水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 本日は懇親鮎釣り大会

本日は懇親鮎釣り大会

今日は毎年楽しみにしているまつお釣具さんの鮎釣り大会。

朝5時から受付開始。

15071901.jpg

混雑するのが嫌なので、私は早々に受付を済ませてホームグラウンドの
温泉街へ。

いつもの駐車場に着くと、前日から泊られていた鮎遊会の方々から、もう
受付をしてきたのかと笑われました…(笑)

そう。毎年報告記事をアップしていますが、この大会は飛び賞のほうに
魅力があるので、常連さんは順位を予想しながらボチボチ釣るのです。

また、16時までに帰ってくれば、釣り場は自由(日田漁協管内でなくて
もOK)なのですが、移動が面倒な方は最初から日田市内で釣っています。

ということで、大会だと言うのに、温泉街は人影もまばら。

いつもの橋の上流もガラ空きです。

15071902.jpg

あとで橋の直上に一人来ましたが、ほぼ一日貸し切り状態でした。
一日を通して、成天閣から上には4~5人くらいしか入っていなかったと思います。

釣りのほうは、出水の引き初めでまだ20㎝程高いですがなかなか良い感じ。
水温は朝の時点で19.5℃。

途中、激しい夕立で休憩しましたが、流芯付近の強い流れに入れればガガガッ。
掛れば22~25cmの海産鮎!

もともと天ケ瀬の鮎は強いのですが、今年の鮎は別格です。
海産で元気も良く、体高があるので急瀬竿をひん曲げてガンガン引きます。
もう私の技術では引き抜けないので、全て引き寄せてとりました。

仕掛けは、0.1号の複合に0.6号のツケ糸。ハナカンも7㎜で正解のようでした。

しかし、今日もハリ選びに失敗。8号までしか持ってきていなかったのですが、
昔のハリは腰が弱くて伸ばされるし、今のハリは軽すぎてケラレるし、もう8.5号
以上ないと厳しい感じでした。

仕方がないのでチラシの9号を混ぜながら騙し騙し使ってポツポツ追加。

着替えと検量の時間を考えて2時過ぎに終了しました。

さて、上がろうと思って囮缶を上げに行ったら、置き石の重みで蓋の締りが悪く、
囮缶を立てた拍子にザザッ。何匹か放流してしまいました…(泣)

浅瀬だったので、目の前1匹は咄嗟に鮎押しの要領?で捕まえましたが、傍から
見たら随分滑稽な姿だったと思います。

今日はカモを見なかったはずなのになぜ…(笑)

15071903.jpg

とりあえず検量を済ませたらいつものように美味しい食事を頂きます。

今年も、唐揚げ、焼き肉、煮玉子、サラダ、卵焼き、ハヤの甘露煮、素麺、
おにぎり、スイカ、かき氷まで、充実のラインナップです。

今日はOzekiさんご夫妻と凛ちゃん、鮎遊会の方々の近くに寄せてもらい、
談笑しながら結果を待ちました。

待っている間、このブログを見てくださっている方々から声を掛けて頂きました。
どうも三女が人気のようで…(笑)

皆さま、今後ともよろしくお願いいたします…m(_ _)m

さて、今年の優勝者は45匹。午前中は赤石川、午後から花月川での釣果。
大物賞は27.5㎝でまつお釣具さんより下流での釣果との事でした。
19位の鮎竿は20数匹の方。

私の結果は21匹で37位。

15071904.jpg

今年は20位台かと思ったのですが、21匹が10人近くいて申し込みの遅かった
私は21匹の中の一番最後でした。まあ、今年は初めて参加賞以外も付いたの
で良しとしましょう。

7月中旬になり、鮎も随分大きくなりました。
天ケ瀬の鮎も例年に比べて幅があり、一匹食べれば十分な身の量です。

15071906.jpg

今年の日田漁協管内は、昨年とうって変わって、全体的に数も型も揃って
いるので、これから災害がなければ後半も期待できるのではないでしょうか。

やっぱり鮎の種苗変更の成果でしょうね!
放流量を減らしても、歩留まりが良ければ釣れるという事が証明されました。
海産の稚魚は姿形も奇麗で釣り応えもありますから、大歓迎です。
日田漁協さん今後ともよろしくお願いします。

さてさて、本日参加された皆様、どうもお疲れさまでした。

また、大会を運営してくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
予定が合えばまた来年も参加したいと思いますので、またどうぞよろしくお願い
します。

2日間続けて鮎掛けに行かせてもらい、良い3連休になりました。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム