水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 美鮎を求めて渓流へ

美鮎を求めて渓流へ

梅雨明け以来、1週間以上猛暑日が続いています。

今日は休日出勤の振替休日。

温泉街も水温が上がって土用隠れが酷いみたいなので、避暑のつもりで渓流域で竿を
出すことにしました。

向かった先は矢部川水系、星野川支流の横山川。

昨秋に思いがけず良い思いをした川ですが、今年はどうでしょうか?

朝一番で囮を購入し、7時過ぎから川(沢)に下ります。

15080501.jpg

ここは上流がエノハ釣り場だけあって水が綺麗で鮎も美味いのです。でも狭い…(笑)
しかも、昨秋に比べると食み跡も少なく、鮎もあまり見えません。

水温が低いので朝はなかなか追ってくれませんでしたが、9時を過ぎたあたりでようやく一匹。

「よし、これから」と思ったら、いきなり背後からオジサンが…。

曰く、いつも入る上流に行きたいけど、上流からは降りるところが少ないから、通らせてくれ
ないかと…。

川幅5mの沢で、今から下るポイントをザブザブやってきて、これから囮を上らせる流れ込み
を渡って上流に行きたいってどういうこと?

私の姿は道路からも丸見えですし、降り口の真下にオトリ缶も漬けています。

あまりの事に呆れてしまいましたが、鮎ならしばらく待てばポイントに戻ってくるので、

「端ば通っていくならよかけど、人が入っとるのがわかっとって、そがんことしたらいかんバイ。」

と、ちっご弁風に注意して通してやりました。

まったくもう…。

さて、釣りのほうは、鮎が少なくポイントも狭いので、一匹掛かると次がなかなか
掛かりませんが、掛かれば20cm前後の美肌鮎。とっても美味そうです。

11時くらいまで釣ってどうにも反応がなくなったので、一旦上がって下流に移動。
2つ目のポイントは星野川との合流点から100m程上流です。

入って早々に1匹。ようやく調子に乗れるかと思ったら、今度は水中メガネをかけ
た少年が…(笑)

まあ、水遊び場の近くなのでしょうがないですね。

鮎掛けに興味津々の少年に、自分の少年時代が重なって怒る気になれず、鮎掛けの
仕組みについて説明してやって、

「おいちゃんはいいけど、怒る人もおるから、他の人が釣りよるところに近寄った
らいかんよ。」

と養殖オトリをあげました。

これで完全にやる気がなくなって、本日終了。

川から上がると休憩中の工事の方が話しかけてきました。

鮎掛けをするというその方によると、連日釣り人が入れ替わり入り、前日は打ち網
までしていたとの事。

まあ、どこも釣れていないからそんなものでしょうね。

さて、釣果は大したことなかったですが、美味い鮎が釣れました。

15080502.jpg

今日は八女の銘酒、繁桝と一緒に。

15080503.jpg

この暑いのにまたまた飲みすぎました…(笑)

今日はわずか数時間の釣りでしたが、良い納涼になりました。

しかし、この暑さいつまで続くのでしょう。
早く一雨降って、土用隠れが終わってほしいですね。


スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム