水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2016 ≫ 2016年梅雨明け

2016年梅雨明け

ようやく九州北部が梅雨明けしました。

いや~。今年の梅雨は本当に良く降りましたね。

日田界隈の河川もずっと水位が高く、水害発生の一歩手前でした。

大陸に抜けた台風一号が上陸していたら本当にまずかったです。

さて、世間は三連休。

土曜日はまだ水が高かったので、家事を手伝いながら合間に仕掛け造り。

翌、日曜日は子供の用事。
午前中で予定を済ませ、午後から温泉街に向かいました。

今日は泊まりの予定です。
途中、日田のトライアルで食料と氷と発泡酒を仕入れ、14時半に温泉街入り。

水光園前では、聖ちゃんが山口からのお客さんと酒盛りしながら鮎掛け中。

こんなゆるさがたまらなく良いんですよね…(笑)

さて、下流のほうも良く掛かっているようでしたが、放水口前がガラ空きだったので、いつもの場所で15時釣り開始。

16071701.jpg

水はまだ30~40㎝ほど高いですが、足元からヘチをおよがせるとカカカッ!

う~ん。掛かりますね~。

痩せてはいますが増水に引っ張られて結構引きます。

そこから18時前までで18匹。

16071702.jpg

型は18㎝~22㎝。背掛かりの黄色いのもいました。


※梅雨の増水で石が動き、砂地も流されてかなり流れが変わっています。
 岸寄りでもドン深になっているところもありますので、久しぶりに来られる方はご注意ください。


さて、川から上がり、テン場の準備をして鶴舞の湯へ。

副会長が来ていないので、今日は一人でキャンプです。

お湯を沸かして夕食を摂りながら発泡酒を飲み、メールのチェックをして寝ようかなと思って水場に歯磨きに行ったら、駐車場で声を掛けられました。

聞けば、温泉巡りの車中泊が趣味という中年の男性。
天ヶ瀬には20年以上通っているとの事。

鮎釣りの話が聞きたいと言うので、立ち話しているうちに、すっかり意気投合。

椅子が出てきて、缶チューハイが出てきて、つまみが出てきて…(笑)

また会ったら飲みましょうと、お互い名前も言わずに別れました。

『袖触れ合うも多生の縁』たまにはこんな夜もいいですね~。


さて翌日は快晴。

16071801.jpg

気象庁も梅雨明け宣言を発表したようです。

水も前日から5㎝くらい引いて良い感じ。
昨夜は空いていた寅籠を間借りしていたので、オトリたちもすこぶる元気です。

しかし、朝イチで寅屋の対岸から始めますが、あまり追いが良くありません。

良く見ると、ハミ跡が流れと平行。
水が引きはじめたので移動しながらたまに喰んでいるのでしょう。

追いが悪いので、口掛かりやケラレが頻発しました。

天ヶ瀬の鮎掛けは一日おき。

昨日が釣れる日だったから今日は釣れない日ですね…(笑)

まあ、ヘチを釣ればポツポツですが掛かります。
昼までやってこんな感じ。

16071802.jpg

たまに23~24㎝が掛かりますが、こんなふうにサイズはバラバラです。

16071803.jpg

さて、追いが悪くなったので昼までで一旦休憩。

氷を買いがてら中川駅まで下流を見て回りますが、昨日のフィーバーを聞きつけてか、どこも満員御礼。
仕方ないのでまた温泉街へ。

対岸に渡って2匹掛かったところで寅爺様からの電話です。

外出中にお客からの電話が入ったとの事。

お客さんは津江からの転戦で、あちらも今日は釣れない日だったようです。

そこから店番をしながらしばらく寅屋の周辺で釣っていましたが、通常スイッチの入る14時を過ぎても全く追いがありません。

まるで梅雨明けと同時に土用隠れにでもなったかのようです。

お客さんも続々と引き上げていきました。

まだまだ粘れば夕方のフィーバーがあったかもしれませんが、気持ちが切れたので今日は早上がり。

駐車場で皆さんと情報交換し、鮎を絞め、汗疹予防に鶴舞の湯に浸かって帰りました。

毎週浸かって鮎の話をしてるので、地元の方ともすっかり顔なじみです…(笑)

ゆっくり下道で夕飯までに帰宅。

家内のママ友から頼まれていた分も含め、お土産には十分な量です。

16071805.jpg

夕飯に間に合ったので鮎を焼きました。

16071806.jpg

長期間の絶食状態で脂が落ちているので少し味は落ちますが、やっぱり丁寧に焼いた塩焼きは旨いですね!

度重なる増水を生き抜いた鮎達には冷水病の一つも出ていません。
鰭が大きく体高の割に長さがあるので、これから付く新垢を飽食すれば、きっとまた良い鮎になると思います。

シーズン前半が増水で抜かれていないので、後半は大鮎連発を期待したいですね。

さて、今シーズンは週末毎に仕事や子供の用事があり、北越大会、まつお釣具大会、鮎遊会大会の三つとも不参加の予定でしたが、全部雨で延期になったので、奇跡的に全大会に出場可能になりました。

一番最初は週末のまつお釣具さんの大会から。
土曜に天ヶ瀬でtsunosanたちとご一緒し、日曜の早朝日田に下ります。

前半おあずけをくらった分、後半は鮎掛けを存分に楽しみたいですね!
スポンサーサイト

コメント

 
編集
23日は聖さんと明太子さんの二人を焼酎で潰して翌日のホクエツの大会で順位を二つ上げる陰謀でしたが、延期になって計画は破綻。残念!?
まつおさんの大会では二日酔で川流れしないように!
2016年07月19日(Tue) 20:10
 
tsunosanへ
編集
私はさておき、天ヶ瀬の鮎を残そうと思ったら、聖ちゃんはじめ鮎遊会の先輩達を潰しておくのが得策です。

何しろ、皆さん鵜の食害以上に釣られますからね…(笑)

さて、寅爺様の法則によれば、月曜が釣れない日なら土曜日が釣れる日のはず。

水加減も良くなって爆釣ですよ!

お待ちしていますので、気をつけてお越しください。
2016年07月19日(Tue) 22:49
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム