水音に誘われて

趣味の釣りや日常の徒然を綴っています。
TOP料理 ≫ ダイダイマーマレード

ダイダイマーマレード

大好きな実家の橙(だいだい)。

年末に妹が収穫してくれたので、今年もいつものようにポン酢を作りました。

それでもかなりの量があるので使いきれません。

そこで、以前から気になっていたマーマレードを作ってみました。
わりと良くできたので、忘備録のために記載しておきます。

【材料】
・橙          
・塩(水洗い用)
・砂糖      材料の60%
・水

今回は、色の良い大型の実を5個使用しました。

17012901.jpg

1.橙を塩で揉んで水で綺麗に洗い、リンゴを剥くように橙の皮を剥きます。
  ※白い皮が少し入るように割と厚め。

17012902.jpg

2.剥いた皮を3ミリ幅くらいに切り、ひたひたに水を張って圧力鍋で炊きます。
  ※シュルシュル言い出したら火を止めて、圧が下がるまで待ちます。

17012904.jpg

3.圧が下がったら水を捨て、軽く水洗いして三時間くらい水に浸けておきます。

4.果汁を絞って重さを量り、種はお茶パックに入れておきます。

17012903.jpg

5.合間で瓶を煮沸消毒して干しておきます。
  
6.時間が来たら水を切って軽く絞り、砂糖と果汁と種を入れて弱火で炊きます。

  今回は、皮が340g、果汁が330gで原料が670g。
  砂糖を60%にしたかったので、(340g+330g)×0.6=402g にしました。

  種はジャムを固化するペクチンを抽出するために入れています。

7.煮立ってきたら、黄色い灰汁が出るのでそれを丁寧に取ります。

8.灰汁が出なくなったら種を取り出し、水分を飛ばしながら練っていきます。

17012905.jpg

9.水分が飛んで来たら、スプーンの半分くらいを皿に載せて冷やしてみて、すぐに
  垂れなくなれば火を止めます。
  少し緩いくらいでも冷やして固化すれば大丈夫です。

10.熱いうちに瓶に入れ、ラベルを貼ったら完成!

17012906.jpg

橙は苦味と酸味が強い柑橘ですが、灰汁抜きをしっかりしているのでそんなに気になりません。

むしろ、酸味と苦味が絶妙のアクセントになって、市販のマーマレードとは全く別物。

パンに塗っても、お菓子に使っても良さそうです。

次はこれを使った料理も作ってみたいと思います。

橙がたくさん手に入ったら、皆さんもどうぞおためしあれ!
スポンサーサイト

コメント

 
作ってますね
編集
 色々作ってますね
橙ママレード美味しそうですね!
我が家もジャム作る事があるんですが、
パン食でないので消費が少なく残っちゃうんですよね!
でも食材があると作っちゃう(^0_0^)
 今日はRyonが昨日、金柑を買っていたので甘露煮作りましたよ。

 あと一ヶ月で解禁ですね。
2017年01月30日(Mon) 16:45
 
ozekiさんへ
編集
マーマレード、結構いけますよ!
我が家は娘達がよくパンを食べるので消費は早そうですが、鶏料理にも使えそうなので今度試してみたいと思います。
渓流解禁まであと一か月。待ち遠しいです。
2017年01月30日(Mon) 19:09
 
No title
編集
色がとてもきれいな橙ですね。橙は独特の香りがいいですよね。ラベルもおしゃれです。
2017年01月30日(Mon) 21:55
 
キラッチさんへ
編集
大分出身なので、当然カボスも愛していますが、好きな柑橘と問われると、親父の影響かやっぱり橙となってしまいます。

ところで、あと少しで渓流も解禁です。
今年は竹田にも行こうと思っていますので、またご一緒させてくださいね❗
2017年01月30日(Mon) 22:17
 
編集
橙ですか…次々と増えていきますね( 笑)
私は昨年からの柚子のジャムとピールで停まったままで、孫のリクエストのカボスのシャーベットも作れてないし、解禁までになんとかしなくては・・・
2017年02月01日(Wed) 10:32
 
tsunosanへ
編集
食いしん坊なので手持ちの材料でいろいろやってみたくなるんですよね~。

カボスのシャーベットですか?
それも良いですね!

手元にまだ橙があるので、橙でもできないか考えてみます…(笑)

2017年02月01日(Wed) 15:46
 












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

明太子(^^)

Author:明太子(^^)
春と秋は渓流のフライフィッシング、夏は鮎の友掛け、晩秋から冬はダゴチンや海のフライフィッシング。年間通じて魚を追いかけています。
フライフィッシングは大好きですが、料理も食べる事も大好きなので、いわゆるC&R派ではありません。フライで釣った魚を食べることに抵抗のある方もおられると思いますが、その点は予めご了解ください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム