水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP雑記帳 ≫ やな場を訪問

やな場を訪問

11月に入りめっきり涼しく(寒く)なりましたね。

聖ちゃんが頑張っている日田のやな場もいよいよ今週末まで。

昨日・今日は閉店サービス中ということなので、三女と一緒に食べに
行ってきました。

三女は寅爺様に生簀の鮎を掬わせてもらってご満悦。

15110101.jpg

なんなら飛び込んで手掴みしそうな勢いです…(笑)

この娘もRyonさんやみど牛さん達のように女流釣り師になるのかな?

さて、我が家は普段から鮎を食べていますが、やはり炭で焼いた鮎は格別です。
三女は肝まで綺麗に食べて寅爺様を驚かせていました。

鮎飯もせごしも絶品!聖ちゃんが仕込んだという鯉こくも最高でした。
あの生姜のきいた濃い目の味付けがクセになるんですよね~。

私はめったに食べられない鰻丼を注文しましたが、聖ちゃんが分厚い鰻を
サービスしてくれたので、超高級鰻丼になってでてきました!
丁寧に焼かれたアツアツの鰻に大満足です。

今年はこれで最後ですが、来年は皆さんも是非行ってみてください。
普段から鮎を食べなれている人でも絶対満足できると思います。

寅爺様、聖ちゃん今日もありがとうございました…m(_ _)m

さて、食べた後は、天ヶ瀬までドライブし、三女とハエ釣りをした後に「バラの湯」
に入りました。

以前から気にはなっていましたが、入るのは今回がはじめて。
泉質が武雄温泉みたいなアルカリ性なので肌がすべすべ。入浴料も安いし、
これから利用頻度が増えそうです。

バラの湯駐車場から見る玖珠川。

15110102.jpg

このところ雨が降っていないので、減水して水も青く澄んでいます。

さて、これで今年の鮎シーズンも本当に全てが終わりです。
鮎との関わりは年々深くなっているので、シーズン終了の寂しさがひとしおです。

鮎が終わってもブログは続けます。
これからは海釣りや料理ネタでボチボチ更新していきますので、また見にいらして
くださいね。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
三女さん、本当に飛び込んで鮎をくわえてきそう!な勢いですね。笑)

さきは女流鮎師ですか・・・
かなり親馬鹿(失礼!)が入ってるようですけど、あり得るかも。
そうなったらおとうさんも大変ですが、楽しみですね。
2015年11月02日(Mon) 20:24
 
tsunosanへ
編集
小さい時は好きだった事も、大きくなったら興味がなくなるっていうのはよくある話。

そうならないように仕込んで?いるつもりですが、何せまだ幼女ですから、先はわかりませんね。

万が一釣り師になったとしても、親父より上手くなられると困ります…(笑)
2015年11月02日(Mon) 22:28
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム