、今年は尺鮎になれる個体は少ないのではないかとの事ですが、例年より小さいながらも掛かっているのでチャンスはあるはず。

仕掛けや釣り方、ポイントを熟考し、9月末までに何とか尺を獲りたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム