水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP海釣り2016 ≫ 夏の五目釣り

夏の五目釣り

九州全域は梅雨末期のような大雨が降り、なかなか水が引きません。

来週、再来週は鮎遊会の大会、まつお釣具の大会と続くのですが、運悪く娘達の学校行事で参加できません…(泣)

今週こそは行っておきたかったのですが、まだ水が50㎝くらい高く、川も白川状態で厳しそうです。

それなら、久しぶりにボートでキスでもと思ったのですが、ボート屋に連絡してみると6月末で終了…。

もう、どこでもいいから釣りに行ってやる!

と出かけたのが仮屋湾。

梅雨メイタか旬のアジを目指してダゴチンです。

いつもの釣具屋でダンゴを仕入れ、孝好丸に6時着。
タケノコ島裏の筏に渡してもらいます。

16070301.jpg

今日は大潮。

ダゴチンにはあまり良くありませんが、贅沢は言っていられません。
とりあえず魚の顔が見れれば良いのです。

しばらくやってみましたが、ダゴ当たりはあるもののなかなか乗らないので、針を小さくしたらポツポツ掛かり出しました。
しかし、チャーリー、ギザメ(ベラ)、フグ、シマイサキなど外道のオンパレード…(笑)

ようやく30㎝くらいのメイタ…。
後で聞いたのですが、今年の梅雨は異常なくらいメイタが少ないそうです。

さて、足元には10~15㎝くらいのトウゴロウイワシ?の群れ。

思いついて、小さい針にオキアミを付け、何匹か釣って胴突き仕掛けに背掛けして沈めたら、アコウやマハタ(もしかしたらクエの幼魚かも?)など嬉しい外道が釣れました。

イカがかじった跡もありました。

潮が引ききったので14時終了。

本命は1枚だけでしたが、終わってみれば晩酌には充分な肴が釣れました。

16070302.jpg

クーラーを見た長女が水族館に行きたくなったそうです…(笑)

アジは刺身にしても良かったのですが、梅雨時期なので生食を避け、生姜、ネギ、ゴマ、味噌を入れてタタキにし、フライパンで焼きました。料理名としては味噌サンガという事になるのでしょうか?

16070303.jpg

その他の魚は、個別に調理するのが面倒なので、ニンニクとバジルを効かせてトマトや野菜と煮込みました。
なかなか良い出汁が出てますので、残りのスープは明日パスタに使おうと思います。

塩焼きは残ると始末に困るので、身をほぐしてゴマ、ネギ、紫蘇を混ぜてふりかけにします。

16070304.jpg

これを熱いご飯の上に乗せれば、もう一杯食べられますね!

さて、雲の間からは梅雨明けのような青空が覗いています。
自宅マンションの植栽でも蝉達が合唱をはじめました。

たまには海も良いのですが、熱いしベタベタするし、やっぱり夏は鮎掛けが良いですね。

次こそは青空の下、澄んだ流れから真黄色の鮎を引き抜きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

 
はじめまして! コメントありがとうございます。
編集
食料捕獲作戦!のじゃんです。
明太子さんも食べる派なのですね!同士ですね(笑)。
こちらこそよろしくお願いします♪
2016年07月04日(Mon) 23:09
 
じゃんさんへ
編集
コメントありがとうございます❗

フライフィッシングが好きで十年以上キャッチアンドリリースをしていましたが、どうも性に合わなくて、今は専ら食べるための釣りです…(笑)

今後ともよろしくお願いします🙇⤵
2016年07月05日(Tue) 00:08
 
No title
編集
 何時までも釣れないのなら海へと思ってましたが、ボチボチ釣れ始めたみたいです
天ヶ瀬の鮎は痩せて小さい?? 中川近辺で釣ったの見たらプリプリでしたよ
おいらのポイントはもう少し水が下がらないと激流です(笑
2016年07月06日(Wed) 21:26
 
Ozekiさんへ
編集
温泉街もあと2~3日照り込んだら良くなりそうですが、恨めしい台風が来てますね。

今年も後半に期待しておきましょう。

って、その前に普通の鮎掛けがしたいです…(T-T)
2016年07月06日(Wed) 23:06
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム