水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP鮎2016 ≫ 大野川コロコロ

大野川コロコロ

以前からやってみたかった鮎のコロガシ釣り。

キラッチさんにレクチャーをお願いしていたのですが、天候が悪かったり予定が合わなかったりして、なかなか実現しませんでした。

今回は3度目の正直。

前日に雨が降ったので心配しましたが、キラッチさんによると、少し増水して濁りも入ったようですが、コロガシなら大丈夫だろうとの事。

天気も良さそうですし、良い釣りできるのでは?

8時にイヴで待ち合わせをし、大野川のコロガシ銀座、白滝橋へ向かいます。

16102901.jpg

既に何人か入っていますが、キラッチさんのお薦めのポイントはガラ空き。

16102902.jpg

それほど大きくありませんが、バンバン鮎が跳ねています。

気温も水温も低いので、今日は渓流用のウェーダーに上半身は鮎ベストという変な恰好。

早速コロガシ竿(この日のためにオークションで購入)を伸ばし、キラッチさん謹製のコロガシ仕掛けを頂いて見様見真似でやってみます。

しかし、濁りと増水の影響か、なかなか鮎が掛かりません。

キラッチさんも、後から来た常連の方達も、かなり苦戦している様子…。

実は、先週末は雨予報だったので一回見送っていたのですが、釣りには支障がなかったようで、キラッチさんは弟さんと爆釣だったとの事。

しかも、2匹同時に掛かると大変なので針数まで減らしたとか…。

あらら。

また状況の悪い日を選んで来てしまいましたか?
先週強行しておけば良かったですね…(泣)

さて、しばらくやって、ようやく一匹。

16102904.jpg

なんとか坊主は免れました。

最近大鮎に目が慣れているので小さく見えますが、24㎝くらいの良い雌鮎。

思ったほどサビていません。

ところで、コロガシってどこにでも掛かるのかと思ったら、友釣り以上に背掛かりするんですね。
これには驚きでした。

しかし、そこからが続きません。

忘れたころにポツリポツリ。

強風の中、長くて重い8mのコロガシ竿を振り回し、午前中で腕はパンパンです。

昼のサイレンが鳴り、一旦休憩。

16102903.jpg

コーヒーを沸かし、ぺヨ○グ焼きそばで昼食を摂りながら鮎談義。

実は不良債権化している大野川の年券の元を取りたいというのが、今回釣行の正直なところでした。

しかし、コロガシは数が獲れるので、沢山釣れたら一夜干しにしようとか、大分の妹に送ってやろうとか、いつものクーラーに入りきれなかったらどうしようとか心配していたのですが、今回も考えが甘かったようです。

あまりに厳しい状況に、一気に目標をツ抜けに落とし、橋の下流に場所移動します。

しかし、ここも厳しい状況。常連さん達も次々に上がっていきます。

夕方になり、落ち鮎を狙う鳥達が上空を旋回し、目の前でも鮎が跳ねはじめました。

鮎が跳ねている状態が良いという人もいるようですが、今日の状況では泳層が合っていないのか、はたまた引く速度が合わずに見切られているのか、とにかく掛かってくれません。

掛かってくるのはハエ、イダ、ツガニ、ごくたま~に鮎…(泣)

結構粘りましたが、17時を回って暗くなってきたので本日終了。

三女のお土産に、キラッチさんが掛けた鮎を頂きました。

16102905.jpg

コロガシなのに、2人合わせてやっとこの釣果。型は20㎝~26㎝程です。

帰宅し、さっそく三女と塩焼きで頂きましたが、真子持ちの雌鮎は絶品でした!

16102908.jpg

クロスケもカリッと焼いて大きな白子にポン酢をかけたら、三女が2匹も平らげました。

やっぱり落ち鮎は味わい深いですね~。

さてさて、渋かったですが、いい経験になりました。

もう一度チャレンジしたいところですが、大野川は今年から10月末で禁漁になるので、また来シーズンという事になります。
来シーズンは自分で針も巻いて、今年の分をリベンジしたいと思います。

キラッチさん。今日もありがとうございました!
いつも案内してもらいながら結果を残せずに申し訳ありません…m(_ _)m

しかし、大野川。

なかなか微笑んでくれませんね~(泣)
スポンサーサイト

コメント

 
編集
昨日はお疲れ様でしたm(_ _)m。
今度は是非、海でリベンジしましょう❗
来年は大野川も微笑みますよ(*´∀`)♪
2016年11月03日(Thu) 06:32
 
キラッチさんへ
編集
先日はお世話になりました。

自分から参ったと言わないかぎり敗けではありませんからね…(笑)

またよろしくお願いします。
2016年11月03日(Thu) 20:31
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム