水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2013 ≫ 逃がした獲物は…。

逃がした獲物は…。

昨日、3月9日は快晴。
気温福岡県内でも最高25.5度を記録したところがあり、3月らしからぬ陽気でした。

花粉、黄砂、PM2.5と花粉症持ちには厳しい日和でしたが、どうにも我慢が出来なくなり
9時過ぎに家を出ました。

point.jpg

こんな日は当然ライズもありません。
良く見ると昨日ハッチしたと思しき#14サイズのカディスが飛んでいます。
ならばと、#16のカディスパターンで瀬を叩いていくと、ポツポツ反応が…。

enoha130309.jpg


何匹か釣った後、日が陰るのを待って大物ポイントへ移動。

ライズはありませんでしたが、水量も多くなかなかいい感じです。

ここはライズのないときに叩いても釣れない場所なので、#12のシルバーマーチブラウンを
流し込みます。

数投するとモゾッとしたアタリ。

ゆっくり合わせると、何かに引っかかったような鈍い感覚が。
「!」銀の延べ棒が水中でぐりんぐりんし始めました。

すかさずラインを回収し、リールファイトに持ち込める態勢にしたのですが、
ローリング後の首振りで痛恨のラインブレイク。
ティペットが傷ついていたので歯にあたったのだろうと思います。

動きを良くしようと0.5号のティペットにしていたのがまずかったです。
気を抜いた私のミスでした…(泣)

これでまた渓に通わねばなりません。
スポンサーサイト

コメント

 
惜しい
編集
良型は気を抜いた時に掛かることが多いよね、釣り人の注意度を見透かされてる感じやね(笑)

次こそは!
2013年03月11日(Mon) 09:02
 
気が抜けました
編集
そうなんですよね。
4Xぐらいにしとけば問題なかったのですが、適当にやった私のミスです。
まあ、またチャンスはあると思いますのでその時は…。
2013年03月11日(Mon) 10:37
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム