水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2016 ≫ ホームグラウンドはどうでしょう?

ホームグラウンドはどうでしょう?

台風の影響で土曜日の夕方から雨の予報。

連チャンにはなりますが、温泉街の水が引いたので出かけました。

16090101.jpg

大物用の急瀬竿は折ってしまいましたが、早瀬竿でも無理しなければ獲れるはず。

8時過ぎに寅屋前に行くと、聖ちゃんが店番中。

今日は副会長はじめ、鮎遊会の手練れが集合しています。

ひとしきり話をして寅屋の対岸から開始しました。

しばらく釣っていると、後ろから声が…。

そこからはいつもの熱血指導が始まりました。

私のタックルは泳がせに不向きな複合ラインに引き竿のセット。

ダメ出ししながらも寅爺様は丁寧な泳がせで早々に一匹掛けました。
掛かったのは20㎝くらいの小鮎。おそらく最後に放流した鮎でしょう。

私も後ろから指導を受けながら25㎝くらいのを掛けました。

今日は急瀬竿なので、取り込みが大変です。
掛かったら川の中を泳ぎ回って釣りました。

途中、橋の上から聖ちゃんが奇声を発しながら流れてきました。
どうも大きなスッポンが掛かったようです。

私もご相伴にあずかりたかったので、すぐにオトリを外して掬いに行きましたが、着く直前でハリスが切れたようです。残念!

さて、お昼を過ぎて良い感じになったと思ったらだんだん水が濁ってきました。

どうもいつもの砂利屋のようです。寅爺様は抗議に。聖ちゃんもカンカンです。

濁りのせいで追いが止み、雲行きが怪しくなって雨が降り出したので本日終了。

釣果は7匹。最大27㎝でした。

16090102.jpg

今日は全部活かして帰り、三女がつかみどりの儀式をした後、刺身を引きました。

16090103.jpg

なかなか尺は出ませんね~。

まあ、9月末までにはあと数回チャンスがあります。

次こそは頑張りますよ!

と思うものの台風の影響が心配ですね…。
スポンサーサイト

コメント

 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム