水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP雑記帳 ≫ ご報告

ご報告

このブログをご覧の方はだいたい皆さんご存知と思いますが、今年度から正式に
「あまがせ鮎遊会」に入会させていただくことになりました。

私が天ヶ瀬をホームグラウンドにしていることは皆さんご存知と思いますが、
ここ数年来、会員の方との交流を通じて、是非入会したいと思いはじめ、ついに
昨年シーズン終盤に会長に入会を申し出て承認を得たところです。

親睦が主眼の会ではありますが、ご存知のとおり会員の皆さんの技術レベルは
非常に高いです。

私も「あまがせ鮎遊会」のレベルを落としてしまわないように、会長以下、諸先輩方
にご指導いただきながら精進したいと思っています。

ということで、日曜日は「釣り具のまつお」さんの会議室を借りて今年度の総会
が開催されました。

総会は午前中で終わったので、昼からは三女と漁協前にハヤ釣りに行ったら、
地元の方がやってきて鯉釣りをはじめました。

ノッコミで浅場に集まった鯉を狙いに来たようです。

見ている間に一匹釣り上げたので、三女と見せてもらいに行ったら、お土産に
と言ってくれました。

鯉は小学校の頃、地元の池や川で釣ったり、金突きで突いたりしていたので、当
然、食卓にも上っていました。

久しぶりに洗いでも食べたいなと考えたのですが、我が家では泥を吐かせる池も
ありません。そこで鯉こくにでもしようと思ったのですが、鯉こくにしても活魚でない
と臭いが出て不味くなるので、生かして帰らなければなりません。

寒い時期なら濡れた新聞紙に包んでおけば一時間くらいは平気なのですが、日田
から福岡まで帰るとなるとそうはいきません。

すぐに買い物用のクーラーバックに水を張り、途中で水を入れ替えながら、急い
で帰りました。

で、帰ったら三女の掴み取りの儀式のあと、鯉料理に変身する予定でした。

しかし、花見の渋滞にはまってしまい、風呂に入れた時には完全にグロッキー。

16040301.jpg

三女はとても残念そう…。

それでも10分くらい待っていたら少し泳ぐようになりました。

でも、夕食の時間が迫っているのでそろそろ成仏してもらわなければなりません。

娘が突っついて遊んでいましたが、料理に移る旨伝えたら、あっさり洗面器に入
れて持ってきました…(笑)

16040302.jpg

そういえば、子供の頃、叔父から貰った鯉が可哀想だからと風呂場のタライに
入れておいて死なせたことがあります。

三女のほうが随分たくましいですね…(笑)

で、眉間に一撃、苦玉を潰さないように気をつけてちゃちゃっと捌き、夕食までの
時間を考慮して圧力鍋で甘露煮にすることにしました。

16040303.jpg

日本酒、三温糖、味醂、醤油に生姜を入れて高圧で30分。

すっかり骨まで柔らかくなりました。

16040304.jpg

さっそく味見…。

う~ん。

味付けはうまくできてはいますが、なんとなく泥臭いというか、苔臭い?

やっぱり泥抜きか臭い消しが必要でした…(泣)

食べてみると、一番の臭いの原因は皮目にあるようです。

柔らかく煮る方法は分かったので、次は皮を剥ぐなり、一度焼くなりして臭いが
出ないように工夫してみます。

さてさて、話は横道にそれましたが、本題のとおり今年度から鮎遊会会員という
ことになりましたのでご報告いたします。

会員の皆様、フォロワーの皆様、今後ともどうぞよろしくお願いします…m(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

 
編集
いよいよ天ヶ瀬の王道ですね。天ヶ瀬で釣るなら恐らくベストの選択でしょう。私ももう少し近いか若ければ手をあげるのですが・・・
2016年04月07日(Thu) 12:38
 
tsunosanへ
編集
おっしゃるとおり、日田漁協管内をホームにするならやっぱり鮎遊会かなと思います。
ここ数年様子を見ていましたが、会長はじめ皆さん人柄も良く、何より鮎掛けが上手なので自分のスキルアップのためになると思って入会させていただきました。
あまがせ鮎遊会の名に恥じないようにがんばります!
2016年04月07日(Thu) 16:27
 
No title
編集
明太子さん よろしくです・・・・
昨夜は天ヶ瀬のダーツバーに遊びに行ったら、フライマン&鮎師の
ユウタは早々に鮎針を巻いてました、皆さんぼちぼち始動してるんですね。

 おいら鯉を食べるのは苦手であります(泣
2016年04月09日(Sat) 10:02
 
Ozekiさんへ
編集
こちらこそよろしくお願いします。
私も山岳渓流用のフライを巻き終わったので、鮎の準備をはじめています。
だんだん鮎モードに入りますよ~。
2016年04月09日(Sat) 22:43
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム