水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2016 ≫ 天ヶ瀬温泉キャンプ釣行

天ヶ瀬温泉キャンプ釣行

約一月、まともな雨が降っていません。

先週末は職場の取り組みの一環で熊本地震ボランティアに参加してきました。

西原村で瓦礫撤去のお手伝いをしてきたのですが、高温・多湿の現場で危うく熱中症になりそうになり、自分の体力が落ちていることを実感しました。やっぱりオフィスワーカーは定期的に運動しないとダメですね。

さて、渇水で厳しいとは分かっていましたが、その振替と夏休みを利用して、午後から泊まりで温泉街に向かいました。

寅爺様に電話すると、市内で聖ちゃんとBKさんが釣っているとの事。

そこで、買い出しを済ませた後、様子を見に向かいました。

現地に着くと、ちょうど二人とも上がって移動するところでした。

聞けば、午前中はパラパラと掛かったもののすぐに反応がなくなったとの事。

でも、掛かり鮎を見たら尺近いのが混じっています。

これから小渕に移動するというのでそのままついて行きました。

小渕では、平日にもかかわらず沢山のお客さんがいます。

きっと、球磨川の状況が良くない中に千鮎さんの尺情報が回って人が集中していたのでしょうね。

私は暑さと人の多さに面食らって、そのまま温泉街に上りました。

温泉街には14時半着。

温泉街も厳しいとの情報が流れているので、今日は水光園の前に一人、成天閣の前にゆうた君。

吊り橋から上流は誰もいません。

まあ、今日は様子見です。

着替えを済ませて15時から開始。

16082601.jpg

気温は高いですが、空の色はなんとなく秋めいてきています。

相変わらず緑の藻が付いてきますが、それでも前回よりはマシ。
どうやらピークは過ぎたようですね。

仕掛けは、008の複合にツケ糸08、二段ヤナギの10号にハリスはナイロン2.5号。
渇水なので、無理さえしなければ尺でも獲れる仕掛けです。

聖ちゃんのアドバイスどおり、腰くらいまでの水深の流心脇を狙っていったら、いきなりバキューン!

16082602.jpg

追いが悪いので、顔や腹など掛かりどころは良くありませんが、掛かれば25㎝以上の海産です。

急瀬竿をひん曲げて、良く引いてくれました。やっぱり大鮎はこうでなくては!

結局、温泉街に夕やけこやけが響くまでに6匹。

まあ、今日の状況では御の字かな?

川から上がり、小渕から帰ってきた聖ちゃんと話をしていると、肉を買ってくるからバーベキューをしようと寅爺様からの電話。

今日は副会長もおらず、いつものテン場で一人寂しくと思っていたので、有り難かったです。
とても賑やかな宴になりました。

16082603.jpg

私、普段はあまり肉を食べないのですが、たまに食べると元気が出ますね!

夏バテ気味の体には良い栄養会になったようです。

寅爺様からは、日付が変わるまで、日田や天ヶ瀬の四方山話をお聞きすることができました。

とても楽しかったです。今回も大変お世話になりました…。

さて、翌日。

朝から昨日の残りの肉を焼いて食べ、テントを片付けていると寅爺様と聖ちゃんが出勤。

Ozekiさんも様子見に来られ、朝のミーティングが始まりました…(笑)

ひとしきり話をして時刻は9時半。

そろそろ川に降りようという話になり、着替えを済ませて10時から放水口の前へ。

ここ数日人が入っていないので、竿抜けかな?

聖ちゃんがマル秘ポイントに旅立ったので寅屋から上流は今日も貸し切りです。

が、やっぱり今日も厳しい状況。

1時間して一匹。また1時間して一匹。昼になってようやく三匹目。

上流からずっと流してみましたが、たまに反応はあるものの、追いが遠くて鉤乗りしない状況。

そうこうしているとなんだか水が濁ってきました。

16082604.jpg

どうも、いつもの玖珠の砂利屋が泥水を流したようです。

渇水で厳しい上に泥水まで流されたらとても釣りになりません。

寅爺様は現場確認と抗議に向かいました。

全くもって迷惑千万。損害賠償ものですね。

そのうち聖ちゃんも帰って来たので、私も終了。

しばらく東屋で歓談し、鮎を〆て帰りました。

16082605.jpg

型は良くなっていますが、やっぱり雨がないと厳しいですね。

まあ、釣果的には厳しかったですが釣行自体は楽しいものでした。

週末は雨の予報なので、一雨降って増水し、状況が好転する事を祈っています。

次こそは数か型を揃えるぞ!
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム