水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP雑記帳 ≫ 親の知らない、痛い話…。

親の知らない、痛い話…。

師走に入って忙しい日が続いています。

時間を見て海にでも行こうと思っていたのですが、ここへきて
以前から気になっていた左下の親知らずが痛み出し、歯医者に
いく事になりました。

上2本の親知らずは若い時に抜いているのですが、下2本は真横
に生えていてほぼすべてが歯茎の中。
なかなか抜くのが難しいらしく、今まで行った歯医者では抜いてくれ
ませんでした。

で、今回歯医者を変えたのですが、そこでも先生が渋い顔。

レントゲンで見ると顎の神経に近いそうで、下手に抜いて神経を傷
つけると顎に痺れが残ったりするので、口腔外科に行くように言われ
ました。

つまり、「後遺症が出るリスクを負いたくない」と匙を投げられた訳です。

で、紹介状を書いてもらって口腔外科でCTを撮り、15日に抜歯した
のですが、これがまた痛いのなんの…(笑)

歯茎を切開して骨を削り、2分割してさらに根を2分割。
1本抜くのに1時間もかかって3針縫いました。

麻酔が良く効いていたので、手術中の痛みはなかったのですが、術中は
骨を削る音や歯を割るときのミシミシいう音が非常に不快で、まさに恐怖
の一時間でした。

術後は3日目ぐらいから左頬がおたふくかぜのように腫れ、口も3センチ
くらいしか開かなかったため、ずっとウィ○ーインゼリーみたいな流動食
生活でした。

1週間後に抜糸し、ようやく少し痛みが引き始めましたが、10日後の今日
もいまだに痛み止めが手放せません。

今日も消毒に行ってきました。

歯医者によると傷の治り具合は良いようですが、もうしばらくは痛むだろう
との事。

忘年会シーズンなのに酒どころかまともに食事もできません。
既に2つもキャンセルしました…(泣)

正月に向けてやること満載なのですが、なかなか思うようにいきません。

今は痛みはありませんが、右下には最後の親知らず様が左と同じ
ように寝ておられます。その事を思うと、気が遠くなりそうですが、今はただ
ひたすら痛みが引くのを待つしかない状況です。

やっぱり厄年なのでしょうね?

痛み眠れない夜、久しぶりに亡くなった両親の顔が浮かびました。
今度実家に帰ったら、墓参りして痛かった話を報告しようと思います。

それにしても、早く痛みが引いてほしいものです。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
なんとまぁ、お気の毒に!
ご愁傷さまです。

とんでもない方向に生えた親知らずは、地獄からの使者ですよね。

あ〜、思い出したくない!
2015年12月24日(Thu) 21:33
 
tsunosanへ
編集
この痛み経験済みですか?

食べられなくて痩せた他は何もいいことないですね。痛みが辛いです。

まあ、シーズン中に痛みが出なかっただけでも良しとして、頑張って治します。
2015年12月24日(Thu) 22:28
 
No title
編集
私も真横にねじ曲がった親知らずを30年前に抜きました。根っこが骨に食い込んでいて、町の開業医では無理といわれ歯科大に紹介状をもらって行ったのですが、どうやって抜くのかと思ったら、ボルトを捩じ込んで割って、食い込んだ根っこはノミみたいな金具でカナヅチで叩きながら削るという、、、素朴な力業だこと(笑) 口の中は血の海だし、インターンが何人ものぞき込んで目が合ってですね、、良き思い出です、、多分。私は一本で済んだのですが。
2015年12月25日(Fri) 19:22
 
black arrowさんへ
編集
皆さん同じような苦労をされているのですね~。
私はまだあと一本。
これを抜いたら本当の大人になれるかな…(笑)
2015年12月25日(Fri) 23:56
 
No title
編集
  親知らず抜くの痛いんですか?
昨年、通ってた歯医者と喧嘩して親知らず抜かずにいるんですよ
親知らず抜きに行って、歯垢掃除に通ったのが4ヶ月・・・
歯を何時抜くんですか??と聞いたら
「いつでも紹介状書きますよ」だと
ぼちぼち抜かないとダメでなんでしょうね(泣

 ただ今 甘露煮作ってます。
2015年12月26日(Sat) 16:59
 
Ozekiさんへ
編集
私は親知らずが虫歯になって痛みが出たので抜いたのですが、自覚症状のないうちは抜かない人も多いみたいですよ。

ただ、親知らずが前の歯を押さなくなったので、だんだん噛み合わせが良くなってきてます。

人間って微妙なバランスで出来てるんだと、今更ながらに思います。

甘露煮、私も製作中です…(笑)
2015年12月27日(Sun) 00:03
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム