水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2015 ≫ イワナ釣りの休日

イワナ釣りの休日

雨音で目が覚めました。

今日、明日は遅い夏休み。

川はまだ増水中で、天気予報では降ったり止んだりのぐずついた天気になると
の事。風も強いので鮎掛けは厳しそう。

家で雑用でもと思いましたが、渓流の禁漁まであと少しなので、思い切って山岳
渓流にイワナ釣りに行くことにしました。

向かった先は春にイワナ釣りで入った渓です。

福岡を出発したのは8時半。

一般道を2時間。その先の未舗装林道を30分。
そこから林道を歩いて30分…。
渓の入り口に着いたのは12時前でした。

本当に手間暇のかかる釣り場です。

空は今にも泣き出しそうで、渓流釣りにはもってこいの天気です。

出水が治まりつつあるのか、渓は未だ10㎝ほどの増水していますが、これくらいなら
ドライフライに出ないこともないでしょう。

15090902.jpg

いつものように、山岳渓流で使うピーコックカディス#15を結んで叩き上がりました。

幸先よくエノハ

15090903.jpg

そして、お目当てのイワナ

15090904.jpg

脊梁の山岳渓流らしい渓相

15090905.jpg

三女でも座れそうな巨大なサルノコシカケ

15090906.jpg

脊梁の山岳渓流らしい、背中の黒点がない良型の雄エノハ。

15090907.jpg

シーズン終盤ということもあり、魚はそれなりにスレていますが、飽きない程度に出て
くれました。

大滝を越えたあたりで一旦休憩し、腹出ししてみると、真子・白子がパンパンに入って
いたのでそこから先は全てリリースしました。

16時前に林道と交差する橋に到着。

霧雨が降りはじめ、ただでさえ暗い渓が真っ暗になり、気温も下がって
急に寂しくなりました。

渓にはまだ奥がありますが、明日もあるのでここで終了。

茂みから飛び出してくる鹿に驚かされながらまた未舗装林道を引き返し、夕飯までに
帰宅しました。

今日の肴は、川魚TOP3(鮎・イワナ・エノハ)の塩焼きにエノハの簡易南蛮漬。

15090908.jpg

よく歩いたのでいい感じに酔いが回りました。

短時間の釣行でしたが、大好きな山岳渓流で遊べてまずまずの休日釣行でした。

少し早いですが、今年は大鮎釣りができるので、渓流釣りはこれで終わりかな
と思います。

明日は天ヶ瀬で大鮎釣りに挑みます。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム