水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP雑記帳 ≫ 申年の梅

申年の梅

そろそろ梅を漬ける時期になりました。

今年は申(さる)年。

申年の梅は、「難が去る」と言って昔から珍重されています。

和食を好む私の影響か、娘達は梅干しが大好きで、出来た端からつまむので、年明けまで残った事がありません。

そこで、スーパーや道の駅など、あちこちで梅干しを購入するのですが、塩辛かったり干していなかったりで、なかなか好みの物に巡り合えません。

また、スーパーでよく見る甘いタイプの梅は、梅酒に使った梅に味をつけ直して再利用している物が多いらしく、梅の酸味がなくなっていてなんとなく食指が伸びません。

好みの梅を手に入れるには、やっぱり自分でいい塩梅に漬けなければなりませんが、実家の梅は手入れが悪く実が生らなくなってしまいましたので、今年も姉のところから送ってもらいました。

16061601.jpg

しかし、今年は全体的に裏年のようで、器量も悪くあまり収穫できなかったとの事。

まあ、器量が悪くても自宅用なら大丈夫。

貴重な梅を三女と一緒に大事に仕込みました。

16061602.jpg

洗ってヘタを取り、焼酎で消毒してからジップロックで漬け込みます。

この漬け方は、以前こちらで紹介したとおりです。

私のいい塩梅は10%。
婆さんは二号塩(20%くらい?)かそれ以上の三合塩だったと思います。

そういえば、亡くなった親父が「塩辛すぎて喰われん」と言って毎年婆さんと喧嘩してました…(笑)

申年生まれの親父が生きていれば、今年で72歳。

私のいい塩梅の梅干しを持って帰ったら、喜んでくれたでしょうかね?
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
梅は梅干に相性のよい南高梅ですか?
可愛いい手伝いがいるので、仕事がはかどりますね。
 今年は家の梅がダメだったので、大山川沿いの友人から
白加賀梅を調達しました
母が梅干、Ryonが梅ジャムに梅酒です
青い梅でしたが梅ジャムは美味しいですよ。
2016年06月19日(Sun) 20:43
 
Ozekiさんへ
編集
姉のところも大分なので、たしか豊後梅だったと思います。

梅ジャムや梅酒も良いですね!
梅がたくさんあれば我が家でも作るのですが、裏年なのか、
気候のせいなのかわかりませんが、今年はどこも不作みたい
で手に入り辛いですね。

貴重な梅になりそうです。
2016年06月20日(Mon) 09:12
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム