水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 美味い鮎を求めて

美味い鮎を求めて

土曜日は夜まで仕事、そのあとは飲み会でしたが、天気予報では久しぶりに晴れ。
川の防災情報でも水位は微増。

当初はキラッチさんを訪ねて大野川遠征を考えていましたが、まだ完全に濁り
が取れておらず本調子ではないとの事なので、ゆっくり起きて近場の渓に向か
うことにしました。

ここは昨年も行ったダムのバックウォーター。
エノハがいるほど水質も良く美味い鮎が釣れます。

しかし、囮屋のおばちゃんの話では、本流域がダメなので解禁からずっと人が
入っていて、この頃は型が小さくなって数も出なくなったとの事。

ここは100%放流の渓。しかも網が打ち放題。
昨年行ったのが父の日なので、二週間遅れの今日はもう…?

まあ、とりあえず行ってみましょう。

9時過ぎに着いてみると、昨年入ったポイントは既に人が入っています。
仕方ないので更に上流に行くと、昨年来たときに目を付けていたポイントが
空いていました。

15062801.jpg

昨年は石が黒光りしていましたが、今年はハミ跡も半分くらい?
水は+10cm程。厳しい釣りになりそうですが、まあやってみましょう。

9時半釣り開始。
あまり期待はしていませんでしたが、よさそうな流れに囮を入れると一発
でビュ~ン。

15062802.jpg

一瞬、今日は良いかな?と思いましたが、やっぱり後が続きません…。

昼まで釣ってようやく8匹。

しかも、ただでさえ狭い渓なのにすぐ近くに人が入ってきて、おまけに下流では網打ち…。
このまま釣っても数が伸びないと判断し、昼からはポイントを探して車を走らせました。

日曜ということもあって、めぼしいポイントはだいたい人が入っていますが、
午前中人が入っていた瀞場が空いたので、とりあえずそこで粘ることにしました。

午後からは日が照り込んで温かくなりましたが、渓風が出て釣り辛い状況に。
それでも、下手な泳がせをやっているとポツポツですが掛ります。

結果、16時まで粘って24匹。型は15~21cm。
まあ、私の腕と今日の状況では御の字です。

今日は定番の塩焼きと、小さいのは背ごしにして食べました。
もちろん、渓流の鮎ということもあって味は抜群!
久しぶりにワタまで美味しい塩焼きでした。

さて、毎日網が入っているし、多分追加放流はないので、ここの状況はどんどん
悪くなるでしょう。この渓はまた来年のお楽しみですね。

この水系もそろそろ本流が釣れはじめているみたいです。

次は本流で良型狙いに変更したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム