水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP雑記帳 ≫ 地震…。

地震…。

今回の地震の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

県外の方からはお気遣いいただいていますが、我が家も実家も今のところ震度3まででしたので、実家の壁や天井に少しズレが生じた以外は今のところ目立った被害はありません。

しかしながら、断層型の地震で震源もあちこちに移動していますので、福岡でも予断を許さない状況です。

会長曰く、「鯰じゃから夜来るんよね。」

夜間に頻発する地震を見るとあながち間違いではないと感じます。

被災地の状況は、毎日テレビやネットで確認していますが、本当に厳しい状況ですね。

現在、各方面から被災地に様々な支援の手が伸べられています。

すぐに現地に入ることができないので、今できることとして、些少ではありますが募金をさせていただきました。

今後、余震の心配が無くなって少し落ち着いたら、できるだけ多く熊本や大分に出かけて、お金を使おうと思います。

被災地には、観光で生計をたてている方も多いはず。

そういう人たちへの支援は、地震から時間がたってからの方がより必要なはずだと思うからです。
といっても、私が釣行で使うくらいですので微々たるものでしょうが…。

できるとことから少しずつお手伝いできたらと思っています。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
賛成‼︎‼︎

天ヶ瀬にも球磨川とかの熊本方面にも今年はみんなで行ってみましょう!
一人のおとす額はしれていても人数が揃えば多少の足しにはなるでしょう。
2016年04月21日(Thu) 18:35
 
tsunosanへ
編集
そうですね。
釣り人は釣り人らしい貢献の仕方があるので、どんどん出かけましょう!

今年は矢部川も遡上が多いと聞きます。
人が少なくなった九州は狙い目ですよ~。

みんなで敬遠する人達に差をつけましょう!
2016年04月21日(Thu) 20:57
 
No title
編集
 普段の生活しないと経済が廻らないようになるよね
もう、釣に行ってもいいのかな・・・悩むところ(笑
2016年04月23日(Sat) 10:09
 
Ozekiさんへ
編集
東北のボランティアにも参加しましたが、大事なのはやっぱり人が引いた後だと思います。長い目でみた支援も考える必要がありますね。

復旧の邪魔をしなければ、釣りに行ってもいいんじゃないでしょうか。
2016年04月23日(Sat) 12:46
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム