水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2016 ≫ 2016年梅雨入り

2016年梅雨入り

九州北部が梅雨入りしました。

梅雨入り初日となった本日、半蔵君と温泉街に鮎掛けに行きました。

昨日は夏日で水温も高く良く掛かったようでしたが、あいにく今日、明日は雨の予報。
おまけに気温が7℃も下がり、状況はあまり芳しくない模様です。

順番から言って、今日は釣れない日…。
まあ、降水量は少なそうなので、午前中くらいなら何とかなるかな?

日田で氷や食料を仕入れ、温泉街には7時半着。

寅爺様と聖ちゃんがシマノ・ジャパンカップの九州予選に出場されているので、今日はtakeoさんが囮番をしていました。

今にも降り出しそうな天気なので早速準備。

昨日掛かった元気な鮎を分けてもらい、いつもの橋の付近から釣り始めます。

16060401.jpg

しかし、鮎は沢山いるのですが、水温が低くなかなか追いません。
結局、一匹目を掛けるのに1時間近くかかりました…。

おまけに雨がだんだん強くなり、昼過ぎからは本降りになって増水して濁りもきつくなったので、14時終了。

カッパを着込んでいるとはいえ、随分身体が冷えています。

そのまま帰ると風邪を引きそうだったので、バラの湯で温まってから帰りました。

2週連続で週末が雨。

まあ、梅雨時期なのでしょうがないですね。

鮎も一回り大きくなり、18~20㎝が多くなりました。

16060402.jpg

もう少し掛かればよかったですが、贅沢は言ってられません。

さて、気になるジャパンカップの結果ですが、なんと聖ちゃんが優勝したそうです!

聖ちゃんおめでとう!!!

釣れないと評判の大会会場でしっかり結果を残すのは流石です。

いや~。今年も鮎遊会メンバーがメジャー大会に絡んできますね~。

寅爺様からは、来年はどこかの大会にエントリーするように言われています。
出るなら出るでもう少し腕を磨かなければいけません。

まだまだ温泉街での修行が続きますね…(笑)
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム