水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2016 ≫ 三度目の大野川…。

三度目の大野川…。

大会行脚から戻ったキラッチさんを訪ねて、大野川に行ってきました。

8時に平成大橋で待ち合わせ。イヴで年券を購入して向かいます。

16061801.jpg

が、超渇水で濁りもきつく、状況は良くなさそう。

そこで本流まで下ってみることにしました。

16061802.jpg

有名な駅前の瀬。

これだけ広い瀬を釣るのは初めてです。

とりあえず、ポイントと探り方を聞いて足元から探りますが反応なし…。

解禁当初の天ヶ瀬のようなキツイ濁りで、喰み跡もあまり見えません。

それでも、流石にキラッチさん、ポツポツながら掛けています。

私は2匹の囮をローテーションしながら数時間。

囮も浮きはじめたので、おかわりに行こうとしてたらようやく一匹。

真っ白いベッピンさんが顔掛かり…(笑)

直後に一匹掛け、ようやく時合いかと思ったらまた沈黙…。

そのまま河原を歩いてドンコの瀬に向かいました。

16061803.jpg

で、ここで14時近くまで粘りましたが、真っ白な鮎が顔掛かりで3匹と、犬飼名物のドンコに鮎サイズのイダに虹色のオイカワ…。

早朝からの遠出で眠気がピークになり、掛けきれない自分の下手さに自己嫌悪。

完全に心が折れてしまって、上がらせてもらう事にしました。

さて、車まで戻ってどこに行こうかと話しましたが、大野川筋はどこも状同じようなものだろうとの事。

本当は土・日の2日間で、平成大橋を拠点に釣る予定でしたが、翌日まで粘っても状況は好転しそうにありません。

結局ホームの天ヶ瀬に帰る事にしました。

来た道をまた2時間かけて天ヶ瀬へ。

温泉街は増水の引きはじめで濁りも薄く、水温も少し低めでいい感じ。

人の少ないポイントを探して入ると、いきなりバキューン!

そこから17時過ぎまで時速10匹のペース。

後で聞くと、この日の天ヶ瀬は釣れ盛っていたようで、調子の悪い杖立川や大野川から多くの方が転戦して来ていたようです。

会のメンバーも、副会長が37、テルさんが50超とか…。

う~ん。

完全に行く場所を間違えたようですね。

傷心して鶴舞の湯に浸かり、翌日の爆釣を期待して今日も副会長の隣でキャンプ。

16061804.jpg

しかし、夜中から雨が降り出して、明け方には土砂降りに。

3週続けて雨の日曜日ですか…(泣)

増水して濁りはじめたので囮缶が流されないうちに引き上げ、鮎をシメて撤収しました。

16061805.jpg

今週も数が伸びません。

で、帰宅したら今までの雨がウソのような晴天に…。

でも、もうどこも増水で釣りはできません。
濡れたテントを干して道具のメンテナンスをして一日過ごしました。

さてさて、大野川釣行は今回が3回目。

なかなか良い時に当たりませんね。

でも、今年は年券を買ったので、また遠征して今度は大釣りか大鮎を掛けてシッカリ元を取りたいと思います。
鮎がダメならエノハでも?

キラッチさん今回もお世話になりました。

今度の増水が引いたら、状況も好転しそうですね?

またリベンジに行くので、その際はどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

 
No title
編集
今日は昨日から更に増水してますよ
土曜日より2m程高く、旅館街前の駐車場も
浸かってたようです。 
 雨続きの予報ですが、週末は釣ができると
イイですね! 
2016年06月20日(Mon) 17:44
 
ozekiさんへ
編集
防災情報で確認しましたが、氾濫注意水位まで上がってましたね。

これで引き水になったらまたフィーバー?なんて期待していますが、
これからまた降るみたいなので災害にならない事を祈るばかりです。
2016年06月20日(Mon) 19:46
 
編集
昨日はお疲れ様でしたm(_ _)m。
今回の大水で状況が良くなることを期待しております!
その時はすぐに連絡しますので、是非また来てくださいm(_ _)m❗
2016年06月20日(Mon) 20:25
 
キラッチさんへ
編集
先日はありがとうございました。

いや~。厳しかったですね…(笑)

実は鮎を始める前にもエノハで大野川水系に行っていましたが、なかなか微笑んでくれない苦手河川なんです。

でも、ツレないほど燃え上がり、攻略の価値がありますからね。

またお邪魔しますのでよろしくお願いします…m(_ _)m
2016年06月20日(Mon) 22:22
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム