水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP渓流釣り2016 ≫ 新緑の風に吹かれて

新緑の風に吹かれて

週末に控えたイベントの準備でいろいろと忙しく、なかなか渓に行けませんでしたが、
天気が良くなったので、様子見がてら日田漁協管内に出かけました。

早朝には起きられず、渓に着いたのが10時前。

16042901.jpg

ゴールデンウィークの初日ですが、今回の地震の影響からかいつものような
人出はありません。

渓は増水の引きはじめで濁りは無し。
最高気温は19℃まで上がる予報。

16042902.jpg

少し水は高いですが、温かくなれば出てくれるでしょう。

しかし、様子見でメジャーポイントを叩いてみましたが、早朝に誰かが入った後のようで反応なし。

そこで、あまり人の入らない上流域に向かう事にしました。

16042903.jpg

渓沿いの藤やツツジも満開で、毛鉤釣りの最盛期であることを教えてくれます。

16042904.jpg

渓沿いを歩いていると地元の方に声をかけられました。

エノハ釣りをされる方らしく、今年の状況や先日の地震についてしばし歓談。

解禁日からひっきりなしに人が入っているので釣れないだろうとの事。

まあ、都心部からのアクセスが良い渓なのでしょうがありませんし、毎年そうなので気にもなりません。

良い時間になるまでと思って木陰で昼休憩。

皐月を目前に、渓渡る風が心地よく、鳥の声を聞いているうちに微睡んでいると、
前日までの疲れが出て1時間くらい眠ってしまったようです。

13時を過ぎて気温も上がり、渓も良い感じになってきました。

渓に降りると、さっそく淵からの開きでライズがあります。

そこで、とりあえず#15のカディスを流してみますが、直前でUターン。
どうも毛鉤が合っていないようです。

よく見ると、黒い羽虫の一団が水面スレスレを旋回しています。

例年、ゴールデンウィーク前後の日田界隈の渓では、オドリバエが大量に発生します。
一旦エノハがこの虫につくと、他のフライはではなかなか釣れません。

そこで、テレストリアルパターンのボックスから#18のオドリバエを出してきたら一発!

16042905.jpg

そこからは順調に数を重ねていきました。

16042906.jpg

さて、今日は新子が良くかかりました。

サイズが不揃いなので放流物ではないようです。
もちろん全てリリースしますが、この渓でも着実に再生産が行われているようで嬉しかったです。

15時過ぎまで釣って脱渓地点まで来ました。

時間的にはこれからのですが、お土産は十分確保できたので本日これで終了。

16042907.jpg

新緑を見ながらゆっくり帰宅し、お気に入りの酒で一杯…。

16042908.jpg

付け合わせには、自作の独活の味噌漬と葉ワサビのポン酢漬け。

一杯飲んだら疲れが出てあっという間に眠ってしましました…(笑)

さて、今回は新緑に囲まれて、楽しい釣りができました。

気温も上がりはじめ、あと3週間で鮎の解禁です。

それまでもうあと少しエノハ釣り。

次はどこの渓に行きましょうか…。
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
 暑いと言うほど温かくなりましたね。
地震の前に宮崎の渓流へ行った方が、恐ろしくなるほど
爆釣したそうです。その話を聞いて行った方は、山の中で
地震に遭遇、恐ろしくて釣をしないままに帰ったそうです。
 あれは地震前の荒食い!!!
 直接?地面に接して暮らす生き物は敏感なんでしょうね
我が家の金魚池に暮らす赤腹イモリは、地震当日の朝に
家移りしようとアスファルトを歩いていたので
親切に池に戻してあげましたよ(笑
2016年05月02日(Mon) 19:49
 
編集
天災前の動物の異常行動はよく聞きますが、やっぱり予知ってあるのでしょうか?

予知できるなら呆大学も鯰の蒲焼きより、
地震の研究をしていただきたいですね。

今のところ、日田はいつも通りの釣果なので、しばらくは安心かな?
2016年05月02日(Mon) 22:58
 
編集
きっと動物には自然界の変化を感じとる能力があるのでしょうね。そう言えば地震の前に珍しく大釣りした大分県民がいましたが、あれも地震を予知して魚が狂った結果だったのかも。
2016年05月03日(Tue) 06:44
 
No title
編集
tsunosanさん 某氏が大釣した獲物 安く売ってるのかも??
とお店に寄りましたが、3匹で250円 安いのか高いのか??
で買いませんでした、パック200円のキビナゴを買って帰り
料理も1品増えました(笑
2016年05月03日(Tue) 15:01
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム