水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2016 ≫ 一歩ずつ

一歩ずつ

前回釣行以降、体調不良や子供の用事で、大鮎シーズンを半月も棒に振ってしまいました。

その間、大鮎を釣りに行く話や飲み会の話など、楽しそうな話が目白押しだったのですが、参加できないので、意図的にシャットアウトしていました。

気がつけば9月も半ば…。

秋雨前線と台風の影響で増水中ではありましたが、大山川はできるとの情報を得たので休みをとって出撃しました。

今日は寅屋も大山川に出張中。

普段あまり行かない大山川ですが、他はどこも増水しているので今日ばかりはしょうがありません。

寅爺様から9時過ぎにオトリを分けてもらい、オトリを分けてもらった場所のすぐ近くのポイントに入りました。

16091602.jpg

前日にはここの下流で大分のNさん夫妻が二人同時に尺オーバー。

ご主人は33㎝の超大物だったらしいので、場所に当たれば尺鮎が釣れるかもしれません。

が、今年の私は絶不調。

午前中は鳴かず飛ばず。

昼前にやっと一匹掛かったと思ったら、天井糸までついた誰かの養殖囮。

おまけに、釣り慣れない大山側の大石底に翻弄され、根掛かりが頻発して、養殖囮も一匹だけ…。

貧果につぐ貧果に心が折れそうでしたが、13時を回ったあたりでようやく一匹。

これが背掛かりでたいがい引くので、ようやく目標達成かと思いましたが、タモに入れてみると微妙なサイズ。

メジャーを忘れてきていたので、こいつは活かして帰る事にしました。

その後も粘っていましたが、根掛かりを外そうと竿を煽ったら、「パンッ」を乾いた音がして3番が折れてしまいました…(泣)

時刻は14時半。

大鮎用の急瀬竿が折れてしまい、心も折れてもう帰宅しようと着替えていると、上流から下って来られた熊本のM田さんが、せっかく来たのだから予備竿があるなら釣ったほうが良いと言われるので、予備の早瀬竿を引っ張り出して、すっかり赤くなった養殖で目の前のトロ場を釣ってみることにしました。

しかし、ハミ跡はあるものの、まったく反応がありません。
ここは早朝か夕方に喰みに来るのでしょうね

そのうちオトリも浮いてどうにもならなくなったので本日終了。

活かして帰った鮎はやっぱり数ミリ足りませんでした…。

16091603.jpg

さてさて、貧果が続き、とうとう2匹から1匹になってしまいました。

でも、このままでは鮎シーズンを終われません。

諦めたらそこで終わり…。

なるべく早く竿を修理して、もう一勝負したいと思います。

それにしても、ついてないな~。
スポンサーサイト

コメント

 
編集
お久しぶりです!!

この暑さでは流石の明太子さんも夏バテ&夏カゼになりましたか・・・
天ヶ瀬のラストの尺鮎、期待しています。
2016年09月24日(Sat) 09:25
 
Tsunosanへ
編集
酷暑のせいもありますが、加齢のため少し体力が落ちてるかな?と思います。
仕事にも遊びにも健康な体が欠かせません。
釣りに集中できるように、健康管理を徹底したいと思います。
2016年09月26日(Mon) 14:38
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム