水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2015 ≫ 気まぐれ海産

気まぐれ海産

シルバーウィークも終盤戦。

もうワンチャンスを狙って天ケ瀬へ。
今日は水も平水で水色も悪くありません。

寅屋に着くと、分けてもらうはずの「スーパー養殖BIG~良く泳ぎ良く潜る君」
が、何故か夜の間に数が減ってしまったので、今から仕入れに行くとのこと。

そこで、先客とともに2匹だけ分けてもらい、竿抜けを探して温泉街より上流に
入ってみました。

今日もどうせ昼からからだろうと思っていましたが、場所も外してしまったみたい
で午前中はまったくの無反応。ほかの方も掛かっていないようでした。

そこで一旦川から上がり、遅めの昼食を摂って、寅爺様に27cmのスーパー囮を
一匹分けてもらい、いろいろとお話を聞きながら良い時間まで過ごしました。

15時前、寅爺様の軽トラで成天閣下流の深瀬に移動。

先客は掛かっていないようでしたが、寅爺様のアドバイスどおりのポイントに使って
いないオトリを入れたら一発で目印が飛びました。

時合いが来たようでそこから3連発。
温泉客が見に来るので竿が曲がると歓声が上がります…(笑)

3匹釣れれば尺が混じるはずでしたが、今日は小型で28㎝止まり。
随分涼しくなってきたので、大きいのは下ったのかもしれません。

その後、アタリが遠のいたので先客が引き上げたあとの瀬に入って一匹追加。
掛かった鮎は27㎝くらいのオトリ頃でしたが、残念ながら瀬を泳がせていたら
肥料袋に囚われてロスト。

夕焼けこやけが響き渡り、頃合いになったので止めました。

15092201.jpg

風も涼しくなって日の入りも早くなりました。
水も冷たくなってすっかり秋です。

鮎は若くて錆もないのでまだまだ釣れそうですが、網で数も少なくなっていますし、
海産特有の気まぐれ時合いなので、そこまで囮を引き倒さずに辛抱できるかどうかが
キーのようです。

今日は活かして帰って刺身にしました。

15092202.jpg

昨日入荷したという「ひやおろし」で一杯。

身に甘みがあって刺身は最高!

薄塩にした塩焼も脂が乗っていて、一般的な鮎の塩焼きとは別物です。
まさに釣り人の特権ですね~。

さて、月末はもう釣りに行けないかもしれないのでこれで今年の鮎掛けもそろそろ終了かな?
と思います。もし行けるなら、矢部川か球磨川で一発狙いですね。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム