水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 終盤戦開幕~天ケ瀬の大鮎釣り

終盤戦開幕~天ケ瀬の大鮎釣り

先日は思わぬ釣果に恵まれました。

今日は、型重視の釣り。大鮎狙いで天ケ瀬に行きました。

温泉街には7時半着。

あちこちに網入れを示す置き石がありますが、若干の濁りはあるものの水も
落ち着いて良い感じ。

15082201.jpg

いつものメンバーとしばし談笑し、囮をもらって8時過ぎから釣り開始。

今日の囮は天然ですが、支流の鮎ということもあって20㎝前後の小型です。
仕掛けが太いので浮かないように背針を使用して丁寧に泳がせました。

しかし…。

朝のうちはウンともスンとも言いません。

昼からだろうなとは思っていましたが、何時間も無反応が続くとさすがに心が折れ
そうになりました。

囮を引き倒しかけ、もう上がろうかと思ったところで待望の一匹目。

15082202.jpg

幅広の奇麗な海産鮎です。

時刻は11時半を回っていました。

そこからポツポツ掛るようになりました。掛れば良く引きます。

実は私、これまでは川の状態が悪かったり、禁漁前のエノハ釣りに行ったりしていて、
大鮎釣りの経験がほとんどありません。

ということで、仕掛けも試行錯誤です。

今日の針は8.5号と9号の3本イカリ、9号、10号の聖ちゃんチラシ。
9号のチラシはカラミ重視で1.5号のハリスに巻いていたのですが、音もなく飛ばされ
ました。どうも当たった瞬間的に大きな力がかかって切れるようですね。
鮎のサイズが大きいので、ハリスは最低でも2号の強度が必要なようです。

鼻カン回りも、1.2号は知らない間に切れていたので、1.5号以上は必要かなと思います。

水中糸は複合の0.08号、ツケ糸は0.8号のフロロなのでかなり強度があります。

先日まではツケ糸を0.6にしていたのですが、0.8にすると根掛かりしても、ゆっくり
手で持って引っ張れば、針が伸びるか折れるかして囮ごと回収できることが分りました。

吊るし込みも安心して行えますし、下手に細くするよりもこうしておいたほうが安心して
使用できて良いようです。

天ケ瀬はそんなにガンガンの流れでもないし、振り子抜きの必要もないので、糸さえ
切れなければ立て竿にしていればそのうち寄ってきます。

球磨川だったらもうワンランク太くしなければならないかもしれませんが、今シーズン
の天ケ瀬はこの仕掛けでいってみようと思います。

夕方まで釣って今日もなんとかツ抜けできました。

15082203.jpg

今日は型揃い。28㎝が2匹、27㎝が2匹。あとは25~26㎝。
青っぽい小さいのが囮鮎です。

一番大きな鮎は260gありました。中型のサンマ2匹分ですね。
どおりで一匹食べたら腹いっぱいになるわけです。

15082204.jpg

さて、朝夕も随分涼しくなり、今年の鮎シーズンもいよいよ終盤戦。
球磨川にも行ってみたいと思っていますが、今年もまた台風の影響が心配ですね。

いずれにしろ、残り少ない夏を精一杯楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
私がヘタッピーなだけかもしれないですが、サンマ2匹分の鮎!なんて関西では数年に一度ですよ。それが天ヶ瀬では連日上がるんですね〜!

仕掛けについては、私の天ヶ瀬用はもう一回り太いので切れることはないと思います・・が、オトリが泳ぐかな? 明太子流でセットした仕掛けも用意しましょう。

と、いうのは、台風の影響でどうなるか?わかりませんが、9月の遠征は球磨川と天ヶ瀬の二股をかけてフェリーを予約したものですから。
2015年08月24日(Mon) 19:40
 
tsunosanへ
編集
確かに、今年は私が天ヶ瀬に通いはじめてから一番いいと思います。今年の海産は幅が広いので、去年までの同じサイズより重たいですね。

仕掛けはもう一回り大きくても良いかもしれませんが、竿を折ってもいけませんし、天ヶ瀬が平水で無理しなければこれでも十分な気がします。

9月は水況次第ですが、天ヶ瀬拠点で矢部なんかもありですね!

気をつけてお越しください。
2015年08月24日(Mon) 22:58
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム