水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 土用隠れ終了~思わぬ釣果

土用隠れ終了~思わぬ釣果

待望の雨が降りました。

前日までに50mm程の雨が降り、温泉街も増水中。

今日は鮎掛けは無理かと思っていると、天ケ瀬橋の水位が下がりはじめたので、
朝一番で寅爺様に電話をしてみました。

平日の上に増水中という事もあって、ゆっくり朝寝していたところを起こして
しまい、大変申し訳なかったのですが。眠そうな声で

「天ケ瀬は泥濁りじゃから、釣りになるなら大山川筋か赤石川くらいじゃろうね。」

と教えてくれました。

せっかくの休みです。釣りになる場所があるならとりあえず行ってみようと思い、
ゆっくり下道で日田方面に向かいました。

途中、寅爺様からの電話。

「思いついたんじゃけど、あそこの渓流は最近情報がないけど、鮎はおるはずじゃ
からもしかしたら穴場かもしれんよ。行ってみたら?」

とのこと。

幸い、大鮎用の急瀬竿の他に渓流用の短竿と仕掛けも持参しています。
それでは、と日田市内で氷とオトリを購入し、件のポイントに向かいました。

日田市内の本流は結構濁りがありましたが、ここは10㎝ぐらいの増水で水も
澄んでいます。

15081801.jpg

いくつかポイントを見て回りましたが、良さそうな色の石はあるものの、鮎の
姿は見えませんでした。

しょうがないので、いつもエノハ釣りで入るポイントから始めてみようと、車を停めて
準備をしていると、ルアーマンがやってきました。

どうも同じ所から入りたいようです。
渓流釣りならNGですが、鮎ならしばらくしたらまた戻ってきます。

初心者のようなので、着替えて水合わせをしている間に、岸際を静かに釣り上るよう
にお願いし、先に行かせました。

ということで、ゆっくり準備して9時から釣り開始。

最初の30分ほどは手探りで、深瀬などを探っていたのですが、対岸のヘチにオトリ
を入れたらいきなりビュ~ン。

18㎝程ですが、美味そうなベッピン鮎です。

放流からかなり時間が経っているはずですが、水温や苔付きの関係であまり大きく
はならないのでしょうね。

しばらくして渓に日が射しはじめると、浅場で入れ掛りになりました。

とにかく、ちょっとした緩流帯にオトリが入ると何処からともなく鮎が出てきて突っか
かってきます。型は15~22㎝。水が綺麗なので掛かるところも丸見えで大興奮。

一時、時速10匹を超えて、ここは一ツ瀬?というくらいの状況になりました。

午前中だけでこの釣果。短時間でしたが30匹を超えました。

15081802.jpg

川を上がって昼食を摂り、昼からは別のポイントに移動しました。

午後からのポイントでも最初は深瀬を狙ってみましたが、ポツポツしか掛からな
かったので、下流の平瀬を狙ってみると、また入れ掛り。

午後からの釣果。

15081803.jpg

しばらく楽しみましたが、夕方用事があったので15時で終了しました。

最終釣果は56匹。
数日前まで土用隠れと言っていたのがウソのようです。

15081804.jpg

私でもこれくらいですから、上手な人が朝から丁寧に釣ったら束釣りできたかも
しれませんね。

寅爺様、本日もありがとうございました…m(_ _)m。

さて、渓流の鮎といえば、美味いと相場が決まっています。

15081805.jpg

今日も酒が進みます…(笑)

皆が大鮎釣りに夢中になってポイントが手薄になったのと、増水の引きはじめが
うまく重なったようですね。

正直、この時期この数が出るとは思いもしませんでした。

さてさて、今回の増水で土用隠れも終わったようです。

週末もし行けるなら、次は大鮎釣りに行ってみようと思います。

今年は尺鮎釣れるかな?
スポンサーサイト

コメント

 
編集
相変わらずよく釣られますね。如何に条件が良くてもこの時期に50オーバーとは!
しかし、数だけでなく尺も既に上がったとのことで、今年の日田漁協管内は絶好調ですね。
来月の遠征は、名人達にあやかやれるよう、球磨川ではなく天ヶ瀬にしようかな・・
う〜ン、迷う!
2015年08月20日(Thu) 17:21
 
tsunosanへ
編集
今回はたまたま良い条件に当たっただけですよ。

確かに今年の日田漁協は良いですが、今年は南部が不調のため、際立って見え
ますよね。

次の遠征は、天ケ瀬~矢部川あるいは天ケ瀬~大野川コースも良いかもしれな
いですが、九州南部の天然遡上河川は後半盛り返したりするので、いずれにし
ろ寅爺様に確認の上で動かれるのが良いと思いますよ。

いずれにしろ、次の台風の雨でまた状況が変わると思います。
良い情報が入ったらお知らせしますね!
2015年08月21日(Fri) 13:20
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム