水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 天ケ瀬で大鮎釣り

天ケ瀬で大鮎釣り

梅雨明けから10日以上まともな雨が降っていません。
昨年は梅雨が明けないまま秋雨になりましたが、今年は梅雨明けからの日照り
が長いですね。

温泉街も相変わらずの土用隠れ、そのうえ今日は月曜日ですが、せっかくの
休みなので、今日もまた温泉街に向かいました。

前夜、寅爺様に電話すると、「今日は釣れん日やったから、明日は釣れる日
になるやろうね。明日はスペシャル養殖囮があるから大丈夫よ。」との事。

珍しく釣れる日に当たるかも?

土用隠れと言えば早朝か夕方なので、朝イチで入れるように、5時出発。
温泉街には7時前に到着しました。

さて、件の養殖囮は、前々日に寅爺様が2匹をローテーションしながら9匹
も掛けた秘密兵器。鼻カンを通すまではおとなしいけれど、水に放したら天然
以上に泳ぐとの事。

なるほど。150g以上あるという養殖鮎は肩が盛り上がっていかにもスタミナが
ありそうです。常温飼育なので高水温でもバテないのだそうです。

ということで、ひとしきり話を聞いて7時過ぎからいつもの橋の上へ。

15081001.jpg

橋の直上には先行者がいたので、放水口の下あたりに入ってヘチから泳がせ
ました。

しかし、オトリは元気に泳ぐものの、朝マズメにもかかわらず全く追いがあり
ません。

一時間半ほど粘っても、一度ケラレたのみ…。

その上、腹具合まで悪くなり、一時中断して成天閣向かいの公衆トイレへ…。

どうも、前日スイカを食べすぎたのに加えて、今朝方食べた油っこい弁当が
いけなかったようです。

う~ん。今日はもうやめて帰るかな…。

とも思いましたが、せっかく来たのだし、昼まではやってみようと思ってまた
再開。時合いの到来を信じて粘っていると、9時半を過ぎた頃にようやく一匹。

でもチラシを長く出しすぎたのがいけなかったのか、切腹で瀕死状態…(泣)

しょうがないのでまた養殖に戻して探ります。

今日は水量が少ないので対岸まで渡りました。

天ケ瀬には4~5年通っていますが、橋上流の対岸からの竿出しはあまりやら
ないので、なんだか新鮮でした…(笑)

そこから放水口までの間を行ったり来たりしながらポツポツ追加。
単発ですが、掛かれば25cm前後なので急瀬竿を満月にしならせてなかなか
楽しませてくれました。

さて、今日の時合いは10時、14時、16時でした。

土用隠れの時は時合いでしか追わないので、時合いが来るまではオトリに負担
を掛けないようにチラシを使い、掛かりだしたら3本イカリに交換。
ハリは8.5号~9号がベストマッチのようでした。

この作戦で拾い釣りし、17時過ぎに終了。
本当は、17時半の時合いもあるそうですが、三女が待っているので駐車場に
おられたozekiさん、北さんにご挨拶して帰途につきました。

さてさて、掛かれば大鮎ばかり。

15081002.jpg

今年の鮎は幅があるので、25cmくらいで200gを超えています。
どおりで数の割にクーラーが重たいわけです。

我が家の魚焼きでは、3匹焼くのが限度になりました…(笑)

15081003.jpg

でも、このサイズでもまだ真子も白子も入っていません。

ということは、身に栄養が行き渡っているという事です。
私は8月の今の時期から盆明けくらいまでの鮎が一年で一番美味しいと思います。

食べる事も大好きなので、最近、焼き方も色々工夫してみています。
大鮎は鱗を落として塩を多めに振って、弱火でじっくりが良いようです。
また、塩を薄塩にして醤油で食べるのもなかなかです。

さて、今日は夕食後から盆のお土産用に一夜干しを作りました。
終わったのは23時過ぎ。早朝(夜中)から深夜まで、好きな事とはいえ、我ながら良く
やるなと思います…(笑)

さてさて、今日は土用隠れの厳しい中、自分なりに良い釣りができました。

明後日はまとまった雨になるようですので、一度増水すれば土用隠れも終わる
かもしれません。ただ、15日からは網が入るので、竿抜け探しが大変になる
かもしれないですね。

いずれにしろ、鮎釣りもいよいよ後半戦。
今年は法事もないので、夏休みをうまく使って残り少ないシーズンを最大限に
楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム